やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

デジイチ

最小デジイチKISS+EF-S24mmF2.8STM

DSCF1280
 レフレックスカメラでは最小のEOS KISS X7に
 CANON純正では一番に小さなES-S24mmF2.8STMの組み合わせ
 小型ミラーレス並のサイズ


レンズ買い換えの第2弾

ドライボックス整理で、
SIGMA 15-30mmDG
という、フルサイズ用の超広角ズームがでてきた。

いっとき、広角に凝っていた時に中古で購入したレンズだ。
後に、12-24mmという更なる超広角レンズを入手したので、以降全く使っていない。

迷わず下取りに出して、
APS-C専用のCANON EF-S24mmF2.8STM
を購入、追金は¥3,000ですんだ。

EOS KISSはストロボも内蔵してるので、これだけで
普段持ち歩いても特に負担にならない超小型のデジイチシステムとなる。

IMG_0377

フルサイズ換算で、38mm相当となる、チョイ広めの標準レンズ。

F2.8なので単焦点なので、当然画質はキットのズームよりは断然いい。
解像度もスナップには問題ないし、ボケも素直で端部の色にじみも少ない。
開放で明るい描写をすると、周辺の光量はそれなりに落ちるが、
雰囲気があるので、問題無いです。

IMG_0400

マクロレンズでもないが、最短撮影距離16cm・倍率0.27(フルサイズ感覚だと0.43倍相当)
になるため、かなりの万能レンズ。

IMG_0453
 トリミング(切り出し)すると、簡易マクロとしても使えます。

 ちょい樽型の歪みがあるが、
 建物を正面から移さないかぎり問題ない程度。
IMG_0395

KISS+EF-S24mm、ボクの超おすすめ組み合わせ。
画角も使いやすいし、寄れるし、なにより単焦点の楽しさを味わえる。


安価で小さくてお気軽なんで、初心者向きかと思うなかれ、
検索してもわかるが、意外とベテランユーザーが多い。

もちろん、初心者も十分楽しめると思います。

これで、普段持ち歩きのFUJI XQ2の出番がへるかもしれないなあ。

廉価レンズ、ええやん!

DSCF1283
 愛用のCANONのデジイチ、EOS KISS X7、EOS 6Dそれぞれ最廉価のレンズチョイス

脚を痛めて、呑みに行けず、遊びに行けずなので、
久々に、カメラのドライボックスを整理。

まったく使っていないレンズ2本

 フルサイズの超広角ズーム
 SIGMA 15-30mmF3.4-4.5DG

 CANON初のパンケーキ
 EF40mmF2.8STM

があったので、下取りに出して最新のCANONの廉価レンズ2本を手に入れた。

 EF-S24mmF2.8STM

 EF50mmF1.8STM

DSCF1276

 両方共、小型軽量の単焦点で、レフ式デジイチで最小のX7・6Dとセットで
 小型のAPS-Cとフルサイズのセットが出来た。

最近はすっかり単焦点の描写にハマってるので、できるだ鞄にしのばせておきたい。

腕はまだまだだけど、楽しみです。


レポは近日。

デジカメ考(1)、なぜデカイカメラやねん?

DSC02260
■■■ LUMIX DMC-G3(フォーサーズ) と EOS 5D2(フルサイズ) ■■■

休日早朝ライドは、追い込んだ練習だけでなく、夜明けの風景撮影も楽しみのひとつ。
誰もいない奈良公園や、朝陽が映る飛鳥棚田、葛城の澄んだ山岳景色
チャリ練だけが楽しめる風景も少なくない。

“追い込んだ練習”?、“山岳”?、ハイハイ小さな事に疑問を持たずに読み飛ばしてんか。


通常チャリ乗るとき、防水コンデジか、普通のコンデジをジプロックに入れてバックポケットに入れていく。
撮影メインの時は、気合いをいれてデジイチをお供に連れて行く。

愛機のEOSは、フルサイズセンサーならではの被写体を浮かせた写真が取れるのだが、
いかんせん、ちょーデカくて重い(1.5kg超)。
「あんたの体重からしたら、ドウって事とないやん」 ・・・それは、別問題。

かと言って、夜明けの素晴らしい景色をコンデジや携帯カメラでは惜しい!
「そこはあんた、写真は腕なんよ!」 宣う人は、アッチ行けシッシッ!

腕を機材で補うのが、ちゅーねん趣味の醍醐味つーもんやんか!
若者は腕と足で補いなさい!自転車も!


さて、
「大きくプリントするわけでもないのに、なぜ大きなカメラが要んねん?」
「いまのコンデジ1200~2000万画素もあるので十分やろ?」

と言う疑問もあるだろうが、デジカメは昔のフイルムに当たる受光部(センサー)のサイズが色々あって、それが出てくる 「絵」 に差になるんや。

sencer

【フルサイズ】センサー(昔の35mmフィルムのサイズ)は、
一般的な【コンデジ】センサーの30倍以上の大きさがある。

1000万画素のコンデジと2000万画素のフルサイズなら、単純にひとつの画像素子の大きさが15倍以上フルサイズがデカイので、それだけ余裕ある設計・製造であり、大きいので多くの光を集めらるのが写りに影響がでる。

人物画像なんかで、背景がボケて浮き出たようになっているカッコイイのは残念ながら、コンデジや携帯では難しいと言うより物理的に無理なのだ。
ボケは望遠レンズ(焦点距離が長いレンズ)程有利と言う覆せない大原則があんねん。

コンパクトデジカメの焦点距離は、35mmでいったら1/6程度にしかならない。
ボクの持ってる、SONY DSC-WX10だと、4.28-30mm(35mm換算 24-168mm)とある。
“絵” としてはフルサイズ168mm同等の30mmですら、実はフルサイズでは《広角レンズ》と呼ばれる焦点距離なので、ボケとはあまり無縁な焦点距離となんや。
極端な近撮(マクロ)だとボケるが・・・

さらに極小センサーの携帯やスマートホンカメラは、推して知るべしなのだ。
(それでも、携帯の名人芸、めっちゃ上手い人知っているが…)
091110-c
 《携帯のセンサー》


だから、重くてもデカイのを持って行きたいのだが、重いのも当然負担だし、
大きいので、2本目の交換レンズなんてとても持って行けない。

そこで妥協策として、ミラーレス(フォーサーズ)のLUMIXが登場なのだ!!!

「またか」、「あほか」、「懲りんのう」、とヤジが聞こえてきます。
ま、お褒めと受け取って、インプレはそのうち。

ついに公式発表 (5D MarkⅢ)

key-visual

ついに発表になりました。
CANON(日本) EOS 5D MarkⅢ公式ページ

最終リーク情報とほぼ同じ。

  • 35mmフルサイズ 約2230万画素CMOSセンサー
  • 常用ISO感度100~25600 拡張ISO感度H1:51200 H2:102400
  • 最高約6コマ/秒の高速連続撮影。静音連続撮影も可能
  • 61点高密度レティクルAF
  • 新開発・映像エンジンDIGIC 5+
  • 多重露出撮影機能・ハイダイナミックレンジモード
  • 視野率約100% 高倍率ファインダー
  • ワイド3.2型 約104万ドットクリアビュー液晶II
  • デュアルアクシス電子水準器
  • CF/SDデュアルカードスロット対応

  • 海外発表での希望小売価格が、3499ドル(約28万円)。(国内はオープン)
    追記:国内販売は【カメラのキタムラ】の予約価格が、
     ボディ¥322,200 ボディ+24-105F4Lセット¥412,200 (3/5現在)
     ほぼ現行機(MarkⅡ)の倍価格、チョット高いが販売後半年もしたら落ち着くでしょうね。 

    現行機は10万のレンズがついたセットが実売22万だからモデル末期のお買い得になってます。
    (実際かなり売れているらしいし、しばらく併売との噂も)

    従来モデル使用者として
    6コマ/秒、水平機、デュアルスロット (従来:3.9コマ・水平機なし・CFシングル)
    は羨ましいが、
    通常使用では特に困らないし、出てくる“絵”の大きな違いはないだろうから
    正直ホットしました。
    61点AFと6コマ/秒で、1走必撮の運動会は良いだろうな・・・


    わかりやすく自転車で例えると、、

    フレーム(カメラ本体)は性能に大きく関わるけど、
    ホイル(レンズ)を良いのにした方がずっと効果が大きい。
    ママチャリ(コンパクトデジカメ)・クロス車(APS-C)をロード(フルサイズ)に替えたときは
    そりゃビックリしてけどね!

    てな感じかな?!

    5DMarkⅢ

    5dmarkiii2
     (http://www.canonrumors.com/2012/02/more-5d-mark-iii-images/)

    いよいよ新型が出るようです。
    MarkⅡ所有者としては複雑な心境やね。

    公式発表は3月初旬との噂で、スペックも噂では連射機能やフォーカスがずいぶんと改善されているよう。

    もちろん現行品でも、猫に小判?、馬の耳に念仏??、犬に論語???、やっぱり豚に真珠!
    使いこなせてはいませんが、奈良の春の絵を下手なりに楽しませてもらいます。

    ただ、デカイフルサイズ機を簡易にチャリで持ち運べる気に入ったバックが未だ見つかって無いんやな。


    「で、おまえの写真コンデジで撮ったのとどう違うの?」
    と、言われると辛いんやけど、カメラなんて、自己満の世界やからご勘弁ね。

    寒さが続いてるけど、通勤時に通る “垂れ”  の蕾、膨らんできています。
    桜街道を走れる日もすぐそこまで来とりまんな!

    DSC00886
     四天王寺にて SONY Cyber-shot DSC-WX10
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    最新コメント
    記事検索
    livedoor プロフィール
    QRコード
    QRコード