やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

白馬へ

1070313
初日、ひどいモヤでしたが、高度を上げて突き抜けると絶景でした。
(八方池山荘から、八方池・唐松岳への登山口)


新型コロナ下で出かけ難い日々が続いています中ですが、
丁度第3波が収束し、緊急事態宣言が解けた間隙を縫って
白馬へ遠征してきました。

宿は毎度お世話様の白馬別荘のオーナーに無理を言って
利用させていただきました。


P1070336

今回はこの4名。
(私とオーナーと毎度の仲間)

金曜の就業後に集まって、車1台で向かいます。
高速道路の割引を勘案して[安曇野I.C.]を深夜0時過ぎに抜けました。
約450kmを5時間、全員ドライバーなので負担も軽く楽々到着。

宿にAM1:00着でも休めるところが、持ち宿の素晴らしいところ。



【3/6(土) 1日目】

白馬はスキー場が密集してるので、この宿からでも
 ・白馬八方尾根スキー場
 ・エイブル白馬五竜スキー場
 ・Hakuba47ウインターリゾート
 ・白馬岩岳マウンテンリゾート
 ・栂池高原スキー場
が10分~20分程度で行くことが出来ます。

この日は、オーナーに送っていただいて[八方尾根]へ。

とりあえずゴンドラで一気に上がると・・・・
視界ちょー悪い。。。

1070320

リーゼンスラロームコースを1本滑って、
丁度白馬に居られる友人ご夫婦と連絡がついたので合流。

とりあえず皆でコース一番てっぺん(リーゼンクラート)
まで登ると霧を突き抜けて少し視界が開けててました。
1070319

ここからは登山コース(タイトル写真)で、アイゼン・ピッケルの冬山登山となります。

山荘でコーヒータイム後、ゲレンデに戻りましたが
さらにモヤが濃くなり、視界5m
霧の粒でゴーグルに水滴が着いてバーンも見えず、
危険ですので昼を待たずにスキーは終了。

白馬の街で昼食をとり、
1070323
合流したご夫妻に宿まで送ってきてもらい、
1070328
しばし歓談し、この日は解散となりました。

晩御飯は、オーナーが準備くださった、野菜たっぷりモツ鍋!1070329
頂いたお酒とともに、いやはや、美味かった~
締めは、ラーメン後、雑炊(笑)
久々に腹はち切れました。
1070326
特別仕込みの純米吟醸酒。こんな香り高いフルーティな日本酒はなかなかお目にかかれません!


【3/7(日) 2日目】

この日は天候回復とのことで、再び八方尾根へ。

朝はモヤが残っていましたが、昨日ほど濃くなく視界も問題ありません。

さあ、モヤ(雲)が中腹にとどまっているウチに、
雲を突き抜け、ゲレンデ上部から「雲海ツアー!」だ!
1070345
兎平を超えると、、、眼下に雲海が!

1070348
最上部リーゼングラートコース、TOPの1,830mから少し下ったところ。

1070353
スキー場最上部から、八方池方面に向かう登山客。
この日はたくさん登っておられました。

1070358
リーゼングラートコースから「五竜スキー場/アルプス平ゲレンデ」
五竜のトップは1,515mもあるんですが、
それをすべて見下ろす、八方の雄大さは際立ちます。

1070376
真ん中の雪が濃いのが、火打山2,462m、左が焼山2,400m・雨飾山1,963m
右側の2段に見えているのが「妙高山」2,446m

1070392
上写真の右側で、左端に戸隠山と戸隠スキー場
1070443
戸隠スキー場

1070399

1070415
ゲレンデの樹には霧氷、後ろ右に霞んで見えるトンガリは白馬鑓ヶ岳(だと思う)

このあと、昨日ティータイムしたゲレンデ最上部の
「八方池山荘」でご夫妻と合流。

目当ては、、、
1070428
「天空のカツカレー!」¥1,150(勝手に名付けました)
昨日隣の方が食べられてて、
「ここの名物なんです」といい匂いをさせてたので、
この日のお昼は、決めてましたwww

甘口だけどスパイシーで美味い!カツもでかい!

1070430
撮影風景(笑)
落ちたらシャッターチャンスと不埒なことを思い浮かべます

1070437
結局朝10:00オープンと同時にはいったのに、みんなカツカレー。

このあと、黒菱・スカライン・北尾根と滑り、
ゴンドラで戻って、パノラマ・リーゼンスラロームで終了。
1070458
北尾根で集合写真
ちなみに、ボクのウエア(上)は、、、あの[ワークマン]の冬用ジャケットです。
内ポケットが少ないぐらいで、動きやすさや防水は全然問題なかった。。。
さすがガテン系No1ブランド!
phe●ixやSAL●MONの1/5ぐらいかな…
ちと野暮ったいけど、着てるのボクだし。

1070468
この日の昼からは好天でした。スカイブルーやね。。

スキー場に来て、スキーそこそこでも十分に楽しいお年頃になってきました。
若いうちは朝一番からリフトが止まるまで滑ってましたが、無理ス

昼過ぎに宿に戻り、片付・掃除して帰路につきます。

定番の長野の名物スーパー「TURUYAツルヤ」に寄って、
土産と、補給を購入して一気に帰阪しました。

気のおけない友人たちとの二日間、コロナで動けない日々を送っていたので本当に心の洗濯ができ、ストレス発散!
ご一緒いただきました皆様、ありがとうございました。

少人数の上、自分たちだけの宿、屋外でのスキーと、密を避けられた行動ができたのも良かったです。

最後になりましたが、ロッジオーナーのTさん、ボクらのためだけにご一緒いただ居た上、宿のお世話・食事の準備から何から何まで本当にお世話になりました。感謝感謝ありがとうございました。

早くこの情勢が落ち着き、心置きなく楽しめるときが早く来ますよう祈ります。

初雪in大阪

DSCF0954

体重が一向に減りません。
原因はわかってるのですが、【鉄の決心】も空腹の夜には【紙の心意】に。

この時期からのジテツウはさすがに無理があるので、気は心と
睡眠5時間確保できる朝は、早朝ウォーキング。

でも、ウォーキングではダイエットできません。

ボクの体重で1.5時間歩いても、350Kcalしか消費しません。
菓子パン1ケにもならない。

でも違うメリットもあるかな。

【1】早起きの習慣、夜早く寝るようになる
【2】気合い入れなくても、通勤からでも始められる
【3】AMをすっきりした体調ですごせる

ま、ジテツウしな言い訳です。



しかし、今朝は冷えましたね。
大阪でも初雪だそうです。

でも、この程度。
関東のように、交通混乱することはありません。

大阪は、ほんま雪が少ないです。

DSCF0968

大阪の降雪

IMG_1209

 駅から出ると、そこは雪国・・・
 では無かったが、今朝の大阪は珍しい細かい雪。



wikiによると、降雪には慣習的に7つの分類があるらしい。

 たま雪、こな雪、はい雪、わた雪、もち雪、べた雪、みず雪

全てひらがなの部分に、意味や形状が含まれているので説明は不要ですね。

ちなみに、「津軽には七つの雪が降る」らしい(笑)です、

♪ 降りつもる雪 雪 雪 また雪よ
 津軽には七つの 雪が降るとか
 こな雪 つぶ雪 わた雪 ざらめ雪
 みず雪 かた雪 春待つ氷雪


ご存じ(な人は中年)、新沼謙治の「津軽雪女」の一節、
ただ元々は、太宰治 「津軽」 の冒頭

津軽の雪
 こな雪
 つぶ雪
 わた雪
 みづ雪
 かた雪
 ざらめ雪
 こほり雪

からの引用した様ですね。

めったに降らない大阪近郊に住んでいると、「雪」は心が浮き立つ響き。
雪国地方には、津軽に限らず多くの雪の種類を表す言葉があるようです。
イヌイット(エスキモー)なんかは、雪の色まで分類があって、
50種類とも、いや100を超えるとも言われています。
生活に大きく関わるので発達した訳であって、
「情緒的だなあ」なんて思うのは苦労をしらない人の勝手ですね。

大阪にいたら、「みぞれ」 「ただの雪」 「ぼたん雪」 ぐらいしか分からないけど、
たまには雪景色みたいよなあ。

IMG_1212
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード