やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

トレッキング

冠雪の金剛山へ!

0748

記録的な暖冬で、もう関西には雪ふらねえんじゃないかと心配していたのですが、2月半ばにミニ寒波が来て山手に冠雪の予報。
この時とばかりにta2da隊長の一声で行って参りました今季初の金剛山!



金剛山といえば「大阪府の最高峰」と言われ、ライブカメラ等で有名な国見城跡の広場が山頂と思われてる方も多いのですが、実は奈良県御所市の葛木岳(1,125m/立入禁止区域)が最高地点なんです。
大阪の最高地点(1,053m)はこの山の中腹にひっそりと存在し、三角点は1,112mの湧出岳にあり、これもそれも金剛山で間違いありません。

アプローチは毎度の金剛山登山口から。
登りは黒栂谷からで、山頂で広場や神社から湧出岳(三角点)・展望台・大阪府最高地点とめぐり、帰路はツツジオ谷で二の滝の氷爆をみてもどりました。

【YMAP】でとったログデータはこんな感じです。
IMG_7350
ボクの結果では9.7kmでしたが、皆さんのデータからだいたい12kmぐらいが正解かと思います。



さて、だいたいの経過を写真で追ってみましょう・・・


1050210
駐車場で集合の本日のメンバー
今回は、三田・宝塚から隊長のお友達が参加です。
アルプス登っている本格的な人たちらしいです・・ヤバ

1050219
登山口からしばらくは舗装路を進みます。
このまま行くとツツジオ谷ですが・・・
1050244
当然別ルートからです。急登が続きますねぇ
ま、ta2daルートでは毎度のことですが。

0718
尾根に出ると、雪の量も増えてきました、まだまだ登り。

1050266
「おーいルートがないぞー!!」(実はルートです)
隊長は金剛山の主ですから、、そんなの関係ねぇ!地形見て進みます。
雪の藪こぎ、滑りまくりで登れない(^_^;)

1050297
写真では写ってませんが、下は結構な谷底。
ここで足を踏み外したら「無事だったら、ふりだしに戻る」だそうです。
いや戻らんやろ (・_・;;)


0726
空が広くなってきた、ってことは山頂は近い。

0727
奈良側(葛城・御所方面)を見下ろして・・・

1050316
ここまで登ると、昨日の積雪で一面のさらさら粉雪の世界。

0734
毎度の鳥の餌場、この日は少ない、、やっと来た!ピンぼけだ。。。

0750
お隣の「大和葛城山」の山頂が見えます。ツツジの頃は真っ赤に染まるんだって。

0758
葛城神社を抜けて、

0793
まずは1,112mの湧出岳の三角点、、ここで隊長に動き有り(笑)

0804
そう、ドローン登場!
すごい景色が取れました!!

0830
ケーブル駅近くの展望台。この日の景観は素晴らしい!!
大峰・大普賢岳・八経ヶ岳までくっきり見えます。

このあと「大阪府最高地点」を通過して、山頂売店で腹ごしらえ。

0836
そして金剛山で一番メジャーな[山頂広場]へ。
ここは、楠木正成が築いた「国見城跡」だそうです。
しかし、1,000m超えで、ケーブルが動いてないのにスゴイ人だなあ!

0837
間もなく、、13時、、そう!

0844
30分ごとの、ライブカメラ記念撮影です。
84236509_3539978349410598_6044216177540988928_n
後にWEBサイトで確認したら、バッチリでした~。

結構山頂でウロウロとしてたので、いい時間。
さてさて下山開始。

1050332
登りはなんとかアイゼン無しで行けましたが、下山は必須です。
軽アイゼンを忘れて、本格的な10本爪をつけるアルピニストN氏。

「次行くの冬山に向けてのテストや」と仰ってましたが、、、
山の道具は大は小を兼ねないのが辛いところ。

1050333
所々から、こんどは大阪方面(河内長野・堺方面)が開けて見えます。
「下界の者どもよ~」(笑)

1050383
結構険しい下りが続き、Nさんの本格アイゼンは辛いことに。
1050378
ロープある岩場では爪が災いして滑ります。
0847
激下りが終わったところで、毎年氷爆を楽しむ「二の滝」に到着。
あらら、今年は全面凍結では無く残念。
0854
まあ、凍ってたから良しとしましょう。

あとは、この沢沿いに降りるだけ。
ツツジオ谷コースという金剛山のメジャーなルートらしい(知らんのかい!)
1050395
ただ淡々と、、
1050402
斜度が緩んできたら、ゴールは近い。
1050403
全員無事下山完了!お疲れさまでした!!


案内のta2da兄貴、ご一緒いただきました皆様ありがとうございました。

お初の北摂メンバの方々は、みなさん穏やかな素晴らしい方ばかりでした。
自転車乗りという事なので、機会ありましたらまたご一緒いたしましょう!



今回、登山用に買った靴を初めてまともに使いました。

ふだんはトレッキングシューズで事足りるのですが、荷を背負ってのアルプス山行や、岩ゴロゴロの登山道では、ソールが柔らかいと帰って滑ったり疲れたりするので手に入れたものです。

今回ルートではそこまでの必要は無かったのですが、慣らしという事で試用してみました

超扁平甲高のボクには選べる靴は少なく、日本人向けの
「SIRIO P.F.441」という4E+の広幅のものです。

1050405
前回平地を試しに歩いてみたら、ソールのフィットがいまいちだったので、
SIDAS「3フィート・アクション・ロー」
という、土踏まずのアーチ高が選べるインソールの一番低いのを入れました。
sidas_3feet_action_low_img01_big
歩き初めはあまりにフィットしすぎて全体的に少し痛くなりましたが、徐々に慣れてきて右足は完璧!ただ左がキツイ下り時に親指の爪に当たることがありました。

紐の締め方の工夫や、靴下等でもう少しフィッテングを詰めていけたらと思っています。

初クライム(国見山・水無山・明神平)

DSCF7573

国見山の頂き手前から、水無山・明神平方面を望む。
標高1400m峰をつなぐ尾根道は、暖冬にもかかわらず霧氷が見事。

ちなみに、ジャケットは先日手に入れたばかりの
【ワークマン Find-Out 防湿防寒 Stretchジャケット】
なんと¥2,900(笑)著名アウトドアブランドの1/5だな。


正月明けの連休、スキーのことが多かったが今年は宿が取れず自宅待機。
もっとも、訪日観光のインバウンドが早々に宿を押さえちゃうので、ここ数年ビッグゲレンデのいい宿は全く取れない。

そんなとき、ta2da兄貴から
「連休最終日、気象条件良さそうなので霧氷ツアーやります」
の呼びかけ、予定合ったがなんとか都合つけて駆けつけた。

1050058

メンバは、隊長のta2daさん、ソロで日本の山を登りまくってるpockyさん、山ガール紅一点ヤマちゃん。

コースは、だいたいこんな感じ。
▶「赤ゾレ山、明神平 霧氷はたっぷり、ドローンはやばかった」
(ta2daさんの今回山行記録/ヤマレコ)

当初聞いていた予定は、
 大又林道P ⇔ 明神平
ミョウジン谷を通る最短のメインルートピストンの筈だったのですが・・・

DSCF7496
大又林道終点に車置いて、イキナリの急登。
ここで、メインルートピストンで無いことに気づいたヤマちゃんが
「ちょっとこれ、ルート違うんちゃいます!?」
実はボク、ここは初コースで下調べ全くしてなかったから、このとき良く解ってませんでした。

国見山・水無山を通る尾根コース(ルート図参照)へ向かっていたんです。

植林の急登終わったら「明神平」だと思ったら、、、違った(笑)
DSCF7542
今度は尾根伝いに進みます。
標高は1300~1400mなので、雪こそ少ないですが、霧氷の世界。
風が強く、強烈に寒い。
DSCF7508
低木にも霧氷が育っています。

「樹氷」ともいいますが「霧氷」とどう違うのか?

霧氷(むひょう)…過冷却された霧粒が風で木などに吹き付けられ、その刺激で氷となって付いたものです。木に白い花が咲いたように見えます。エビの尻尾ともいいますね、風上に向かって成長します。

樹氷(じゅひょう)…大気中の水蒸気が樹木や植物の表面に直接昇華するのを樹霜、樹霜を含め過冷却な雲粒が付着して凍結した場合の総称は、樹氷といいます。樹氷は蔵王や八甲田が有名ですが、樹木が完全に覆われて「スノーモンスター」「アイスモンスター」「雪の坊」などと呼ばれる事があります。

なお、樹氷は、霧氷・雨氷・樹霜等をひっくるめた総称との説も。

なので、今回は「霧氷」であって「樹氷」でもあるわけですね。

1050003
尾根を進んで程なく「ハート池」(正式名不明)に到着、休憩。

隊長は早速ドローンを飛ばします。
7546
いとも簡単にテイクオフ!

ホバリング(空中停止)もお手の物で、安定した飛行でなかなか凄い。
ただ、ラジコンしたことある人はわかりますが、コントローラーの操作は、ドローンから見た動きなので、こちらから見たドローンの方向とは違います。

離れていく方向だと、コントローラー通りですが、向かってくる方向だと左右の動きは逆になります。

調子出てきたようなので、上昇!・・・・・

ところが上空、木々の高さを超えたら風が強いようで、どんどん流されていきます。
「ドローンくん、帰ってこーい!」
7550_

見ている方は笑えますが、高価な機材が谷底へ落ちたら大変!
隊長・副隊長は大慌てで追いかけていきました。
無事回収できましたが、なかなか難しい。

一騒動終えて、再び出発。
7561

尾根からの絶景を見ながら「国見山」「水無山」とピークをなめ、開けたところに出ました。

1050062
下に見えるのが、明神平の小屋(天王寺高校 あしび山荘・学校の野外活動用)。

さあ、もう一息!

明神平無事到着!
おおぉ、見事な絶景。
7586

7633

補給して、最短の沢伝いのメインルートで下山しました。

いやあ、こんな近郊?でこれだけの景色が楽しめるとは!
東側の尾根もあるので、もう一度来たいです!

アテンドのta2da隊長、pockyさん・ヤマちゃん、ありがとうございました。

白馬三昧その1、唐松岳登山

20190914唐松岳-158
 唐松岳(2,696m)山頂。ぐるり360°ビュー!!



 敬老の日を含む9月の3連休は、急遽白馬に。

 スキー以外で白馬宿泊は初めてかもしれない。

 経緯は、天神祭のお神輿仲間の方が持っている別荘に招待頂きました。
 お盆の白馬(白馬三山縦走)のとき、ちょうど来られてたので、声かけてもらいお茶をごちそうになり、「また機会あれば」のお言葉が早々に実現。

 別趣味のお友達と来られてたので、宿としての利用だけだったのですが、初日は山では珍しい1日中晴れの予報でもあり、それならばとご同行頂けました。

 4名のオヤジでまずは、八方池を目指します。

kenkyu_map1

 黒菱の無料駐車場から第1ケルンまで上り(リフト2本だけど1本分は歩く)雲海デッキ八方池までのライトトレッキング(往復3時間)予定でした。

 八方池までは快適にトレッキング、時間も体力も余裕があったので「このまま唐松岳まで、いこか~!」と、軽いノリで出発!
 しかし、八方池から往復4時間以上、、、

ちなみに、指標コースタイム( )実際《 》

八方池山荘・第1ケルン【1820m】
 ⇒(90分)《45分》⇒八方池・第3ケルン
  ⇒(150分)《120分》⇒唐松岳頂上山荘
   ⇒(20分)《15分》⇒唐松岳
  →(15分)《15分》→唐松岳頂上山荘
 →(120分)《90分》→第3ケルン
→(60分)《30分》→八方池山荘

八方池山荘…リフトでいける最上地点で、駐車場から20-30分程度。

上り:八方池山荘⇒唐松岳(4時間20分)《3時間》
下り:唐松岳→八方池山荘(3時間15分)《2時間15分》

 コースタイムは普通の人がゆっくり、もしくはテント入れた縦走装備を考慮しているので、水しか持ってないボクらが早いのは当たり前ですが、いいペースで快登。

 ちなみに今回のホストで、マラソンを楽しんでいるT氏のペースは早い早い!山男健脚Pさんが離されてしまう程、なんと1人ならは黒菱パーキングから、唐松岳往復を4時間で行くそうです。
 コースタイムは八方池山荘から8時間弱なので、半分以下のハイペース、、、って走ってるやん!

20190914唐松岳-004
「黒菱ゲレンデ」駐車場はキャパ200台なのですぐに埋まります。
奥には白馬三山が見事にそびえています。
駐車場の標高約1,500m

20190914唐松岳-005
登行リフトの開始を待ちきれず、登ります。
スキーでもキツイけど、歩くとトンデモナイ斜度だな。

20190914唐松岳-009
アルペンクワッドの終点【レストランPilar】八方尾根スキー場の絶景本格レストランです。
標高1,680m

ここには「雲海デッキ」と名付けられた展望所があります。
この日は、雲海が少し上で、一番上のグラートクワッドで雲の上に抜けました。
20190914唐松岳-011
八方尾根スキー場の頂上リフト「グラードクワッド」からの眺め。
リフトは安全上スノーシーズンより、3mほど低いのが残念。

20190914唐松岳-022
八方池小屋(標高1,820m)からは、整備された登攀道を登る。
ここはガレだけど、第2ケルンまでは木道ルートもあって、八方池までは本格登山装備は必要ない。
(トレッキングシューズがおすすめです)
20190914唐松岳-024
整備された道は登りやすく、ぐんぐん標高が上がります。

20190914唐松岳-030
石神井ケルン、標高1,970m

20190914唐松岳-033
第2ケルン、標高2,005m

20190914唐松岳-035
標高2,000mを超えても整備された道が続きます。
歩きやすい、ケーブルとリフトで上り、少し歩けば高山の雰囲気を十二分に味わえます。

20190914唐松岳-037
雲を突き抜け幻想的な風景となります。

20190914唐松岳-051
名勝【八方池】到着
この池、なにが凄いのか?ここからは分かりません。

20190914唐松岳-059
ジャーン!解ります?
白馬連山がシンメトリック、上下対象に写るんです!
初めてでしたが、こんなに上手く写ることは稀なんだとか、ツイてるぜ!
右側の凸凹三連山が白馬三山、左から「白馬鑓ヶ岳」「杓子岳」「白馬岳」
先月縦走したコースなので思い入れがあります。

20190914唐松岳-062
山も人も、写真ひっくり返してもわからないぐらいの不思議な風景。

「ここから先は登山装備が必要です」の看板の先に突入です。
つまりここまでは登山装備なしでも、健脚なら来れる場所なんです。

20190914唐松岳-088【丸山ケルン】標高2,435m

20190914唐松岳-092
この辺りになると、富士山がはっきり見え始めました。
20190914唐松岳-094
方角的には南南東、地図で見ると手前左にかかっている山は八ヶ岳でしょうか?

20190914唐松岳-095
北側に、白馬鑓ヶ岳がそびえます。山頂に沢山の人が見えますね。
ここの直下に鑓温泉小屋があります。

20190914唐松岳-097
どんどん標高を上げていくと、、、
20190914唐松岳-100
森林限界を超えて岩の世界へ。

20190914唐松岳-112
あと一息!

20190914唐松岳-124
唐松岳頂上山荘前から、唐松岳。あと15分ほど。

20190914唐松岳-130
頂上手間で振り替えると、頂上山荘が見えます。

20190914唐松岳-154
【唐松岳】(標高2,696m)山頂から
日本三百名山で、日本で93番めに高い山です。

20190914唐松岳-160
白馬岩岳スキー場

20190914唐松岳-161
頂上山荘下のテント場、奥には剱岳と立山三山。
その頃、ちょうど立山に友達が立っていたとか、見えてたかな(笑)

20190914唐松岳-168
さあ、下山!
どんどん登山客が登ってきます。
渋滞気味ですが、下りはやっぱり楽ちん。

20190914唐松岳-170
なんと!
自転車&スキーのお友達ご夫婦が登ってこられてて、すれ違う偶然!?
来られることは聞いていましたが、八方池までだったのでは!?

やっぱり好天に誘われ、頂きを目指すことにしたそうです。


下山時に足を挫くトラブルもありましたが、深刻なこともなくなんとか全員無事帰着。
いい天気での日帰りピストン登山、最後まで楽しんで終わりました。

心地よい疲れを別荘にて癒やされ、いい一日を終えることが出来ました。


白馬三昧
 ●その1 唐松岳登山《当記事》
 ●その2 白馬村散策

 ●その3 朝の月と、サイクリング

初めての氷瀑 in 金剛山


00911
念願の冬の金剛山で氷瀑を見ることが出来ました!


葛城・金剛と河内に詳しいta2da兄さんに氷瀑(滝が凍ってしまったもの)を見に連れて行ってと、お願いしてはや3年目!

冬場、凍てつく週末にお声がけ頂くのですが、いつも先約あったり、怪我してたりと都合がつかず、先週末にようやく行ってきました大阪の天井、金剛山!


この日は総勢5名。柏原駅で待ち合わせです。

金剛山登山口に駐車し、
目指すは氷瀑(滝)なので、渓谷沿い「ツツジオ谷」コースから登ります。
00838

その週は気温が低い日が続き、スタートから沢は凍り始めていました。
00841
00845
00870

ひたすら沢伝いに登っていきます。
1kmほどで、沢の脇だけでなく、道そのものも凍ってきましたのでアイゼンを付けます。

一面凍りついた緩い渓谷は、氷にアイゼンの爪を突き刺すようにすれば、しっかりと噛み込んでかえって意外と安全に登れたりします。ただ簡易なアイゼンなので油断は禁物。
00874

秘密兵器ゴムチェーンアイゼンと凍った沢。
00875

最初の滝が見えてきました。
流れの形のまま凍りついています。
スキー場でリフトの上からチラと見たことありましたが、目の前にそびえる氷の滝はスゴイ。
初!氷瀑!パチパチパチ!!

一の滝は全面ではなく、まだ下部の真ん中は水の流れが残っています。
それでも美しい!
00886

ここは、西向きの谷間なので日が差さないこともあって、気温が低いようです。
小さな滝ももちろん凍っています。
00901

一の滝から少し上ったところに、目当ての二の滝が見えてきました。
見えている部分だけで10mは超え、更に上部もしばらく氷の川となっています。
晴れていたら、氷が青く輝くのだそうでうす。

人がいないように見えますが、実は写真撮り待ち渋滞してたりします(笑)
00908

氷瀑区間をすぎると、急峻なルートを登り、
前回の登坂では、このあたりで滑落事故が起きていたそうです。
00925

急なルートをクリアすると今度は凍った沢を通る道?で山頂近くまで登ります。

金剛山へ登るルートは多岐に張り巡り分岐しています。
地図にはあまり載っていない道も多いらしいですが、人気ある山なのでどのルートもしっかりと踏み跡があります。(過疎なルートもあるとか・・・)

凍った川の上を歩いて行くなんて、なかなか経験出来ないことなので、楽しい楽しい。
アイゼンでザクザク歩くのも癖になりそうです。
00952

程なく山頂!約2時間の登坂でした。
曇天の割に視界は開けてますが、天気予報はこれから雪ないし雨の予報。
00984

山頂広場で一服したら、お楽しみのエリアをパスして早々に下山となりました。

しかし、山頂は人でごった返してますなぁ。
人気の金剛山、みんな雪をまってこの日に一斉に来たようですね。
00993
下りは「タカハタ道」。
最後に「ツツジオ谷」へ合流するルートです。

01007

尾根道で植林の杉林の中を下っていきます。
01015

下りは早い速い!
01045

一気に崖のような道を下ると、こんどは谷道となり「ツツジオ谷」に向い合流。
01052
01064

小さな谷川の中には、何やら不思議な氷柱が。
川に飛び出た植物の根っこに掛かった水しぶきが凍ったようです。
01066

無事下山、ちょうど雨がポツリポツリ。
前行程4時間半かからず、景色の変化もあり、目的の氷瀑も見事で大満足のトレッキング(ハイキング?)となりました。
01068

山頂の小屋で摂るはずの昼食を、下山してからゆっくりとレストランで話し弾んで頂き、楽しい1日が終わりました、、、、って15時には解散でしたが。

近場でルートの多い楽しい山で、また違うルートや、違う季節にも楽しんでみたいですね。

案内・送迎とお世話になりました、ta2da兄さん、ご同行頂きました皆様には感謝です。
ありがとうございました。

(追記)
凍った滝のことを「氷瀑」といいますが、
てっきり爆発したような滝かとおもってて
「氷爆」
と勘違いしてました。
「瀑」の字だけで「滝」を意味するんですね。
大きな滝をよく「瀑布」って書いてますが、こちらも爆発しているような水の流れで「爆布」かと思っていました。てっきり「ナイアガラ爆布」だと(笑)

ご指摘ありがとうございました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード