やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

富山

能登弾丸ツアー(8)富山ガラス美術館

さて、今回の最後は富山市に南下して、

「世界一美しスターバックス」 
「2008年にストアデザイン賞<最優秀賞>」に選ばれた、

スターバックス 富山環水公園店

で、コーヒタイムの後、【富山ガラス美術館】 を見学して帰路につく予定。


ところが、スターバックスのパーキングが溢れかえらんばかりになっていてるばかりか、環水公園の駐車場もいっぱいで列ができています。

一旦パーキングに入ったものの停めれるどころか身動きができず退散。

環水公園自体も、景観の素晴らしいおすすめ観光スポットなんで、県外・地元関わらず多くの人が押し寄せている休日の午後となっていたのでした。

ま、こんなところです
E784A1E9A18C1-d3635
s_3133421_2
TI_856657_20150227124238000

確かに、美しい公園にある、きれいな建物ではあるんですが、
コーヒーは他のスタバと一緒、、、

ま、いずれ、ココもリベンジと後にして、最終目的地

【富山ガラス美術館】
town211022_pho2

を目指しました。

実は「富山ガラス美術館」、展示内容は正直知りません。

ただ、建物が特徴的なのです。

あの、渦中の「新国立競技場」の最終デザインをされている、
隈研吾さんの設計、大きな吹き抜けに、
隈氏得意の「木材と和」を活かした建造物ということで興味がありました。

新国立競技場に通じるものがあると感じました。


富山はガラスの町だったんですね、これも知りませんでした。

美術館エリアは建物の1/3程度で、残りは「富山市立図書館」となっています。



外装も変わっていますが、
内装は目を見張る木材を活かした美しい建物でした。

20161002_3_006
20161002_3_008
20161002_3_012
20161002_3_021

正直、ガラス美術館の部分より、
図書館の方が窓面が多く、明るく開放的で、
特徴の木材を使ったデザインを見て取れます。

会長に、部分部分の特徴等のワンポイントを教えてもらったりしながら、一通り回ってみました。

20161002_3_014
20161002_3_015
20161002_3_018
20161002_3_020

博物館エリアはこんな感じで(撮影OKのところだけ)、

実用的な食器やグラスではなく、ガラスを使った創作オブジェが並んでいます。


富山から帰路は400km/5時間かかるので、
今回はココまで!

楽しい二日間、あっという間に終わってしまいました。


まだまだ、見足りないところや、訪ねたいお店もありますので、違うシーズンにもう一度来てみたいですね。



無謀な計画にも関わらず、快く参加していただいた皆様ありがとうございます。

特に、お車を出して運転下さいました方々には感謝に堪えません。
ありがとうございました。

20161002_3_022

最後は、徳光ハイウエイオアシス(北陸自動車道)からの美しい夕日でフィナーレです。

最近では一番楽しかった、収穫の多いツアーとなりました。


[初日]
能登弾丸ツアー(1)メタセコイア並木
能登弾丸ツアー(2)金沢和菓子つくり体験
能登弾丸ツアー(3)東茶屋街
能登弾丸ツアー(4)金箔貼り体験
能登弾丸ツアー(5)千里浜の夕日・宿へ

[二日目]
能登弾丸ツアー(6)なぎさドライブウェイ
能登弾丸ツアー(7)雨晴海岸・農園cafe
能登弾丸ツアー(8)富山ガラス美術館(end)

能登弾丸ツアー(7)雨晴海岸・農園cafe

20161002_2_051
大きな農家をリフォームした、素敵なcafeレストラン
田舎のおばあちゃん家に来たみたいに寛げる、
美味しくて素敵な場所でした



当初予定の、輪島、七尾(和倉温泉)は時間不足でスルー、
なので、誰もが未踏の氷見へ行くこととなりました。

氷見には、【雨晴海岸】と言う、知る人ぞ知る絶景の海岸があります。
雲が晴れたときには、海岸から一気に3000m級の立山連峰が望めるという、
世界でも稀な場所。

期待が高まりますが、雲が出始めてきました。

雨晴海岸から、立山連峰まで直線でおおよそ50km
関西で例えるなら、みさき公園から六甲山山頂を見るようなものです。

 昼食 → 雨晴海岸

の予定を

 雨晴海岸 → 昼食

に入れ替えて、雲が増える前にと急ぎました。

さて!

20161002_2_004

んんん、、、、ちょっと遅かった。

ただ、【剣岳】の先っちょだけは見ることが出来ました。

20161002_2_001

もっともここは冬や春、連峰に雪があるときに見るのが一番で、
こんな↓風景が待っているそうです。
71fc44e2aedf6a13adb211fac24c91e9
富山県観光公式サイト[とやま観光ナビ]より

ここも、リベンジ決定!

さて、ボチボチとお腹も空いてきました。
予約していたcafeランチに急ぎましょう!

稲泉農園 cafe Orchard



果物農園が経営する、古民家cafeのようで、期待できますね。

-----

海岸から、町を抜けて山中への道を登っていきます。

幹線から、逸れて100mほど進むと民家が見えてきました。
IMG_1041IMG_06252
画像[公式HPより]


予約の12:00頃到着したのですが、ボク達が最初のお客さんです。

広い玄関には、能登地方の昔の慣習である、

花嫁のれん
20161002_2_008
がお出迎えです。


大きな農家の大広間をそのまま利用した食事の部屋は、
ゆったりと利用できて、とても寛げます。

欄間や、天板等の作りを、建築家の会長のワンポイントで説明で、
昔のしきたりや、生活様式が伺えて、楽しく待っていることが出来有意義ですね。

20161002_2_010
よく見たら、テーブルは座卓の改良版、椅子はバラバラ、
でも、チープさはまったくなく、贅沢な空間を醸し出しています。

20161002_2_012

食事は、自家栽培した旬の農作物、
「その季節ごとに、一番美味しいもの」
を、出してられるようです。
20161002_2_014

「美味い・・・」
まず、素材自体が美味しい。
そして、手が込んでるけど、薄味で素材を活かす料理もすばらしい。

20161002_2_015
鶏胸肉の自家製燻製したハムのサラダ

20161002_2_019
20161002_2_021
料理の見た目も、盛り付けも美しい

20161002_2_029
20161002_2_027

おランチは、珈琲とデザート付きで¥2,000(税込み)

この内容では、安いと言わざる得ないです。

20161002_2_036
珈琲は、是非にとcafeスペースを使わせてもらいました。

ここも、いいですね。
なにより、心のこもった接客が素晴らしい。

20161002_2_033
デザートは、アケビと天然素材のグミ
珈琲は、こだわりの豆を、Orchard専用の焙煎、
もちろん、素晴らしい味でした。

ゆったりと2時間、心が軽くなる素敵なレストランでした。

大阪近郊なら、予約の取れないお店でしょうね。

20161002_2_039
20161002_2_040
20161002_2_046

大満足でお店を後にしました。

ごちそうさまでした (^人^)


[初日]
能登弾丸ツアー(1)メタセコイア並木
能登弾丸ツアー(2)金沢和菓子つくり体験
能登弾丸ツアー(3)東茶屋街
能登弾丸ツアー(4)金箔貼り体験
能登弾丸ツアー(5)千里浜の夕日・宿へ

[二日目]
能登弾丸ツアー(6)なぎさドライブウェイ
能登弾丸ツアー(7)雨晴海岸・農園cafe
能登弾丸ツアー(8)富山ガラス美術館(end)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード