やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

神経痛

痛み止めに拍手

P1080092

ワクチン接種の副作用が引き金かどうかは不明ですが、
ワクチンを9:30接種して13:00ぐらいから肩と腕の痛みが酷くでたのは、
前述の通り。

もともと、7つある頚椎の、
下3つ(第5・6・7頚椎)が少しいびつな並び方で、
そこから左腕の痺れや痛みは前からあったのですが、
特定の姿勢や、力を入れたりしなければ
痛みは出ずなんとなく過ごしていたのですが、
今回はかなり痛い、痛い腕に接種するんじゃなかった、涙。

肩甲骨の裏側から一の腕の外側(上腕三頭筋)
から二の腕の外側、小指薬指まで強いしびれを伴う痛みが出ました。


受診するまでは、ただただ辛く、手元にあった
痛み止め「ロキソニン」
を服用。
スゴイ!30分で効きが分り、
1時間もするとかなり痛みが引き普通に動けます。
(ただし首を特定方向に曲げると、結構な痛みは来ます)


受診日は投薬を控えて痛みがある状態で受診。

症状を伝えると、
即!「頚椎からの痛みやね、とりあえずレントゲン見させてもらおうか」
との判断、レントゲン写真からも、軽い頚椎ヘルニアからの疼痛でしょう、と。

とりあえずの治療は「安静」
痛み止めと湿布で様子見です。

処方された痛み止めは
・ロキソニン錠
・プレガバリン錠

ロキソニンは穏やかに効く消炎鎮痛剤で、
プレガバリン(リリカ)は神経痛にのみ働く痛み止め

最初手持ちであった「ロキソニン」(ロキソプロフェン)は、
抗炎症効果が強目の薬。
理論的にワクチン誘発性の抗体形成を鈍らせる可能性があるとの見解があり
抗炎症作用の少ない「カロナール」(アセトアミノフェン)
を使うことを推奨するとの考え方もあるそうです。

ただ、文献によっては
「『ロキソニン』で問題ない、
ただし副作用(胃や腎臓への負担)が大きいので、
飲み慣れてない方は『カロナール』良い。」

とか、まだまだわからないことが多く逡巡があるよう。


ちなみに、一般的に出回っている痛み止めの飲み薬の比較では
効きの大きい順で

ボルタレン > ロキソニン > インドメタシン > カロナール

という感じ(諸説あり)

ただし、カロナールを十分量服用したら、ロキソニン並みには効くとのこと。


痛み止めは、その場しのぎなんで、、
早く根治してほしいなぁ。

ワクチン接種

P1080081
この丘いっぱいのひまわりが咲きそろうのが楽しみです



新型コロナウイルスの予防接種1回目を受けてきました。
K10013115421_2107021502_2107021525_01_02
みなさんが、言ってたとおり
接種自体は全く痛くありませんでした。

ただ、ボクは今
左腕が、たぶん首か肩から来る、神経痛があり、
ひどいときは指先まで痺れと疼痛が広がります。

摂取前の問診でこのことを話しして
右腕に打つか、左にするか相談し、
「両腕とも使いにくくなったら困るんじゃないですか?」
とのことで、痛みのある左腕に接種しました。

朝イチ接種して、昼前に事務所についた頃から左腕が痛み始めます。
WebやNEWSでの情報では、
接種箇所の腫れや痛み、筋肉痛のような痛みが起きるとのことだけど
ちょっと違う。
明らかに従来の神経痛がひどくなっている感じ。

じっとしているのすら辛く、
PCのキーボードが打つ姿勢は無理、作業や事務にも影響あるので、
すぐにでも整形の受診をして、治療したいのだけれど、
急に症状が進むような事もしていないので、
ワクチン副作用でひどくなっている疑いが大きく(微熱は出ました)
はて、どうしたものか?
(今は痛み止めを服用してなんとか)

いずれにせよ、お年頃ですなぁ、涙・・

急がば回れ・・・

IMG_1717 (1)

帯状疱疹の神経痛は相変わらずだけど、1週間きっちり抗ウイルス薬を飲んだ。

身体はすこぶる元気だし、インフルエンザも、ピロリ菌も1週間の投薬で治るのだから、もういいだろうと。
2回目の受信で聞いてみた。

あの豪雨の梅雨から続いてなんで、もう半月サドルに跨っていない。
スタートが遅かったので、内心めっちゃ焦っている。

「あの~、そろそろ運動、ちょっとサイクリング程度ならいいでしょうか?」

先生が冷たい目が突き刺さる。
「神経痛があるんでしょ。まだウイルスが肋間神経を破壊しながら進んでるところなんですよ」

SNSでも皆さんに
「まずは治療に専念」
「あせったら余計に長引いて逆効果」
「身内が帯状疱疹後神経痛で難儀している」
等々のアドバイスをもらい腹をくくって、、、文字通りの3連“休”を満喫中。

薬は痛み止めだけもらった。


いい機会と、シューズの手入。
クリート減りすぎてペダルと全く接続されない。

3足中の2足のクリート交換と、スペーサー挿入した。
ボクの左足は5mm近く右足より短いのだ。

これでロードシューズはすべて右クリートスペーサーと、
インソール下に内側を持ち上げるカント調整板を入れた。

IMG_1719

IMG_1722IMG_1723

BGフィットのときに入れたSPECIALIZEDのスペーサー(黄色クリートの赤い部分)は完全にクリートと同じ大きさだけど、シマノのスペーサーは一回り大きい。
引っかかりそうな気がするんだけど、どうなんだろう?

ただ、いずれロード用のシューズ&ビンディングペダルは、決戦?用残して、MTBのシューズとペダルにしようと思う。多少の剛性感より、通常使用では歩けるシューズのほうがメリットが断然大きいから。
激坂撃沈のときも押して登れるしね。

帯状疱疹

36789538_1788857531193617_4404512511353683968_n

じつは先々週あたりから兆候があった。

左の背中、肩甲骨あたりがなんかピリピリするなと違和感を感じる、なんか擦り傷でも作ったかと、見てもらっても何もないとのこと。

次に先週から左の肩甲骨の下あたり胸の上の方が痛い。
最初は小さな弱い痛みだったが、ちょっとずつ大きく強く痛むようになる。
同時に肩甲骨の痛みも合わさってきた。

左胸だったので「ひょっとして心臓か!?」とか、荷物運んだときに左肩の筋肉痛めたかなとか、心配になるも面倒(怖くて)医者には行かなかった。

土曜夕方、身体動かしたとき胸と背中同時に痛み、顔をしかめて押さえてたら、ちょっと痛いところ見せてみろと家人に言われてみてもらったら、、、、

「あああやっぱり!、発疹がでてる」
「帯状疱疹や、2回目なるんやなあ(笑)」

とのことで、慌てて休日診療している皮膚科探して、翌日曜に受診してきた。

問診票みただけで、
「ああ、ほぼ帯状疱疹やね、えっ20年前もかかったって珍しいなあ。」
ちょっと背中見せてと診察
「帯状疱疹の薬出しておくね、2回かかるなんて100万人に1人や!」

昨日と同じことを聞くことになった。

ま、最近いろいろとバタバタしてて、寝不足も重なって、疲れていたのは間違いない。
その上乗鞍まで時間ないから、ジテツウ&休日走ってたからなぁ。
免疫力がかなり低下しているとことで直るまで安静の言い渡された。

ちなみに、帯状疱疹の抗菌剤は高いっ!
びっくりするような支払いである。
下手な抗がん剤より高いらしい。

この病気は水疱瘡にかかった人に潜伏して保菌しているウイルスが、免疫力落としたときに悪さをするんだそうだ。
身体の左右どちらかの神経に伝って毒素をまき散らすので、神経痛がでて後遺症も残りやすい。
知人の方は、顔に出て顔面神経麻痺になってしまった。

みなさんお気をつけください。特に中年以降の方々、、、そう、あなた(笑)
身体の半分だけに発疹とそれに沿った神経痛がでたら即受診ですよ。


現在服薬3日目ですが、病気のピークは今なのか、イテテテ、今も結構痛いです。

それより痛いのが、練習全く出来なくなって、体重が戻りつつあること、イテテテ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード