やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

ランチ

能登弾丸ツアー(7)雨晴海岸・農園cafe

20161002_2_051
大きな農家をリフォームした、素敵なcafeレストラン
田舎のおばあちゃん家に来たみたいに寛げる、
美味しくて素敵な場所でした



当初予定の、輪島、七尾(和倉温泉)は時間不足でスルー、
なので、誰もが未踏の氷見へ行くこととなりました。

氷見には、【雨晴海岸】と言う、知る人ぞ知る絶景の海岸があります。
雲が晴れたときには、海岸から一気に3000m級の立山連峰が望めるという、
世界でも稀な場所。

期待が高まりますが、雲が出始めてきました。

雨晴海岸から、立山連峰まで直線でおおよそ50km
関西で例えるなら、みさき公園から六甲山山頂を見るようなものです。

 昼食 → 雨晴海岸

の予定を

 雨晴海岸 → 昼食

に入れ替えて、雲が増える前にと急ぎました。

さて!

20161002_2_004

んんん、、、、ちょっと遅かった。

ただ、【剣岳】の先っちょだけは見ることが出来ました。

20161002_2_001

もっともここは冬や春、連峰に雪があるときに見るのが一番で、
こんな↓風景が待っているそうです。
71fc44e2aedf6a13adb211fac24c91e9
富山県観光公式サイト[とやま観光ナビ]より

ここも、リベンジ決定!

さて、ボチボチとお腹も空いてきました。
予約していたcafeランチに急ぎましょう!

稲泉農園 cafe Orchard



果物農園が経営する、古民家cafeのようで、期待できますね。

-----

海岸から、町を抜けて山中への道を登っていきます。

幹線から、逸れて100mほど進むと民家が見えてきました。
IMG_1041IMG_06252
画像[公式HPより]


予約の12:00頃到着したのですが、ボク達が最初のお客さんです。

広い玄関には、能登地方の昔の慣習である、

花嫁のれん
20161002_2_008
がお出迎えです。


大きな農家の大広間をそのまま利用した食事の部屋は、
ゆったりと利用できて、とても寛げます。

欄間や、天板等の作りを、建築家の会長のワンポイントで説明で、
昔のしきたりや、生活様式が伺えて、楽しく待っていることが出来有意義ですね。

20161002_2_010
よく見たら、テーブルは座卓の改良版、椅子はバラバラ、
でも、チープさはまったくなく、贅沢な空間を醸し出しています。

20161002_2_012

食事は、自家栽培した旬の農作物、
「その季節ごとに、一番美味しいもの」
を、出してられるようです。
20161002_2_014

「美味い・・・」
まず、素材自体が美味しい。
そして、手が込んでるけど、薄味で素材を活かす料理もすばらしい。

20161002_2_015
鶏胸肉の自家製燻製したハムのサラダ

20161002_2_019
20161002_2_021
料理の見た目も、盛り付けも美しい

20161002_2_029
20161002_2_027

おランチは、珈琲とデザート付きで¥2,000(税込み)

この内容では、安いと言わざる得ないです。

20161002_2_036
珈琲は、是非にとcafeスペースを使わせてもらいました。

ここも、いいですね。
なにより、心のこもった接客が素晴らしい。

20161002_2_033
デザートは、アケビと天然素材のグミ
珈琲は、こだわりの豆を、Orchard専用の焙煎、
もちろん、素晴らしい味でした。

ゆったりと2時間、心が軽くなる素敵なレストランでした。

大阪近郊なら、予約の取れないお店でしょうね。

20161002_2_039
20161002_2_040
20161002_2_046

大満足でお店を後にしました。

ごちそうさまでした (^人^)


[初日]
能登弾丸ツアー(1)メタセコイア並木
能登弾丸ツアー(2)金沢和菓子つくり体験
能登弾丸ツアー(3)東茶屋街
能登弾丸ツアー(4)金箔貼り体験
能登弾丸ツアー(5)千里浜の夕日・宿へ

[二日目]
能登弾丸ツアー(6)なぎさドライブウェイ
能登弾丸ツアー(7)雨晴海岸・農園cafe
能登弾丸ツアー(8)富山ガラス美術館(end)

えすぽわーる[桜井巻向]

先日、奈良公園からの帰路を遠回りして天理・桜井・明日香経由で帰宅。
途中、お腹空いたので、何時も車がいっぱい止まっている喫茶店に入ってみた。

なんの変哲も無いフツーのサテンだが・・・

IMG_0468

お店の人が来て、日替わりランチの説明、
「《イタリアン》 《ポテトグラタン》 《ホットサンド》 にスープ・サラダ・ドリンクです」
「じゃ、それ。ポテトグラタンで・・・」 あれ?行ってしまった、聞こえたかな?
 ・
 ・
 ・
しばらくしたら、大きなお盆が運ばれてきた。
えっ?選ぶんじゃ無くて全部!?
そう、パンもトーストでなくて、ホットサンドです。
IMG_0471
これに、サラダと珈琲でも足りるかも・・・

ちなみに食後のミルクティーも大盛りだった(笑)。

IMG_0472

ランチ¥700って、標準ドリンク(珈琲・紅茶等)が¥420やから、
あのお盆の食事は¥280ってことですか。

満腹練でもないのに、腹一杯になってしまった。

IMG_0507
 ■えすぽわーる
 ■桜井市巻向野内526-1

<喫茶・軽食>ではない、<喫茶・食> や。

朝は6:30から空いていて、モーニングも充実しているので、覚えておこう。

この後、三輪の【森正】で、名物にゅう麺に突撃のつもりだったが無理~。
(※このあたりは素麺の産地です、森正のお庭で火鉢にあたりながらの煮麺は最高!)
キャプチャ

-----

奈良公園の写真を整理削除してたら、偶然暗がりにバンビちゃんが写ってた。
カワエエなあ。

IMG_0505

篠山ライド 改め 篠山満腹ドライブ


連休最終日唯一の乗車予定は遠征で、
「北摂-篠山ノンビリライド」をPockyさんコーディネートしていただいて楽しみに集合場所へ。

ところが、出発時間前から朝の天気予報を覆す本降りの雨。
その時点で天気予報AM50/PM60%の降雨予報、雷を伴うとのことで、万一を考慮して中止。
レストランの予約があったので、車でドライブとなりました。

予定ルートをクルマでトレースしていただくと、
北摂から篠山は、交通量も少なく斜度もゆるやか、川沿いの森を抜ける良いルートが盛りだくさん。
途中から天候回復したため、悔しい思いをしました。

また機会を作って遠征に行くぞ!

DSC01656
 《喰神ジャージを着て、カフェ巡り・・・ 【sasarai】の囲炉裏端で》

DSC01658
 《2件目、ランチは【futaba cafe】、田園の素敵な一軒家カフェ》

DSC01659
 《一時間半のノンビリ談笑ランチ》

DSC01660
 《こだわりの有機野菜をメインにしたランチは健康的で美味しい》

DSC01663
 《篠山市街を流した後、お茶と和菓子のお店【諏訪園】でティータイム、まんじゅう2ケ摂取》

DSC01670
 《『立ち喰いの里』でなく、丹波『立杭の里』【兵庫陶芸美術館】、新緑の山並みが綺麗》

DSC01664
 《最後は秘境の【和みパン みのりや】、なんでこんなパン屋知ってるの!?》

キャプチャ
 《国道から少し入った山里の一番奥!周りは池と山だけ・・》

DSC01674
 《みやげに買った[和み食パン]、今まで食べた食パンの中でも1・2を争う美味しさ!
小麦の風味・甘みがしっかりあって、トーストするとサクサクで中が少しもっちり、家族にも大好評》

篠山は、コース・見所・舌見処満載で、サイコー!
皆が通うのが分かります。
今度は腹ごなし出来る、実走でお願いします。







DSC01673
 《おまけ・・・、同じデザインでも喰神さまの表情が違うのは訳があった、画像のドットで確認》
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード