やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

海鮮

内灘サイクルロード、レース?グルメ観光?

6503

毎年(都合付いたら行く)の行事ですが、
石川県かほく市の干拓地で行われる、タイムトライアル(以下TT)に参加してきました。

今年は結成3年目のチーム内で募って、個人TT、そして有志にてTTチームを4組作り挑みました。
応援者も参加し、賑やかなイベントとなりました。


【第37回 内灘サイクルロードレース】
10kmど平坦コースを、チーム2周・個人1周でタイムを争います。

チームTTは、3名ないし4名で協力しあって1秒でも早いタイムを狙います。
ドラフティング(車のレースだと“スリップストリーム走行”)という、全走者を風よけにして少ない力で速度を維持する走行技術を、“チーム内”にて利用し、先頭走者を交代しながら走り抜きます。
他チームの後ろにつくと反則失格となりますので要注意。
20190622内灘_190625_0033
20190622内灘_190625_0036
20190622内灘_190625_0037

個人TTは、一人の力で決まった距離を(今回は10km)を如何に早く走るかを競います。
もちろん他走者の後ろにつくのは反則。
DSC_5585
DSC_5601
風の抵抗との戦いですね。
本格的にチャレンジする方は、TTバイクという平坦地の専用のバイクを用意します。

腕を中央に寄せ前に突き出し、姿勢を低くする独特のポジションはノーマルロードバイクに比べ、格段に風の抵抗が少ないそうです。ここのコースで平均速度2~3km/h変わるとの話(実証はできませんが)
詳しく競技については、違う人のBLOGやWebページで参照ください!(笑)
DSC_5640
DSC_5720
内灘のコースは干拓地なので、見えなくなるぐらいの直線道路をひたすらペダリングし続けます(最長箇所4km)。走っても走っても同じ景色。

駆け引きがないので、レースに付き物の落車が少なく安全なので、競技の入門編にもぴったり。
ただし、優勝者は平均速度46km/hを超える凄まじさ(つまりストレートは50km/h巡航してます)、間口広く、奥が深い競技です。

当チームからは、個人2人、チームも2チームが入賞いたしました。
20190622内灘_190625_0025
20190622内灘_190625_0021
おめでとうございます。


さてさて、レースの話はおしまい。。。



今回はチームでの「大人の遠足」と名を打って、、選手・応援含めて楽しんでまいりました。

なんせ、能登半島の付け根、金沢のちょい先、いろいろ見どころありますね・・・


各々が、宿 ないし レース会場での集合でしたが、ボクらは車の乗り合いでまとまった14名で一緒に動きました。

出発地点は大阪・兵庫・奈良の各所バラバラでしたので、近いもの同士で集まって、一旦「東名草津PA」にて集合。
まず、一行は金沢を超えて、かほく市の宿近くで食事です。

海鮮を避けて!?、河北地方名物「とり野菜鍋」
特に味噌味の「とり野菜みそ まつや」はTVでも取り上げられて有名ですね。
71d0uN6BOAL._SL1380_

今回は人気の大型店
「さぶろうべえ本店」でいただきました。
K4T5678ns-1
ここは、白菜と味付の鶏肉を炒めて、卵入りの出汁でいただきます。
20190622内灘_190625_002020190622内灘_190625_0019
シンプルですがご飯が進みます。
IMG_4352
昼から鍋(笑)、みなで食べたら・・・
そりゃ、、、「旨いっ!」「ビール飲みたいっ!」

書いてたら、また食べたくなってきました。病みつきになるさっぱりなのに濃くて深い味。
締めは、麺!
15746476
今回は中華麺、エキスがこびりついた鍋に、専用の割り下と麺を投入して煮立たせます。

いやはや、たまらん!!
ごちそうさまでした(^o^)


順調にアクセスできたため、他メンバーと待ち合わせの前日受付の会場にはまだ時間が早い。

そこで、応援団がサイクリングで行く予定だった、
「千里浜なぎさドライブウェイ」
に全員で繰り出します。

ここは、全国でも珍しい車が波打ち際を走れる海岸。

道の駅「のと千里浜」で、車の台数を減らして「海岸ドライブ」
20190622内灘_190625_0004


こんな曲が頭をよぎります。

潮騒ドライブ / コブクロ

中年のおじさんと、女子達ですし、水着も着てませんが、、
心は、思春期(笑)

曲スマホに持ってたけど、流せなかった、、残ねーん

気持ちい潮風に吹かれて、大はしゃぎでした。
20190622内灘_190625_0120
20190622内灘_190625_0118
20190622内灘_190625_0123
20190622内灘_190625_011620190622内灘_190625_0115

20190622内灘_190625_0126

さて「青春ごっこ」も済んだので、レース会場に事前受付と試走に参りましょう!
頑張るぞ~

(・・・中略


ぞんぶんに試走したあとは、さて!!!

お待ちかねの宿!

新鮮・安い・満腹!
「魚料理民宿 やまじゅう」

ま、飲みすぎたので安くは無かったですが、コスパは抜群でした。

レース会場に近いこともあって、毎年主催者が大人数で抑えてしまうので、
なんと、1年前に申し込んでキープしました。

キャッチフレーズに偽りなしの、魚で満腹!
さあ、開宴です。

明日入賞を目指すシリアスなレースメンバ以外は、レースのこと忘れて大騒ぎ。
ビールを生でじゃんじゃん頼んだから、、、予算がかなりオーバーしました。

とにかくスゴイ!上品な料理は無いけど、、、、スゴイ!

20190622内灘_190625_0141
う~乾~杯~!、待ってました!
突き出しが「へしこ・かぶら寿司・イカの塩辛」・・・旨いわ、ビール進む!
料理が来る前に十分な海のアテ。

20190622内灘_190625_0143
まずは「さしみ舟盛り」
コレで4人分です。一見少なそうに見えますが?いやはやトンデモナイ量です。
マグロ・サザエ・アワビ・甘エビ・鯛・ハマチ・etc
大阪の居酒屋だったら10人前以上ですね。

20190622内灘_190625_0148

デカイ鯛のあら炊き、ノドグロの塩焼き、天ぷら、アワビの煮貝、蛤の酒蒸し、寿司、、、

20190622内灘_190625_0146
ひとり一匹の「ノドグロちゃん」全員一致で、この日のNo.1でした。

20190622内灘_190625_0089
少し小ぶりですが、アワビの煮貝。あわび、刺し身に入ってたのに。

20190622内灘_190625_0090
20190622内灘_190625_0087
満腹はちきれんばかりになった頃に、いろいろとまだ出てきます。。。
いや、あのね、、、



チームメンバと楽しいレース、そして美味しい宿と、満足の石川行脚でした。
みなさん、そして取りまとめのaki隊長、ありがとうございました。


実は、来年もチームで抑えました「やまじゅう」
もちろん、レースもがんばりますがコレを楽しみにまた来年くるで~!

能登弾丸ツアー(5)千里浜の夕日・宿へ

20161001_5_008
 「間にあった~っ!」 夕日が沈む5分前に海岸に到着



【金箔屋さくだ】の体験が終了したのは16時半。

宿へは、ルートは最短でなく、海岸沿いを走る「のと里山海道」で向かいます。

キャプチャ

美しい夕焼けが海岸に向かう車中から垣間見えます。

雨の予報から諦めていた、海岸からのサンセットの思いが湧き上がってきました。

当日の日没時間は17:36(金沢)、とりあえず能登半島の西海岸を走るので、ドライブしながらの夕日を楽しみながら北上します。

雲の状態から、サンセットビューが拝めそうなのは解ってきました。

急げや急げ!制限速度いっぱいでビーチに降りれる白尾I.Cを目指します。

千里浜海岸のほぼ南端に位置する、海水浴場に到着したのが、なんと!

17:30!

太陽は、既に水平線ギリギリ。
20161001_5_001

歓声とともに、海岸に走っていき、素敵なサンセットビューを楽しみました。

20161001_5_008
20161001_5_010
20161001_5_014
20161001_5_017

陽が沈んでから、更に濃い夕焼けが一面を覆います

20161001_5_020

ツイてます!今回のツーアーいい感じです。

夕日を堪能し、その日の宿に向かいました。


宿は海鮮料理がたのしめる民宿。

お腹いっぱい魚介を楽しんで1日め終了~。

DSC07981
DSC07980


[初日]
能登弾丸ツアー(1)メタセコイア並木
能登弾丸ツアー(2)金沢和菓子つくり体験
能登弾丸ツアー(3)東茶屋街
能登弾丸ツアー(4)金箔貼り体験
能登弾丸ツアー(5)千里浜の夕日・宿へ

[二日目]
能登弾丸ツアー(6)なぎさドライブウェイ
能登弾丸ツアー(7)雨晴海岸・農園cafe
能登弾丸ツアー(8)富山ガラス美術館(end)

内灘TTT

11g
小雨ふる中、チーム・タイム・トライアル(最終コーナー手前) 撮影:はた様



後先になりましたが、6/22行われた
[内灘サイクルロードレース]
に参加してきました。

ロードレースと名を打ってますが、目玉は干拓地のド平坦で行われる
TT(タイム・トライアル)
勿論、ロードレースも行われますが、一般で走れる数少ないTT目当てで、
高価なTT専用車が、幅を利かせて一種独特の雰囲気があります。

キャプチャ
コースは変形の四角形(五角形?)
最長直線スタートからの2.4kmを含む1周10kmのコース
もちろん、標高差は無い。

TTは個人は1周、チームは2周でタイムのみで争われます。


初心者から上級者・ベテランまで楽しめる上、
基本が直線路で、他人と競いあう事も無いことから、ヒルクライムレースと並び比較的安全なので、仕事柄怪我できない人たちも、割りと安心して参加できる楽しいイベントです。
(※全くトラブルがないわけではありませんが、クリテリウム等の競い合うレースより圧倒的に事故は少ないです)

内灘と聞いも、ピンとこない方も多いと思いますが、実は金沢市街から10kmほど北にある場所なので、食都金沢の観光も兼ねて楽しむことが出来るのも魅力です。



前日、仕事の都合で予定していたチームメンバーとの移動を断念し、まーちゃんに事務所に迎えに来てもらって、少し遅れての出陣。
4

ご夫婦に割り込んでの、楽しい?おじゃま虫行脚となりました。

あまり気にしてなかったのですが、
「せっかく旅行気分の夫婦の邪魔するか!?」
と、後から皆にさんざん怒られました。

お二人様ごめんなさい。
ミラー越しに見える目や、奥様の肩が不機嫌そうに見えるのは
やっぱりそうだったんですね (>ω<ノ)ノ


さて、金沢に到着して、お昼は北陸で有名な回転寿司に。
以前、15年前金沢の人に紹介してもらって、食べに行って感激したお店でしたが・・・
DCIM0852
あれ、こんなんだったかな?!
ちょっと口に合いません、残念でありました。

金沢で回転寿司いかれる方は
無難に 「もりもり寿司」 をお勧めしておきます。


とりあえずお腹を満たして、前日受付で会場へ。

そのまえに、金沢市郊外の内灘の手前にある
【パン工房バビロン】
を忘れてはいけません。

5

名物クロワッサンの焼きたてはサクサクでバターの香りがしてそれはそれは(^q^)

それだけでなく、代表武良さんは、なんと大阪の自転車チームに所属していたそうな!
DCIM0873

そんな御縁で、ま~ちゃんは毎年寄っているのだそうです。
ちなみに内灘ロードも参加されてましたよ。


さて、会場に向かます。

そうそう、内灘のレースコースの中、本部の近くに
【夢みるく館】
ってのが、ありまして、ココのソフトクリームを外すわけにはいきませんね。
ちょっと寄り道。
DCIM0877

うーん、あっさりした口当たりですが、味わい深いですね。
ヨーグルトソフトがなかなか美味でありました。

おっと、先発のチーム員が練習に勤しんでいるところ発見!
悪いことはしてないのに、なぜか後ろめたい気持ちになります。


さて、さて、、、、今度こそ会場に向かいます。

「あああぁぁぁ、参加証忘れた」(^_^;)

寄り道は忘れないのに、肝心なものを忘れてきたようです。
まぁ、よくある話なんで、事情を説明して事なきを得ました。


受付済ませて、とりあえず宿に。

この日は、クラブで決起会という名の前夜祭を、あの近江町市場
【近江町食堂】
で、行いました。
部屋のキャパがあるので、参加者全員と集まれなかったのが残念でしたが、大いに盛り上がりました。

2

翌日は4:30起床なので、後ろ髪を引かれながら金沢の夜をすこしだけ楽しみました。



さて、当日!

なんと雨!(TOT)

ただ午前中に止むとの情報を信じてレース会場に向かいます。

試走はまだ弱雨。
12

本番の順番並んでいるあたりから、降ったり止んだりに、
とくに走行は問題なさそうです。

10

さて本番、雨はほぼ止みましたが、濡れた路面から前者の跳ねが辛い。

チームタイムトライアルでは、トップを筆頭に立て一列編隊で走るため、
全走者のハネがもろに、顔に掛かります。

ずれたらいいじゃ無い、と思うかもしれませんが、
真後ろが断然風のの抵抗がなく、後ろの走者はさらに相乗効果で、風の抵抗がへりますので、そういうわけにもいかないところが辛いです。

一番上の写真は、左コーナー手前で少しバラけた瞬間ですね。

我らのチーム、オーダーは 「とにかくコケないで、全員無事完走」。
ウエットでのコーナーはより慎重にクリアし、無事ゴールできました。

結果はともかく(笑)

親しい仲間と楽しいイベントを過ごさせていただき、クラブ員、とくに同じチーム組んでいただいた方には感謝です。
そして、雨の中会場設置やおスムーズな運営を頂きました、深谷産業の方々にも謝意を申し上げます。
ありがとうございました。


ちょっと夜に用事があったので、午後のロードレースを応援できずに一足先に退散。

帰りは、近江町市場で海鮮丼をたべ、金沢の食も満喫。

いや、今回の食事は良かった!

3

ちょい市場をぶらぶらして、大阪へ。

9

8

76
メシ喰ったところやのに、また何か食べたくなりますね・・・


10年ぶりの内灘でしたが、やっぱり楽しいイベントだなと、改めて感じました。

来年も行くぞ~!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード