やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

花火

7/25 天神祭鳳神輿

20190725天神祭-昼_010

今年も「神輿」担がせていただきました。


大阪の夏の風物詩「天神祭」。
本宮の7/25は、奉納花火目当てで130万人もの人手となります。

今年も、渡御のしんがりである「鳳」「玉」の2基の神輿のうち「鳳神輿」を担がせていただきました。

昨年より神輿に神様がお乗りになる儀が復活し、本殿で神事を行った後に宮(天満宮)から出て、神様に街を見ていいただく陸渡御・船渡御本来の姿となっています。

2012年からご縁あって、神輿を担がせていただき8年目。
当初からは落ち着いてい神事を進められるようになりましたが、やはり神輿が動くと担ぎ手としては魂揺すぶられ熱くなっていきます。

90名✕2組で交互に担ぎます。担げるのは70名ほどなんで、ぼんやりしていたら予備人員となっていまします。
今年は去年より少し頑張って担げていたかな。

4860
法被を羽織ると、さあいよいよ。気合い入ります!
って腑抜けてますなぁ(^_^;)
4861
新元号で初めての天神祭です。

4870
天満宮近くの公園で集合、出欠に、進行や注意事項の説明があり、タニマチに挨拶しながら天満宮に入ります。

20190725天神祭-昼_003
神事のあと、神輿に神様に乗っていただき、いよいよ宮出し。

20190725天神祭-昼_010
大体17:00頃から「陸渡御」なんで、しばらくは夕方の日差しの中の神輿。

20190725天神祭-昼_018
180名をも超える鳳の担ぎてが居ますので、担がない110名は見守りながらついて行きいます。

20190725天神祭-昼_021
神輿の組分けは、身長で低い方「青組」高い方「紅組」と別れます。
紅組の大男達は迫力満点!丸太のような腕で軽々と・・・!?

20190725天神祭-昼_027
タニマチやお世話になっている所、交差点等では「差し」が入ります。
2トンと言われている重量級の神輿、息が合わないとうまく上がりません。

20190725天神祭-昼_036
細い通りは、見物の人たちが目と鼻の先、見ている方は迫力満点だと思います。

20190725天神祭-昼_039
すべての陸渡御コースを担げないので、御堂筋の前後は台車に乗せて轢きます。
ちょっと休憩。

20190725天神祭-昼_060
大阪市庁舎の前で、30年以上担いでいる兄貴はやはりさまになります。

20190725天神祭-昼_069
公会堂前は見せ所、以前は「玉」と「鳳」が、2基で競り合ったそう。

20190725天神祭-昼_082
今年の貴重な担ぎの写真。
実は右足親指を踏まれまくって、マメと内出血で庇っています。
船渡御で肩を右→左替えました。

4886
船渡御前のひととき。
船着き場から、クレーンで船に載せ替えます。

4893
今年のお弁当。毎年豪華な弁当が付き、船での楽しみです。
ただ実際は、真っ暗なんで何食べてるかは口に入れてからしか分かりません。
ちびちび楽しんで食べると、、、、花火のカスが落ちてきますので、慣れてる人は速攻で食べちゃいます。

4896
さあ、天神橋を離れて二時間半の船渡御の始まり。

4909
神輿の出船と同時に奉納花火が始まります。

4909
だいたい神輿に合わせたように花火が上がるとが多い(奉納だからか?)
超特等席。市街地の花火なんで高く上がらないため、ほんと目の前で炸裂します。

4923
橋は溢れんばかりの人人人!!

4957
ココだけの話、花火も終わった1時間も経過ごろから、ダレてきます。
動けないし、元は砂利運搬船にゴザなんで、ケツは痛い・・・

トイレがやばい頃(笑)、接岸!
さ、最後の宮入です。
20190725天神祭-夜_008
休んだあとと、ラストの雰囲気で皆さんテンションMAX!

20190725天神祭-夜_021
我先に担ぎ棒に取り付くので、ギュウギュウ。
前後の汗まみれのオッサンも気になりません。
「最後元気よく行ったらんかいっ!」浴衣の指揮の方から激が飛ぶと一段とボルテージアップ。

20190725天神祭-夜_012
いよいよ宮入!最高潮!
今年は青組で、担いで天満宮に入ることが出来ました!
(しんがりの左から3~4人目がボク)

本堂前にて神事を行い、神輿が収まったのがすでに23:00回っています。
手締めの後、速攻で着替えて電車に。

家には帰れないので、事務所で寝袋。
ビール呑んで、いい夢見て就寝です。

今年も、楽しかった~。
鳳講の皆さん、お世話していただいた、さるさる兄さんとさる兄さん、そして応援に駆けつけていただきました皆さん、そして随行して写真と撮っていただきました、ヒゲさん、ありがとうございました。

若草山焼き

01691
燃えている丘の右下の影が「東大寺大仏殿」とてつもない火柱の大きさです
(ちなみに大仏殿の高さは37mなので50mぐらいの炎か!?)



1月の第4土曜日は奈良の冬の風物詩「若草山山焼き」が行われます。
2018年は1月27日。

すごい人出(今年は18万人)になるのと、若草山は奈良盆地の北部・中央部の広域から見え、もちろん自宅(直線距離で17km)からもよく見えるから奈良に住んで24年になるが、近くで見たことは一度もない。
▷ 2016年の自宅からの様子

ところが、奈良公園の直ぐ近くにお住まいで、ずっとご無沙汰していた友人に先日20年ぶりに再開し、「山焼き」に是非とお話を頂きましたので、厚かましくお邪魔してきました。

01610

若草山/東大寺を横手に、正面は奈良盆地一望の高台のお宅は、リビングを景観最優先で作られた、山沿いのVIPルームだった。いや驚いた!ホンマ!

01607
望遠での撮影だけど、若草山の斜面が丸見え。
準備のトラックが判ります。

01614
生駒に沈む夕日が気分を高めます!
01636
しばらく、日没のグラデーションを楽しんで時を待ちます。

18:00 に松明の小さな明かりが見え、
18:15 いよいよ「礼讃大花火」。

01659
0167001675
0168701688

やっぱり、近くから見ると迫力あるなぁ!
「ドーン」の音も身体に響きます。
花火の種類も多く、やはり間近は違うなぁと感心。

友人曰く、今年の花火はかなり多彩で、去年より規模も大きいのではないかとのこと。

観光客も増え、奈良市も気合が入っているのでしょうか!

10分チョットの花火を楽しんだら、いよいよ山焼き
18:30 小さな赤い炎が各所に灯り、少しづつ大きくなっていきます。

よく、ポスターや新聞に載ってる、山一面が炎に包まれ同時に花火が上がっている写真がありますが、あれは合成写真。固定カメラで20~100枚もの画像データを明るい部分のみ合成して作った「画」です。
実際は花火と山焼きは違う時間帯で、山焼きの炎は「面」でなく端から順番に「線」で燃えていきますので。
sty1701280023-p1
<午後5時53分から4秒露光82コマを比較明合成、山田哲司撮影>
(引用:産経フォト


小さな炎がだんだんと大きくなり、火柱が登るのが見えます。
01700
01695
花火ほど派手では無く、淡々と燃え広がり、収束していくのを厳粛な気持ちで眺めます。

20分ほどでほぼ終了、後は燃え残り場所を焼き尽くす作業なのか、小さな明かりが1時間ほど見えました。

聞いた話ですが、作業にはもちろん多くの消防士が携わっています。
「全国の消防士で、唯一火をつける作業をするのは奈良の消防士だけ」
なんだそうです。
過去には炎に巻き込まれて殉職者をだしている危ない作業。
あの大きな火柱を見てたら、とてつもなく危険な仕事なのだと改めて感じました。

イベントが終わったら、歓談で遅くまでゆっくりさせていただきました。
ご招待と準備をしていただいた友人に感謝です。

せっかく親交が戻ったのでまた機会を作らせてくださいね。
ありがとうございました。

若草山、奈良礼讃大花火

IMG_4932

1/23 は 若草山山焼き

直線距離で17km離れた、自宅付近からも、わずかながら見えますので200mmのレンズで撮影。

18:15からの奈良礼讃大花火が豆粒のように写りました。
そのなかから、ブレが少ないものを選んで更に10倍以上拡大、ようやく上のようになります。

つづく、メインイベントの18:30「若草山焼き」。
イマイチ炎がはっきりしません。

12631390_970943102985068_6719400069714195788_n

よくある若草山山焼きのポスターのような、山全体が明るく燃えることは実際にはありませんが、あまりに寂しい。
翌日のNEWSで、直前に雨が降って、全体の2割り程度しか燃えなかったらしいです。

年に1回限りの、奈良の冬の風物詩なんで少し残念でした。


来年は、近くで見てみたいと思います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード