やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

チャリ雑感

ローラーか、実走か!?

IMG_1139IMG_1140

久しぶりの実走、7月は200kmも走れていない。


最近は主にローラー台の活躍。
1~1.5時間程度でも、(自己)満足出来る練習になる。

今回、当たり前のようにアウトドアでの走行練習したときに、感じたこと。


「脚休めてる時間が多いな・・・」

「頑張って、走ってるつもりだったけど、登坂でも高負荷の時間知れてる・・・」


そう、単独錬が多いので頑張ってるつもりでも、
サボっている時間が長いことがわかった。

ローラ台だと1時間で、脚がパンパン・ピクピクなのに
外を走ると4時間5時間普通に走れちゃうわけだから、そりゃそうか。

平地では、つい脚を休めちゃうので、乗鞍に向けての練習は近所の峠の登坂錬ばかりしていた。
それでも、ローラーほどの効率はない。

4時間だらだら走るんだったら、1時間きっちりローラーしたほうがいい!
間違いない。練習効率だけ考えたらね。
絶対強くなる。


でもね、

森や土の匂いを感じて、せせらぎのと鳥の声を聞く。

かいた汗が風景の中に溶けていき、

空腹に耐えて、行き着く土地の名産を食す。


いい季節になったら、本来の楽しみに戻ろう。

奈良にはそんな場所がたくさんあるからさ。

友と走ろう、笑いながらね。

大寒×13=?

鬼門だった、正月を越してからジテツウ、今年はかろうじてクリアかな?

さらに続けられるよう、一番寒いこの時期に十三峠ジテツウを決行。
“大寒”に峠越できたら、もう怖いものはない・・・ハズ。

----------

まずはハードルの低い、帰路から。
身体も動くし、気温も朝ほど低くない。

夜景も嬉しいね。
IMG_3133
3分の1ほど登った所、近景が美しい。あべのハルカスが見えています

IMG_3143
ほぼ頂きの府民の森入り口の遠景。樹木が邪魔をしないので広がり有る絶景

----------

気合入れて、朝の往路(奈良平群→大阪八尾)も行ってみる。
凍結が気になるので、天気予報を見て気温を確認しての決行。

ところが、前夜の予報から2℃下がって、王寺-1℃!(事後確認)
ということは、峠は-3~4℃か?、寒みぃ~というより痛い(ToT)

登りはまだ良かったのだが、峠からの4km下りが辛かった。
IMG_18
広域農道を超えた辺りから凍結が始まり、昨夜に雪も降ったようだ。


よし、これで冬でもジテツウ出来る自信がついた ・・・かな?

でも、これ以上寒かったらどうする!?

凍結路を下るのは自殺行為、危険ですね。
25号線使うか、中止にします!これは譲れません(^_^;)

言い訳ちゃうよ~!!!??

近況

IMG_0858

今年春より職場の体制が変わり、てんてこ舞い。
Facebookには写真&メモの近況をUPしていたが、仕事の合間(笑)に書いていた当日記の更新も当然滞り気味になってます。

懸案の決算処理も2ヶ月遅れで、ようやく一段落~!
今季は溜めないようにしなくては(;^ω^)

十三峠をジテツウのメインコースにして4ヶ月目、まだなんとか続けています。


記録としてはココに書いておかないと、、、と思っても忘れたので
手元に残ってた写真だけちょこちょこっと・・・


IMG_0581


IMG_0642

IMG_1963

IMG_1891

IMG_2031

1383144_536673803078669_439698151_n

1380285_536673676412015_920133117_n

1381404_539866752759374_2130120380_n

1378776_545090958903620_345644889_n

934030_537711569641559_1976785619_n

目標達成

今年走り始めの3月から付け始めた走行距離記録が、
一応目標の6000kmに到達。

友人たちの半分程度で、まったく無理のない目標値だったのに、ギリギリでの達成。

今年は、地域役員や家庭の用事が多く、土日全日ランと言うのが少なかったので、ほとんどが100km以下の積み重ねになった。
ほぼ、ジテツウやね・・・・

グラフの30km前後が片道ジテツウ、60km前後が往復ジテツウか、土日の早朝ラン。

来年は、もう少しロングを増やしたい。
(※所属クラブではロングというと200km以上だが、ボクは120km以上はロングとしてます)


チャロッグ
(チャレンジャーをサポートし、チャレンジャー同士の交流を深めるためのコミュニティ、SNS)
にてつけていたグラフ。

やはり、記録をつけるということはモチベーションにもつながるので大事です。

-----
キャプチャ

バッテリー

CIMG2703
■ 踵があると、なんて歩きやすいんや!素晴らしい・・・(笑) ■

さてさて、ジテツウシューズを立て続けにぶっ壊し(寿命)、新しいシューズを下ろした。
なんてシッカリしているんだ!と関心しきり。
ボロシューズは、相当ヤレてたんだと再認識した。


閑話休題

先般記載のライトのバッテリーは紆余曲折したが、無事入手できた。
これで、安心して使いきることができる。

このバッテリーの持ちは、取説では
4712805860128_5

実使用、実用照度を保つのはジテツウ2往復半。
片道1時間15分として、7時間程度。
しかし、信号待ちや、朝の明るくなってからの消灯が含まれるので、実質5時間強というところか。

通常(フルパワー)時は青いランプ
1

1/2パワーになると、ピンクランプになる
これでも十分な照度、1時間弱で下のレッドランプに
2

ローパワーになると、レッドランプ
ここまで来ると、前照灯ではなくポジションランプ的になる
それでも通常のLEDライト程度は光っている
3

明るさの変化は、ある程度までは実用照度を保ち、
バッテリー容量が減ると急激に電圧(照度)が落ちる感じ。

ギリギリまで使えるが、やはり予備あったほうが安心な特性。


予備バッテリーは、カバンに放り込んでいたが、
たいした重さでないのでフレームに付けておくことにした。
交換(つなぎ替え)も、これなら簡単。

4

見てくれは良くないな・・・
トップチューブ側の固定バンドには、ナビの電源ケーブルを挟んである。

USB電源としても使えるので、携帯もナビも途中充電できる。
ガーミンのサイコン、よく充電忘れて使えないが、これで安心。

P1020271
ナビ充電中

このバッテリーがあれば、ナビを見にくいスタミナモード(バックライトが一定時間で自動消灯)でなく、ノーマルモード(常時バックライト点灯)で使えるのは大きな利点。

TTよりインターバル?

DSC03104
ジテツウ前にTVをつけたら、いきなり陸上200m決勝、ジャマイカのワン・ツー・スリー
すぐに、女子サッカーに変えたら2-0で劣勢も、いきなり怒涛の攻めから大儀見のシュートシーン。

しかし、よくパスが回せているのに感心、パスも上手いが、
トラッピング(ボールを受け捌き、次の動作に備える技術)が素晴らしい。

ボクが現役(一応サッカー部だった)の頃は、仲間から
“10mトラップ” “ゴール前でトラップしたらシュートやな”
とヤジられたほど、ボールさばきが下手だった。
オマケにオウンゴール王だったのだから酷い話しである。

話が逸れたが、
いきなり、ダイジェストを見たようなLIVE映像に興奮し、後ろ髪惹かれるも出勤。



久しぶりのジテツウ。

乗鞍まで後2週間なのに、思ったように走れないのが解ったので、
少しでもプラスに成るように峠越えにする。

いままで、頑張るときはタイムを意識してとにかく耐える登攀だったが、
今日は、インターバルトレーニング風に、
 「あの電柱まで!」
 「この坂を登り切るまで!」
と、50-150m程度の短い登攀を全力でのぼり、
心拍が落ちつくまで流すの繰り返しを行う!!

・・・と、いっても5本も繰り返したら
いきなり胸突き八丁、青色吐息。

峠後半は、いつも以上にだらけた走りになってしまい、逆効果か・・・

しかし、平坦地に入っても、まだ脚や心拍が落ち着かない。
全域をガンバルより、短時間高負荷の方が効果があるのかも知れない。

次はジテツウでも心拍計をつけて見よう。

気分良がいい朝

DSC02298
 ■■■ 大和川 / 三郷町・新出合橋より ■■■

 今朝は気分良がいいジテツウができました。

 気候もよく、久びさに晴れて朝陽を浴びながらのライド。

 昔の自転車仲間が通りがかったボクを見つけて、バイクで追いかけてきてくれ再会。
 彼も、結婚して子供ができたそうで、自転車は余裕がなくて乗れていないみたい。
 「また!」
 と、交わした言葉を挨拶だけで終わらせない様、その時の仲間を一度集めたいナ。

 その後、同方向に向かうジテツウローディの方と初めて挨拶を交わした。
 そのルート上で時々遭遇するのだが、非常にマナーの良い方、
 歳の頃は同年代か少し上だろうか。
 「じゃ、気をつけて!」
 どうってことないんだか清々しい気分に。


 最近、何時ものルートで、マナーの悪いと言うか、要領いいローディと一緒になる事が多く、
 人事といえばそうなんだけど、見てて鬱陶しいので、ジテツウのルートを変えたところだったのだ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード