やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

吉野

奈良県道49号 勢井宗川野線

P1110399 - コピー
黒滝から才谷へ抜ける道は、植林の杉林を抜ける林道。



予報では、爽やかな(湿度の低い)週末は、もう最後
とのことで、行ってきました。

五條からR168を北上、今週もなんですが、今回は大塔まで行かず、その手前の県道49を天川方面へ。
P1110389 - コピー

これが素晴らしくいい道で、路面は舗装し直したばかりだし、道に沿って流れている「宗川」が、吉野川の上流や高見川・丹生川・熊野川に負けず劣らずのウルトラ清流!飛び込んでガブガブ飲みたいぐらいです。
P1110393
P1110395

P1110397 - コピー
登りきったところが、天川-黒滝のちょうど真ん中、R309の旧道の真ん中に出ます。

天川側に降りると、洞川登って五番関から吉野山に降りるか、小南峠を超えるか、熊野川で大塔に行くかしか選択がないので、あっさり黒滝に向かいました。

黒滝役場まで遡り、から才谷(下市町)に下り、余裕あったら吉野山に登るつもりでしたが、、ハンガーノック。
とにかく、下市口駅の近くで昼食。
IMG_1437

東吉野から、宇陀通って帰るつもりでしたが、満腹で断念。

ゆっくりと、壺坂峠-高取-橿原から帰宅。

6月の日差しは強く、この2週間ですっかり焦げました。
IMG_1441

吉野方面ライド

4月半ばから、今季のライド始めました。

遅いんですが、毎年こんなもんで、8末の【マウンテンサイクリングin乗鞍】に向けて絞っていきます。


身の回りがゴタゴタしてて、Blog・facebook・Instagramもほぼ休業状態でしたが、実は本人も休業状態と言う訳でした

通勤はまだ3回ほどなんで、これからなんですが、とりあえず気候の良さに任せて、休日はできるだけロング※からと思い、今年は吉野方面に勤しむことにしました。

※ちなみにボクのロングは100km以上です、チャリ乗りは普通100kmはミドルと言うらしいです

最初は
二上-御所-吉野口-下市(吉野川)-壺阪峠-飛鳥-高田

2回目
王寺-御所-R308-下市-(吉野川)-(高見川)-東吉野-大宇陀-桜井-(大和川)-田原本

3回目
王寺-坊城-吉野口-R24-五條(吉野川)-九度山-玉川峡-五條-R24-五條-高田

まだ気候がいいのでノンビリなら意外と走れます。
問題はこれから、耐暑・ペースアップを課題に登攀力強化と・・・・・ダイエット!

一人だとダレるので、ご一緒できる方居られましたら宜しく揉んでくださいませm(_ _)m

------

下市口や、五條に抜ける前にここに寄るのがマイブームです。
食パン&モーニング専門
【グッドモーニング坊城】
IMG_1197
飛鳥(岡寺)にあった、ベーカリーの名店【ラステックベーカリー】のご主人が始められたお店です
パーキングも大きく、自転車留める場所にも困りません。
素敵なテラス席があるので、汗まみれでも大丈夫かな・・・
IMG_1195
モーニングセット¥750は、
トースト2枚・ゆで卵・サラダ・ドリンクバー(茶粥含む)


IMG_1201
見慣れた “吉野川” も、上流に遡ると更に水質が良くなり、支流の高見川に至ってはそのまま飲めるかと思うほどの水質です。
IMG_1202

東吉野に向かい、遡っていくと吉野川は蛇行し始め、高見川と分流します。
IMG_1209

東吉野の清流、“高見川”水質がすごい
IMG_1210
IMG_1222
IMG_1221
夏ならひと泳ぎしたいところです

高見川を遡っていった集落に、突然ベーカリーが現れます。
【麦笑】
IMG_1219
IMG_1218
かなりレベルの高いパンが食べられます!

IMG_1238
先日の五條の河川敷では、地元のフェスティバルが行われていました。
鯉のぼりが並び壮観な風景。
★これよりもう少し川を下り、橋本に入ると「吉野川」→「紀の川」と呼ばれます。

★吉野川も紀の川も同じ河川です。
河川法上は「紀の川」、奈良川では吉野地方の中心河川なので「吉野川」と呼ばれています。

峠のはしご

自転車仲間が護摩檀山へと走りに行った。
110km2,000mUPである。(中には170km,4000mUPの猛者も)
高野山を登って、さらに高野龍神スカイラインを走るんだから尋常じゃない。
その完走や応援の書込みをみて触発され、「平坦地を流しているだけではアカン!」
と奮起一発ファイト一発で日曜早朝出陣。

お昼までと言うことで、目標は格闘獲得標高1,600m。

0224

早朝、日の出とともに出陣。気温23℃ひんやり。

0230
まずは、大和川を伝って三輪まで。
20km近くも走るのに、上昇量34m!どれだけ真っ平らやねん!
平均勾配0.5%0.2%だ。あと1566m(笑)
このペースだと、800km走らなければ獲得標高1600m行かない(^^;)

桜井から女寄峠で宇陀を目指す。
この峠、標高差250m程なんで大した事ないが、後半10%の直線登りがツライ。木陰なく車通りが多い上、上まで真っ直ぐ見えてしまっているのでメゲる。
今回は脚もある涼しい早朝だったので助かった。
大宇陀に抜ける女寄トンネルを避けて、榛原(宇陀市役所)の方へ、そこからR370宇陀川沿いで大宇陀。

R370は宇陀川沿いの美しい里山原風景を眺めながらの気分良い道路。
0232

「道の駅宇陀路」を超えて、宮奥ダム方面へ反れ、大峠トンネルをぬけ談山神社へ。
トンネルの中は22℃、下り基調とあってかなり半袖レーパンでは寒い。
0233

談山神社山門からの参道はキツイので車道側から「多武峰」(とうのみね)をこえ、飛鳥へ。
0237
多武峰ルートの峠で獲得標高は695m、あっボク写ってる!

飛鳥に降り、稲淵の棚田を横目に今度は「芋が峠」を超えて吉野川へ下る。
0238

山間を流れる吉野川はいつ見ても雄大
ちなみに「吉野川」は奈良側での呼び名で、河川法上では「紀の川」が正しい。
0239

柿の葉すしの「平宗」本店があったので、ばら売りしてもらって腹ごしらえ。
0244

0243

柿の葉すし本場なので、このあたりではいろんな柿の葉すしが楽しめる。
食べ比べしてみても面白いかもしれない。

平宗は塩が効いていてあっさり目で、鯖・しゃりとも甘みが少ない。
最近は甘みが強い物が多いので、昔ながらの味が受け継がれているのか。
ちなみに、「柳屋」はちょい甘めで鯖の味がしっかりしている。
好みの問題かと。

0245
そのまま吉野山を上千本まで登って一周。金峯山寺蔵王堂が見える。
この時点で獲得標高1295m、これでひと峠超えて戻れば目標に届くか?

0247
壷坂峠から、高取に戻ってあとは奈良盆地を横断し帰宅。

なんとか、予定通りの獲得標高1,600mを超えて(1,620m)帰着。
小さな峠ばかりを繋いだので練習的にはイマイチかもしれないが、色々と違ったルートを走れたので楽しかった。これなら飽きずに走れるな。
0248

さて、本番(乗鞍)まで6週間、先ずは去年のレベルに戻さねば。

黒滝で水遊び

DSC00538
■■■ 小さな子供でも遊べるように、整備された河川とサイト ■■■

今週末に、乗鞍ヒルクライム(正式名:マウンテンサイクリングin乗鞍)に行くので、
せめてもの罪滅ぼし?にと、家族を黒滝、吉野山に連れて行った。

まずは毎度の練習コースから、毎度の【パン工房 YUM YUM】に寄って朝食を確保。
朝一(8:00)だったので、焼きたてパンが少なかったのは残念だったが、
前日の残ったパンの詰め合わせ(5ヶ:¥390)を2つ購入した。
売れ残りとはいえ、名店のこだわった素材のパンは美味しい、本当にココのパンは旨い。
普段選ばないのを食せ、満足満足。


そして、先日の『洞川灼熱錬』のときにチェックした、
P7286977[先日はガラガラだったのに]

黒滝・森物語村

に8:30過ぎ到着。下見の時と違って既に駐車場は大入り満車。

なんとか空きスペースに潜り込んだが、少し後にはゲート閉鎖となり、
ドンドン来る川遊びの車で、広くない道は路駐の車であふれた。

いい場所にタープを張れ、イスとテーブル、着替え用テントをセット。
川岸の整備されたサイトは、500mほどもあるので、管理棟から離れれば
タープサイトは、駐車場ほど心配は無く場所は十分にある。

DSC00541

サイトは、川面のすぐ脇に設置でき快適。
BBQを行う場合のみ、管理協力費(1グループ¥1000、5名から1人¥200プラス)が必要。

川といっても、遊べるように徹底的に整備されていて、さしずめ川版の人工海岸という感じ。
深瀬や急流は殆ど無く、100~150mぐらいで、大きな岩で区切ってあり、
管理棟前面部は、ドロやコケ、とがった岩も排除してある。

純天然の川で遊んでいたボクには、やや(かなり)物足りないが、
川遊びを知らない子どもでも安心して放置できる様に作ってある。

黒滝川の水は、とにかく綺麗なので、割り切ってしまえば結構楽しめる。

浮き輪や、ビニールマットにのって、岩を避けながら、ルートを探して下ったり、
岩を並べて、流れせき止めたり、流れるプールとは違う川ならではの遊びを堪能した。

清流なので、海やドロのある川と違い、そのまま身体を拭けば終了できるのも嬉しい。

都心より5度ほど涼しいく、小学生の子どもがいるファミリーには、かなりオススメです。
(要タープ、イス)

今回は、下見でもあり、色々回る予定もあったので、
子どものお友達を誘ってあげれなかったのが残念。

DSC00560

大きな吊り橋もあり、そこから黒滝川を眺めてみました。
このあたりは管理棟付近のきっちり整備されているところと違い、
川本来の姿を少し残してしています。
プールも見えてるけど、当然ガラガラでした。

map

吉野山へ向かう途中、大淀のケーキの名店 【ラ・ペッシュ】 で一息。DSC00566

DSC00567

DSC00568

持ち帰りのお店だけど、端の小さなテーブル席(4席)が空いていればイートインもできる。

スポンジ系もタルト系、焼き菓子、パン、どれも噂に違わず美味しい、美味しい!!

秋になると、名物モンブランが出るので、また訪れたい。
640x640_rect_6703392
[かな~り大きい名物モンブラン、右は珍しいホールのモンブラン](いまは売ってません)
秋にはまた来るぞ!


世界遺産吉野山を回って、道の駅大淀、橿原アルル、チキンショップ仲島と回って帰宅。


なかなか、充実の日を送ることが出来ました。

しかし、高カロリー摂取体重増量コースになってしまった。

それに、チャリの練習より疲れた ・・・

洞川は涼しいが・・・

オリンピック遂に開幕、触発されたわけではないが、
久びさにロングで山方向へ向かう。

柏原リビエールホールでみぃ~ちゃんと早朝6:00に合流して吉野方面へ。

屯鶴峯-御所-吉野口を通り吉野川へ抜ける。

いやはや、みぃ~ちゃん裏道までよく知っている。
奈良県民のボクがナビみて感心しきりである。
P7286963

前半は早朝に出たこともあって、黒滝まで快調にススムくん。

P7286975
黒滝森物語村にて、ここは川をプールのように使える、子供達気持ちよさそうに遊んでいる。

もうひと登リ、ローソンそっくり「モリクラフラフラ」(旧モーソン)でアイス休憩。

P7286983

洞川に10:30すぎに到着、銘水“ごろごろ水”の水場を超えて「母公堂」へ。
ここも、洞川湧水群(名水100選)のひとつがコンコンと流れ出ている。
冷たくて気持ちがいい、ボトルの水より百万倍うまい!

P7286995

ここは「女人結界」の関所のようなところでもあるらしい。
大峰山の女人禁制はいまだ続いており、賛否両論いろいろあるみたい。

流石に標高800m、日差しは強いが風は涼しく心地よい。

P7287001
11:00の開店を待って、シルベストお馴染み 「彰武」 で早めのお昼。
美味しくて、ボリュームがある、温泉街の中華屋さん。
宿泊もでき、夕飯は中華食べ放題なんだとか!
天津飯と唐揚げ頼んで、つい食べ過ぎてしまう。

帰路は、国道309で下市までダウンヒル。
吉野川沿いまで下ると熱波襲来!、ふたりして 「ヴ~!アヂアヂ」 泣きながら走る。

川沿いの歩道にある 「吉野川湧水」 で、涼と水分を摂る。
湧き水はどこも冷たくて、夏場はサイコーやね。

P7287004

吉野川沿いを東へ走り、近鉄を超えたところから芋峠へ。
暑さ絶好調で、サイコンの温度計が41℃を超える。

「芋峠ってこんなにキツかったっけ?」
二人して脱水症状か、10km/h以下でしか登れない。

トラブル発生。
半ば意地で使っていた、件のシューズが熱波とすり減りで、いきなりソールが剥がれた。P7287005

なんとか走れるが、引き足・摺り足がご法度になり、暑さにさらに追い打ちを掛けられ辛い。

さっきの吉野川湧水を詰めたボトルで、頭から水をかけながら、這々の体で何とか越え、
石舞台下の冷房の効いた案内所では、しばらく動けなかった。

みぃ~ちゃんと八木で別れて、コンビニ数珠繋ぎで帰宅。
アイス食べながら、サイコンみたら日陰に置いてあるのに、40℃オーバー。
(走っているときは焼けたアスファルトと相まって、41℃超え・・・)

P7287007
いくら山道がおおくても、平均20.8kmはいけませんですナ。


今回、真夏の日中は走るもんではないと、改めて悟った。
そして、シューズの交換はお早めに(笑)!!

しかし、吉野行脚は良いコースてんこ盛りで良かった、
イイ季節に是非また行きたい、開拓したい!!

みぃ~ちゃん、ご案内ありがとうございました。

距離165km/獲得標高1,850m
>みぃ~ちゃんBlog「洞川スタミナ丼」
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード