やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

石舞台

謹賀新年

2014幸太郎個人年賀状

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

                とらちち


今年の初走りは、【談山神社】のお参りに行ってきました。
まだお店はどこも空いてないので、寄り道せずに淡々と、、、つまらな~い(TT)

DSC_0699
三が日の【談山神社】は、拝観料無料!初めて参拝いたしました。
(しょっちゅう横通っているのに ^^; )
バーテープ変えろって言うご指摘頂きました。
ハイ、その通り、ハズカシ ``r(^^;)ポリポリ

DSC_0681
多武峰見瀬線のピークからの眺め、ココをチョット逆に下ると【談山神社】

DSC_0654
【今井町伝統的建造物群保存地区】 だ~れも居ません

DSC_0650
飛鳥川沿いルート、ここは春になると桜と菜の花の素晴らしい景観となります

DSC_0706
【石舞台古墳】 冬は丸見えですね

飛鳥史跡めぐりツーリング

0079
 天理教総本部前、ここから過酷?なヒルクライムとはつゆ知らずの笑顔



昨日はクラブシルベスト内チームの「ステラシルベスト」の面々が訪奈良。
古代日本史の原点とも言える飛鳥で歴史ロマン探求のツーリングです。

こちらへは初めての方も数名おられ、計8名で奈良盆地南部を回りました。
今回はボクの案内できるギリギリと見たため、他の方へのお声がけは見送りました。
ご理解ください、スンマセン。


まず王寺から奈良盆地を横断して天理へ。

天理教本部前から、R25を天理ダムへ上がります。
ヒルクライムを聞かされていない参加者からは非難の嵐、頂の蕎麦屋を心の支えに頑張ります。

0081

天理ダムからは笠荒神へは素敵な林道。
ただし、ラストは斜度15%のお楽しみ付き。
最後は掛け声が「ソーバッ、ソーバッ、ソーバッ」に(笑)。

0090

胃袋パワーで、【笠そば処】到着。
後のことがあるから、、、とボクは控えておきましたが、ほぼ全員1人前づつペロリ。
多い人や、控える人のおこぼれをと思っていましたが、回って来ません。
(見かねて分けてくれた優しいカップルに感謝)

I_2075

ここからは打って変わり、良路・緩斜度で気持のいいダウンヒル。
登りは大変だったのに、あっという間に麓の目的地に着いてしまった・・・。

西国三十三箇所霊場八番札所、奈良時代からの歴史ある名寺
真言宗豊山派総本山 「長谷寺

いくたびも参る心ははつせ寺 山も誓いも深き谷川
「長谷寺(初瀬寺)は何度お参りしても、初めてお参りしたような気がします。すべてを救うという観音様の誓いは、初瀬の山よりも高く、谷川よりも深いと思われます。」
と詩われる、この崇高な寺で何を学ぶことができるでしょうか・・・?

ところが一行は寺を一瞥すると、参道の【白酒屋】で名物よもぎ饅頭に舌鼓です。
I_2082

もうこの流れを止めることはできません。
とりあえず、次の目的地、飛鳥へと案内します。

当然道中では、昼メシ用にと桜井【bouno】でパンを買い込み、疲れたからと果物屋【もんちっち】でフルーツ盛りをつまんでいます・・・・。

IMG_2086

いつの間にか、「飛鳥古墳群探求ツアー」が、完全なグルメ錬の様相になって来ました。
イカンイカン。
気を取り直して一行は、歴史と文化を勉強するため「万葉文化会館」を目指します。

I_2088
なにかいい匂いを嗅ぎつけたのか、実業団員も置き去りで「逃げ」の隊長!速い!

ところが、偶然にも万葉文化会館では【あすあ手作りマルシェ】という小さな臨時マーケットが開かれていて、吸い寄せられるように一同そちらへ、隊長の嗅覚恐るべし!!

好天で人出も多く、昼を回ったところですでに品切れの店舗もチラホラ。
おぉ【あーすかふぇ】発見!ということで、名物あーすぱふぇ(抹茶・イチゴ・トマト)と、なぜか未出店の【ラスティックベーカリー】の飛鳥米コルネを会場内の芝生で頂き、皆元気復活!?

0115
 [ステラ飛鳥古墳探求会の舞]だそうです

さすがに猛省して古代の初歩からと、石舞台古墳の見学へ。

ところが入場するまでもなく、高台から見下ろせるベンチとテーブルを発見・・・
注意すべくもなく、ピクニックランチです、恐るべしステラシルベスト!

I_2094

さすがに、寄り道ばかりで時間も頃合い、お腹も満腹ということで帰路へ。

橿原神宮を通り、曽我川沿いから大和川へめざします。
途中、「止まりま~す」の声で、隊列停止。

横を見ると、きなこ団子の本家本元【だんご庄】坊城本店。
いやはや、まいりました~ m(__)m m(__)m
177317670_org_v1368416625

こうして楽しい、奈良歴史探求ツーリングは幕を閉じました。
胃袋が満たされ、カラス鳴く夕暮れの大和川を辿りスタートの王寺に戻る一行でした。

0180

0141

たいへん、お疲れ様でした。
また参りましょう、「奈良歴史を辿るツーリング」(笑)。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード