やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

祭り

天神祭 鳳神輿

7250255
祭りのクライマックス、神輿の宮入前。
写真は「差し」(掲げあげ)。

神様を載せた神輿を、天満宮から陸渡御・船渡御と街を川を見ていただいたき巡ったあと、再び天満宮に戻ってきたところです。

しんがりである、神輿が宮に入るとお祭りはフィナーレとなりますので、すべての人が神輿に注目、担ぎてはアドレナリン噴出で、観客とともに盛り上がりは最高潮を迎えます。



縁あって、天神祭の神輿の一基(鳳神輿)を今年も担がせてもらいました。

去年のBlogに5回目とあったので、今年は6回目参加となるようです。


日本三大祭りのひとつ「天神祭」
メインイベントは、本宮である7月25日の陸渡御・船渡御の行列。
神様に大阪の街を見てもらいさらなる繁栄を願います。

主なもので約25団体(講)、延べ3000人もの大行列となり、最後が鳳神輿・玉神輿。
大トリの神輿は、1基に約150~200名で交代しながら進行。

ボクが参加の 「鳳神輿」 はおよそ100名弱のチームが2組交互で担ぎます。

行列のギャラリーから
「お神輿ってそんなに重いの?何キロぐらいあるんだろ」
とは、よく聴かれるフレーズ。

重いんです。とてつもなく。

1回におよそ60名が担ぐのですが、神輿が六百貫(約2200kg)と言われてますので、単純に分担は40kg、それが揺れたり傾いたりしながら動かすわけですので、、、瞬間その倍はかかるような感覚。
担ぎ手が弱かったり、バランス崩すと耐えられません。

7250089
表情でわかると思いますが、もう、必死のパッチ。
ボクはちょうど浴衣組で見えませんが左前を担いています。

場所は担ぎたい人での取り合い(笑)
目立つ最前列 「花棒」 はやる気の有る人での高倍率ポジション。

7250091
今年は、右肩(右側に神輿棒を担ぐ)だったので、だいたいこの位置。

7250230
宮入り前に、一度 「花棒」 を担がせてもらいました!

2班の編成は、背の高い組(赤) と 低い組(青)。

今年は、例年になく、大男が多い紅組がバランス悪く、小粒な青組が絶好調でした。

順番に担いでいますが、クライマックスでギャラリーの多い宮入りは、調子のいい組になるように調整しているようです。

今年は、ボクの入っている「青組」で宮入!(写真一番上)

いやぁ、高揚した気分での宮入は最高ですね。


神輿は陸渡御だけでなく、船に神輿を乗せての船渡御もありますが、こちらは完全に船の上での休憩タイム。
花火を眺め、お弁当とビールでくつろぎます。
insta09854


いつまで担げるかわかりませんが、来年も是非参加したいです。

お世話頂き機会を設けていただきました、お兄様お二人には感謝に耐えません。
ありがとうございました。
09700

ジテツウの風景、夏

DSC02695
 ■■■ 夏祭りのシーズン到来!(杭全神社) ■■■

今朝はR25で通常ジテツウ。

少しひんやり、オマケに追い風、交通量も少なく快適。

奈良(王寺) - 大阪(天王寺) の国道沿いでは、各所で夏祭りの準備が見られ
「コンコンチキチン」 「ジンジキジンジキ・・・」
地車(だんじり)の鐘の音が雰囲気をもりあげている。

DSC02684
(昨夜の柏原夏祭りのだんじり準備の風景)

DSC02694
今朝6:00からいよいよ杭全神社のだんじり祭りが始まりました。
写真は太鼓台の出陣風景。

11日~14日、杭全神社周辺は賑やかになり、特に夕方は通らないようにしなければ。
天候が心配でやね。


話はもどって、王寺から国道25号大和川沿いで、
対抗車線の大型トラックが、急にこちら側に大きくはみ出して来るではなか!!

「アホンダラ、ちゃんと前見て走れ!」
と悪態をついて、何事かとみたら、
大きな石が落ちていた。
よく見ると、その石が動くではないか。

どうやら、巨大な亀が道路を横断しようとしているらしい。
トラックは良く前を見ていたんやね。

車が途切れた時を見計らって救出。
DSC02685
 長さが30cmを超えるミドリガメだった!

ここまで大きくなるには、優に10年以上掛かるはず。
我が家でも、カメを飼っている事もあるが、
最近、雨の後は必ず踏みつぶされた彼らを見ると、切なくなる。

「もう出てくるなよ、何処に帰りたい?」
と、話しかけるも、「ワシゃ知らん」と、カメ君は聞く耳を持たない。

近くの草むらだと、懲りずに出てきそうだし、
川までは道路から意外と遠い、降りられる場所も見当たらない。
大きなカメをもってウロウロ、困った・・・

大和川と支流の合流部に深いところを見つけ、そこに投げ返した。


近頃は、川岸の雑草伐採に大きな草刈り機を使っている。
DSC02686

以前の、丸ノコが先っちょについたハンディタイプより格段の効率なのだろう。
でも、全てを刈り尽くすマシンは、鳥の巣も隠れている生き物も全て粉砕してしまう。

DSC02687
カメの甲羅も文明の力には敵わないし、逃げられるほど彼らは足が速くない。
見えてないけど、トカゲやヘビ、無数の虫たちも被害に遭っているんだろうなあ。

刈り取られた後には、鳥が群れてやってくる。
カラスが群がっているところは、落ち穂ではなさそうや・・・


祭りも、川岸の生き物も、全て夏の風景。
もっとも、冬はジテツウしてないしね。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード