やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

大淀

高取城跡、芋ヶ峠


P4340545


久々に明日香を超えて高取へ。

「高取城・戦国ヒルクライムの主ルート、高取城跡へのHCなのだ!

高取の町中から、壺坂寺を超え高取峠 壺阪峠、大淀側に下りずにそのまま登って行くと「高取城跡」だ。

どこをスタートにするかで変わるが、
おおよそ4.5kmで400mUP、
数値だけ見ると十三峠(4km400mUP)より少し楽そうな感じなのだが、
斜度が緩む部分が多いので、登り部分がキツイ。

特に峠から上の2kmが道が補足、路面が悪いのも相まって、かなりキツイ。

登りついたのは、ただの山道の行き止まりだが、山頂に向かって石垣が見える。
P4340522
木々の隙間から見える、大和盆地、高さのほどが判るだろうか?

そこから城跡へは、ライドでなくハイクになるのだが、程なく着いた記憶がある。

今回は、クリートシューズなので登らなかったが、日本屈指の山城、
日本名城百選であり、日本三大山城と、実は天空の城として有名な
「竹田城」を遥かに凌ぐお城だったようなのだ。

ただ、アクセスが悪く、観光用に整備はなされていない、見晴らしも鬱蒼と茂る森のなかなので全く望めない。
非常に残念な名城跡取の印象がある。

おかげでヒルクライムの練習には持って来いなのだが…
20150627091534ec5

降りるは、高取でなく峠をまたいで、大淀へ。
今度は、森のなかを抜ける一車線の荒れた道。

抜け道でも、車ではあまり走りたくない。
その分、杉林の中、小川の横を通り、ひんやりと気持ちのいい道だ。
P4340544

大淀を壺阪峠の出口から、通称「芋」こと、「芋ヶ峠」の入り口へトラバース約6.5km。
芋峠は、奈良盆地から吉野山へ抜ける一番近いルート。

大淀の側は整備された大きな道だが、アップダウンが続き脚がそがれる。

芋峠の取っ付きから峠までは、約4km350mUP、登りの大淀側が整備が行き届いて快適。
峠は何も見えない、ただの村の境。
飛鳥側は、細い森のなかを抜ける一車線路、苔や浮き砂利が危ないのでゆっくりとしか下れない。

明日香に降り、一服だ。

【珈琲 さんぽ】さんへお邪魔。
P4340584
ここは、自家焙煎のこだわりの人気cafe。

お昼時だったので、ランチを頼む
チキンカレーとコーヒのセット。

ここの名物は「鶏飯」、鹿児島、それも奄美地方の郷土料理。

でも、カレーがスパイシーで美味いのだ。

P4340591
食事が終わったら、もちろん珈琲。

今回はおすすめの「エチオピア」をいただく。

珈琲、大好きなのだけど、あまりこだわりがない。
でも、コーヒー専門店、特に自家焙煎されている所にハズレは少ない。

「さんぽ」さんの珈琲は、あまり苦くなく(焙煎がキツくないのもあるみたい)、甘味・酸味が程よい、ボクはかなり好みの味だ。

さて、今日のラストに「多武峰」を・・・・
と思ったけど、満腹にコーヒで癒やされたボクは、、、、、早々に帰路につきました。


次は飛鳥三峠(芋・高取・多武峰)を制覇するぞ。

全然大した事じゃないけどね(^^;

黒滝で水遊び

DSC00538
■■■ 小さな子供でも遊べるように、整備された河川とサイト ■■■

今週末に、乗鞍ヒルクライム(正式名:マウンテンサイクリングin乗鞍)に行くので、
せめてもの罪滅ぼし?にと、家族を黒滝、吉野山に連れて行った。

まずは毎度の練習コースから、毎度の【パン工房 YUM YUM】に寄って朝食を確保。
朝一(8:00)だったので、焼きたてパンが少なかったのは残念だったが、
前日の残ったパンの詰め合わせ(5ヶ:¥390)を2つ購入した。
売れ残りとはいえ、名店のこだわった素材のパンは美味しい、本当にココのパンは旨い。
普段選ばないのを食せ、満足満足。


そして、先日の『洞川灼熱錬』のときにチェックした、
P7286977[先日はガラガラだったのに]

黒滝・森物語村

に8:30過ぎ到着。下見の時と違って既に駐車場は大入り満車。

なんとか空きスペースに潜り込んだが、少し後にはゲート閉鎖となり、
ドンドン来る川遊びの車で、広くない道は路駐の車であふれた。

いい場所にタープを張れ、イスとテーブル、着替え用テントをセット。
川岸の整備されたサイトは、500mほどもあるので、管理棟から離れれば
タープサイトは、駐車場ほど心配は無く場所は十分にある。

DSC00541

サイトは、川面のすぐ脇に設置でき快適。
BBQを行う場合のみ、管理協力費(1グループ¥1000、5名から1人¥200プラス)が必要。

川といっても、遊べるように徹底的に整備されていて、さしずめ川版の人工海岸という感じ。
深瀬や急流は殆ど無く、100~150mぐらいで、大きな岩で区切ってあり、
管理棟前面部は、ドロやコケ、とがった岩も排除してある。

純天然の川で遊んでいたボクには、やや(かなり)物足りないが、
川遊びを知らない子どもでも安心して放置できる様に作ってある。

黒滝川の水は、とにかく綺麗なので、割り切ってしまえば結構楽しめる。

浮き輪や、ビニールマットにのって、岩を避けながら、ルートを探して下ったり、
岩を並べて、流れせき止めたり、流れるプールとは違う川ならではの遊びを堪能した。

清流なので、海やドロのある川と違い、そのまま身体を拭けば終了できるのも嬉しい。

都心より5度ほど涼しいく、小学生の子どもがいるファミリーには、かなりオススメです。
(要タープ、イス)

今回は、下見でもあり、色々回る予定もあったので、
子どものお友達を誘ってあげれなかったのが残念。

DSC00560

大きな吊り橋もあり、そこから黒滝川を眺めてみました。
このあたりは管理棟付近のきっちり整備されているところと違い、
川本来の姿を少し残してしています。
プールも見えてるけど、当然ガラガラでした。

map

吉野山へ向かう途中、大淀のケーキの名店 【ラ・ペッシュ】 で一息。DSC00566

DSC00567

DSC00568

持ち帰りのお店だけど、端の小さなテーブル席(4席)が空いていればイートインもできる。

スポンジ系もタルト系、焼き菓子、パン、どれも噂に違わず美味しい、美味しい!!

秋になると、名物モンブランが出るので、また訪れたい。
640x640_rect_6703392
[かな~り大きい名物モンブラン、右は珍しいホールのモンブラン](いまは売ってません)
秋にはまた来るぞ!


世界遺産吉野山を回って、道の駅大淀、橿原アルル、チキンショップ仲島と回って帰宅。


なかなか、充実の日を送ることが出来ました。

しかし、高カロリー摂取体重増量コースになってしまった。

それに、チャリの練習より疲れた ・・・
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード