DSC00174

先日事務所の2BOXが、カルディナからカローラワゴン(フィールダー)となった。

消費税の事務処理で遅くなったので車で帰宅、初めてハンドルを握った。

おどろいた!

いまは、カローラったって、実はビッツのなのだ。
所詮は・・・トヨタの最廉価版と思って乗ったらビックリ!



トヨタのオッチャン向けは、内装がゴーカでもっさりしたちびクラウンみたなイメージが合ったのだが、昔乗っていたセリカやFFのレビン(AE92やAE100)みたいな雰囲気、さらにシッカリした感じがある。

エンジンは実用燃費に振ったDOHC1.5L、軽快ではないが、車重が軽いので問題ない。

小さくなったので、ワゴンなのに剛性がかなりあるみたいで、ゴルフ(Ⅲ型に乗ってた)にも似ているではないか。
(チョットオーバーか^_^;)

シートは固めのサイドサポートがしっかりした、ちゃんと肩以上あるスポーツシート。
廉価の国産車にしては良いシートになってる。
チョット幅が狭いが、痩せれば問題ない(=o=;)

ハンドルも3本タイプの革巻き小径、なんちゃってスポーティーカー。

中が広々のミニバンばっかり乗っていたので、囲まれた空間はいい雰囲気、コレコレやっぱ車はこうだよナ!
質感もさすがトヨタ、うちの車(スバル)とは全然レベルが違う。

おまけに、ガソリン車だけど、燃費もかなりのもんらしい。

基本的に、こじんまりした、キビキビ走る車が好きなこともあって、

いいじゃないか!カローラ!!

ったって、自分の車じゃないんだけどね。

DSC00176

カーディーラーの決算時期の消費税増税に、もうすぐ13年目の車検という絶好のタイミングで調子が悪くなったカルディナ。

周知の通り3月末に納車となると、登録に早くても3週間掛かるので、逆算すると3月最初がリミット。

カルディナがアカンとなったのが、2月末。

カタログ集めて、候補をホンダフィットシャトルとカローラフィールダーにしぼり、仕事回りでフィットの見積もりをもらい、同じく事務所のノアで世話になってるカローラ店の営業氏に連絡した。

気持ちは荷室が大きい(自転車が積みやすい)フィットシャトルだった。
フルモデルチェンジ前の割には値引きはソコソコだったのと、スタイルが好きでなかったで二の足を踏んでいた。

カローラフィールダーはサイズダウンもあり、完全な当て馬、とりあえず担当営業氏と電話で交渉して、時間もなかったからこちらの希望を伝えた
「もし、◯◯万円だったら即決!」
コレならカローラでもイイかなって、かなり厳しい希望価格を伝えた。

corollafielder_51
《普通のグレードはコレ、悪くはないが、営業ライクで食指が動かない》


週明け、納車逆算リミットに近い日に、現車(試乗車)に載って見積持ってきたカローラ氏。

試乗車と言っても、見積もりの普及グレードではなく、特別仕様車に乗ってきよった。
反則(販促・笑)やね。

gallery_img_car01
おぉ、コレがカローラ? イケてるじゃない

今のスッキリしたモダンなデザインではなく、客観的に野暮ったいと思う。

でも40代後半のクルマ命!オヤジの世代の哀愁に訴えるスタイル。
スープラ・シルビア・シビック・セブンにプレリュード・・・
 

若き時の血がたぎる~(ホントはクーペがいいんだけど)
エアロバージョンブラック仕様(笑)

標準でアルミホイルにエアロパーツ、プロジェクターディスチャージライト、
フォグランプ、黒内装で、革巻きのハンドルとシフトレバーにスポーツシート

 ・・・ 昔欲しかったけど我慢してたオプションがズラリ(^_^;)


話もソコソコ(普及グレード値引ももう一息)だったので、

「これ、納期間に合う在庫車あるの?」

「これ見たら、ノーマル車はツライやろ、これで◯◯万にしてくれ、即ハンコ押す!」

欲しくなって、さらに上乗せ値引きを要求。
ホンマに、そうなったら購入、ダメやったらカルディナ修理して車検通すつもりだった。

商談は10分(笑)、ボクはいい客なのかヒドイ客なのか・・・・
とりあえずカローラ氏は一旦話を営業所に持ち帰って、後に見積のFAXが来た。

仁義を欠くのでここに書けないが、かなり強引な裏技をつかって数字合わせてきた。
買わざる得まい

 ・
 ・
 ・

満足の条件で、営業車らしからぬ車が先日やってきた。
サスガに黒はやめたけどね。

文頭はそのファーストインプレッションだったわけだ。