やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

京都

行楽弁当エンデューロ

20130929_37424
 この下は右(画面左奥側)へのスイッチバックコーナー
 どうも皆のライン(黒く削れている所)と違うな・・・?



かの “846Project” のMTBの大会に参加してきた。
梅田のま~ちゃん店長のことではない、そっちは“884”
846と書いて、八代と読む。本文と全く関係ないが。

さて、イベント正規名称は
「TOPEAK ゆぶね 行楽弁当 エンデューロ」

なんともユルい大会名である。
それで騙されたのだから、ボクはもっとユルいのである (ToT)

“ゆぶね” とは、会場である京都和束町湯船にある「湯船森林公園」からとったわけで、温泉に浸かってノンビリ弁当を食べる大会ではなかった (ToT)
もっとも、風呂に入って弁当を4時間かけて食べ続ける大会は遠慮したい。

メンバーを聞いた時に推して知るべしだったのだが後の祭り。
先日、あの[SDA王滝100km]年代別王者、
まつけん&シャドマン(漫才コンビではない)がソロ出場。

チームエンデューロで一緒に組むのが、
炎の自転車フォトグラファー、ロバートこと、くらnさん。
元業界人でトライアスリートのKMDさん・・・
シルベストの重鎮たちズラリだったのだ (ToT)

レースは4時間のエンデューロ(耐久レース)。
コースは、舗装路で1.4km、オフロードが1.7km。

舗装路をひたすら上り、さらにオフロードを登り、尾根を走った後一気に下る。

よく整備された走りやすいコースなのだが、ソレが曲者で前がつっかえていなければ、登りも下りもすべて乗車できてしまうんで、休む場所がないのが辛い。

川を挟んだコース対面にピットを設け、観戦しながら備える。

1411

大会本部からマッタリとした音楽が流れ、木陰で椅子に座れば、まあ快適!
そんな極楽基地をソロの2人は当然知らない、気の毒に・・・

こちらは3人で回してるので、1回走ると30分の休憩がある。

img_9748
 ゴリラの真似ではない、、調子いい時の顔やね、これで・・・
 (※釈迦力日記より拝借)

1423

1422

1421

0255

20130929_37714

結果は、王滝チャンプ二人が男子ソロの、優勝と3位!

1431

表彰の2人は、口をそろえて 「王滝100kmよりえらかった~!」って

1433

しかし、サスガだね!
 ・
 ・

で、ボクらは総合で22位(完走88チーム)、クラス12位(完走39チーム)。
13周回して、ボクが最終走者で唯一5周回なのだ、( ̄^ ̄)エッヘン!

ちなみに、タイムは4時間3秒、あとひと踏みでもう一周できたのだが、
チームから 「とらちちさん最終走者ネ!」 [早く走るな]のチームオーダーを頂いていたので、巧みな時間調整で見事、全出走チームで、一番のチェッカーフラッグを受けたのだ!

ゆぶねMTB089
 (Photo by kuraN)

タイム締め切3秒後のゴール!

ホントは、周回後半にギリギリ時間クリアできるかどうかと分かったので、「なんとか、もう一人走らしたんねん」と、全開走行したのだったが惜しかった。

※もっとも、間に合ってもチームメンバーは誰も出走準備してなかったので、ボクがもう一周走らねばならないところだったが (-_-;)

とにかく、怪我もなく無事終了。
久々のMTBは、いやはややっぱり面白い。

1441

ラ・テール・ドール

IMG_0886


選挙を済ませた日曜、午後から夕方までフリー、最近の休日では珍しい。
出かけたヨメハンの替わりに、子どもの昼飯を作り置きして昼前に出撃。

今日は100km走るぞと意気込んで、目的無く北へ向かう。

IMG_0845
奈良では有名なおかきの工場横を通る。
独自の製法でサクサク軽くて美味しい人気のせんべい屋。
直販もしているので、覗いてみたがお店では無く、事務所の受付で販売しているのだった。
季節限定「三温糖サラダ¥500」にかなり心揺れたが、
せんべいもって走る訳にも行かないので、退散。

さて、昼飯どうしようか?
ほっこりと寒さ緩んだ日だったので、久々に外でパンでもと、以前チェックしておいた
けいはんなの 【ラ・テール・ドール】 にナビを合わせると、ものの15分で到着。

IMG_0848

こじんまりとした店内には、かなりの種類と量のパンが並んでいる。
ハード系、デニッシュ系が多い。サンドイッチ類も10種ぐらい並ぶ。
おぉぉ、コレは久々に大当たりだ!
ベーカリー通いしている人は、食べる前に分かるよね。

けいはんなの町並みは、都会でも郊外の住宅街とも違う雰囲気。
広々とした大通りは、レースのコースにも使われています。

IMG_0866


大通りにはゆったりと大企業の研究所が並んでいる。
ある敷地の一角に通りを見下ろせる手頃なベンチが見つかったのでランチタイム。

IMG_0891
予想違わず!ほおばるとひとりなのに、笑みがこぼれる。
これは、五條の【ヤムヤム】以来の感激。

ひとつ写っていないが、実は4ヶ喰った。全部美味かった。腹一杯。眠い。

信楽の方向に走らせる予定だったが、木津からR24を南下してしまった。
IMG_0906

結局、田原本でハクション大魔王を拝んで帰宅。
意志が弱いなあ。70km。

建仁寺

DSC01128

 「雷神」 訪問歓待 「喰神」


秋の好日、京都まで150km。

シルベストで150kmはミドルと言うらしいが、
変態集団は別として一般的には誰がなんと言おうとロングラン!

みぃ~ちゃんと王寺で待ち合わせして、富雄川-木津川-桂川ルートで嵐山を目指す。

DSC01103
京都に入って程なく木津嵐山自転車道に。
しばらくは支流の接合部がいくつかあって、自転車道が分かりにくい。

絶好の日和とあって、自転車の多いこと。
シルベストジャージともすれ違う、、、誰だったんだろ?
(帰りも遭遇、手を振って頂きました)

DSC01109
八幡の通称「流れ橋」こと、上津屋橋(こうづやばし)は、先日の大水で無残な姿。
壊れているわけでなく、大水のときに橋脚と橋桁が分離して橋脚が壊れないように作ってある。
ある意味、想定内の姿と言うこと。

DSC01117
嵐山「渡月橋」に到着、9:30にもかかわらず早くも観光客が大勢歩いている。
自宅から75km、3時間弱。(みぃ~ちゃんは、100km4h)

みぃ~ちゃんの自転車が調子悪くなったので、シルベスト京都店へ行く事に。
11:00開店まで、時間があるので祇園の「建仁寺」へ。

DSC01141
そう、【喰神】のモデル、俵屋宗達の風神雷神に会いに行ってきた。
(本物は京都国立博物館に収蔵)

ココでこのジャージで入るのは少々照れくさいが、以外とみんな気づかない。
サスガに売店のおばちゃんにはばれたので、
「コレハ雷神デハナク喰神ナノヨ」 と説明しておいた。
「へーコレは外国製ですか?」と聞いてきたと言うことは、海外ではこんなシャツ売っているのか?

ここ建仁寺は有名な禅寺でもあるが、美術の寺で、「風神雷神図屏風」以外に、
「龍雲図」、「竹林七賢図」(いずれも複製)、法堂の「双龍図」や「○△□乃庭」等を見ることが出来る。
DSC01132

シルベスト京都店開店を待って、みぃ~ちゃんの自転車を修理。
DSC01146

ギア滑りを起こしていたのだが、調べるとチェーンが前代未聞の伸び。
「う~ん、軽く1万kmは変えてない・・・」と、そりゃあ。
アウターギアもすり減りが酷いらしいが、デュラのアウターは高価、
手持ち足りずとりあえずチェーンのみ交換。

そこでとあることが発覚。
み:「デュラのコンパクトギアアウターなんてある?」
店:「7900の50Tか・・・・ん?これ52T、ノーマルクランクですよ!!」
み:「えっ、ずっとコンパクトやと!カセットも27カッコワルイから12-25に変えたんや」
一同:「漢前ですね~(笑)」

いやはや、乗鞍HCもGF吉野も39-25で登ってたんだ!ヤリマスナ~!
(39-25は、34-21に匹敵します)

やはり、涙形に減ったアウターは滑り、インナー固定で帰路につく様です。

とりあえず、お昼なので中山店長オススメの「おばんざい」バイキングのお店に。

DSC01148

DSC01152

DSC01157
かなり、素材にこだわりのあるお店。
和食なんで、胃もたれもせず、おじさん達には丁度良い。
もちろん、薄味で美味しい!

松富や壽 いちえ
■京都市中京区柳馬場通三条下る槌屋町87
■11:30~14:20 17:30~20:30 火休


午後イチに京都市街鴨川沿いを南下し木津川自転車道へ。
みぃ~ちゃんは御幸橋から淀川サイクリングロード、
ボクはそのまま木津川沿いでそれぞれ帰宅の途に付きました。


(後記)
途中、ヨメからメールで
「子ども達にお土産ヨロシク」とのこと。
まあ、1日中遊んでいたからしゃーないが、
サスガに京都からブラケットブラブラは辛いので、大和郡山で調達。

DSC01161

美味そうな秋のケーキが揃っているが、チャリなのでバームクーヘンを購入。
ここのはユーハイムみたいにしっかり堅めでも、クラブハリエみたいにふわふわでも無く、
珍しい「シットリ系」、カステラで言えば「福砂屋」が近いかも。
お気に入りの一品です。

DSC01163
はぁ~と
■大和郡山市九条平野町3-31(近鉄九条駅前)
■9:00~20:00 (喫茶は~17:30)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード