やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

吉野山

山岳グランフォンド吉野 観戦練

日曜(7/1)、ta2da兄さんと「グランフォンド吉野」の応援。

8:30に近鉄・下市口駅で集合。
金峯山寺(吉野山)経由で、奥千本~五番関~洞川温泉。
IMG_1631
吉野山の駐車場に着くと、ちょうど最後の[ショート]がスタートするところでした
うちの親父が出てるはずだが、、、居らん、逃亡したか!?
(ちょうど現着したときの一瞬の隙に出発してたことが発覚)

吉野川(紀ノ川)から五番関までは、
23.6km 獲得標高1,141m(一部下りがあるので標高差は951m)
登り部分の平均斜度は6%弱ぐらいだろうか。


ちなみにボクが目標としている、
8月末の「マウンテンサイクリングin乗鞍」は
全長20.5km 獲得標高1,260m
なので、ほぼ近い数値なのだ。

今回は全くダメダメでしたが、近場のロングの登りとしては高野山(23km 850m)よりがっつり上れるイイ練習コースですね。
本番までに何回か来たいと思います。

IMG_1636
「おおぉ速え~トップがもう上ってきたよ」、、実は遅いスタートから3番手まで追い上げてきた三船選手(ゲストライダー)

さて、グランフォンド吉野ですが、
五番関で早くも[スーパーロング]クラスのトップがトンネルを抜けてきた。
(実は3番手で、トップ2名は既に川上村への分岐で先行してた様です)

朝6:00スタートで、前半のキツい4つの峠を超えてすでに11:30に120km地点の五番関トンネルに来ている!恐ろしい速さだ。声援にも笑顔で堪えまだまだ余裕あり。

ちなみに[スーパーロング]のコースは距離210km 獲得標高3,700m弱のクレイジーなコース。

これに、我らが「みぃ~ちゃん」が挑んでいるのだ。
昨年[ロング](160km 3000mUP)をヨッちゃんでクリアし、今年も何度も試走して感触をつかんでいるみたいなので期待できる。

スーパーロングコース

関門は五番関トンネル手前 12:40
いったん選手と同じコースを逆走して洞川温泉まで降りて待機。
IMG_1638

洞川温泉で、温泉街と外側のルートに分かれるが、うっかり温泉街を戻ってしまった。
選手の指定は外側ルートの様だ。
「ま、この時間に行き違いにはならないだろ( ̄。 ̄;)」
楽観的に考えて、分岐の手前で観戦。
どんどん来る。スーパーロングの赤ゼッケンに混じって、後発のロングの黒ゼッケンも混じり始める。

この時間でここを通過しないとヤバい!という時間を超える、まだ五番関関門まで30分近くかかるで、、、
「おいおいどうした

完全アウトの時刻から、しばらく見てたけど来ない。

あっ!
「みぃ~ちゃん、今年は走り込んで絞ってたよな!ひょっとしてかなり早くてすれ違い空白の5分の間に通ってたんだ!!すげぇよな!」
おおおぉ、これなら楽々完走だ!!
会えなかったのは悔やんだが、とりあえず飯を食うことにした(笑)

洞川温泉街の川魚の名店【亀清】で珍しい「子持ち鮎塩焼き」「鯖おにぎり寿司」と突き出しの珍味で乾杯(ノンアルコールビール)。
「いやぁ、さすがやな!今年の乗鞍は負けるなあ」
と称えながら舌鼓。
IMG_1640

お腹いっぱい、脚いっぱいで「さて帰りますか…」

虻峠に向かい、トンネル手前・・・見たことあるジャージが来る。

絞った速そうな身体、うちの実業団チームメンバが練習にでもきてるのかな?

IMG_1643
「えええっ~~~!!!!」
みぃ~ちゃんじゃない、どうした!!
IMG_1648
どうやら、気合い入りすぎて、吉野川の平坦路をトップ集団で走り、富貴の500mの登りまではなんとか頑張ったが、筒香峠・天狗木峠で両足攣って終わったらしい。

チーン (; ;)
恐るべしスーパーロング。

へろへろと制限時間の過ぎた五番関関門に向かうのを見送ったのでした。

帰りは309号をトンネルで一気に降りて下市町。
「あち~ぃ」
標高1000m近くから降りると、下界は灼熱地獄。

コンビニで休憩し、車坂峠抜けて吉野口で兄さんと別れ帰宅。

125km 獲得標高1,650m
ヘロヘロになりました。捨て台詞は、
「スーパーロングとか、、アホやな」

ボクは絶対無りス。

みぃ~ちゃん、お疲れ様!
ta2da兄さん全引きありがとうございました。

ちなみに、今年の[スーパーロング]
完走108名/出走175名
完走率61.7%

「なんだ半分以上は完走できるんじゃん」
なんて思った人はなナメてる。
ロング(160km)を完走経験ある健脚自慢が、さらにトレーニング積んで準備した猛者の6割しか完走出来ないのである。

さて、ボクも乗鞍に向け本腰入れてガンバロ!?
(遅すぎる・・・との話)

IMG_1651
日焼けがエグい。

最後のあがき錬(洞川温泉-吉野山)

乗鞍の大会を1週間後に控え、最後のあがきで、出場メンバ中年オヤジ4人で登攀錬をしてきました。

キャプチャ


吉野川沿い、奥吉野の入り口である 【近鉄・下市口駅】 に9:00集合。

自宅からは意外と近いので、余裕見て7:00に家を出て、コンビニで朝飯して自走で参りました。


【下市口駅】、実は下市町にあるのではなく、吉野川(紀の川)対岸の大淀町にあります。

同じような駅名で、【吉野口駅】も吉野郡でなく御所市にあります。


話は戻って、予定コースは下市才谷から地蔵峠経由で黒谷村、R309の長いトンネルを避けて、旧道の笠置峠超えで天川村、そして洞川へと進みます。
帰路はその時の気分と体力で選ぼう、となりました。


まず下市の川沿いに並ぶ町並みを抜け、秋野川沿いに

[才谷-地蔵峠トンネル-黒滝村]

先日も通りましたが、良いコースですね。
清流沿いに緩やかに斜度が上がり、きれいなトンネル超えて黒滝村役場へ下ります。
道も整っていて、交通量も非常にまばら。
下市の町から分岐して15km、トンネルまで280mUPです。
これが一つ目の峠。

黒谷村役場から[道の駅吉野路黒滝]までは、黒滝川沿いを走ります。
途中、キャンプ場や川遊びできるスポットが点在し、家族連れで賑わっていました。

道の駅からはR309を南下。
交通量がかなり増えます。

【新笠木トンネル】(1,693m)
【新川合トンネル】(2,751m)

の2つの長いトンネルは危険な事と、ヒルクライムの練習に来ているので、トンネルを超える旧道を迂回します。

道の駅から旧309の最高地点までが、8km・460mUP
ここには旧国道のトンネル【笠置トンネル】があり、更にトンネルを超える旧々道がありますがサスガにコレはパス。
IMG_5521
 旧【笠木トンネル】標高715m、このあたりに来ると日なたでも涼しいです。
IMG_5525

トンネルの少し先、黒滝村と天川村の境がピーク(標高820m)になります。
これが二つ目の峠。

国道は交通量が多いですが、旧道はすれ違いの車 “ゼロ”!
路面が荒れてますが、斜度もキツくなくなかなかのナイスルートです。

旧道を超えたら、程なく洞川への分岐点、
【森田商店】、、、旧モーソンと言った方がわかりやすいですね。
ここでいっぷく。
IMG_5529

ここから洞川へ分岐して、【虻トンネル】まで約8%の勾配で2.2km、トンネルから先は約3km緩やかな登りで洞川温泉へ到着となりました。

11:45、混む前に中華料理【彰武】へ急ぎます。
ギリひと席空いていて滑り込みセーフ。
IMG_5533
みぃ~ちゃん、名物【ラーメン丼】を完食。
大きなラーメンどんぶりの下が天津飯、上がラーメン∑(゚ω゚ノ)ノ
IMG_5536
名水とうふの、冷奴と麻婆豆腐もつまんで、満足のお昼ごはん。さあ!もうひと登り。
(ひと登りどころでは無かったが・・・)

洞川の温泉街を抜け、銘水【ごろごろ水】でボトルを満たします。
高地のでの湧き水のため、水温が10℃前後と冷た~い!
気持ちいい、美味しぃ!

勿論
環境省選定「名水百選
国土交通省選定「水の郷百選
であります。
3765471474_9a3b4d393a

車にポリタンクを載せて、多くの方が汲みに来てられます。
(車は¥500、駐車スペースの直ぐ後ろに蛇口が完備されています、自転車・歩行者はタダ)


帰路ルートは、五番関(トンネル)から吉野大峯林道を通って吉野山へ抜けることに。

洞川の町から五番関トンネルまでは6km280mUP、後半はずっと8%超えで堪えます。

トンネルでの標高1110m
これがラスボス3つ目の峠。

ここから暫くは1000mを越えてのルートのため、灼熱の残暑の中でも超快適!秋の様相で楽しめます。

高所での尾根が終わると、一気にダウンヒルです。
落石・苔・がれた路面を注意深く避けながら下っていきます。

が、、、途中小さな落石を踏んで、痛恨のパンク。

幸い2番手を走っていたため、後続がいっしょに止まってくれ、先行案内のta2daさんにみぃ~ちゃんが待ってくれるよう連絡、さるさる兄さんが手伝ってくれて、首尾よく修理終了。

ダウンヒル中のパンク、最後尾だと面倒なことになりますが、よかったε-(´∀`*)ホッ

奥の千本の指標、吉野【金峰神社】の分岐で全員合流できました。


ここから、迂回のなだらかなルート予定を、ボクのわがままで急峻な上千本-奥千本のルートを下山。

わがままの理由は、この景色が見たかったから(^_^;)
スミマセン。
皆さんに、12-15%・2km!の激坂下りをさせてしまいました。

IMG_5541
吉野山を一望できる【花矢倉展望台】
桜の時期は驚きの景観になるところで、ポスターで有名なところ。
C9WODi2VwAEpYcm
こんな風になるそうです(@_@;)!(公式ページより拝借・参考画像)

金峯山寺(きんぷぜんじ)を少し見学して、下山。

最後に【吉野山湧水】で喉を潤し、顔を洗って解散です。
246049

集合場所の下市口駅まではいっしょに、そこで自走・車・輪行とそれぞれの帰路につきました。

本日のコースはルートラボでは70km・1580mUP
サイコン読みではもう少し長かったような気がします。
蛇行登攀したからでしょうか(^_^;)

ボクの走行距離は家に帰り着いて135km・1900mupとなっていました。


ご一緒いただいた皆様ありがとうございました。


さあ、後は本番!頑張りましょう。


帰路はta2da兄さんにR309で吉野口に抜ける走りやすいルートを教えてもらいました。

なんと、初309!これ使えるやん、、、、って、知らんかったんかい(ToT)

吉野山再び

05030
上千本「花矢倉展望台」から、金峯山寺蔵王堂を望む


先週も吉野山にいったのだが、改めて調べると

世界遺産に登録されたのは、
 下千本…金峯山寺蔵王堂・仁王門
 中千本…吉水神社
 奥千本…分水神社・金峯神社
の5つの建物らしい。

以前にも下調べもなく、上千本から奥に行ったこともあったのだが、単調な山道だけだったので途中より引き返した覚えがある。
この週末に、再度奥千本の分水神社・金峯神社を目ざして、吉野山を再び訪れた。



早朝5:00出発で、先ずは一汗と當麻から葛城山麓バイパス-五條-吉野川へ。
毎度ながら、ここで脚は売り切れてしまい、あとはサイクリングペース。

04996
澄んだ水面に朝もやの景観をみて和む。
というか、山麓線で這々の体になったので、ひとごこち。

05004
今回も下市町才谷から登る。
五條から才谷までは、山間を抜けるショートカットコース。

05011
才谷の杉林を抜ける道は、肌寒い。

中千本のメイン通りをのぼり、上千本へ。

高城山山頂手前で自転車をおいて、山頂展望台(698m)へ登ってみました。

奈良盆地を南部と金剛山~龍門岳まで見渡せる展望と期待したのだけど、黄砂で全く見えず。
ロードシューズで階段を10分も登ってきたのに・・・
DCIM0774[1]

高城山からさらに登り、黒滝に抜ける分岐からの急坂を登ったところが
世界遺産・金峯神社(きんぷじんじゃ・標高756m)
05016

奥千本はここより奥となり、西行庵は30分歩いたところにあります。
いや、さすがに断念。

山伏修行のほら貝の音が山間をこだまし、霊峰であることを思い出させます。

吉野山のランドマーク、金峰山寺は標高220mですので530mUPとなります。
下千本・中千本と桜の開花が1ヶ月ずれるのはそういうわけだったんですね。

05019

時計を見ると、すでに9:00を回っています。
暑くなるまでに帰らなければなりませんし、
ちょっと寄り道があるので、今日はここまで!急いで下山。

05023
世界遺産、分水神社を素通りし、その横に展望台の標識につられ覗いてみました。
05033

05027
おおぉぉ、絶景かな。
吉野山(中千本・金峰山寺)全景を見渡せるビューポイント。
ポスターでよく目にする風景が広がっていました。

分水神社から中千本(メイン通り)までは、景色から想像付くと思いますが、かなり下り急勾配の九十九折ですから自転車は要注意です。
思うところで止まりません!いや、マジで。

05048
吉野川まで降りて来ました。
あんなに辛かった上りも、あっという間。
外界(笑)はもう夏の様相。


さて、大急ぎで降りて来たのには訳があります。

05036
奈良の三大銘菓?のひとつ
【こばしやき餅店】のやき餅

10時に行けば飛び込みでも買えるやろ~と思ったら、
甘かった、、まんじゅうだけに大甘でした(涙)
05037
「本日は終了しました」 の表示
昨日のをしまい忘れているのかと思ったら、

「この時間(10:00)に来られてもなあ、それに土日は予約でほぼ終了なんよ」
ショックガチョピン _| ̄|○

打ちひしがれていたら、なにやら奥で相談しています。

「今な、予約分を詰めていってるから、全部詰め終わってあまりが出たら分けれるけどどうする?余らへんかったごめんやで」

そうとう不憫に思えたんでしょう、優しいお言葉をかけていただきました。

「待ってます!小一時間したら戻っきますので、もし余っていたらおねがいします」

コンビニで補給したり、吉野川眺めてたりで、小一時間でお店へ。
05039

05042
「お、10ケ取れたで、よかったな (^^) 」
奇跡のゲット!
有難うございます!!

しかし、忘れてました。
まだ峠を超えて40km走らなけれななりません。
それも、炎天下、ザック持ってません。

ブラケットぶらぶらさせるには、遠すぎる、、、
バックポケットを整理して、真ん中に押し込みました。
先週の柿の葉寿司とおんなじや、ハハハ(;^ω^)
ただ、今度は背中が暖かい・・・(焼いてくれたのかな)

這々の体で、灼熱地獄を帰り着いたら、
05054
おしくらまんじゅうに、、(笑)
ニケ少ないのは追求しないで下さい。

05055
0505805056
こし餡と、つぶあんがあります。

評判通り、素朴な味ですが、ホントにお餅、やき餅なんです。
薄い皮が香ばしくて、餡はあっさり目、こし餡普段食べないけど、これ絶品。
ナンボでも食べられてしまいます。

もちろん、目を離した隙に、全部なくなっていました(・_・;)

次は予約していこう!


吉野山、少し遠いですが、自転車行脚にはいいところです。
川の景観、山の景観、世界遺産の史跡に、美味しいもの。

チョイ登攀もあるけど、大したことはないし、橿原や五條を起点にノンビリとサイクリングに持ってこいですね。

もちろん、ガッツリ走りたい人も、黒滝・洞川と連携させればゲップ出るほど走れます。
紅葉も見込めるので、この秋は吉野参りかな。

Webでの情報や、ガイドブックも多いので、予習して是非訪れてみてください。

(125km、1700mUP)

吉野山は新緑がよろし

03673
 吉野山 金峰山寺 蔵王堂(国宝)

金峰山寺は「きんぷせんじ」と読み、蔵王堂は
高さ34m×奥行36m×幅36m 東大寺大仏殿につぐ木造古建築

しってた?「こんぷぜんじ」と覚えてた。

奈良県民としては、「東大寺」を「ひがしおおてら」と呼んだぐらい恥ずかしいこと・・・
そんなヤツおらんか(笑)



5月は、日も長く気候も最高、絶好の自転車シーズン。
なのに、バタバタで全く走れていない。。
Blog更新も久しぶり・・・

お誘いもあったけど、体力不足で一緒に走れる気がしない。

なので、ひとり行き当たりばったりランに出発。

先ずは穴虫から“葛城山麓バイパス”で、當麻・葛城を通り五條へ、アップ・ダウンの約25km。
大した標高差でないが、シッカリ脚にに来る練習路。

03582

いつもは五條【yum yum】まで頑張るんだけど、朝食摂っていなかったので、
葛城【カントリーロード】で補給。

ここは7:00から開いてるイートインできるベーカリー。
お惣菜パン、菓子パンの種類が多く、実は結構お気に入り。

フルーツcafe【もんちっち3】でモーニングしたかったんですが、いっぱい。
いつもの【酪】はまだ開いてない時間でざんねんでしたが、
カントリーロードのパンやっぱり旨かった(^^)v

03591
五條市街へは、いつもと違う道を迷いながら、、、
こんなブラブラ行脚好きですねん。

程なく、五條駅へ。

03598
五條「新町通り」は、橿原・今井町と同じく
「重要伝統的建造物群保存地区」
に指定されている、江戸の町並みが残る地区
http://www.city.gojo.lg.jp/www/contents/1153726591289/

お目当ての【餅商一ツ橋】(食べログ)は日曜定休だった、残念。

03600
幻の、五新線(五條-新宮)跡

03601
吉野川はやはり雄大、五條から橋本方向を望む


さて、何処に行こうかな・・・

和菓子の口になってたので、世界遺産「吉野山」を目指そう!
脈絡なく行き先を決定。

吉野川(紀の川)を遡上していきますが、時間もあるので別ルート開拓。

03607

五條のモンベルを超えて普通なら、そのまま県道39を進むのだが、
前から気になっていた、吉野川北岸の道を通ってみる。

キャプチャ

03611

!!久々のヒットやね。
最初細い上りが見えてるので躊躇するが、坂はそこだけ、
後は、吉野川を見下ろしながらの木蔭のルート。
車は殆ど来ないし、思わず鼻歌がでてしまう4kmの快適路でした。

そこからは、吉野川南岸の走りやすい道を遡上する。


桜の名所で知られている「吉野山」

知らない人は山奥の秘境を思いおこさせるそうだが、
実は、吉野川からちょっと入ったところにある、
メインの金峰山寺や中千本は、吉野川から標高差100-150m程度。
(奥千本まで行くとかなりの登攀となる)

今回は駅側からじゃなく、下市の市街を抜けて、才谷から回りこんで登るルート。

キャプチャ

このルートも勧め!、車通りが少なく、
下市の町並み・郊外の小川沿い・吉野杉の間を抜ける林道
と景観を変えながら、ゆるやかな登攀で吉野山中千本に導いてくれる。

おっと、その前に下市【米倉精肉店】で名物コロッケを補給。

03612

03615

ちょうどお昼前だったこともあって、地元の方が10ヶ・15ヶと買って行かれます。

03618
特徴ある下市の町並みを眺めながらのコロッケは最高(笑)

ここのコロッケは、じゃがいもホクホクで、胡椒が良く効いている。
和牛専門店なので、入っているお肉は和牛の切れ端のミンチ。
こ、これは、ビールにピッタリじゃないか~!旨い!

さて、腹ごしらえも済んだので、吉野山をめざします。

03625

手入れの行き届いた杉林の木陰を抜ける道は、
小川のせせらぎと、鳥の声しか聞こえない。

フィトンチッドを浴びながらの癒やしルート、
こんな所、一生懸命走ったらもったいない(笑)。

程なく、吉野山到着。

先ずは、金峰山寺へお参り。

03644

03649

何度見ても、蔵王堂は素晴らしい。

ま、はじめてではないので、3分で退却。

聖地への入り口、重要文化財「銅鳥居」(かねとりい)・・・の横にある、
柿の葉寿司の名店【ひょうたろう】
柿の葉寿司は【ひょうたろう】がNo.1という方も多いですね。

03651

バラ売りをしてくれないので、一番小さい8ヶ¥1,080を購入。
そんなに食えるのか・・・

ま、どこかロケのいいところで頂こうと、背中のカエルくんに咥えてもらう。

03676

03657
生葛切りで有名な、【八十吉】(やそきち・HP
誰も入っていない、貸切状態をみて、突入!

いい気候なので、奥のテラス席独占して、
新緑から吹くそよ風と、ウグイスの輪唱
他の客もいなかったので、吉野山堪能させてもらいました。

0366303667
「生葛切り」なるものを頂いたが、美味いもんですね。
特製の黒蜜がまた素晴らしい。

抹茶、葛菓子付きで¥1,080
でも、納得満足しました。

4
吉野杉のお箸、、、使い捨てるには勿体無いなあ。


テラス席独占で寝そうになりながら小一時間、

お茶を変えに来てくれた、店主とお話も、
「この新緑の時期は最高なのに、ガラガラですね、たまにハイカーさんだけ」
って、ちなみに11月の紅葉の時期も、めっちゃ良いのに空いてますって。
吉野が混むのは桜の時期だけのようです。

のんびりしながらfacebookに近況UPしたら、
ta2da兄貴から連絡、「近くにいるから合流しよう」の電話。

03672

店を出て、中千本ぬけて駅の方から吉野川へ。

そこでta2daさんと無事合流。
途中までご一緒してもらうこととなりました。

大淀から、壺阪峠を超え、高取へ。
どうせならと、高取城までヒルクライム、、意外とキツかった。

5

高取への下りで、後輪に何か刺さったようで、パンク。
気候のいい虫のいない時期なので、パンク修理もなんか楽しいなあ。

0367703679

この後、橿原神宮前で、路肩の段差に引っかかって転倒。
この日は、久々のコケ&パンク。

兄貴とはどこかでお茶しましょ、って言ったものの、
奈良って日曜日お店が閉まっているトコが多く、目当ての店が全部アウト。
ヤッパ田舎やなあ。

結局、そのまま大和高田で別れてお互いの帰路へ。


ボクは不意に思い出して、寄り道。
唐揚げ1kgとモロモロ買いだして、
走った分が無かったことになりました・・・・

32

1

130km・1600mUP、、日焼ひどし。

やっぱり、食べポタになっちゃった。

03687
今日は、カエルジャージ(環蛙)に、
マリーさん特製、カエルのマリー帽


柿の葉寿司はどうなったかって?

結局食べるチャンスを逃したので、いつもお世話になってる
【チキンショップ仲島】のおばちゃんに贈呈しました。
お陰で、ナイショの大サービス頂きました、いつもありがとう。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

QRコード
QRコード