やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

蕎麦

2016マウンテンサイクリングin乗鞍(道中編)

乗鞍の行脚記を簡単に防備録として残しておきます。

P1080048

今年は4人、ま~ちゃん・たむ・ウチの親父・私でハイエースのレンタカーで行きました。

さすがに荷室がデカイ!
自転車バラさずにそのまま載せられます。

これで、荷積みの苦労や時間は全く必要なく、行脚の手間は大幅に楽になります。


以前は、

 名神・東名・中央・長野道経由で、松本ICから乗鞍高原

に行っていましたが、最近はもっぱら

 名神・東海北陸道経由、飛騨清見ICから高山-R158-安房峠-平湯経由

が定番ルートになりました。


昼食は、毎年高山を抜けたところの、【じねんのむら 茶茶】でとろろご飯だったのですが、今年は飛騨清見ICを降りてすぐの蕎麦処へ。

original
 【手打ち蕎麦処 中之瀬】

P1080050

自家栽培の蕎麦をつかった、歯ごたえのある手打ち蕎麦
写真は、[きのこおろし蕎麦大盛り+天ぷら盛り合わせ]
少し張り込みましたが、美味い!満足!

頂いた蕎麦湯が美味しいのもポイントですね。

すぐ近くに、毎年帰りに寄る【カレー工房 チロル】があるのですが、前日に乗鞍スカイラインを登っていたお友達夫妻がこられていて、[道の駅 ななもり]で合流!

こんな偶然もあるんだな。

P1080058

元気を頂いて、会場の乗鞍高原へ。

ここから、1.5時間ほどかかります。

P1080066

宿に到着したら、兎にも角にも、受付を済ませます。

会場で、ブースを見て回るのが毎年の楽しみなんですが、今年は出店や展示が例年の2/3程度と少し寂しい感じ。


前日は事故防止のため、試走を制限していて、あんまり走れませんので、軽く乗って明日に備えます。

P1080061

P1080062

宿の周りには、蕎麦畑が丁度満開。
いい感じです。

温泉に入って、のんびりと前夜を過ごしました。


当日は レース編 にて。


同行者みなさん無事にレースを終え、宿で温泉をお借りして汗を流し帰路へ。

同じルートを通り、高山へ。


さ、さ、お待ちかねのカレー!!
102a138346842365913a85167918d8b9
 【欧風カレー工房 チロル】

P1080080

高山郊外の人気カレー店で、お昼はいつも満席

ここは当初、大阪の四天王寺で営んでおられて、スキーヤーでもあるご主人とご家族なので、8年前にこの地に移転してこられたそうです。


自転車仲間のスキーヤーの方からの紹介で、通い始めたお店です。

高山を通るたびによらせていただいています。

欧風カレー、チキンカレー、スープカレーと異なるルーで、毎回楽しませていただいています。

小皿とトッピングも楽しくて、ボリュームもすごいです。


この日は、待望の『飛騨牛ゴロゴロカレー』大盛り
間に合いました(笑)

というのも以前、前のお客(ボクらの友人!)で品切れになって食べられなかったことがあったのです。

P1080076

P1080083

締めのカレーで満足し、せせらぎ街道で美しいルートをドライブし、郡上八幡ICより東海北陸道経由で帰宅となりました。

00
せせらぎ街道は、高山から郡上八幡まで、山中河川沿いを走る素晴らしいルートです。

東海北陸の迂回路に覚えた道ですが、ここは使えます!

途中の【道の駅 パスカル清見】がお気に入りで、オリジナルの美味しいケチャップやドレッシングが購入できます。

【明宝ハム】の本社もこの道沿いにあります。



ご同行の皆さん、本当に有難うございました。

2013紅葉ポタ第4弾!!!!

457

12月8日今期最終の紅葉ポタ(第4弾)を行いました。
これで4週連続・・・

実は紅葉とは名ばかり、奈良マラソンと日程が重なってしまい、奈良公園が通れなくなりましたので、結局“ 新そば” を食べに行っただけと言うのが実情です。

ともかく、
今回も、シルベスト山崎店長を始め、健脚メンバーが揃いましたので、引率できるか心配・・・

みぃ~ちゃんがマッタリ組を作ってくれたので、いざと慣ればそちらに合流すればいいかな。



今回の日取りは先述の通り、「奈良マラソン2013」開催のため、鴻池陸上競技場から天理までAM中心に交通規制が敷かれることが発覚。
おまけに、参加者の大半が出席する所属クラブの忘年会も重なったため、大幅なショートコースに変更です。


集合は、奈良の玄関口 [ 王寺 ]。

大和川伝いから、近鉄[ファミリー公園前]をくぐって、[二階堂]の美味しいパン屋さん【プチ・ブーケ】を経由して、天理へ。
【プチ・ブーケ】のご主人は神戸の名店(ビゴの店)で修行されておられるので、この地にして(失礼)驚くべくレベルのパンが頂けます。
ボクはここのシュトーレンが好きで毎年買いに来てます。無事ゲットしました。

おすすめは「くるみのクロッカン」
gJDCZ
お店のブログによると
「カリフォルニアクルミ協会主催のコンテスト、第一回くるみパン オブザ イヤー2011にて優秀賞をいただいた作品。くるみがぎっしり詰まっていて、表面はしみでた砂糖でキャラメリゼされていてカリッと。ティータイムにどうぞ。」
と言う逸品だそうで、どうりてめちゃくちゃ美味いです。
・プチブーケ ムッシュかんじのパンノート


天理教本部前の銀杏並木はほぼ落葉していたましたが、掃除される前の落ち葉が秋の雰囲気を醸し出していました。
0615

天理教前から天理ダムを経由して笠荒神までは、おおよそ8km-450mUP。
土壇場の15%超えが脚に来ますが、乗り越えたら待望のお蕎麦屋さん!
06220623
06240626

【 荒神の里 笠そば処 】
地元の主婦が運営しているので、リーズナブルに美味しい蕎麦がいただけます。
1460

063206330634
1458


笠から長谷寺までは、約10kmの快適なダウンヒル、県道38号は3%程度の良路の下り、自転車に乗っててよかったと思える快適なルート。
「登りの苦労は何だったの?」って感じ、あっという間に長谷寺に到着。

1461

長谷寺では、毎度の初瀬川にかかる小さな橋に自転車を置いて、よもぎ餅
今回も 【白酒屋】 でしたが、お店のご好意で奈良漬販売所のテーブルを使わせてもらい、おまけにお茶と奈良漬けまで頂きました。
1482097_543673455720240_672881410_n1462
img_1804418_59455565_4

お茶2種類、奈良漬け5種類の大盤振る舞いで一同大満足。
店を出るときにはしっかり手に「奈良漬」「大和茶」を持っていたのは言うまでもありません。

さて、ここでマッタリ組と別れて、飛鳥方面を流すつもりでしたが、時間の猶予がすくないのと、どうやらみなさん頑張って走る気分も失せてきたので、全員マッタリに、水は低きに流る・・・


長谷寺から、三輪へ。
日本一の大鳥居と日本最古の神社、大神神社(おおみわ神社)へは、「山の辺の道」の南端からアプローチしました。ここが実に雰囲気ある古道なんです。
14641454398_543673445720241_1868319898_n
06360641

大神神社の二の鳥居の手前に、
そうめん処 【森正】があります。
麻のれんをくぐると、庭には囲炉裏を囲んだ机が配置され、正に和のオープン・カフェと言う面持ち、風情あるなかで特産のそうめんをいただきます。
1483490_543674952386757_327325159_n1484930_543674949053424_283010996_n1491229_543673459053573_1421261917_n
06451466

囲炉裏にあたりながら、暖かい「にうめん」ですね・・・蕎麦食ったところなのに。

この時期は柿の葉寿司も、彩り豊かな葉でくるんであり、舌も目も楽しめます。


さあ、お腹いっぱい、今宵はクラブの宴(ステラ大忘年会)もあるので、早々に撤収。
大和川沿いから、法隆寺を回って帰路に着きます。

1474
法隆寺境内は自転車乗車禁止です!気をつけて押して通らせてもらいました

少し時間が余ったので、斑鳩の酒蔵、初時雨の【太田酒造】に奈良漬けを味見に。
法隆寺の旧参道、龍田川のすぐ近くにあります。
img_742853_27748117_0
20080112090005
ここの奈良漬けは、地野菜(瓜、生姜、たけのこ。きゅうり、なす、スイカ等々)を吟醸酒の酒粕に黒砂糖・みりん・焼酎を使い3年もの深漬で、味が濃く・甘く・真っ黒!
ご飯の最高のお供です。
内緒ですが、酒粕を味付けなおして刻んだ具が入っている「きざみ」が、安くて美味しい!
ボクはいつもこれ。

さて、時間切れ、龍田川沿いから、集合地点の王寺に無事戻って解散。

龍田川ってなんか聞いたことあるよな・・・

そう、百人一首の、《第一七番》

「千早ぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」

藤原業平の区や、これを題材にした古典落語「ちはやぶる」で有名。
紅葉の名所とありますが、、今は大したこと無いです。


今回も短い時間ながら、充実したサイクリングとなりました。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

これで、この秋の奈良ポタ、全て終了。

コスモス・彼岸花・紅葉・グルメ色々!
中止・下見を入れたら8回、たくさんの方とご一緒でき楽しいシーズンでした。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード