やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

jazz

今年も生音!

IMG_3538

職場近くで、贔屓にしているLIVE喫茶
谷町9丁目【SUB】
9a77c0_be1e47aa6c6a46bbbe99187c8a076c70~mv2_d_2480_1753_s_2

https://www.mezzaninemusic.org/

なんとか時間とれたので、今年の初ライブ聴きに行ってきました。
「会社を閉めたら5分でライブ♩」
どこかのCMみたいですが、スケジュールが合えば思い立ってから寄れる、ほんとうに恵まれた環境です。

この日は金管2本のピアノ無しカルテット
田中洋一(tp)
萬恭隆(bass)
長谷川朗(tenor sax)
中道みさき(drums)

気鋭のドラマーの中村雄二郎さんが体調不良と言うことで、急遽代役の中道みさきさんでした。
なにわJazz大賞トランペッター田中洋一さんをはじめ、関西を代表するテナーの長谷川郎さん・ベースの萬恭隆さんを要したベテランユニットに、初めて見る可愛い女性ドラマーの組み合わせ、どうなるんだろうとワクワク。

!!めっちゃエエやん!
見た目と裏腹(すみません)に、芯のある力強い音で刻まれる打音、超元気なリズムにベテランが引っ張られていきます。

2ndステージになるとソロや掛け合いが多いチョー楽しいノリノリのライブに。
いやあ、良かった。めっちゃ良かった!!




あまり見られていないこのBlogだから書いちゃいますが、、、

このお店【SUB】小じんまりしたお店で、基本そんなに混みません・・・特に週初めは。

たまに、時々、往々にして、貸し切りになることがあったりしました(笑)※

ところが、先代から引き継いだ歴史あるお店と現マスターの人脈と人柄でしょうか、素晴らしいミュージシャンが集まってまいります。

なので、関西の有名どころが目前でボクひとりに演奏!とか。

「うわぁ贅沢だなあ、でも聴衆のひとりとしてリラックスして聴きたい」(笑)

超絶演奏を聴き終わって、、、
「こんなミュージックチャージでええんやろか」(汗)
と苛まれます。

いや、そんなことは超希ですよ。
ちゃんとお客さん入っています、たまにそういうことがあったりもすると言うことです。

偶然そうなっても、Jazzミュージシャンの方はみな気さくな方なので、ラッキーと思って、お話しされながら聴いたらいいと思います。

(※改装されて、綺麗でOPNEな雰囲気になったのでそんなことは滅多にないですが)




あと、ほとんどアンプ使わないお店なので、リアル「生音」を目前の演奏で楽しめます!!
どの席もSS席。

昨年秋にリニューアルして、音が響くようになり各楽器が迫力満点で堪能できます。
フロントの金管はもちろん、こもりがちなウッドベースもビンビン来ます。

お店の回し者じゃありませんが、是非スケジュール見て(メンバや構成で時間や料金変わります)お好みのユニット聴いてみて下さいね。

SUB JAZZ

2627

今月から新装開店した谷町9丁目のJazz喫茶【SUB】
地下鉄の駅のスグ上、、と言うか地上に出る階段の踊り場の位置にある。
効いたわけでは無いが【SUB】当然【SUBWAY】から名付けられたのだと思う。

事務所から近いので、帰路に時々寄り道しては生Jazzを楽しませて頂いています。

秘密クラブみたいなお店だったのだけど(笑)、この秋改装して明るく入りやすくなった。閉店が続く大阪のJazzハウスのなかで頑張ってられています。

このお店の特徴は、

●活躍中の一流ミュージシャンの演奏が多く組まれています。
小さめの「ハコ」なんですが、中堅の脂ののった素晴らしいミュージシャンの出演が多く、毎週4~5ライブやってます、もちろんベテランも新人も来られます、そしてアーティストが聴きに(遊びに)きては飛び入りでセッションが組まれたりしてます。

●演奏者との距離がとにかく近い!
近い席だとまさに目の前、一番離れた席でも4~5mと行ったところでしょうか。
もちろんアンプなど必要ないので完全“生音”を楽しめます。
下手な奏者が目の前で金管楽器を鳴らされたらたまりませんが、プロの音はまるで違い耳に身体に染みいります。
楽器の音色だけでなく、奏者のブレスや、ピストンやタンポのパタパタしている音まで、迫力だけで無く臨場感満点。

●気さくで気楽
大きくは無いお店ですので最初はちょっと勇気いりますが、入ってしまえば優しいマスター(TenorSax奏者)が出迎えて頂けます。チャージもお手頃なのはうれしいです。
オーダーがコーヒー一杯でも楽しめますよ。たぶん・・・

●焼き菓子・コーヒー美味しいです
意外でした、すみません(^_^;

最期に、、、決してボクはこの店の回し者ではありません!(笑)

3184
※【SUB】は演奏中撮影禁止なので始まる前のひとこま

2634
2632
2629cf1cd64f

コードレスカルテット

00812

今年一発目のライブは
心斎橋【RUG TIME 大阪】
「コードレスカルテット」

関西屈指の素晴らしいメンバが集うジャムです。
00810

スタンダードから、難しい楽曲、バラエティに飛んだ楽しい時間はあっと今に過ぎました。

熟達なテクニックも入り、聞き惚れます。

いつも素晴らしい演奏ありがとうございます。

00830
河村英樹(Tenor Sax)

00815
田中洋一(Trumpet)

00831
荒玉哲郎(Bass)

00811
東敏之(Drums)

00828
佐藤絵美里(Tenor Sax)
ゲストは、河村さんが教鞭を奮っている大阪音大の生徒さん
将来はプロに進むそうで滑らかな音色が印象的でした。

00829
「若手のソロパートをあたたかく見守る先生方」の図(笑)
先生方のソロもお手本に「どうヤ!」とばかりに気合が入っているように感じます。

00826

GWの平日

P1100179
特に忙しいわけでもなく、更新サボってました。

ま、のんきに飛鳥ポタポタしたり、奈良公園に写真撮りにいったりしてるだけでしたが。

スーパー零細企業なんで、ゴールデンウイーク(GW)も暦通り。


締めや支払い処理が変わるわけではなし、月末月初にかかるGWはあんまりうれしくない。
得意先からの注文や問い合わせも少ないので、すこしのんびりできるかな?


デスクトップに置いてある自転車を、恒例の月初のホイル交換。

P1100176

カレンダーとしては少し見にくいんだけど、散らかったデスクトップの脇に真っ白な自転車のオブジェは心が休まります。

これ、、、、どうせならドロップバーにならんかな?
と、チャレンジしてみました。

P1100183
紙に厚みがいるので、いらない菓子箱を使いました。

ドロップハンドルは3Dなので、ハンドル肩部で折り曲げて対応だな。

こんなもんか・・・・
とあわせてみたら、、
P1100184

意図は合ってたけど、すこし小さい。
あとブラケットとブレーキレバーを入れてみてもいいかもしれない。

そのうちVer.2を作ってみよう。



夜も少し余裕あり。

新しくなった、お世話になってる自転車ショップを覗きに行きたいけど、ちと遅いので、
すぐ近くにある、Jazz喫茶に。

丁度、奈良出身の絶賛活躍中トランペッターの田中さんが来ているので聴きに行ってきた。

18199205_1360324970713544_6370877362810480547_n

ここのお店、LIVE BERとかでなく、純然たるJazz喫茶なのだ。

10名で一杯になる小さなお店、お世辞にも流行っているとはいい難いのだが、在阪名手が次々やってきます。

目の前、それも1~2mの距離で、サックスやトランペットのベルがこっちを向いてかき鳴り、アンプ無しの生音ベースが唸る、ドラムのアタックは腹に響く。

すごいお店なんだな。


店主からも内密にと言われましたが、、、、

昨日のお客は、えっ、ボクひとり( ´∀`;;)

Tp,tSx,Ba,Dのカルテットにさらに、サックスが2本飛び込みでラストの曲は、サックス3本のセクステット(6人)にでフィニッシュ。
両サイド、目の前から管楽器に囲まれて演奏していただくという、貴重な体験をいただきました。

Jazz初心者なんで、緊張も強いられましたが(笑)
演者の方は逆にリラックスで、素晴らしい1時間楽しませていただきました。

プレイチャージ、こんなんでええんかいな・・・
プレイヤーで割ったら、、、、一人◯百円(゚∀゚ ;)タラー


大人を気取った、こんな過ごし方もなかなかいいな。



キャプチャ

5/1
田中洋一trumpet...
長谷川朗sax
甲斐正樹bass
中村雄二郎drums
・・・
側島万友美sax
曽我部泰紀sax


田中洋一さんは次15日にSub来られるそうなんで、また行こう。

ジャズ大賞 プロ部門受賞、朝ドラ「べっぴんさん」にも出演されていた広瀬未来さんとのWトランペット。
ちなみに田中さんも朝ドラ「風のハルカ」で、主人公の父役[渡辺いっけい]のトランペットの吹き替え担当されてたらしい。

気鋭の二人の掛け合い、楽しみだなぁ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード