レース(マウンテンサイクリングin乗鞍)、いよいよ当日。

レース以外の大会の雰囲気と、景色等、スナップ写真を貼っておきます。


5655
レース当時、早朝天気を確認に外に出ると、宿の合間から 「剣ヶ峰」(標高3026m)が輝いている。

素晴らしい日に心躍ります。



レース開始までは、バタバタなのと、貴重品(スマホ)はホテルに、デジカメは下山用ザックに入れてそれぞれ預けちゃったので、写真は撮れません。

大会に関すること(レポートや考察)は【レース編】ご覧ください。



さて、ゴール!

ゴールラインは、岐阜と長野の県境となります。

畳平のパーキングで、下山用のザックを受け取り、知人を探します。

程なく、まーちゃん、そして友人の息子・・・・

「あれ、オヤジは?先に走ってたんと違うの?」

「早々に追い抜かしたから、当分かかると思います。」

とのこと・・・、、オイ、最初の勢いはどうしたオヤジ(笑)

00128
Jrの圧勝でした、ちなみに初出場で16歳、ボクより断然速いタイムでした。

00123
ま、こんなもんよ・・・・
少年探偵団ならぬ、中年山偵団は、来年に向けて頑張る事を誓いました。

ふたりとも第一声は 「ケツ痛てぇ」 でした※

※痛いケツ筋は「大殿筋」、ペダルを下げる(股関節を伸ばす)時に使う。

DSC00134
DSC00136
DSC00142
長ーい下山の列。
終わった心の開放感と、好天で同行者がいれば、待ちも全く気にならないですね。

DSC00145
ゴール地点、レースが行われている「乗鞍エコーライン」は長野側。

00138
岐阜側「乗鞍スカイライン」が見える。
こちらも7月開催でヒルクライムレースがあります。

00146
ゴール地点は取材のカメラが回っています。
レースがまだまだ続いているので、下山は登攀者に配慮し、人数制限と時間差下山を徹底しています。

正面奥は 【駒ケ岳】かな?

00149
おっ、ベローチェジャージ!ラスト!踏め踏め!

00154m
長野側、コースの一部
右奥が南アルプス、一番高いのが北岳
左奥が八ヶ岳

左手前のコースが見えているところが位ヶ原山荘(第2CP)

00156
位ヶ原山荘、空気が澄んでいるからか、選手や役員がはっきり見える

00157
00157t
つづら折れが終わり、位ヶ原を超えた所、少し斜度が楽になるので、ここで飛ばさないと行けないのだけど。

00159
森林限界が始まり、脚が止まり始めるあたりですね。

00162
バックの山並みと、コースの位置から標高の高さが伺える。

00161
00168
中間地点手前のつづら折れ地点、斜度8-10%が続く一番の難所。

00171
大雪渓の前あたり、今年は全く雪がありませんでした。

00178
まだまだ参加者が途切れること無く頑張っています

00180t
ゴール地点が見えているので、上から確認できたところですね。
森林限界も終わって、気温も少し上がってきました。

00186
景色を撮っている間に、同行者は随分下に(^_^;)

のりくら温泉スキー場のリフト支柱が見えます、雪に埋もれココもコースとなります。


無事下山。
大会本部で、完走証をもらって、宿へ。

宿近くに、乗鞍岳(剣ヶ峰)が見える蕎麦畑があり、ちょいと撮影会。

00192
00200
00194

温泉入って、片付け。

帰りはいつもの、高山でカレーを食べて無事すべて終了となりました。

5749

マウンテンサイクリングin乗鞍 2017

レース編
前日スナップ