やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

長野

プレ乗鞍ヒルクライム

3316
 ゴール地点が2702m(畳平)、雲が目前を通っていく天空の道はサイコー



今年も出ます、「マウンテンサイクリングin乗鞍」!、第28回大会です。
抽選漏れや、雨天中止もあったので定かでは無いけどもう10回目ぐらいの出場です。

20km・標高差1200m全て上り、日本で一番高い所を走る歴史あるレース。

チャンピオンのTOPが55分を切ると言う凄まじいタイムですが、ボクの目標は80分。
昨年が1:22:23だったのであと一息と言うところですが、これが自分なりの限界だったのでたとえ3分短縮でも厳しいのは間違いないな。
ちなみに80分切りすると、翌年にチャンピオンクラス出場資格がもらえる。

そこで、毎年8月末のレース前にクラブの有志で[乗鞍エコーライン]を走りに行っています。
通称「プレ乗鞍」

今年は、呼びかけ告知が遅かったのと、他のクラブイベントと重なったこともあって参加が少なく、歳も脚も似通った4人のおっちゃんで行ってきた。

いつもみたいに、飛騨高山よったりもせず一直線に乗鞍へいって初日から1本走ってきた。
サラ脚のうちにとりあえずタイム計測。
32713274
 「いくでーっ」 → 「ゴール!」
 写真撮っていないだけで、その間は頑張ってるねん85分!(笑)
モチベーションもアドレナリンもライバルも無いので本番はもう少し早くなるハズ!
体調もよく足も軽かったので、80分切り狙うなら今回だな。

二日目はリュック背負って、ノンビリ写真撮りながら登ります。
意外に初日のダメージもあってポタリングペースなのに1200mUPは変わらずしんどい。

あとは写真で乗鞍をご紹介~

3293

3281

3388

3386

3374

3366

3377

3323

3348

3395

写真元画像は
http://yahoo.jp/box/cu4lHA
全てCanon powershot S100

長野への道

SDA王滝やマウンテンサイクリング乗鞍にどう挑むかの話ではない。

単純に 大阪-長野 間の車でのルートのお話。

キャプチャ365
 吹田IC-松本IC 通常ルート
吹田IC -(名神)- 一宮JCT -(中央道)- 岡谷JCT -(長野道)- 松本IC
363km ¥7,800(通常時)

昔からの一番オーソドックスなルート、京都の渋滞を避けるのに
京滋バイパスを使うかもしれないが、一般的にはこのルートですね。

名神・東名・中央の主要高速道路だけでは交通量を賄い切れないこともあり、
近年、都市部を避ける副幹線が整備開通されてきた。

2003年 京滋バイパス
2003年 伊勢湾岸道路
2005年 東海環状自動車道
2008年 新名神自動車道
(完全開通年)

それに伴い、様々な別ルートが組めるようになってきた。

先日の白馬スキーの時に教えてもらったんだが、
関西から長野道に抜けるのに混まない・走りやすいルートがある。

キャプチャ395
 吹田IC-松本IC 新ルート
吹田IC -(名神)- 大山崎JCT -(京滋バイパス)- 草津JCT
 -(新名神)- 亀山JCT -(東名阪)- 四日市JCT
 -(伊勢湾岸)- 豊田東JCT -(東海環状)- 土岐JCT
 -(中央道)- 岡谷JCT -(長野道)- 松本IC
388km ¥7,800(通常時)

こいつはイイ!目からウロコや~!!

伊勢湾岸を使うと、名古屋を超え豊田までいってしまうので
かなりの遠回になるのだが、逆に新名神で短縮になりるので、
トータル距離にして約25km増えるのみだ。
(上記比較では名神と京滋の違いがあるが距離はほぼ同じ)

新名神・伊勢湾岸・東海環状は、新しいだけあって非常に走りやすく、
伊勢湾岸から東海環状につながる 豊田東JCT はそのまま真っ直ぐなので
迷うことも、合流の渋滞にあたることもない。

冬の定番渋滞の彦根・米原、いつも混んでるの名古屋近辺、
中央道から名神の合流(帰路)で必ず渋滞の一宮JCT、
等々が避けられるので、ストレス無くドライバーはかなり楽だ。
時間も同じか早いぐらい、交通費は同じで渋滞がない分燃費は上がる。

これは絶対オススメです!


ちなみに、奈良方面から西名阪・名阪国道を使っての場合は、
東名阪・名古屋高速(名古屋第二環状)を抜けての東名・中央でなく、
東名阪・伊勢湾岸・・・・となり、
一番鬱陶しい名古屋の都市高速が無いので、
こまい料金所も、いつも間違えるややこしいJCTもないので、
かなりのストレス軽減となる。

さらに深夜割引を受ける場合、
一番大きな料金区間の入り口が、
通常(名古屋高速経由)では、名神・小牧ICから、
伊勢湾岸・東海環状ルートの場合は東名阪・亀山ICと
76km奈良側に近づくため、早朝出発なら30%割引を受けるのに、
1時間遅く出ることができるのは大きい。

郡山IC-松本IC(名阪国道経由)

通常(名古屋高速経由)
 350km ¥7,650
伊勢湾岸・東海環状ルート
 372km ¥7,550

乗鞍遠征(食事編)

乗鞍行脚、高原でのサイクリングもだけど、
同じぐらい食事も楽しみです。

乗鞍へは、
往路-高山(東海北陸道)回り
復路-松本(中央道)回り

まず、初日昼食
高山市街に寄ると、時間を食ってしまうので
ルート上(国道158号)、高山と平湯の間にある

とろろめし 茶茶
■岐阜県高山市丹生川町坊方1064-1
DSC00015

“とろろ” と言っても長芋でなく、自然薯!
jinennjyo

全員「とろろめし」(¥1,029)を注文
出汁でかなり伸ばしてあるので、あっさりだけどシッカリ芋の味がします。
ご飯は、麦飯でお代わり自由。
DSC00017
ご飯のおかわりもらって、お腹いっぱい!


乗鞍高原温泉に到着、宿は

佐の屋
■長野県松本市安曇4085-56
DSC00023

一日一組の宿で、
スローフード、手作り、自然、が宿のモットーの様で期待できます。

「食事の用意ができました」で、食堂に向かうと!!
すごい品数、それも一つ一つにこだわりが感じられる正に手作り。

きのこ類が多く、食べたことがない天然ものが数種類。
「なめたけ」 しか名前解らなかったが、それも売っているのとはまったく違う。
行者にんにく入の和え物や、宿手作りのコンニャク、
山葡萄の葉にくるまれたご飯、玉子焼きの中に入ってるのは・・忘れた
野菜類も栽培しているようです。

ともかく、他では食べられない料理がズラリ。
揚げ物、肉物は少なく、野菜中心なんだけど、すごいボリューム!
後に胸焼けとはしないので、天然物と相まって身体によさそう。

おかずが多いと、ご飯もススム、お腹いっぱい!

DSC00127

DSC00128


腹一杯で早く寝たので、朝食のために5:00に目覚めて散歩で腹減らし。

期待に違わぬ、朝から自然食品てんこ盛りの豪華なごはん。

DSC00187
漬け物が旨い!ごはん一膳。
朴歯みそが旨い!ごはんもう一膳。
野菜炒めは自家製ベーコンのスモークの風味が旨い!ごはん一膳。
他のおかずも皆味わい深い!ごはん・・・やめておきました。
朝から食べ過ぎちゃった、反省。

皆でエコーラインを上り、温泉入って帰路へ。

いつもの、【サカエ食堂】で、山賊焼きを楽しみにしていたのだけど、
無念の閉店でした。

ならばと、毎度の

レストラン 十字路
■長野県松本市新村468-1

DSC00247

油の少ない自然食が多かったので、反発で肉と揚げ物行ってもうた・・・

翌朝の体重見事にプラス1.5kg。
乗鞍練で太ってしまった・・・大反省 \(__ )

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード