やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

30mmF1.4

禁断の組み合わせ

DSC_1074

一見普通に見えるデジイチなんだけど、これ禁じ手なんです。

以下、カメラ好きでない人にはマニアックな話になるので、飛ばしてください。



上の写真、

カメラ:Canon EOS 6D
レンズ:SIGMA 30mmF1.4 DC

最近、EOS Kiss用に上記のレンズ購入して、気に入って持ち歩いていましたが、ふと思うこと合って、ボクのメインカメラ EOS 6D に取り付けてみました。

そう、6Dはフルサイズ、35mmF1.4はAPS-C用なんです。
Canon純正のAPS-C用は、フルサイズに取り付けることが出来ないん様になっているんですが、サードパーティ製レンズは、取り付けることができるんです。


-----

なにが禁断なのかが

・画像でわかった人…マニア度9

・使用機材の書き込みでわかった人…マニア度7

・最初の文書で分かった人…マニア度6

・全文みてわかった人…マニア度4

・よく分からなかった人…普通の人(笑)

-----


話はもどります・・・


要は、大きなカメラに、小さなカメラ用レンズを無理やり付けちゃった訳で、もちろんこのまま普通に撮影したらダメ写真量産になるわけです。

どないアカンかというと、

IMG_9898

わかりやすい写真を撮るとこうなります。(枠線は後で説明)

四隅が真っ黒けになっちゃうんですね。
これを 「周辺減光」 といいます。


カメラのレンズを通して入ってくる光(画像)は、全部が写真として使えるわけでなく、真ん中の美味しい部分だけを使っているわけなんです。

だいたい、丸いレンズなのに、四角い画が出てくる事自体、無駄な部分があるのがわかりますよね。

レンズの性質から、ど真ん中は減光もなく、画質も綺麗です。
外側に行くにしたがって、どんどん暗くなり画質が悪く(歪み・色ずれ)なっていきます。

簡単に言うと、大きなカメラ(受光部が35mmフルサイズの物)は、もっと大きなレンズ(システム)でないと、きれいな写真としては成り立たちません。
大きいカメラには大きいレンズが必要なのはそう言う訳なんです。

このレンズは、受光部サイズがAPS-Cと言う、一番一般的なデジイチ用に設計されていて、上画像の白い枠線内を使うように考えられています

枠線内なら、ほとんど周辺減光が気にならないでしょ。

ただ、かなり画質にこだわったレンズなんで、枠の外側でもまだまだ使える部分もあって、絞りを絞っていけば減光も画質もかなり改善されていきます。

普通のAPS-Cレンズに同じことをすると、画質どころかレンズ外のサークルがモロに出てきます。

aps-c1

なので、このSIGMA 30mmF1.4に限っての裏ワザで、四隅の周辺減光と画質低下を見込めば、フルサイズ機でも使えるわけなんですね。

同社のArt(高品質)シリーズは伊達ではないです。

なので、「訳ありだけど、小さくて明るて安いフルサイズ用レンズ」 として使えるわけです。
(推奨はもちろん出来ません)




あまり自慢できませんが、デジタルカメラになってから、写真のトリミング(切り抜き)を前提に少し広い範囲をとって、フレーミングを仕上げなおすのを常としているのもあって、かなり生きてきます。

たとえば、

IMG_9876

こんな、写真。
ローアングルから撮ったので、水平もずれているし、被写体(桜の花)も小さいですよね。

IMG_9876_2

こうやって、傾きを直して、桜がギリギリで朱い灯籠が丁度入る用に切り取ります。
こうすると、四隅の減光がきつい部分が省くことにもなります。

IMG_9876_3

 水平垂直が出るだけでもかなり見やすくなりますし、必然と桜も大きくなります。

 さらに、明るさや色合い(ホワイトバランス)、色の濃さ等を補正すると、

IMG_9876_4

こうなるわけです。

「それでも大したことないやん」
って、、、、いや、説明用にとりあえず撮った写真なんで、作品としては突っ込まんといて・・・


ま、そういうわけで、色々と楽しんでいます。


自転車ネタのBlogなのに、最近カメラの話や、写真ばかりだから、そろそろ自転車復帰しなければ!

あすかぽたぽた

IMG_0524
 飛鳥版 「この木なんの木きになる木」 発見
 偶然この木に目が行って、自転車担いであぜ道を超えて直接行きました
 おぉぉ、、、ここだったのか!って場所でした。でも内緒だな


IMG_0487
 遠くからでもひと目で分かる菜の花の一角を見つけて
 すぐさま駆け寄って(笑)、パチリ


IMG_0498
 某古代遺跡へ向かうすてきな竹林の道
 自転車担いで行きましたが、裏ルートから来れるようです



IMG_0543
 飛鳥川沿いに、早咲きの若桜
 佐保川にもありましたが、植樹まもない桜は開花が2週間ほど早いみたいです


IMG_0569
 ご存知今井町、素敵な町並み
 金沢・東茶屋町や、広島・竹原みたいな素敵な街にならないかな?
 ポテンシャルは奈良町よりいいと思うけど、場所がアカンか・・・


今回の写真はすべて EOS Kiss X7 + SIGMA 30mmF1.4 DC

30mm(換算48mm)の単玉一本勝負!
ズームの便利さはないが、決まるとなかなかの画がでてくる。
たしかに難しいけど、考えて撮らないけないので、確かに写真うまくなる、、、と思う。



肩の具合は一進一退、ロードバイク乗ってるときは特に問題ないが、
翌日に、痛みと可動域の縮小が如実にでる。

乗車中の前かがみポジションが、首に響くのが辛い。

今日は湿布だらけ ・・・・ (;´・ω・)
肩は翌日に

雨の日は…

IMG_0454_r


 肩が疼く・・・



EOS KissX7 + SIGMA 30mmF1.4 DG

SIGMA 30mmF1.4 DC HSM Art

IMG_0168
 薄暗い裏路地の飲み屋街の雰囲気もバッチリ写りました
 カメラ興味ない方は、どこが?・・・と思われるかもしれませんが、スマホでは撮れない画


なんかすっきりしない時、モヤモヤした気分の時、
つい食欲か、物欲に走ってしまいます。

今回は物欲。
初めての単焦点(ズームでない)大口径(明るい)レンズを衝動買い。

SIGMA 30mmF1.4 DC Art

単焦点は
SIGMA 50mmF2.8Macro EX DG
CANON EF40mmF2.8 STM
を持っており、描写には満足しているのですが、

小型のAPS-C(KissX7)でとびきりの画が取れるものを探しました。

DSC09708
 完全に頭でっかち
 ボディ(X7)が世界最小デジタル一眼レフだけにレンズが大きく見えます

レフレックスカメラにこだわるキヤノンの意地と
大手カメラメーカーに一歩も引かないレンズメーカーSIGMAの意地が
融合したカメラ好き垂涎のコストパフォーマンス最高の組み合わせです。


IMG_0244

IMG_0260

IMG_0165

IMG_0085

ズームじゃないので、お気楽には取れません。
自分で近づいたり離れたりしてとるのは大変ですが、
バッチリ撮れてたら、うーん、うまくなった気分に浸れます。
(レンズの性能です)

あとから知ったことですが、写真好きで、超有名なBlogでも紹介されたレンズ(旧型が)。
これは、とても好きなBlogで写真集も買っちゃいました。

【ダカフェ日記】
http://www.dacafe.cc/

思わずニヤリとする写真と、一言だけの素敵なフレーズ
理想とする、写真日記やなぁ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード