やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

D1

バッテリー

CIMG2703
■ 踵があると、なんて歩きやすいんや!素晴らしい・・・(笑) ■

さてさて、ジテツウシューズを立て続けにぶっ壊し(寿命)、新しいシューズを下ろした。
なんてシッカリしているんだ!と関心しきり。
ボロシューズは、相当ヤレてたんだと再認識した。


閑話休題

先般記載のライトのバッテリーは紆余曲折したが、無事入手できた。
これで、安心して使いきることができる。

このバッテリーの持ちは、取説では
4712805860128_5

実使用、実用照度を保つのはジテツウ2往復半。
片道1時間15分として、7時間程度。
しかし、信号待ちや、朝の明るくなってからの消灯が含まれるので、実質5時間強というところか。

通常(フルパワー)時は青いランプ
1

1/2パワーになると、ピンクランプになる
これでも十分な照度、1時間弱で下のレッドランプに
2

ローパワーになると、レッドランプ
ここまで来ると、前照灯ではなくポジションランプ的になる
それでも通常のLEDライト程度は光っている
3

明るさの変化は、ある程度までは実用照度を保ち、
バッテリー容量が減ると急激に電圧(照度)が落ちる感じ。

ギリギリまで使えるが、やはり予備あったほうが安心な特性。


予備バッテリーは、カバンに放り込んでいたが、
たいした重さでないのでフレームに付けておくことにした。
交換(つなぎ替え)も、これなら簡単。

4

見てくれは良くないな・・・
トップチューブ側の固定バンドには、ナビの電源ケーブルを挟んである。

USB電源としても使えるので、携帯もナビも途中充電できる。
ガーミンのサイコン、よく充電忘れて使えないが、これで安心。

P1020271
ナビ充電中

このバッテリーがあれば、ナビを見にくいスタミナモード(バックライトが一定時間で自動消灯)でなく、ノーマルモード(常時バックライト点灯)で使えるのは大きな利点。

ようやく最終型!?


DSC01351
やっとすべての機器が上手く使える場所が決定です。

ジテツウ号のハンドル周り、上手く収まったのですが、実際走ってみるとナビのモニタが水平なので走行中(見ては行けない)はもちろんですが、停止時も空が映り込んでまぁ見にくい、というか見えない。

DSC01330
変更前、サイコン(ポラール)が鑑賞して傾けられない

ポラールをステムに移動して解決!

DSC01356
上手くナビに角度をつけることができました。

もう一点問題があったのが、トップチューブ上部に取り付けたバッテリー。
停止時、左足のみクリートを外して脚を着くと、右膝がバッテリーに干渉しずれる。

場所をダウンチューブ左側に移動して解決。

DSC01352
ケーブル回しもスムーズになる。
左側にすると、USB出力端子も上側に来て、ナビの走行中充電も可能になる。

DSC01354

夕方に、法起寺に行くと素晴らしい景観。

PA277086

カメラマンが列をなしていたところに割り入ったら、監視員に
「ここは自転車は行けないヨ」
と怒られてしまった。この時期はダメらしい。

置いてもいい場所まで行くと、日没に間までに戻れそうもないない。
頼み込んで、1枚だけ慌ててパチリ。
ちゃんとしたデジカメ持ってジックリ撮りたかった素敵な風景でした。

奈良の秋桜もそろそろ終盤、これからは紅葉を楽しもう。

Web通販

強力サイクルライト【DOSUN D1+】のお陰で、快適な夜(早朝)のジテツウ。
これからしばらくは使って行きたいのだけど、心配なのがバッテリー。

途中で電池切れるのを危惧すると、事前の継ぎ足し充電を繰り返すことになる。
未だどのくらい使えるのかは検証中なんだけど、大容量3050mAhなんで、一番弱い出力(これでジテツウルートならも十分)なら、一週間の往復ぐらは行けそうな気がする。

ただ、貧乏性なので継ぎ足ししたら寿命が短くなるのがイヤ(笑)。
できたら使い切って交換したい。

尚、このバッテリーは、サイドにUSB出力端子(電源のみ)がついている。
USBアダプタさえ持っていれば、ナビもサイコン、携帯まで充電できちゃうすぐれモン。
2171908

もし本体潰れても使い道はあるかと、予備を購入することにした。

本体の【D1+】はどうやら生産中止になっているので、Webショップで在庫を持っているところを探し、一番安い宣伝の派手なショップで購入手続きした。

Webショップは、お店で置いてないもんでも探せるし、安い。
なにより買いに行く手間や交通費もかからないのが気楽で、
「モノは現物を見て、対面販売で買うのが基本や!」
と息巻いていたのだが、最近は時代に流され結構利用が増えて来た。

最初に断っておくが、このショップが悪質であるとか、被害を受けたと言うことではない。

わかりやすいので、事例のひとつとして上げただけの、あくまで雑談とし読んでください。

 ----

後日こんなメールが来た。

「誠に申し分けございません。
ご注文いただきました商品が人気商品のため品切れになりました。

(中略)

他のカラーでしたら、在庫ある商品もあります。
タイミングによりましては、欠品となる場合もありますが
ご検討いただけますお客様は、当社までご連絡いただけますでしょうか

(後略)」

とメールが来た。

明らかに、ひな形があって、型番のみを入れただけだろうおかしな文章のメール。
急ぐ商品でないので、構わないのだが、突っ込み処満載の笑ってしまう言い訳が羅列してる。

人気商品のため ・・・ こんなマイナーな商品の備品パーツが、、びっくりや!
品切れになりました ・・・ ボクが注文したときはあって、鼻の差で先にに売れちゃたのね
他のカラーでしたら ・・・ あるんだったら提案お願いします

Webサイトは未だに、[在庫:あり] だし、

弊社は複数店舗で共有している ・・・ [弊社支店][グループショップ]とは書いてない…
お店は普通のマンションで、1Fでもないので店舗形態ではないと推測できる。
(大手販売店の名前違いの通販専門事務所と考えられなくも無いが)
要は、お店在庫でなく、受注取り寄せで問屋(販社)に在庫ありと言うことなんだなと勘ぐってしまう。

仕事柄、初対面?の方とWebのみでの取引する場合は、
社名・住所・電話番号・メールのドメイン
を一応確認する癖がついているので、つい細かいところに目が行ってしまう。

名無し(連絡先なし)で、Webメール・フリーメールの人の問い合わせには最低限の情報しか返信しない。(基本見積もり等はしない)

キャプチャ

このWebショップがそうだと言う事ではないが、
問屋やメーカーの在庫を、[在庫:あり]とするWeb販売サイトが多いのは周知の事実。

ちゃんと、住所・固定電話番号も開示、大手Web販売サイトを複数使っているし、クレジットカード決済もできるので、一応安心できるショップだとは思う。

所住所記載無し、もしくは非情に分かりづらいところに記載してあるショップがけっこうある。
電話番号の掲示が無い、もしくは携帯電話番号のみと言うところも多い。
大手Web通販サイト(楽天やamazon等)は、結構な利用料(基本料金+販売マージン)が掛かるし、悪質サイトの場合は即刻削除される可能性が大きい。
クレジットカードでの不正な行為があったら即刻利用停止になると聞いた。


忙しいので、煩雑で迷走した対応となっているのだろうと・・・

別に予備の電池で急ぎでもないし、こんなこともあると知っての利用なので、
腹が立つ訳でも、困るわけでもないが、高価な商品や、急ぎの品の時はくれぐれも相手の分からないWebショップは気をつけた方がいいと思う。

やはり、「モノは現物を見て、対面販売で買うのが基本や!」 (^_^;)

強力ライト、スゲー!

DSC01171
 DOSUN D1 数あるサイクルライトの中で一番明るいモンのひとつ



ジテツウ号に会長から譲り受けた強力ライトをつけてみた。
DOSUN D1バイクライト
DOSUNは台湾のLEDライトメーカーで、自転車用では画期的な商品を排出している。

取り付けは簡単だが、ポン付けではブラケットがやや不安定。
走っていると上を向いてしまうのが問題ありだが、方策が無いこともないのでボチボチと改良していこう。

ライトオン!で夜の帰路に向かう。

街灯が明るい市街地では、自分ではよくわからないが、大抵自転車を無視して出てくる横道からの車が、止まっていてくれる事が多い。
相手からはかなり目立つのだろう。

このライトは、道路交通に特化しているため、
車やバイクのライトと同じく幻惑防止で上部配光がカットされている優れもの。
(明るいペンライトは市街地ではオススメできないのはその為)

オマケに、ハイビームポジションがある。
D1-HB

市街から郊外へ。
さて、威力はさぞ凄いのだろう!と思いきや・・・あれれ明るいのかな??

おかしなこと明るさが実感できないのだ。

そこでライトオフ、消灯してみた。
DSC01182_0
ぴぇ~っ!真っ暗けや!!!
(カメラが自動補正したので雰囲気に合わせて補正しています)

そう、今までのライトと違って、
あまりに明るく、そして照らす範囲が広いので
自然に見えて気づかなかっただけやった。

DSC01182_L

上の暗闇の場所で、ライトオン!
明るいところが強調されているが、実際はもっと幅広く照らされている感じ。

奥に見える街灯の近くにある、標識を殆ど照らしていない?
ペンライトでは、あり得ない配光。(もう少し下げてもイイナ)
歩道の柵の上のラインが配光の上限になっている。

次に、ハイビームに切り替えると下の駐禁標識はおろか、
上の速度標識までくっきりと照らしている。
確かに遠くまで明るいが、使う意味があるのは山越えの下りぐらいかな?
コレは対向車が間違いなく眩しい。

DSC01182_H

いま、上を向いてしまい、ナビと干渉するブラケット取り付け位置を策定中。
バッテリーが別体なので、ハンドル周り以外は取り付けられない。

さてさて、どうしたもんか・・・・

高輝度LEDランプ

DSC01057

ジテツウの最終兵器を入手した!

DOSUN D1

バッテリー別体の高性能LEDランプ。

某会長が某抽選会で当たったのを、無理やりボクのデジカメと交換してもらったのだ!
m(_ _)m

原付並みの超高輝度ランプで、道路走行用特化し、
幻惑対策(ビームの上半分をカット)を施してある。
明るさ(中・強)以外に、ハイ・ローの切り替えもできる優れもんらしい。


調べると、取り付けブラケットに若干問題があるようなのと、
取り付けたいボクの自転車は、ハンドル周りが一杯なので、
(サイコン・ライト×2・ナビ・ベル)
どう整理し工夫して取り付けるかが問題。
特にナビが干渉するので、全面見直しかな。

時間掛かりそうなので、この連休あたりで煮詰めてみるか!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード