猫のゴルゴがいる通りを久々に通勤で通った。

実際は「はなちゃん」と呼ばれている、半ノラなのだが、やたら目付きが悪く何時も通るたびに背すじが冷たくなるような視線を浴びせてくる。

彼(実は彼女)は、いつも何箇所かお気に入りの場所があり、人が通ろうがいつも「ナンや(*`д´)」と睨みどっしりと座っている。

あれ、今日はいつもの場所に黒のノラが居座ってる。09968

ここは俺の場所とばかりに、どっしりと、そして睨みつけてくる。

怖い、ゴルゴは目つき悪いが、なにかしら憎めないところがあるのだが、こいつは真のコロシヤかも知れない。
09963
修羅をくぐり抜けてきた風貌と目つきだ。
ちょっと怖くなる。
「ボーン・ザ・ブラック」と名付けよう。

【ボーン】のクールな殺し屋ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)からだ。
650_1200


ゴルゴを探すと、、、、いた
DSC09966
ゴミ箱の影の、排水口に身を潜め、目を合わさない。

世代交代か・・・・
いつも他の猫を蹴散らす面影はない。

寂しいなぁ。
まだ、隠居は早いゼ!

お互いがんばろうや。

コテンパンにやられたのかな(´;ω;`)


この春のゴルゴ
いつも至近距離から睨みつけてくるが、なにかしら愛すべきキャラで好きだった。
17952753_1348456295233745_3650452984323385598_n
リベンジを果たすのか、そのまま身を引くのか・・・・