やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

TT

内灘サイクルロードレース2017

1

毎年恒例「内灘サイクルロードレース」
忘備録なんで、一週間遅れましたがUPしておきます。

ボクは新チームで挑む最初のレースとなります。


内灘サイクルロードレースと言えば、

 “ TT ” 

顔文字の “ 涙 ” ではありませんよ。
TT = Time Trial
タイムトライアル、すなわちロードレースと事なり、ヨードンで競うのではなく、ゴールタイム(平均速度)を競うレースになります。

例外はありますが、平坦地のTTは専用バイクの使用が認められます。
TTバイクってやつですね。
ハンドル位置が低く、サドルが前で、形状も特殊なエアロタイプです。

こんなバイクです
g

いま、内灘のTTに来ているひとの多くはが、このTT専用バイクに乗っています。

15年ほど前に、初めて行ったときは、殆ど見なかったのですが、いまや当たり前のように並んでいます。
上位を狙うなら、これがないと勝負ができない程になってきました。

ボクは、通常のロードバイクに、TTバーのみ装着の簡易タイプ。

これでもある程度の前傾とエアロボジションを出すことが出来ます。
d


ひとりで走るのが個人TT
3~4人で順繰りに風よけの先頭を交代して走るのがチームTT(TTT)

今回の結果は、、

個人TT 31位/39人出走
AVE36.52km/h
去年と全く同じタイム、進歩なしです

チームTT(3人) 35位/54チーム出走
AVE38.65km/h
すんません、思い切り足を引っ張りました。

実は個人TTは、天気が崩れ思い切りの雨天、、、
豪雨に近いで状態でした。
b

(TT) ←これは “ TT ” でなくて “ 涙 ” ね(笑)

所属チームでは実業団チームが、あわや優勝!でしたが、落車してそれでも4位!

135337

個人でも、4位と6位(去年優勝のLさんは落車の影響があって)
結果は納得されていないかもしれませんが、立派な成績です。

今年はトラブルが多かったので、来年は万全の体制で頑張りましょう!



さ、結果発表は置いといて、少し内灘サイクルロードレースのTTしらない人に簡単に説明。


最近でこそ実業団のクリテリウム(周回レース)の前日にかなりの確率で行うようになり、ロードレース界?では市民権を得た競技ですが、それもここ10年という所です。

この「内灘サイクルロードレース」でのTT競技は30年以上の歴史を誇り、超フラットなコースと相まって、以前から国内では珍しい一般者が走りやすいタイムトライアル競技と認知されていました。

基本他人と競らないので、事故が少ない為、初心者でもとっつきやすく、それでいて上級者は超ハイレベルで競い合う間口の広く奥が深い競技で人気があります。

競技場所は、石川県の河北潟にある干拓地の中心部を通行止めにして使います。
1024px-KahokuGata
(写真:Wikipedia)


干拓地のため、コースは超フラット。
1周10kmの大半を直線路が占め、なかなか他ではお目にかかれないコース。
スタート地点からの最初の直線は2.5kmにもなります。

ちなみにTOP選手はave46km/hを超えて走ります。
平均なので、当然直線路は50km/h程度は出しているんだろうなぁ。

ボクの巡航時のTOPスピードは40km/hほど(ゴールスプリントは除く)

毎年、チームからや知人で数組、20人程度の出場はあるのですが、今年は寂しい限りでした。

みなさん、来年はいかがでしょうか?




さて、レースの話は置いておいて(笑)、内灘の楽しみは金沢・能登の観光と、美味しい海産物です。

前日昼に金沢に着いて、まず毎度の
パン工房 バビロン】さんに寄ります。
地元に人気のパン屋さんで、クロワッサンが有名です。

d

主は、以前大阪におられたこともある、ローディ。
当然内灘にも毎年出走してられます。



お昼ごはんは、
石川名物【とり野菜 まつや】
ケンミンショーで、話題になった石川県のソールフード【とり野菜みそ】の製造元のお店。
久々に食べましたが、いや、これ、美味しいわ\(^o^)/
おまけに安い。これは恒例になりそうです。
original
original1
original2


さて、お腹も膨れたところで、前日受付に会場へ。

まだ時間があるので、そのまま試走せずに、一旦宿に車を置いて自走でコースに戻ります。
試走後に海岸沿いのサイクリングコースを、応援メンバも合せていっしょに走ろう!との計画。

一応試走するも、「明日のために脚は使わないでおこう!」
全会一致で、1周半で試走お終いっ! (^_^;)

あとは、応援団と一緒に海岸線を宿までサイクリングです。

距離12-13km、「のと里山自動車道」 と海岸線の脇を宿の近くまで北上するコース。
IMG_5072
ほぼフラットで、ところどころ海を眺めながら走れる。
(防風林があってずっとは見えない)

内灘_170626_0002

千里浜に沈む夕日は素晴らしいのですが、夏至に近いので、サンセットを待ってると夕飯に遅れちゃうので、後ろ髪を引かれながら、ま、距離も時間もちょうどいい感じで宿へ。

ビール買って、風呂入って、さあ、期待の夕食!


なんたって、これが楽しみなスーパー宿飯!

170624_170628_0020
さあ、宴のはじまりはじまり~

170624_170628_0019
ドーンと刺し身の舟盛り

これ、皆んな(11人)の分と違うよ。
これが3舟やってきました(笑)

ブリ・アワビ・サザエ・鯛・マグロ・甘エビ・アジ・・・・
これだけで十分な量がありますね。

刺し身を皮切りに、次から次へとやってまいります。
かいつまんで・・・
170624_170628_0016
でっかい鯛のアラ煮、ひとり半頭、、ごぼうが絶品です

170624_170628_0017

170624_170628_0018
突き出しの、塩辛・かぶら寿し・へしこ。
これだけでも十分に酒のあてに。

170624_170628_0013
これが一番の楽しみ、ノドグロの塩焼き。
説明不要、アブラがのってるのにくどくなく、それでふわふわの食感
めちゃくちゃうまい~!!!!

170624_170628_0015
170624_170628_0014
170624_170628_0011
煮貝は、アワビ、小さいながら一人一枚付きます。

他に寿司や小皿が数点、、、もう食べれませ~ん。


なかなか取れない宿なので、来年も頑張ろう!!!

って、レース頑張れよ。。

TT錬のち満腹錬

IMG_4986
開店を待つ隊長


6月末、毎年参加の
【内灘サイクルロードレース】
タイムトライアルに出るので、付け焼き刃での練習会を堺浜で行いました。

練習会とはいっても、今年はaki隊長と二人です。

ロードバイクに、TTバーを付けてセッティング(ポジション出し)をする。

去年はTTバーを前下がりにしすぎて、
逆に身体が起きてしまい、失敗したので慎重!?に行いました。


自宅から堺浜(埋立地)までは、ほぼ大和川沿いを下っていけば着きます。
ナビいらず、距離およそ33km。
サイクリングロードが半分程占めるノンビリコース、
信号も少なくポタポタと1時間半で到着。

隊長とセブンで合流して、最初の3周回でポジション出しをして
ほぼ決まったところで、ぶっつづけて3周走って、、、
練習終わり(笑)。

1周約5kmなので約30kmという計算。
十分に脚の方は満腹となったので、
次は胃袋の満腹を目指し、河岸を変えます。


毎度の堺浜錬のお楽しみ、練習後のランチ。

近くの美味しくてボリューミーな洋食の名店
【トミーPart2】
と決まっています。
11:30のOPEN前にジャージ姿のオッサン二人で並びます。

「おまちどぅ!ちょっと早いけど入っていいよ」
嬉し恥ずかし恵比須顔でオヤジ2名入店。

メニューは色々あるのだけど、
やはりセットランチにします。

IMG_4990
「緑一色」という麻雀の役はありますが、
これはまさしく 「茶一色」 、役満ですな(笑)

ま、他もどれもこれも圧倒的にブラウンに偏ったメニューですが。
original

ランチ名は当然 “茶一色” でなく 【DX】!(ライス別¥1200税込)
「デラックスワン」と言っていました。
カロリーから、マ●コ・デラックスが頭をよぎる(゚∀゚ ;)マズイマズイ

一口カツ×2、クリームコロッケ×1、エビフライ×1、とんてき×1、サラダ

見てわかると思うが、一口カツは断じて「ひとくち」ではない(笑)
どれも巨大。

運ばれてきたとき腹減りオヤジは歓喜狂乱するのだが、
実は食べ終わる頃にはゲンナリしてしまうほどのボリュームだ。

奥は隊長の「Eセット」
オムライス、エビフライ、一口でない一口カツ(笑)、クリームコロッケ
税込¥1300
オムライスは普通の一人前あることは言うまでもない。

S__30220301
皿の大きさをみて貰えればボリュームのほどが判るか!?

チームジャージデビューが満腹錬というのが、いかにも。。(^_^;)


帰りの30kmが亀のごとくのペースであったのは
逆風と登り基調が原因では無いのは言うまでもないですね。
ハラガツカエテ・・・

能登遠征(内灘ロード)

1612[1]

6月の最後の週末は恒例の

【内灘サイクルロードレース】

石川県河北の干拓地で行われるイベントだ。

uchinada
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=db3a29abe2969a4f3c7b99b009c6dc8a

名物は干拓地ならではの長ーい平坦ストレート。

そして、ロードレースもやってるが、タイムトライアルが有名。


土曜の朝、大阪を発って石川県へ。

いつもなら、金沢箔で、近江町市場なんかで昼飯食って、現地で受付と試走。

今年は、宿を会場の北側に取ったので、思い切って能登観光。

9682[1]

9699[1]

9702[1]

1481[1]

IMG_0510[1]

IMG_0514[1]

IMG_0518[1]

あいにくの雨だったが、七尾・和倉をチョイチョイと回って、夕方宿に。

帰りは強い風と雨で、お目当ての千里浜海岸(なぎさドライブウェイ)は閉鎖だった。


IMG_0528[1]
今年は、宿飯。
居酒屋宴の満足度は無いけど、さんざん昼間食ったので、ゆっくり出来てこれはこれでいいかな。





当日・・・・雨。
風も強い。

宿を5:30に発って、会場に6:00入り。

小雨のなか、とりあえずチームで一周試走。


今年は、チームタイムトライアルと、個人タイムトライアルの2種を走る。

コースはド平坦10kmで、チームが2周(20km)、個人が1周(10km)。

1550[1]

9713[1]

最初の種目はチームTT、ボクらのチームは女子混合なので、上手くサポートしながらどこまで伸ばせるかが鍵となる。

一周目に温存しながら、二周目少しづつペースを上げて、ラストは全力を出し切ってスプリントのようにゴール。

唯一の女子のがんばりで、予想以上の結果が残せた。


さて、問題の個人TT。

今年は肩の故障もあって、練習不足の上、腕を前に伸ばすことが出来ないので、TTバーは非装着とした。
まず、言い訳しておこう。

スタートから、長い直線2.5km減速の要らない軽いコーナーを曲がって更に1kmのストレート。

この区間は横風。
スタート直後は、メーターよみで43km/hぐらいまで出るが、徐々に失速。
3.5kmの区間の最期は32-35km/hと言うていたらく。

そこから650mの真逆風の区間。
30km/hを割り込む勢いで速度が出ない。

裏のコースは、横風だが若干のフォロー、35km/hを割らないように耐える。
ここらから、口呼吸し過ぎで血の味がしだす。
情けないなあ。
脚もパンパンになり、重いのは踏めず、軽いのは回せずのジレンマに陥る。

最後の長い直線はゴール前200mのコーナまで1.2km、ここは完全な追い風。

最後の力を振り絞って40km/h下回らないように粘る。

断っておくが、これは全然すごいことではない。
普通の選手は50km/h近く出てるんじゃないかな。

ま、今なりに頑張った。

ラスト200mは、もう踏む力もないので、ダンシングで加速してゴール。

速報では、なんとかアベレージ35km/hを超が救いだけど、ま、ケツから数えたほうが断然早い順位だった。


吉報は同行した女子が、チームタイムトライアルで、準優勝と3位をもぎ取ってきたことだ。

いや、頑張ってたから、ボクらもホンマに嬉しい。

1596[1]

9715[1]

ただ、心折れることも、遅いなりにもペースが垂れること無く、復帰1.5ヶ月では納得が行く結果だった。

ずっと下ハンドル持ってたので、痛めている肩がかなり痛い。
レース中は全く気にならなかったのは、痛くなかったのか、夢中で忘れてたのか、アドレナリンが出てたのか・・・



帰路、もう一度「なぎさドライブウェイ」にチャレンジするも、またもや通行止めだったのは心残り。


金沢で人気の【まいもん寿司】で舌鼓を打って、お腹は満足な遠征は終わりました。

IMG_0538[1]

IMG_0543[1]

IMG_0546[1]


好きでなかったTTレースだったけど、ちょっぴり面白かった。
来年もきっと来るだろうなあ。

例年のごとく、長距離苦手な、ま~ちゃんとボクで、必死の帰路でした。。(^_^;)

IMG_0550[1]

内灘TTT

11g
小雨ふる中、チーム・タイム・トライアル(最終コーナー手前) 撮影:はた様



後先になりましたが、6/22行われた
[内灘サイクルロードレース]
に参加してきました。

ロードレースと名を打ってますが、目玉は干拓地のド平坦で行われる
TT(タイム・トライアル)
勿論、ロードレースも行われますが、一般で走れる数少ないTT目当てで、
高価なTT専用車が、幅を利かせて一種独特の雰囲気があります。

キャプチャ
コースは変形の四角形(五角形?)
最長直線スタートからの2.4kmを含む1周10kmのコース
もちろん、標高差は無い。

TTは個人は1周、チームは2周でタイムのみで争われます。


初心者から上級者・ベテランまで楽しめる上、
基本が直線路で、他人と競いあう事も無いことから、ヒルクライムレースと並び比較的安全なので、仕事柄怪我できない人たちも、割りと安心して参加できる楽しいイベントです。
(※全くトラブルがないわけではありませんが、クリテリウム等の競い合うレースより圧倒的に事故は少ないです)

内灘と聞いも、ピンとこない方も多いと思いますが、実は金沢市街から10kmほど北にある場所なので、食都金沢の観光も兼ねて楽しむことが出来るのも魅力です。



前日、仕事の都合で予定していたチームメンバーとの移動を断念し、まーちゃんに事務所に迎えに来てもらって、少し遅れての出陣。
4

ご夫婦に割り込んでの、楽しい?おじゃま虫行脚となりました。

あまり気にしてなかったのですが、
「せっかく旅行気分の夫婦の邪魔するか!?」
と、後から皆にさんざん怒られました。

お二人様ごめんなさい。
ミラー越しに見える目や、奥様の肩が不機嫌そうに見えるのは
やっぱりそうだったんですね (>ω<ノ)ノ


さて、金沢に到着して、お昼は北陸で有名な回転寿司に。
以前、15年前金沢の人に紹介してもらって、食べに行って感激したお店でしたが・・・
DCIM0852
あれ、こんなんだったかな?!
ちょっと口に合いません、残念でありました。

金沢で回転寿司いかれる方は
無難に 「もりもり寿司」 をお勧めしておきます。


とりあえずお腹を満たして、前日受付で会場へ。

そのまえに、金沢市郊外の内灘の手前にある
【パン工房バビロン】
を忘れてはいけません。

5

名物クロワッサンの焼きたてはサクサクでバターの香りがしてそれはそれは(^q^)

それだけでなく、代表武良さんは、なんと大阪の自転車チームに所属していたそうな!
DCIM0873

そんな御縁で、ま~ちゃんは毎年寄っているのだそうです。
ちなみに内灘ロードも参加されてましたよ。


さて、会場に向かます。

そうそう、内灘のレースコースの中、本部の近くに
【夢みるく館】
ってのが、ありまして、ココのソフトクリームを外すわけにはいきませんね。
ちょっと寄り道。
DCIM0877

うーん、あっさりした口当たりですが、味わい深いですね。
ヨーグルトソフトがなかなか美味でありました。

おっと、先発のチーム員が練習に勤しんでいるところ発見!
悪いことはしてないのに、なぜか後ろめたい気持ちになります。


さて、さて、、、、今度こそ会場に向かいます。

「あああぁぁぁ、参加証忘れた」(^_^;)

寄り道は忘れないのに、肝心なものを忘れてきたようです。
まぁ、よくある話なんで、事情を説明して事なきを得ました。


受付済ませて、とりあえず宿に。

この日は、クラブで決起会という名の前夜祭を、あの近江町市場
【近江町食堂】
で、行いました。
部屋のキャパがあるので、参加者全員と集まれなかったのが残念でしたが、大いに盛り上がりました。

2

翌日は4:30起床なので、後ろ髪を引かれながら金沢の夜をすこしだけ楽しみました。



さて、当日!

なんと雨!(TOT)

ただ午前中に止むとの情報を信じてレース会場に向かいます。

試走はまだ弱雨。
12

本番の順番並んでいるあたりから、降ったり止んだりに、
とくに走行は問題なさそうです。

10

さて本番、雨はほぼ止みましたが、濡れた路面から前者の跳ねが辛い。

チームタイムトライアルでは、トップを筆頭に立て一列編隊で走るため、
全走者のハネがもろに、顔に掛かります。

ずれたらいいじゃ無い、と思うかもしれませんが、
真後ろが断然風のの抵抗がなく、後ろの走者はさらに相乗効果で、風の抵抗がへりますので、そういうわけにもいかないところが辛いです。

一番上の写真は、左コーナー手前で少しバラけた瞬間ですね。

我らのチーム、オーダーは 「とにかくコケないで、全員無事完走」。
ウエットでのコーナーはより慎重にクリアし、無事ゴールできました。

結果はともかく(笑)

親しい仲間と楽しいイベントを過ごさせていただき、クラブ員、とくに同じチーム組んでいただいた方には感謝です。
そして、雨の中会場設置やおスムーズな運営を頂きました、深谷産業の方々にも謝意を申し上げます。
ありがとうございました。


ちょっと夜に用事があったので、午後のロードレースを応援できずに一足先に退散。

帰りは、近江町市場で海鮮丼をたべ、金沢の食も満喫。

いや、今回の食事は良かった!

3

ちょい市場をぶらぶらして、大阪へ。

9

8

76
メシ喰ったところやのに、また何か食べたくなりますね・・・


10年ぶりの内灘でしたが、やっぱり楽しいイベントだなと、改めて感じました。

来年も行くぞ~!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード