DSC03104
ジテツウ前にTVをつけたら、いきなり陸上200m決勝、ジャマイカのワン・ツー・スリー
すぐに、女子サッカーに変えたら2-0で劣勢も、いきなり怒涛の攻めから大儀見のシュートシーン。

しかし、よくパスが回せているのに感心、パスも上手いが、
トラッピング(ボールを受け捌き、次の動作に備える技術)が素晴らしい。

ボクが現役(一応サッカー部だった)の頃は、仲間から
“10mトラップ” “ゴール前でトラップしたらシュートやな”
とヤジられたほど、ボールさばきが下手だった。
オマケにオウンゴール王だったのだから酷い話しである。

話が逸れたが、
いきなり、ダイジェストを見たようなLIVE映像に興奮し、後ろ髪惹かれるも出勤。



久しぶりのジテツウ。

乗鞍まで後2週間なのに、思ったように走れないのが解ったので、
少しでもプラスに成るように峠越えにする。

いままで、頑張るときはタイムを意識してとにかく耐える登攀だったが、
今日は、インターバルトレーニング風に、
 「あの電柱まで!」
 「この坂を登り切るまで!」
と、50-150m程度の短い登攀を全力でのぼり、
心拍が落ちつくまで流すの繰り返しを行う!!

・・・と、いっても5本も繰り返したら
いきなり胸突き八丁、青色吐息。

峠後半は、いつも以上にだらけた走りになってしまい、逆効果か・・・

しかし、平坦地に入っても、まだ脚や心拍が落ち着かない。
全域をガンバルより、短時間高負荷の方が効果があるのかも知れない。

次はジテツウでも心拍計をつけて見よう。