やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

内灘

内灘サイクルロードレース

13502988_863243910446283_5084454852876967004_o
余裕があって笑っているわけではない
スタートゴールがある側のストレートは、強烈は追い風で
グングンとスピードが乗り、思わずほくそ笑んでしまったと言う訳だ



今年も

6/26【 内灘サイクルロードレース 】

に参加してきました。


3人で [チームTT]
ソロで [個人RTT40歳台]

コースは干拓地での周回路、ド平坦10km/周
チームは2周(20km)
個人は1周(10km)

チームTT、今年は仲間の女子が所用で参戦せず、
歳の割りと近いオヤジ3人となったので全く余裕はない。

ただ、体調不良のメンバがいて、2周目は流すこととなりました。

なので、ちょうど程よいアップになって・・・

と、書きたいところだけど、
トレーニング不足の貧脚に、長めのローテーションですでにプルプル。


この日は、表のストレートが追い風、
裏のストレートが逆風、両サイドが横風。

S__5947534
(チーム名と女子個人TT、ゴール前)

風は例年よりちょい強く、裏表では正味15km/hの差がでる。
表が45km/hで走れる力だと、裏は30kmしかでない感じ。

プラスマイナスで、タイムにはさほど影響しないと言われているのだが、
やはり、裏の向かい風をどう我慢するかがポイントとなる。

チーム戦と違って、全ての風を自身が受け止めなければならない。


30秒ごとのインターバルスタートで、
いよい個人RTTスタート。


まずは3.5kmの追い風区間(2.3km&1.2km)

脚がまだあって、風に乗るとボクの脚でも一旦50km/hに近い速度がでる。
ただ調子に乗ると、徐々に疲労蓄積で速度が落ち、湖北の急カーブを曲がる手前では40km程度まで落ちてしまう。

裏への短いストレートは、左前からの風、
路面が悪いこともあって36-35km/h保つのが精一杯。

さて、裏の逆風区間、、

いきなり35km/hを切ってくる。
必死で33km/hを切らないように頑張るも、徐々に脚に来て
中盤では30km/hを割りそうになる。

13495452_863244373779570_8991185747180071287_o

風の抵抗を減らすのにつけたTTバーだが、
ポジションをきっちり出していなかったので、
向かい風区間でハンドルがふらつく。

写真みてもわかるが、慣れていないのに腕を前に出しすぎて、
肘より先端を低くしたのがまずかった。
腕が固定されているというより、
前に落ちないように掴んでいる感じになっていた。

ま、言い訳です、
TTポジションは圧倒的にドロップバーだけより
風の抵抗が少ないのは確か。

感覚だけど、巡航速度は2km/hは違う。

うちのクラブの熟達者が、TT専用の自転車に始めて乗った時

「これはズルい」

と書いていた。
ポジションも特化しているだけに、TTバーだけよりさらに速度維持が楽なようだ。



さて、話は戻って・・・

裏側の後半は、もう少しと言い聞かせて走る。

ゴールへ向かう最終コーナーまでの区間は、チョイ追い風気味の右からの横風

35-37km/h程度

最終コーナーを曲がるとラスト150mほど

最後の追い風区間、ブラケット下に握り替えて、ダンシングでゴール。


力は出し切れましたが、裏の失速が響いて

ave36.5km/h (^^ゞ

もちろん順位も後ろのほう・・・

同じクラスの優勝者は、みごとチームメイトが取りました、
ave44.8km/h
うーむ、同じ人間とは思えない。


まだまだ、伸びしろがあるということで。。。
来年再チャレンジです。



毎年のことですが、
往復のプチ観光と、宿での一夜は楽しいイベントでした。

往路は、京都東ICから湖西道路を経て敦賀へ、
越前海岸を通り、芦原温泉経由、金津ICから北陸自動車道
金沢西ICを降りて、内灘会場、かほく市の宿

135
マキノ、メタセコイア並木

156
敦賀ヨーロッパ軒本店、、、ソースカツ丼ビルだ

169
うわさ通りのてんこ盛り、大盛りごはんにカツ3枚、、、お腹いっぱい

186
ゆりの里公園(春江)

196
ゆりは開花の盛りを過ぎてましたが、3万本といわれるゆり園は見事でした

192
大阪では終わりかけのあじさいが、見頃となっていました

216

222
越前がにで有名な三国町にある、ジェラート屋【カルナ】
その時期の旬な果物や地元で取れた野菜などを使ったジェラートは絶品でした


232

160625_26_7089
内灘会場に行く前に、パン工房【バビロン】へ
クロワッサンで有名なこのお店、、、、、
実はオーナーがローディーで、内灘TTには欠かさず出走してられます

焼きたてのクロワッサンが食べたくて、焼けるのを待ってたら・・・
レースの前日受付に5分間に合わずでした、、

宿はレース会場の北側の民宿をとりまりた。
238

239
244
245
せっかく能登に来たのでと、欲張りコースを張り込みました


帰路は昼ごはんを食べて、金沢西ICから。

毎度ながら、レースに来てるのか、美味しいものを食べに来ているのかわからない、
楽しい2日間でした。

能登遠征(内灘ロード)

1612[1]

6月の最後の週末は恒例の

【内灘サイクルロードレース】

石川県河北の干拓地で行われるイベントだ。

uchinada
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=db3a29abe2969a4f3c7b99b009c6dc8a

名物は干拓地ならではの長ーい平坦ストレート。

そして、ロードレースもやってるが、タイムトライアルが有名。


土曜の朝、大阪を発って石川県へ。

いつもなら、金沢箔で、近江町市場なんかで昼飯食って、現地で受付と試走。

今年は、宿を会場の北側に取ったので、思い切って能登観光。

9682[1]

9699[1]

9702[1]

1481[1]

IMG_0510[1]

IMG_0514[1]

IMG_0518[1]

あいにくの雨だったが、七尾・和倉をチョイチョイと回って、夕方宿に。

帰りは強い風と雨で、お目当ての千里浜海岸(なぎさドライブウェイ)は閉鎖だった。


IMG_0528[1]
今年は、宿飯。
居酒屋宴の満足度は無いけど、さんざん昼間食ったので、ゆっくり出来てこれはこれでいいかな。





当日・・・・雨。
風も強い。

宿を5:30に発って、会場に6:00入り。

小雨のなか、とりあえずチームで一周試走。


今年は、チームタイムトライアルと、個人タイムトライアルの2種を走る。

コースはド平坦10kmで、チームが2周(20km)、個人が1周(10km)。

1550[1]

9713[1]

最初の種目はチームTT、ボクらのチームは女子混合なので、上手くサポートしながらどこまで伸ばせるかが鍵となる。

一周目に温存しながら、二周目少しづつペースを上げて、ラストは全力を出し切ってスプリントのようにゴール。

唯一の女子のがんばりで、予想以上の結果が残せた。


さて、問題の個人TT。

今年は肩の故障もあって、練習不足の上、腕を前に伸ばすことが出来ないので、TTバーは非装着とした。
まず、言い訳しておこう。

スタートから、長い直線2.5km減速の要らない軽いコーナーを曲がって更に1kmのストレート。

この区間は横風。
スタート直後は、メーターよみで43km/hぐらいまで出るが、徐々に失速。
3.5kmの区間の最期は32-35km/hと言うていたらく。

そこから650mの真逆風の区間。
30km/hを割り込む勢いで速度が出ない。

裏のコースは、横風だが若干のフォロー、35km/hを割らないように耐える。
ここらから、口呼吸し過ぎで血の味がしだす。
情けないなあ。
脚もパンパンになり、重いのは踏めず、軽いのは回せずのジレンマに陥る。

最後の長い直線はゴール前200mのコーナまで1.2km、ここは完全な追い風。

最後の力を振り絞って40km/h下回らないように粘る。

断っておくが、これは全然すごいことではない。
普通の選手は50km/h近く出てるんじゃないかな。

ま、今なりに頑張った。

ラスト200mは、もう踏む力もないので、ダンシングで加速してゴール。

速報では、なんとかアベレージ35km/hを超が救いだけど、ま、ケツから数えたほうが断然早い順位だった。


吉報は同行した女子が、チームタイムトライアルで、準優勝と3位をもぎ取ってきたことだ。

いや、頑張ってたから、ボクらもホンマに嬉しい。

1596[1]

9715[1]

ただ、心折れることも、遅いなりにもペースが垂れること無く、復帰1.5ヶ月では納得が行く結果だった。

ずっと下ハンドル持ってたので、痛めている肩がかなり痛い。
レース中は全く気にならなかったのは、痛くなかったのか、夢中で忘れてたのか、アドレナリンが出てたのか・・・



帰路、もう一度「なぎさドライブウェイ」にチャレンジするも、またもや通行止めだったのは心残り。


金沢で人気の【まいもん寿司】で舌鼓を打って、お腹は満足な遠征は終わりました。

IMG_0538[1]

IMG_0543[1]

IMG_0546[1]


好きでなかったTTレースだったけど、ちょっぴり面白かった。
来年もきっと来るだろうなあ。

例年のごとく、長距離苦手な、ま~ちゃんとボクで、必死の帰路でした。。(^_^;)

IMG_0550[1]

内灘TTT

11g
小雨ふる中、チーム・タイム・トライアル(最終コーナー手前) 撮影:はた様



後先になりましたが、6/22行われた
[内灘サイクルロードレース]
に参加してきました。

ロードレースと名を打ってますが、目玉は干拓地のド平坦で行われる
TT(タイム・トライアル)
勿論、ロードレースも行われますが、一般で走れる数少ないTT目当てで、
高価なTT専用車が、幅を利かせて一種独特の雰囲気があります。

キャプチャ
コースは変形の四角形(五角形?)
最長直線スタートからの2.4kmを含む1周10kmのコース
もちろん、標高差は無い。

TTは個人は1周、チームは2周でタイムのみで争われます。


初心者から上級者・ベテランまで楽しめる上、
基本が直線路で、他人と競いあう事も無いことから、ヒルクライムレースと並び比較的安全なので、仕事柄怪我できない人たちも、割りと安心して参加できる楽しいイベントです。
(※全くトラブルがないわけではありませんが、クリテリウム等の競い合うレースより圧倒的に事故は少ないです)

内灘と聞いも、ピンとこない方も多いと思いますが、実は金沢市街から10kmほど北にある場所なので、食都金沢の観光も兼ねて楽しむことが出来るのも魅力です。



前日、仕事の都合で予定していたチームメンバーとの移動を断念し、まーちゃんに事務所に迎えに来てもらって、少し遅れての出陣。
4

ご夫婦に割り込んでの、楽しい?おじゃま虫行脚となりました。

あまり気にしてなかったのですが、
「せっかく旅行気分の夫婦の邪魔するか!?」
と、後から皆にさんざん怒られました。

お二人様ごめんなさい。
ミラー越しに見える目や、奥様の肩が不機嫌そうに見えるのは
やっぱりそうだったんですね (>ω<ノ)ノ


さて、金沢に到着して、お昼は北陸で有名な回転寿司に。
以前、15年前金沢の人に紹介してもらって、食べに行って感激したお店でしたが・・・
DCIM0852
あれ、こんなんだったかな?!
ちょっと口に合いません、残念でありました。

金沢で回転寿司いかれる方は
無難に 「もりもり寿司」 をお勧めしておきます。


とりあえずお腹を満たして、前日受付で会場へ。

そのまえに、金沢市郊外の内灘の手前にある
【パン工房バビロン】
を忘れてはいけません。

5

名物クロワッサンの焼きたてはサクサクでバターの香りがしてそれはそれは(^q^)

それだけでなく、代表武良さんは、なんと大阪の自転車チームに所属していたそうな!
DCIM0873

そんな御縁で、ま~ちゃんは毎年寄っているのだそうです。
ちなみに内灘ロードも参加されてましたよ。


さて、会場に向かます。

そうそう、内灘のレースコースの中、本部の近くに
【夢みるく館】
ってのが、ありまして、ココのソフトクリームを外すわけにはいきませんね。
ちょっと寄り道。
DCIM0877

うーん、あっさりした口当たりですが、味わい深いですね。
ヨーグルトソフトがなかなか美味でありました。

おっと、先発のチーム員が練習に勤しんでいるところ発見!
悪いことはしてないのに、なぜか後ろめたい気持ちになります。


さて、さて、、、、今度こそ会場に向かいます。

「あああぁぁぁ、参加証忘れた」(^_^;)

寄り道は忘れないのに、肝心なものを忘れてきたようです。
まぁ、よくある話なんで、事情を説明して事なきを得ました。


受付済ませて、とりあえず宿に。

この日は、クラブで決起会という名の前夜祭を、あの近江町市場
【近江町食堂】
で、行いました。
部屋のキャパがあるので、参加者全員と集まれなかったのが残念でしたが、大いに盛り上がりました。

2

翌日は4:30起床なので、後ろ髪を引かれながら金沢の夜をすこしだけ楽しみました。



さて、当日!

なんと雨!(TOT)

ただ午前中に止むとの情報を信じてレース会場に向かいます。

試走はまだ弱雨。
12

本番の順番並んでいるあたりから、降ったり止んだりに、
とくに走行は問題なさそうです。

10

さて本番、雨はほぼ止みましたが、濡れた路面から前者の跳ねが辛い。

チームタイムトライアルでは、トップを筆頭に立て一列編隊で走るため、
全走者のハネがもろに、顔に掛かります。

ずれたらいいじゃ無い、と思うかもしれませんが、
真後ろが断然風のの抵抗がなく、後ろの走者はさらに相乗効果で、風の抵抗がへりますので、そういうわけにもいかないところが辛いです。

一番上の写真は、左コーナー手前で少しバラけた瞬間ですね。

我らのチーム、オーダーは 「とにかくコケないで、全員無事完走」。
ウエットでのコーナーはより慎重にクリアし、無事ゴールできました。

結果はともかく(笑)

親しい仲間と楽しいイベントを過ごさせていただき、クラブ員、とくに同じチーム組んでいただいた方には感謝です。
そして、雨の中会場設置やおスムーズな運営を頂きました、深谷産業の方々にも謝意を申し上げます。
ありがとうございました。


ちょっと夜に用事があったので、午後のロードレースを応援できずに一足先に退散。

帰りは、近江町市場で海鮮丼をたべ、金沢の食も満喫。

いや、今回の食事は良かった!

3

ちょい市場をぶらぶらして、大阪へ。

9

8

76
メシ喰ったところやのに、また何か食べたくなりますね・・・


10年ぶりの内灘でしたが、やっぱり楽しいイベントだなと、改めて感じました。

来年も行くぞ~!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード