やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

通天閣

通天閣天井画

DSCF1118
 通天閣の天井いっぱいに広がる絵画
 コンデジの広角(25mm相当)では真下から全体図はは撮れませんね
 こんどは超広角持って行こう


今朝のウォーキングは、”新世界”

実は、ひと駅寝過ごして【新今宮駅】で下車し、戻るのもなんやから駅を出ました。

人気のない新世界をあるいて、通天閣へ。

DSCF1103

DSCF1099

DSCF1105

通天閣の裏には絵が書かれているのをこの前気が付き、今日はじっくり見てきました。

通天閣のイメージに合った、古いモダンなモチーフ。

調べてみたら、初代通天閣に描かれていた、広告画を復刻させたようです。

夜はライトアップされているようですね。
静まり返った早朝に、薄暗い天井画を見上げると重厚な雰囲気に圧倒され、不思議な感じがしました。

DSCF1108


「大阪のシンボル・通天閣(大阪市浪速区)で、戦前の初代通天閣にあった天井画が72年ぶりによみがえり、報道陣に5月23日公開された。色鮮やかな花園に、3羽のクジャクが遊ぶ様子が描かれている。一般公開は7月3日から。

 かつての天井画は初代通天閣の入場口にあり、昭和18年に映画館の火災の延焼により焼失した。新しい天井画は長辺17メートルの八角形で、日本画家の沖谷晃司さんが資料をもとにデザインを再現。原画をフィルムに印刷し、天井にはりつけた。当時の化粧品の広告なども忠実に復元されており、夜間はライトアップで楽しめるという。

 通天閣を運営する通天閣観光の西上雅章社長は「父親から天井画の素晴らしさを聞いていた。長年の悲願がかない、新しくきれいな装いでお客さんを迎えられる」と笑顔を見せた。」

(産経WEST 2015.05.23より)

DSCF1038

新世界とポスター展

DSCF0754
通天閣の裏って、ステキな画が書かれているのしってました?




今朝はひと駅先からウォーキング通勤。

[新世界]を通ってきました。

朝の通天閣は、ライトも点っておらず少しさみしいですが、相変わらず味のある街です。

観光化されて、面白みがなくなったって話も聞きますが、どうせ大阪の人は来ないんだから、徹底的にド派手な作られてた「ザ・なにわ」のテーマパークでいいんじゃないでしょうか。

DSCF0749DSCF0744
DSCF0698DSCF0702

串かつで賑わう、観光スポットの「ジャンジャン横丁」や「本通り」「南本通り」ですが、
ちょっと目立たない通りもあります。
DSCF0718
「新世界市場」

幅3mほどのアーケードで、食品を扱う店が多いです。

以前にも、すこし紹介したことがありましたが、
シャッター街となりつつある新世界市場を元気づけようと、電通若手クリエイター39名がボランティアで2012年にポスターを作り

「新世界市場ポスター展」

を開催。

センセーショナルな60点もの各商店のポスターを並べ、Webでも話題になった伝説のイベントがありました。

PR効果は1億円と言われた大成功でしたが、昼間に行くことがないので、その後商店街はどうなったのかはわかりません。

相次ぐ超大型のショッピングモールばかりじゃ寂しいですので是非頑張って欲しいです。


第2回は文の里商店街
第3回は伊丹西台地区

そして、ポスター展は、女川、大分、熊本と地方へも広がっていきました。


しかし、ポスターいま見てもオモロイ傑作揃いです。

次は文の里いってみるかな。

DSCF0732
 お茶屋さん【大北軒】、この裏は「しばくど」(笑)
 合わせて、「おっ茶ん。しばくど。」

DSCF0723
カラオケ喫茶【潤】、裏は「イレ歯ヲハメテ、ハメハズセ。」

DSCF0725
お菓子【中山菓舗】、オヤジさんのキャラが光ってますね、作品多し。

DSCF0727

DSCF0728


DSCF0730
掃除道具・雑貨【ミヤウラ】

DSCF0736
婦人服・肌着【生田商店】

DSCF0739
Jazzレーベル【澤野工房】、Jazz好きで有名なお店は実は履物屋!

DSCF0734

同様に企画した(プロデュースは同じ?)地方のポスターもWebで見てみましたが、やはり大阪ほどアクは強くなくインパクトに欠けてるような気がします。

と言うか、たとえば

中山菓舗の
「若いころの嫁、これくらいの感触やったわ。」(上画像)
「人が死んだら21g軽くなるねんて。このお団子の半個分やね。」(画像なし)

文の里商店街 大嶋漬物店
「ポスターはよつくってや、死ぬで。」
阪和薬局
「アホに作る薬はあれへん。」

なんて、何でも笑いにしてしまう大阪ならではで
自らを落としてウケを狙う話や、シモネタや、「死」のギャグは地方では受け入れられないかもしれないのかもしれませんね。

・・・当然か。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード