やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

長野

野沢温泉はオーストラリア

DSC04485
 【やまびこAコース】スキー場最上部(毛無山山頂1,650m)からの林間コース
 スキーヤー・ボーダーが一瞬途切れた瞬間は[墨絵]の世界!



この3連休は【野沢温泉】。

今季初滑りで、今季最後?のスキー。
野沢は実に25年ぶりなので、楽しみにしていました。

しかし、残念なことに豪雪地帯の野沢ですら今年の暖冬で雪不足。

一番楽しみにしていた、スカイラインコースが運休(TT)
野沢名物の上部ゲレンデからから裾野への斜度があるバーン(シュナイダー・牛首等)には雪がつかずブッシュや土が出ていて実質まともに滑れない状況。

まあ、ボクの腕(脚?)では[やまびこ]や[上の平]だけでも十分満足なんで、その余力をスキー場屈指の温泉街を満喫してきました。
map2015

しかし、いやはや、ここは日本?ってぐらいの外国人(主にオーストラリア人)の多さ。
英語がアカンぼくには、リフトで何回か一緒になって、しどろもどろ。

「ハーイ(^_^)/、うえあ、あー、ゆー、ふろむ?」
「オウストゥレイリア!、ごにゃごにゃ、もにゃもにゃ」

「おーすとらりあ!グレーと!カンガルーかんとりー!」
「(困惑)ごにゃごにゃ、もにゃも~にゃ!」

「(沈黙)・・・・」

「はばーないすでい、えんじょい!」
04637

ふー、英語もっと勉強しておけばよかっな!
話はしたいけど、単語すら浮かばない。

ちなみに、街も外国人(ほとんどオーストラリアの方とか)でいっぱいです。
04562
 ザ・にっぽんの温泉、野沢!の風景とは思えない! 

そうそう後で聞いと話だと、オーストラリアの方はかなり奥ゆかしくて日本人に近いメンタルを持っている人が多いとか。
ただし、発音がオーストラリア訛りなんで、聞き取りにくいそうです。
ボクの語学力はそれ以前の問題ですが・・・(;^ω^)

関係ないのでしょうが、野沢温泉村はオーストラリアの「サンクト・アントン」と姉妹都市です。



閑話休題

今回は、競技スキーしている自転車のお友達(先輩)夫婦が、ちょうど野沢で大会があって、応援に顔を出しました。

04651

GSL(大回転)です。
雪が少なくて本来のコースでないのが幸いして、スタート地点でお話して、ゴールで応援させてもらいました。
04654k

なんと!
おふたりとも表彰台です!
04681

すごいです!
おめでとうございます。

これからさらにご夫婦で転戦されるそうで、羨ましいですね。


さて、今回のスキーには温めておいた新兵器を投入・・・予定でしたが、初日は雪の付き具合をみるので、旧々板で滑り、そして二日目に満を持して(なにが?)投入しました。

04632

さてさて、チョイトップの上がったセミ・ロッカータイプの板
どんな滑り心地か楽しみです

04492

最上部のやまびこゲレンデですら、パウダーになっていない状況
昨日は雪だまりに足を取られて、見た目より重い雪面に上手く滑られませんでした。

新兵器は、ボクの腕でインプレなんて分かりませんが、
前日に少し古い、細めのカービング初期の板(譲っていただいた中上級のいい板です)と全く違うタイプなので違いはよく解りました。

足を取られていた、雪の浮いた雪面でも、引っかかること皆無で非常に滑りやすい。
ターンは軽く踏み込んだら、クッっと反応します。
今までの感覚で踏むと、圧雪の良雪面では曲がり過ぎるので、大きなターンは加減がいりますね。

山側の板のエッジも使いやすく、面白くて楽ちんな板です。
ああ、思い切り(新雪良バーン・笑)これで滑りたい!
オフピステ(圧雪していないコース)も滑りやすいそうなんで、今度の楽しみです。

さてっ!スキーが終われば、野沢の街をくねくね・・・(続く)

恋するフォーチュンハッポー

0050

懲りもせず、また行ってきました。

白馬八方尾根スキー場

ローマ字表記で 『HAPPO-one
って書いてあったんで、てっきり [ハッポー・ワン] って名前になったのかと(^_^;)
ひとり大ボケかまして笑ってしまいました。
(2012年から経営会社が変わったのは聞いてたので、てっきり)


そう、ここは正月にコケて肩を傷めたスキー場。
右上腕骨骨挫傷全治1ヶ月

今は負傷箇所は治ったけど、肩の筋肉が固まってしまい、リハビリ中。
こんかいコケるわけにはいきません。


スキーは修学旅行でデビュー、バブル時代のブームに乗って、
一旦離れてたけど、10年前からスキー仲間に恵まれて復活。

特に仲間のベース宿がココにあった事もあり、馴染みのスキー場となっています。

ビッグゲレンデの割に、スノボ(初心者ボーダーにはキツイらしい)が少ないので
ボードの動きに惑わされる、オヤジスキーヤーには嬉しいポイントです。


【白馬八方尾根スキー場】

総面積:220ha
最大標高/最低標高:1831m/760m
標高差:1071m
最長滑走距離:8000m
リフト・ゴンドラ数:23本
レベル割合:初級30%、中級50%、上級20%


↑ 「レベル割合」の公称は大嘘ですね。
ボクの感覚からしたら、

レベル割合:初級10%、中級30%、上級40%、超上級20%

関西のスキー場なら上級コースになってる斜度が、
初級者の緑の線で引いてあります。

なにかで、表記が「初心者」じゃやなくて「初級者」やから、ま、OK!とか聞いたな。
たしかにコース幅あって、コブ少ないけどね、、、「初級者」でも違う思うな。


03688
早朝着いたら、欧米式雪だるまがお出迎え

日本のは、[達磨]だから座禅組んですわっている2段
欧米は、[スノーマン]なので、首・胴・足の3段

なのだそうです。

『アナ雪』のオラフもこんな形ですよね。

03704
グラートリフトを登った所、都心部から離れ、標高1800mだと青空の色が違います

03694_2
グラートリフトから、お隣の【白馬47】を見下ろす


標高差があり、日本海に近い八方スキー場は、
まさに、フォーチュンクッキーならぬ、フォーチュンハッポウ。

天候不順でハズレの日が少なくありません。
1日中雲のない快晴のこの日は[大吉]より上の、幻の[大大吉]かな(笑)

お陰で日焼けしてしまいました。

0053

一番奥に位置するリーゼングラートコース最上部からは、
正面に戸隠連峰、左(北)に白馬三山が望めます。

リフトが止まっていることも多いので晴れの朝一は迷わず登ります。

03770
リーゼングラートでお友達の子供にワンポイントレッスンの師匠

小さい時から滑ってるので、斜度に対する怖さがないから上達が早い早い!

リーゼングラート
距離565m 最大30度 平均13度

ここはMAPでは中級者ゲレンデですが、
それを信じて昼からいったら、、、、コブコブザクザク(;´・ω・)
タイヘンだよ~(TT)

03799
リフトでノンビリ景色見ながら仲間とのおしゃべりは、至高のひととき

03801

兎平の上で、ポーズをとる
この後、まっすぐ滑り降りたか、迂回したかはシークレット

兎平ゲレンデ
距離760m 最大31度 平均23度

03779_2
八方屈指の黒菱ゲレンデの上部、ボクはもちろん迂回(;^ω^)

黒菱ゲレンデ
距離500m 最大31度 平均27度

師匠は軽いすべりで、一気に滑り降りていきました・・・

「あれ、大したこと無いのかな」

って間違って付いて行ったのは、いまはむかし。

ちゃんと、学習しました・・・


0380603807
冴えないおっさんと違って、絵になるなあ

03693w
最後に師匠のミラーレンズで、自撮り!

hakuba_happo

乗鞍は今日も雨だった♪

2
 雨でのショートコース開催も無事終わり・・・
 にこやかに下ろしたての新しいジャージで記念写真でしたが、、
 結果は聞かないでください・・・


 今年も行ってまいりました、
 「乗鞍ヒルクライム」
 
 ※正式名称は 「第28回 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」

今回は台風接近に伴い、前線停滞で風雨が強く、開催が危ぶまれていた。
前日は雨、当日も降ったりやんだりだけど、問題なそうなので準備開始。

今年は何とか去年の記録
 1:22:23
を超え、チャンピオンのエントリー資格が得られる、1:19:59を狙う。

練習のモチベーションが意外と保て、通勤路を峠越にしたり、休日の短間の空き時間でも登りに行ったりと、8月の練習はまずまず、マイナス2分半は密かにまず大丈夫!と思っていた。

今だから言うが、プレ走行会の調子から、ホントの目標は昨年5分アップに上方修正の1:17。

前日・当日の食事も気をつけ、当日は朝4時起床し、アップ(ローラー)もちゃんと行なった。
ウォームアップオイルも(借りて)塗ったし、トイレもOK!完璧じゃん!!

いつもどおり、会場に荷物を預け自転車を置く。
ん、何やらコース変更がどうとかの話が聞こえてくる。
知人に会ったとき、「残念やね~ショートコースになって開催やて!?」

「ナヌ~?!!!!!!!」

第2CP(位ヶ原山荘前)がゴールになるらしい、その上は霧と強風で走れる状態ではないとか。

主催者のギリギリでの判断と努力で中止は間逃れた、行うこと自体が好判断なのだが、正直ガックリ。
スタートも30分遅れなので、この雨混じる曇天の早朝にここで2時間近く待たなければならないのが追い打ちを掛ける。

順位割合を去年より上げればイイと気を取り直してスタート。
「うっ、脚ががメッチャ重い・・・なんで?!」 いきなり脚全部が乳酸全開って感じ。

休暇村までは全く抜かれ放題、やっと脚の重さが取れ走れたのが三本滝(7km)手前から・・・

タイム 0:58:35(70kg)
クラス順位 371位/完走1,251人

心は折れることなく、とにかく全力で走ってこの結果だ。
結局、去年の第2CPでのラップタイムが58分とあるので全く進歩ないことになる。

地力がなかったのか、出しきれなかったのか惨敗なり。
悔しい、めちゃくちゃ悔しい。

フルコース走れなかったのがじゃなくて、なんで万全で挑んだ本番にこんなに走れないのかが悔しい。

来年は盤石の準備でリベンジを誓う。まず体重65kgだな。

●過去結果
'04…1:28(73kg)
'05…1:34(77kg)
'06…1:31(76kg)
'07…1:31(72kg)
'08…1:32(74kg)
'09…1:32(74kg)
'10…抽選ハズレ
'11…抽選ハズレ
'12…1:22(69kg)


no title
 前日も当日も降ったり止んだり、夜中はかなり強い雨

1
 心なしか人数が少ない集合スタート地点
(ロード男子Eだけ見たら2割近くがDNSだった)

3
 ショートコースになって、ゴール後も道路が下りの準備地点に
 このあと、更に列が伸びてゴール地点より手前に渋滞最後尾になった
 出発が遅いクラスは計測が出来ず気の毒極まりない

4
 前日のお昼ごはんは、胃腸の調子を考えて、自然薯ご飯
 美味しいし、胃もたれ等も皆無

5
 帰りは、待望の高山でカレー
 写真はチキンカレー最高に旨い!
 残念は本命の「飛騨牛カレー」がまたしても前客で売り切れだったこと・・・
 こちらも来年リベンジを誓う(笑)

プレ乗鞍ヒルクライム

3316
 ゴール地点が2702m(畳平)、雲が目前を通っていく天空の道はサイコー



今年も出ます、「マウンテンサイクリングin乗鞍」!、第28回大会です。
抽選漏れや、雨天中止もあったので定かでは無いけどもう10回目ぐらいの出場です。

20km・標高差1200m全て上り、日本で一番高い所を走る歴史あるレース。

チャンピオンのTOPが55分を切ると言う凄まじいタイムですが、ボクの目標は80分。
昨年が1:22:23だったのであと一息と言うところですが、これが自分なりの限界だったのでたとえ3分短縮でも厳しいのは間違いないな。
ちなみに80分切りすると、翌年にチャンピオンクラス出場資格がもらえる。

そこで、毎年8月末のレース前にクラブの有志で[乗鞍エコーライン]を走りに行っています。
通称「プレ乗鞍」

今年は、呼びかけ告知が遅かったのと、他のクラブイベントと重なったこともあって参加が少なく、歳も脚も似通った4人のおっちゃんで行ってきた。

いつもみたいに、飛騨高山よったりもせず一直線に乗鞍へいって初日から1本走ってきた。
サラ脚のうちにとりあえずタイム計測。
32713274
 「いくでーっ」 → 「ゴール!」
 写真撮っていないだけで、その間は頑張ってるねん85分!(笑)
モチベーションもアドレナリンもライバルも無いので本番はもう少し早くなるハズ!
体調もよく足も軽かったので、80分切り狙うなら今回だな。

二日目はリュック背負って、ノンビリ写真撮りながら登ります。
意外に初日のダメージもあってポタリングペースなのに1200mUPは変わらずしんどい。

あとは写真で乗鞍をご紹介~

3293

3281

3388

3386

3374

3366

3377

3323

3348

3395

写真元画像は
http://yahoo.jp/box/cu4lHA
全てCanon powershot S100

長野への道

SDA王滝やマウンテンサイクリング乗鞍にどう挑むかの話ではない。

単純に 大阪-長野 間の車でのルートのお話。

キャプチャ365
 吹田IC-松本IC 通常ルート
吹田IC -(名神)- 一宮JCT -(中央道)- 岡谷JCT -(長野道)- 松本IC
363km ¥7,800(通常時)

昔からの一番オーソドックスなルート、京都の渋滞を避けるのに
京滋バイパスを使うかもしれないが、一般的にはこのルートですね。

名神・東名・中央の主要高速道路だけでは交通量を賄い切れないこともあり、
近年、都市部を避ける副幹線が整備開通されてきた。

2003年 京滋バイパス
2003年 伊勢湾岸道路
2005年 東海環状自動車道
2008年 新名神自動車道
(完全開通年)

それに伴い、様々な別ルートが組めるようになってきた。

先日の白馬スキーの時に教えてもらったんだが、
関西から長野道に抜けるのに混まない・走りやすいルートがある。

キャプチャ395
 吹田IC-松本IC 新ルート
吹田IC -(名神)- 大山崎JCT -(京滋バイパス)- 草津JCT
 -(新名神)- 亀山JCT -(東名阪)- 四日市JCT
 -(伊勢湾岸)- 豊田東JCT -(東海環状)- 土岐JCT
 -(中央道)- 岡谷JCT -(長野道)- 松本IC
388km ¥7,800(通常時)

こいつはイイ!目からウロコや~!!

伊勢湾岸を使うと、名古屋を超え豊田までいってしまうので
かなりの遠回になるのだが、逆に新名神で短縮になりるので、
トータル距離にして約25km増えるのみだ。
(上記比較では名神と京滋の違いがあるが距離はほぼ同じ)

新名神・伊勢湾岸・東海環状は、新しいだけあって非常に走りやすく、
伊勢湾岸から東海環状につながる 豊田東JCT はそのまま真っ直ぐなので
迷うことも、合流の渋滞にあたることもない。

冬の定番渋滞の彦根・米原、いつも混んでるの名古屋近辺、
中央道から名神の合流(帰路)で必ず渋滞の一宮JCT、
等々が避けられるので、ストレス無くドライバーはかなり楽だ。
時間も同じか早いぐらい、交通費は同じで渋滞がない分燃費は上がる。

これは絶対オススメです!


ちなみに、奈良方面から西名阪・名阪国道を使っての場合は、
東名阪・名古屋高速(名古屋第二環状)を抜けての東名・中央でなく、
東名阪・伊勢湾岸・・・・となり、
一番鬱陶しい名古屋の都市高速が無いので、
こまい料金所も、いつも間違えるややこしいJCTもないので、
かなりのストレス軽減となる。

さらに深夜割引を受ける場合、
一番大きな料金区間の入り口が、
通常(名古屋高速経由)では、名神・小牧ICから、
伊勢湾岸・東海環状ルートの場合は東名阪・亀山ICと
76km奈良側に近づくため、早朝出発なら30%割引を受けるのに、
1時間遅く出ることができるのは大きい。

郡山IC-松本IC(名阪国道経由)

通常(名古屋高速経由)
 350km ¥7,650
伊勢湾岸・東海環状ルート
 372km ¥7,550

乗鞍遠征(食事編)

乗鞍行脚、高原でのサイクリングもだけど、
同じぐらい食事も楽しみです。

乗鞍へは、
往路-高山(東海北陸道)回り
復路-松本(中央道)回り

まず、初日昼食
高山市街に寄ると、時間を食ってしまうので
ルート上(国道158号)、高山と平湯の間にある

とろろめし 茶茶
■岐阜県高山市丹生川町坊方1064-1
DSC00015

“とろろ” と言っても長芋でなく、自然薯!
jinennjyo

全員「とろろめし」(¥1,029)を注文
出汁でかなり伸ばしてあるので、あっさりだけどシッカリ芋の味がします。
ご飯は、麦飯でお代わり自由。
DSC00017
ご飯のおかわりもらって、お腹いっぱい!


乗鞍高原温泉に到着、宿は

佐の屋
■長野県松本市安曇4085-56
DSC00023

一日一組の宿で、
スローフード、手作り、自然、が宿のモットーの様で期待できます。

「食事の用意ができました」で、食堂に向かうと!!
すごい品数、それも一つ一つにこだわりが感じられる正に手作り。

きのこ類が多く、食べたことがない天然ものが数種類。
「なめたけ」 しか名前解らなかったが、それも売っているのとはまったく違う。
行者にんにく入の和え物や、宿手作りのコンニャク、
山葡萄の葉にくるまれたご飯、玉子焼きの中に入ってるのは・・忘れた
野菜類も栽培しているようです。

ともかく、他では食べられない料理がズラリ。
揚げ物、肉物は少なく、野菜中心なんだけど、すごいボリューム!
後に胸焼けとはしないので、天然物と相まって身体によさそう。

おかずが多いと、ご飯もススム、お腹いっぱい!

DSC00127

DSC00128


腹一杯で早く寝たので、朝食のために5:00に目覚めて散歩で腹減らし。

期待に違わぬ、朝から自然食品てんこ盛りの豪華なごはん。

DSC00187
漬け物が旨い!ごはん一膳。
朴歯みそが旨い!ごはんもう一膳。
野菜炒めは自家製ベーコンのスモークの風味が旨い!ごはん一膳。
他のおかずも皆味わい深い!ごはん・・・やめておきました。
朝から食べ過ぎちゃった、反省。

皆でエコーラインを上り、温泉入って帰路へ。

いつもの、【サカエ食堂】で、山賊焼きを楽しみにしていたのだけど、
無念の閉店でした。

ならばと、毎度の

レストラン 十字路
■長野県松本市新村468-1

DSC00247

油の少ない自然食が多かったので、反発で肉と揚げ物行ってもうた・・・

翌朝の体重見事にプラス1.5kg。
乗鞍練で太ってしまった・・・大反省 \(__ )

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード