やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

生駒

暗峠ジテツウ、今年も

P4340945

年に1回だけ、十三峠のお隣、
「暗峠」(くらがりとうげ)
ジテツウを敢行しています。

6月半ば、蛍の時期に。

今までも、数は多くないものも、真っ暗な峠に
1匹2匹の明かりが漂う風景を目にすると
この世のものとは思えない幽玄さに感嘆します。

で、つい、アホだとわかっていていも行ってしまいます。



P4340904
生駒山系に近づくと、超えるべき峠あたりが見えてきてげんなりします。

暗峠へのアプローチは簡単。

大阪市内から、長堀通か千日前通りをひたすら東に向かうと
峠のふもと、「平岡公園」にぶち当たります。
(どちらも今里交差点に、5差路は東方向を選ぶ)



P4340908
平岡公園の右側を登っていきます。

とっつきの住宅街からこの斜度。
「よじ登る」といったほうがいいかな・・・

旧斜度路面お約束のコンクリに“○○○○”の模様がずっと続きます。

ここを超えて、中盤はさらにキツイ。


ちなみにココ、国道です(308号)

“酷道308” と皮肉られるのも納得の酷い道。

平均者度17%、最大斜度37%と言われてます。
(wikiに記載の48%はS字カーブの内側と思われる)

とにかく、身の危険を感じる斜度です。

P4340960
立てかけた(引っ掛けた)自転車が
転がり落ちてくる危険がある斜度
(※写真は以前のもの)


P4340945
ちなみに十三峠と比較すると・・・

十三峠も大概キツイですが、これだけ差があるんです。


P4340910
まるでハイキング道のような標識、、、

昔からの街道で「暗超え」(くらがりごえ)は大阪-奈良をつなぐ交通の要所と聞きますが、現代に国道として残しておくのは如何なものか、、、、

車載のナビに案内されて、
(奈良に行かれるときに[一般道優先]に設定すると、たまに案内される)
絶句・悶絶した人を何人も知っています。

古いナビ、簡易ナビはご注意ください。


P4340914
名の通り「昼なお暗い峠」とあって、夜景は木々の隙間からチラリ程度。


十三峠の夜景を見に来るカップルとは違い、
ここを通るのは、

・「とにかく奈良の家に最短で帰りたい!」という強い意志の軽自動車
・夜にトレラン代わりに登っている変態ランナー
・ナビに間違って案内された困ったさん
・度胸試しに来ているヤンキーの原付きグループ

ま、普通の方はいないと言って過言ではないです。


やっと峠(標高455m)に到着する(写真一番上)も、
ロードバイクは風情ある石畳の道に苦しめられます。


奈良側へ進むと、ようやく眺望が望め、道も太く安心。
P4340960

斜度は大阪側の凶暴さはありませんが、それでも下っていると
背中のザックがブレーキごとにヘルメットに当ってきます。

抜けた後は、いやはや、もう二度と来るまいと、毎回後悔なんですが、、、
たぶん、来年もくるんだろうなあ(笑)



くれぐれも、怖いもの見たさで夜には行かないように。
あと、大阪側へ抜けるのは、まったくもってオススメ出来ません。

登りでもロードシューズ&クリートでは、まともに押すことも出来ませんので、
ロードバイクで行かれる方は覚悟してください。

お気をつけあそばせ~(^_^;)


あ、肝心の蛍・・・今年は見られずでした(ToT)

暗峠 vs 十三峠

DSC02552


暗峠でネタをひっぱるで。


大阪と奈良を寸断する生駒信貴山系。
自転車で超えられる主な峠は、北から

清滝峠阪奈道路暗峠十三峠ぶどう坂

とある。

ロードバイクの練習で有名なのは、

【 十三峠 】
大阪府八尾市と奈良県生駒郡平群町との境にある峠。標高462m。
 約10%の勾配が延々と息つく間もなく4km続き、体力測定にもってこい。
大阪ではロード乗りにあまりに有名な名峠。

大竹7丁目交差点-生駒信貴スカイラインガード下
 距離:4.1km
 標高差:388m
 平均斜度:9.4%


【ぶどう坂】
信貴山系を横断する最も南の峠(青谷からの上りを除く)。
頂きを“のどか村”にするか、“信貴変電所”にするかで距離が異なる。
変電所-のどか村間は、平坦部分が多くなるため、TTには変電所にする人が多い。

大県南交差点-関西電力信貴変電所(のどか村)
 距離:3.8km(6.2km)
 標高差:290m(347m)
 平均斜度:7.4%(5.3%)


さて、厳しいと言われている【十三峠】に対して、【暗峠】はどうなんだろうか?

【暗峠】
先日討ち死にした、通称“酷道”308号線。標高455m。
小説[サクリファイス]の一説では、「自転車好きにとっては有名な峠である」とあるが、
基本的に自転車で走る道ではない!
MTBで休憩しながら何とか完登したが、ロードでは実業団クラスでないと無理。
昨日は夜の暗さと相まって、7割以上押した。

DSC02557

R308の近鉄奈良線をくぐった交差点-暗峠道標前
 距離:2.3km
 標高差:401m
 平均斜度:17%

さて、二つの厳しい峠を標高差表(ルートラボより)重ねてみる・・・、
一目瞭然、特に語ることはない、比較にならないぐらい違う。

暗・十三峠比較

綺麗な直線で標高を稼ぐ【十三峠】は、トレーニングに持ってこいですね。
かたや、暗峠は最初の200m、ラスト500~600mはやや傾斜が落ちるので、
その中間が凄まじい。しかも細いので蛇行もままならない。

しかし、その風情や笑うしかない強烈な個性は、脳裏を焼きつくし、
変な脳内物質を分泌するようである。

闇夜に山中を走ると普通は何やら嫌な雰囲気を醸し出すものだが、
一人でライトに照らされた劇坂を見て、
「ふふふ・・・」、「いひひひぃぃ」
思わず笑ってしまう。
峠付近、斜度がようやく10%に近づいてくると、えらい緩やかに思える。
(ちゃり乗っていない人はわからないが、斜度10%はかなりキツイ坂です)

そして、
「また行きたい・・・」 、と。

やはり、King of Crisis と断言してやぶさかでない。
Crisis をどう訳すか・・・、是非体験してみてください。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード