DSCF2111
新しくなったプーリー。
はっきり言って早くなるわけではないが、気持ちはスッキリ。



リアメカのプーリーにヒビが入っているのをチェーン交換したときに指摘されたので、取り寄せて交換した。
IMG_1724

歯はアッパー・ロワーとも減って変形していて、外した古いプーリーのシールドベアリングを指で押し出すと引っ掛けているフランジがボロリと(割れ)取れて簡単に抜けた。換え時だったようである。
IMG_1725
外形は同じだが、ベアリングと歯の間の構造が若干違う。

IMG_1726IMG_1727
特にスグ問題があるわけではないが、見事に劣化してひび割れている。

SRAMのフラッグシップモデルだけあって、上下ともセラミックシールドベアリング使ってるもんだから恐ろしく高価なのが辛い。
これで早くなるわけではないが、気分的にはスッキリした。

さあ、これで乗鞍号のメンテは終了。

今季は消耗部品をほとんど交換、ホイルも手を入れたので、乗り味も新品同様。

問題は乗り手がオンボロであるということである。