やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

奈良-奈良・大和郡山

奈良 “地ビール” 行脚

1ななら麦酒ならまち醸造所/麦舎
カウンターから醸造タンクが見える



日曜日、梅雨前線がズレたのか雨の予報が変わっていた。

お昼に3時間ほど時間空いたので、毎度の
「おさんぽ奈良公園」

カメラも持参したが、
日中・曇り・6月、、、
雰囲気も明暗も、花も新緑もなく画が冴えない
ボクの腕では大した写真が取れるわけではないので
ブラブラとウォーキング。

国内の移動制限もなくなったが、
インバウンドがいないので、閑静な昔の奈良になってます。
人が少ないと、追いかけ回したりする人もいないので
鹿が安心して闊歩している。
春に生まれた子鹿があちこちにいて、
こんな間近で見れることも無かった。
2
3
4
いやあ、癒やされるわ。
いつまでも見ていられます。


さて、昼飯どうするかな??
商店街から、ならまちの方へ戻ってきた。

人が集まっているのは
【カナカナ】【春】【ゆき亭】【中谷堂】【ほうせき箱】等
本やWebで紹介が多い有名店だけに人が集中している。

それ以外は閑散としていて
あちこちで空き店舗や、休業の張り紙。
コロナの影響をもろに受けている。

そうだ!
いつも自転車や車なんで、気になっていたブルワリーを持った
クラフトビール(地ビール)を飲ませてくれるところを巡ろう!


2軒は知ってるが、調べたらこの近辺に3軒醸造タンクをもった
地ビールバーが有る。



なら麦酒ならまち醸造所/麦舎
元興寺の南、十輪院の近くのひっそりとした住宅地の中にある。
横は有名な「よつばカフェ」いつも通っては気になっていました。

●ゴールデンラビットビール
TVで紹介していたのをみた。
東寺林商店街沿いにあるが、駐車場の奥にあってわかりにくい。

YAMATO Craft Beer Table
ここ、東向商店街の中にあるらしい。
気づかなかったなあ。

ちょうど美味しいコーヒー豆を買おうと、
高畑の自家焙煎【珈琲 凡豆】に来ていたので(土曜休業だった)

まずは近くの
6奈良市で初めてのクラフトビール醸造所で、カウンターバーの店舗を併設している。
格子に囲まれた明るい店内はいつもお客さんでいっぱい。
今日はまだ空いていて、3人座れる椅子が5脚ならぶカウンターひとつに陣取れた。
8
代表の[ならまちエール]は、醸造時に大和ほうじ茶をいれて軽くまろやかな風味らしい。

[玄-kuro-]はカカオを使った深い苦味が特徴とか。

今回、焙煎した燻製麦芽の風味が特徴[奥春日ブラウン]を頼んだ。
9
きれいな琥珀色でいかにも地ビール。

一口味わう。
濃いが苦味は少ない、香りも強く“ビンゴ!”好みの味だ。
ゆっくり飲めるのがクラフトビールのいいところ。
10分ほどで飲み干す。

違うのを・・・と思ったが、今日は「地ビール巡り」なので
いい気持ちで店をあとにした。
あとで見たら7%と度数が少し高い。空腹には効くはずだ。


奈良町の奥から、商店街の方へ移動。
奈良ホテル裏から、東向商店街へ。
【ゴールデンラビットビール】(食べログ)
11
たしか三田村邦彦の「おとな旅あるき旅」で見て行ってみたかった。
ここは、1Fが醸造所・販売所、2Fバーとなっている。

[そらみつ][あをによし][ちはやふる][しろたへ]
だったかな、この日は4種類の販売でした。

初めてだったので、代表作の[そらみる]を。
説明聞いたけど、、1件目で気持ちよくなってたんであんまり覚えてません。
12

13
結構入ってますねぇ\(^o^)/

苦味も香りもしっかりしたピルスナー(下面発酵)
濃いです。いいねぇ。
10
当初はファントムブルワリー(ここで作ってない)でしたが、
現在は1Fに醸造施設があります(撮影NG)。
ただ[そらみつ]だけは、ココで醸造していないそうです。

さて、3軒目・・・
ビール2杯だけなのに、居酒屋の生ビールと違い結構お腹いっぱい、
昼飯がビールになったのはやや問題だけど、
いい塩梅で気持ちいいし(笑)この日は退散とします。



行けなかった1軒は、今年1月にOPENした
「大和醸造」直営の
YAMATO Craft Beer Table
top_area_4_bk
yamato-brewery-2020

写真からは少し規模も大きく
期待持てそう~!
絶賛参加者募集中(笑)

山の辺の道グラベル・夏

4

奈良盆地の東端を沿うように連なっている
日本最古の道【山の辺の道】

特に北ルートは「ありのままの奈良」と言われる、
昔を思い浮かべるルートが繋がっています。



事前に作成した予定ルートですが、ほぼ踏襲してます。
異なるのは、某氏が両靴のソールが剥がれて補修しに里に降りたところ、
ラストを大和川南側ルートで曽我川の新しい橋を通ったところだけです。




以前からご案内してきた奈良の古道【山の辺の道】ですが
シクロクロスレースシーズンで、参加できなかった
ま~ちゃん、とみーさんに加え、
前は借り物のMTBで納得できなかったpockyさん
と4名で巡ってきました。

ルートは今まで案内してきた「北ルート」に加え
石上神宮(いそのかみじんぐう)から南の「南ルート」
の中間地点、長岳寺(天理トレイルセンター)まで
トレースしました。

東大寺二月堂~石上神宮 27km
石上神宮~長岳寺 10km
王寺からのアプローチ含めて 全行程65km

ま~ちゃんとボク:グラベルロード
とみーさん:シクロクロス車
pockyさん:MTB


9
出発地点に、ta2daさんが出現。
急遽参戦かと思ったら、ロードバイク!
宇陀の方に向かうので、途中までお見送りに寄っていただきました。

3
往路は大和川から佐保川沿い、大和川のサイクリングロードは完全に整備されています。

途中ルート外のベーカリー【こはく】によって補給食をゲット。

11
東大寺大極殿から二月堂へ。ここも裏の山道からアプローチ。

若草山裾を通り、【春日大社】から【新薬師寺】【白毫寺】脇を抜けます。
この辺りから「山の辺の道」の案内板が出てきます。

さっそくトラブル序章。
M氏のMTBシューズ右側の口が開きました。
ワニのようです(笑)

とりあえずマジックテープで止めて様子見。
ところが・・・途中急停止のとき、、、、
両足共のソールがモゲました
もはやどうにもならない。
みなさんベテランなんで「よくあることよ」と平然(笑)

緊急事態にルートを外れ、近くのコンビニへ。
ボクらは休憩休憩!と補給しているうちに、
隣のの駐在所でお巡りさんにガムテープを借り、
オーバーラッピング。
10
「これからは、タイラップ(結束バンド)を持参しておかないとアカンな」
と、反省5秒。まあ、これでシューズは元以上にしっかりしました。

ルートに戻って、再出発。
2
コースのトレイル(オフロード)部分、
特に土手の部分は草が覆い茂り、藪こぎを強いられます。
5

あと、竹やぶを通る区間がおおく、ここは雰囲気いいですねぇ。
61

“靴モゲ事件” 以外はトラブルもなく進行。

【円照寺】※【弘仁寺】☆をかすめ、
円照寺…山村御殿とよばれる日本を代表する尼寺。非公開ですが多くの皇族が祀られています。
弘仁寺弘仁5(814)年に嵯峨天皇の勅願で弘法大師が開基したといわれる古刹。


天理に入り【白川ダム】で買ったパンを補給して一服。

名阪国道をくぐり、きれいな竹やぶの【石上大塚古墳】を見ながら天理の町へ。
あ、ここでボクがスリップで転倒。竹の根でスネ膝に擦り傷。

【布留の高橋】*から【石上神宮】★へ、裏から境内に入り、北ルート終了。
布留の高橋万葉集にも「石上 布留の高橋 高高に 妹が待つらむ 夜そ更けにける」という悲恋が詠われ、全国の「高橋」姓の発祥の地と言われている。
石上神宮…「古事記」にも固有名が出てくる日本最古の神社の一つ。鶏が闊歩することやパワスポットとしても有名。

7

ここからは、一般に「山の辺の道」と言われている天理-桜井の南ルート。
ぐぐっても、ほとんどがこのルートが出てきます。

歩きやすい平坦基調の里道で、それだけにハイカーも多く自転車には向いてないかな。

夜都岐神社】(やつぎ神社)【竹野内環濠集落】を抜け【長岳寺】まで、およそ南ルートの半分で終了。
ココからも特に変化ある景観でもないのでランチに向かいます。
秋や初冬は、柿がたくさん見られそれなりに風情はありますので、その頃ウォーキングしてもいいですね。

ランチは長柄の、喫茶・食事処【山鳩】
大きな昔ながらの喫茶店なんですが、ランチが豊富でボリュームがあるので地元民で賑わっています。
12
13
この日のサービスランチ「B定食(ハンバーグとエビフライ)」¥1000(普段は¥1140)

14
「谷やんのスペシャルオムライス」¥1030(内税)
奈良テレビの番組取材で谷口さんがリクエストしたメニューが採用となったらしい。
見た目より、ボリュームある!

これにドリンクがサービスで付きます。

途中補給のパン2ケが効いて、完食できず・・・スマンスマン。。

帰路は、大和川沿いから王寺へ。
途中、P氏が「あああっ!おケツがずれた!」で緊急停車。

シートポストのサドル止めてるネジが抜け外れてたのでした。
おケツがずれたところを探すとネジが落ちてたのを見つけられてセーフ。
16

細かいトラブルが有りましたが、皆さん無事帰り着くことができました。

とにかく笑いが絶えないツアーで、コロナ謹慎のストレスが大いに発散出来ました。
ご参加の皆様ありがとうございました。

今回思ったことは、ベテランは軽いライドのときは装備や整備を油断しまくっとる!

過去にはパンク修理道具をもたず全て借りるつもりの人や、替えのチューブが全て使用済みのパンクしたものだったり、シューズの種類間違えて持参とか、、、初級者では考えられない事をします。


でも楽しかったー!また、やりましょう!

大和高原へ向かう裏道、、やはリ裏道だった(T○T)

0324
裏道たる所以、激坂出現。
「う~む」脚を止めて腕を組んでも、斜度が下がるわけではない
ちなみに、見えている先も激坂が続いているのであった


奈良盆地の東側には、比較的高低差の少ない高原地帯が広がっている。
標高は200-500m程度。
月ヶ瀬、柳生、針、大宇陀、室生なんかがあるエリアですが、見どころは少ないので交通量もすくなく、登ってしまえば、田園広がる山里となだらかな丘陵が広がり、爽やかな気候で道路も整備されており、自転車の練習にはもってこいなのだ。
800px-Nara_Basin_Relief_Map,_SRTM-1
奈良盆地の地形図
左(西)は、生駒山系と葛城山系を隔てて大阪平野。
右(東)は、三重までなだらかな高原地帯「大和高原」となっている。

ということで、吉野ばかりも何なので、先週末は目的もなしに「そこ」へ向かう。

当然奈良盆地の標高は40-60mなので、当然「とっかかり」はどこも高度差300m程度のヒルクライムとなる。
長くはないけど、どこからも割とガッツリの登攀ルートとなり、おまけに奈良盆地から東へ抜けるのは限られたアプローチルートとなりどこも交通量が多い。

桜井から宇陀へ登るか、、いや西峠も女寄峠も好きくない。
天理から天理ダム経由、、まだマシだけど、面白くない。
春日山南側の鉢伏峠、、、8%の長い直線上りは日陰無く辛すぎる。
nara-r80hachi04
奈良県道80号、鉢伏峠へ向かう長い上り
景色が変わらず、登れど登れど進んだ気がしない。


ナビ(自転車に装着している)で適当に案内させると、知らない道を示す。
「おおぉ、県道80号の南の山の中に、こんなルートあったのか!」
道もクネクネしてないし(←愚か)走りやすそう

鹿野園(ろくやおん)の昔ながらの町並みを抜けると1.5車線の山道に入る。
舗装も綺麗で日陰で走りやすい。

いい道見つけた
と、思ったのもつかの間・・・45CD5E71-7CD4-4DEE-8095-7CB90CB034D2
ドーン!ドーン!と15%ぐらいの激坂が波状攻撃。
0332
サイコンの斜度計は、気圧の高度計と走行距離から算出される簡易版なので、大きく値が前後しながらとなるが大体の目安にはなる。
13%~(瞬間)23%までを行ったり来たりする。プチ暗峠か~!
もちろん蛇行すると斜度の値が下がる(高度に対して走行距離が多くなるから)が、惰行せざる得ない。
グラベルのスーパーローがあるから乗車で登れるが、ロードギアでは無理だ。

0319
ナビ画面、青いくねくね道が高円山ドライブウエイ(春日山林道)、その横が正規ルートの県道80号奈良名張線、紫のルートが通っている道。

いつもの80号はガッツリ登った後くねくねしているが、今回のルートは地図上では実にスムーズに見える。
そう、同じ高度を稼ぐなら、くねくね道の方が脚に優しいのだ。
0333
途中のハイキング道の案内板には「正暦寺1.1km」とある。
そんな場所なんだなあ。

青色吐息を吐きながらようやく峠超え。

当初目的の一つが、
大和高原「自転車道の駅」ハーブクラブ
s_1001
モンベルを併設するステキなcafeでモーニングを食べることだったが、、、もういいや

早めの昼食をガッツリ食べようと福住から天理ダム経由で天理の街へ降りることに。
0335
天理ダム、放水してます。
0340
食堂系は大概11:00からだから「桃尾の滝」によって時間調整。

まずは「とんよし」に。
郡山「とんまさ」と並ぶ奈良代表のガッツリ系とんかつ屋だ。
original
カツ丼大は、ご飯の中にもとんかつが隠れている。写真は並。

ありゃりゃ、サスガ人気店、開店寸前にかなりの行列が出来てました。
小さ店に相席詰め詰めもウイルス怖いのでパス。

次はその横の「さかえ食堂」へ。original
天理大体育学部御用達のガッツリ食堂だ。
ここは茶色一色の「A定」か!とんかつ・ミンチカツ・唐揚げ・エビフライって(笑)
と思ったら、11:30開店だ。30分も待てない。。

で、結局、いつも利用している「陽ざし」へ。
揚げ物の口になっているので「チキンカツ定食」
0353
超でかいチキンカツで満足満足・・・カツ2枚でなくコレで1枚のモモ肉カツだ。

って、とりとめのない半日ライドになってしまいました~

なら瑠璃絵・光の夜神楽

0621

奈良公園で、冬の風物詩
「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」
が始まった。

奈良公園内の寺社や施設それぞれに工夫をこらしたライトアップやイルミネーションを施して、なかなか見どころの多いイベントなのだ。


夏の「燈花会」はロウソクの「燈火」とをメインとした定番イベントですが、「瑠璃絵」は厳寒期にも関わらず、こちらも徐々に人気が出て、特に外国人観光客も多く訪れるイベントとなっているようです。

ところが、某ウイルス騒ぎで中国人観光客がごっそり居なくなったので「空いてるよ~」との情報、これは!と急遽赴いてみました。

近鉄奈良から、興福寺を抜けて春日大社へ。
1050188
春日大社参道は素敵な絵巻物を切り絵で灯籠に仕立てたものと、、、
0506
筋斗雲か!(笑)
不思議な提灯のイルミネーション(ノーコメントで)がお出迎え。

春日大社本殿は、イルミというより社殿のライトアップと吊り灯籠の燈火です。
節分だけかと思ってましたので、これは!と有料にもかかわらず参拝させていただきました。

これは素晴らしい・・・
文言より写真みてください。
ちなみに灯籠はLEDにあらず、ちゃんとロウソクです。
0515

0523

0526

0532

0540
この灯籠、寄進できます。1基/200万だそうです。
ちなみに、参道の石灯籠は250万だとか・・・



春日大社を出てすぐの参道脇で、
「獅子神楽」(光の夜神楽)が始まっていました。
神楽とは、神事において神に奉納するため奏される歌舞でありますが、堅苦しいものではなく楽しい古式の舞踊です。
寒空の下1時間、時を忘れ見入ってしまいました。
若い頃なら素通りしていただろう歴史を感じる行事も、判らずとも楽しめるようになったんだなあ。
0552

0658

0677

0697

神楽が終わって、メイン会場「甍」へ。

じっとしていたので身体が冷え切っています。
もっと温かいかっこで来たら良かった~(T_T)

パンフレットでもおなじみの甍の庭園一面をライトアップしてあります。
ちなみに、有料エリアに入ると、光の庭を通ることができます。
(もちろん入りません・笑)
1050204

1050208

1050207
ス・スゴイわ・・・

来場のカップルや家族連れは大喜びしています。
「インスタ映え」にもいいよね!

でも、、、!?
大阪のイルミと何が違うのだろう?
たしかに庭の丘を利用した美しいものだけど、奈良に求めるものと違うなあ。。。
(五十男の、個人的つぶやきですのでスルー下さい!)
0710
0712
会場を抜け、外に出るまでイルミネーションでイッパイです!

好みはともかく、観る価値はもちろん「アリ!」です。
取って付けたような、田舎の駅にある安っぽいイルミとは格違いの絢爛豪華であり洗練されたものだと思います。

目がチカチカしてきたところで、最後に大仏殿へ!
実はちょっと楽しみにしています。

ライトアップされた大仏殿前と、大仏殿の窓が開きお顔が拝見できる!


公式ページには

● 大仏殿中門と観相窓の開扉及び八角燈籠の点灯
 中門外側からの拝観
● 大仏殿中門、大仏殿大屋根、南大門のライトアップ
● 金剛力士像のライトアップ
line_40117258726257
(公式HP写真)

ワクワクしていったら、、、
あれ、なんか閑散としているなあ。。

パンフレットみたら、
(~20:30)
とありました、現在時刻20:40、、、、

残念無念。

フルに観るには、1回では無理なようです。



ともかく、真冬に楽しめる奈良公園の大イベント!
皆さんも、是非いらして下さ~い。
「なら瑠璃絵」2/14まで。
https://rurie.jp/

旧奈良監獄

7744

奈良公園から少し北に行ったところ、コスモスで有名な「般若寺」のすぐ手前に
【旧奈良監獄】が佇んでいる。
img_figure
「旧」ということで、現在は閉庁されているが、2017年まで【奈良少年刑務所】として実際に使われており、その前は明治に建てられた「五大監獄」のひとつ【奈良監獄】であった。
経緯や歴史を書くと長くなるので割愛します。非常に深い話なんで、興味ある方はホームページを御覧ください。
⇒ 旧奈良監獄公式ホームページ
img_air-photo

旧奈良監獄が有名なのは、ロマネスク様式の赤れんが建築に、「ハビランド・システム」と言われる放射状に伸びた収容棟の配置、そしてその美しい建築物が完全な形で残る唯一の五大監獄として、重要文化財に指定されているからです。

ニュース等で話題になって知っている方もおられるかと思いますが、来年2021年に
あの[星野リゾート]が監修して【監獄ホテル】として、高級宿泊施設としてリニューアルされるのだ。
閉庁して、何度か「見学会」が催され、いずれも高倍率の抽選を伴う大盛況であった。
EMEf-oxU0AAnAf9

今回は、奈良市消防が毎年行っている「文化財防災ゼミナール」の会場として選ばれ、セミナーが開催された。その後「施設見学」とあり、、、、番外の見学会が催されたのだった。
(既にレンガ建築以降に増築された部分の大半は取り壊されている)
7705
講堂にてセミナーが行われた。
稼働されていたときは、ここで講話や慰問があったのかと思うと感慨深い。

-------

漏れ聞く話によると、今回のセミナーは例年通り、奈良市の広報誌にだけひっそりと「防災セミナー」として募集要項が掲載されたので、旧奈良監獄見学会ほどの高倍率とはならなかったようだ。

奈良情報にアンテナを張り巡らせておいたので(笑)今回上手く申し込みを受け入れてもらえ、素晴らしい文化施設を、ホテルになる前に見ることができた。


7709
思ったよりキレイで広い部屋だとおもったら、ここは病棟房だった。
7710

7725
放射状に伸びる収容棟、2階建てで長辺が60m以上もある大きな建築物だ。

7755
「丸房」と呼ばれる懲罰房。
とてつもなく狭くレンズでは収められない。
トイレもなくあまりに非人道という事で廃止されたそうだ。
黒い壁に刻まれた受刑者の落書きがリアルだ。

7739
独居房。狭い。トイレむき出し。

7741
奥が霞んで見える。ここは雑居房が並ぶ。

7768
鉄格子から見える景色に、受刑者は何を思ったのか?

7776
雑居房棟の2F。1Fが丸見え。
7778

7792
監視棟から、各房棟の出入り口が一目で見渡せる作りだ。

7804
空が青くても、高い塀の中は悲しい。。。

約2時間半のセミナー&見学会、素晴らしい建築部は美しが、恐ろしい。
強烈に印象に残った文化財見学だった。


今回、塀の中を垣間見る事ができて、まず思ったことは・・・
「絶対に拘置所へ入れられることだけはしないでおこう!」
です。。ホンマに。

初ライドはアドベンチャー


IMG_0226

正月明けの2週目に、ショップイベントが近くの丘陵地帯であったので顔だしてきました。
なので、ロードバイクでなく、グラベルロードでのライド。

実は出発前、早く到着したのでウロウロしている時、車止めにひっかけて自転車を倒してしまい、エンド金具(リアメカを止める部分)を曲げてしまいまい、大丈夫かなと変速したら大変なことになってしまいました。

スポーツサイクル歴は長いので、大抵の簡易なトラブルは処置できるのですが、、、
前メカとフレームの隙間にチェーンが食い込んで万事休す・・・・か!!??

山崎御大が、駆けつけて、チョイチョイと思わぬ方法で対処。
さすが、自転車屋さん!!!(笑・元オリンピック代表です)

エンド金具を長めのアーレンキー借りて、曲げ直し、ワイヤの張りと変速リミッターを調整して復帰。
良かったよかった。。

超地元のお山なので、なんとなしに案内係になって、久々に大勢の方とライドツアー。
楽しい1日を過ごせました。

IMG_0204

IMG_3438IMG_3434

IMG_0226

IMG_7372

お声がけ頂きましたシルベストサイクル様、ご一緒いただきました皆様、ありがとうございました。

アドベンチャーロードで丘陵トレイル

IMG_4050

アドベンチャーロード【SPECIALIZED DIVERGE】を購入し、特性を活かした河川沿いの砂利道・里山のハイキング道や、サイクリングロード・ヒルクライムコース等様々なコースを走りましたが、ちゃんとした山道でどの程度走れるか、近くの丘陵を試しに行ってきました。

実はこの丘陵、MTBで走っていた頃(20~10年前頃)の定番コースなので、ルート・路面・斜度はよく知っています。

先日ショップのツアーライドでも、借り物のアドベンチャーロードでここのメイン道を走りました。
大勢の皆さんとの体験的なものだったので、わいわいと楽しく乗ったり押したり「おっ、意外と走れるな」との感想が購入の決め手でもあったので、今回はどのぐらい山を乗れるかを試しに。

こんどは自分のバイクでマイペース、山用に軽いギアも装備しているのでどうなるか。

38Cのグラベルタイヤの空気圧は、アクセスの一般路の軽快さと、山道のスネークバイトパンクを避けるため3.5気圧に(もう少し低いほうがいいですね)。

有名なお寺脇から入山。まずは、シングルトラックで尾根を目指します。IMG_4040
斜度が弱いところは問題なく走れます。

IMG_4042
尾根に向かい斜度が上がります。
ロードにはない、38×36T、38×42Tが生きてきます。
上りの山道はトルク掛けたら駆動輪(後輪)のグリップを失いますので、力を抜きながらゆっくりと回します。
短い駆け上がりは、手前で速度を載せて勢いで乗り切ります。
木の根や岩の出っ張りを避け、どこを走り抜けていくか事前に確認してトライ。

テクニックが要るトレイルライドは面白い。

上りはタイヤ滑らせてしまうと、走れないだけでなく、路面を痛めてしまうので無理は絶対禁物。
潔く降りて押すことは、怪我も防ぎますし大切だと思います。

IMG_4043
様々な生き物と遭遇しますが、ボクらは侵入者なので「お先にどうぞ」と。

尾根に出ると整備された、ダブルトラックとなり快適に。
IMG_4050
この日もたくさんのハイカーやMTB乗りと会いました。
IMG_4047
こういう道を走るのが、アドベンチャーロード、グラベルロードの真骨頂。
MTBより快適かもしれません。
ただし、ブラインドも多いので飛ばすのは絶対厳禁。

一旦国道(酷道?)にでて、迂回別ルートへ。
IMG_4052
ここは、山中の「薪窯のパン屋さん」。

IMG_4054
酷道(笑)すこし登って、脇から尾根道へもどるルート。
ここも昔よく走ったなあ、この丘陵はホント良いコースが沢山あります。
04417
下りの後、障害物を担いで乗り越えるとき、太ももに激痛!
「やられた!蜂かブヨか!!」
患部を見たら、、、、、
火傷でした、焼けたローターをモモに当ててしまいました(T_T)
くっきりと焼印が・・・
ディスクブレーキの皆さん、要注意です!ってこんなヤツいないか(笑)


ここでディスクブレーキのお話。

・リムブレーキより効きます!
同じ制動力ならリムブレーキより弱い力で済むため、長い下り・きつい下りに余裕が出来ますね。
女性等の握力がない方、下りが苦手でブレーキが多い(ゆっくり下る)方はよりメリットを享受できます。ただしホイルロックを防ぐため効きを抑えたものもあります。

・雨や水たまり等での「濡れ」の影響が効きには殆どありません。
これは、河川や水路横切ったりすることのあるトレイルでは大きなアドバンテージですね。

・リムの振れにも影響しません。

・カーボンリム等の熱影響を気にしないで済みます。


ブレーキの種類(方式)は大きく2種類。
ワイヤー引きと油圧(ハイドロリック)。
油圧式はタッチが良く、軽い引きが特徴です。ワイヤの摺動がないためリアブレーキとフロントの感覚もあまり差がありません。(ワイヤどうしてもリアがもっさりする)
あと、ワイヤ引きなのにブレーキ本体が油圧という変わったのもあります。

oilline-icon-5789

メンテはワイヤが楽ですが、油圧はトラブルが無ければ定期的なオイル交換だけなのでバイク運搬や収納を取扱を慎重にすれば問題ないと思います。
(パット交換の手間は異なりますが大したことありません)

ディスクにはデメリットもあります、
・通常自転車は右側にドライブトレイン(駆動メカ)が集中するので「立てかけ」や「担ぎ」のときに左側を壁や身体に当てるのですが、ブレーキが左側側面に来るので気をつけなければなりません。
・機種専用のパットしか交換出来ません。(専門店ですら取り寄せになることも多い)
・輪行等の取扱を繊細に(特に油圧)
・若干リムブレーキより重くなります。
・リムブレーキ以上に熱を持ちます、火傷します↑(笑)

ただデメリットを上回る、操作性・効きですので、アドベンチャーロード・グラベルロードにはほぼ標準で装備されています。

横道に反れました、、、
閑話休題、

尾根を戻り、山を降りるルートは一般道にしました。
MTBは下りが楽しいので、ついハイカーやトレイルを忘れかっ飛んでいく方を時々見受けられます。(ほとんどの方はハイカー優先でこの場所を大切にしていますが、たまにね)

全国で自転車がトレイルから閉め出されつつありますので、自分の首を締めないように。
ここも北エリアは以前のMTBブームのときに乗り入れ禁止になってます。

IMG_4057

夏になると、里山トレイルは出来なくなります。

いや、できるんだけど、
肌の露出が多いのに毒虫・蚊・かぶれる草が増殖し、ロードライドと違って負荷が強いのに速度が遅く風を受けないので暑さ汗が半端なく、そこに土埃がまとわりついて体中ドロベタ真っ黒けになり、不快この上ない。また秋を楽しみにします。

しばらくはフィールドを山のジープロード等へ移し、涼しくてシッカリとしたところを探して楽しみたいですね。

この万能バイク、ほんとに楽しい。
ベテランのロードレースメインでない方には是非セカンドバイクにおすすめします。
初心者のなら、まずはフロントダブルがいいかな。

平成最後の桜…その3奈良公園

平成最後だからか、GW10連休前なのか、とにかくこの4月は余裕のないことになっています。

さて、間が空いてしまいた。
時はさかのぼり4/7のお話(笑)

前日に体調不良を押して奈良ポタリングしたので、とにかく薬いっぱい飲んで早く休みました。
そのお陰で体調がかなりマシに(実は違った…)なり、ポタで端折った日本桜百選・奈良公園を散策してきました。

桜は前日より更に開花し、青空バックに最高のシチュエーションです。


奈良県文化会館のパーキングに車を止めてまずは東大寺へ。

6118
お出迎えは「戒壇堂」
朝の光と美しい階段・南門が桜を引き立たせ画になります。

階段を登って右を向くと、おおおおぉ
桜の中に浮き出る大仏殿!
6125
東大寺で最も好きなエリアです、観光客も少ないのにこの絶景

このとなりに、ひっそりと佇む小さなお堂があります。
法然上人二十五霊場 第11番「東大寺指図堂」
ここは戦火で焼けた大仏殿再建の際に[さしず](設計図)が置かれたところでもあります。

正面の格子の真ん中の穴(鍵をかける為に設けられた)から、本像である「法然上人絵図」が覗けます。覗かなくても開堂されていたので、普通に拝観しお話を聞くことができます。
6134

6136
指図堂正面左に鎮座する「びんずるさん」

6163
「講堂跡」からの大仏殿は東大寺を代表する絶景。
秋はイチョウ・モミジの紅葉となります。

講堂後から、裏参道を通り二月堂、四月堂、手向山八幡宮と山手を巡り
一番桜影が濃い「東大寺塔跡」、、、見とれてて写真ありません。

「春日野園地」は広い芝地の周りに桜を配した美しい広場。
よく見てください、桜が高さ2m辺りできっちり刈り込まれています。

これを「ディアライン」(deer line) と言って、冬餌が少ないとき鹿が立ち上がって芽や枝先を食べてしまうからだそうです。
6182
しだれ桜のディアラインが入ったものを「おかっぱ桜」と言い、奈良公園の春の名物となっています。

春日野園地から春日大社、ささやきの小径から「ならまち」へ。
ここで昼食【PAO ならまち店】
original
「大和ポークカツと大和お野菜の黒米黒カレー」¥1,350
ボクには少し量は足りないが、スパイシーなのに辛くない美味しいカレーでした。

奈良町で桜といえば「元興寺」
先日NHKでも本堂と境内の桜を特集されていました。

でも、オススメは
6195
6190
「元興寺塔跡」の桜。
前日もみぃ~ちゃんと回りましたが、五分咲きのまだ寂しい感じでしたが、一日で開花が進み七分咲き、満開になると地を這うような枝で桜の緞帳のように広がります。

ならまちをブラブラして、餅飯殿商店街から興福寺を抜けて県庁へ。
6196
一番賑やかな興福寺近辺の桜もきっちり刈り込まれていますね。
桜は目立つのでわかりやすいですが、普通の木にもディアラインが入っていて、奈良公園は木が多い割に見通しがいいという不思議な風景を醸し出しています。

鹿が食べない木は普通の形状なので、鹿の好みが解ります。

04156
ラストは桜は写っていませんが、県庁屋上展望デッキからの眺め。

興福寺の金堂が修復終わり、美しい景観となりました。


春と秋の奈良公園はホンマにエエとこかやなあ。

是非散策やポタに遊びに来てください。


(後記)
土日と、ひどい喉風邪を薬で抑えて押して動きまわった結果、
見事に拗らせてしまい、熱出して耳鼻科直行となりました。
咽頭炎とのことで、消炎鎮痛剤・痰切り・咳止め・抗生剤のお世話になりました。

花見と引き換えに辛い1週間、いまだ(4/24現在)もスッキリしません。


Prossimo紅葉ポタ2018

5400

恒例のチームの秋ポタin奈良
今年も集いました。

柏原市役所集合、大和川沿いから秋篠川沿いを北上し、平城宮跡から歌姫街道で木津。
木津で北からの参加者と合流して、奈良公園・大和郡山・斑鳩・王寺と戻ってきます。



03256

好天で少し肌寒い中、柏原リビエールホール8:00集合で大和川沿いに奈良方面に向かいます。

03264

奈良盆地内の河川は全て大和川へ合流しているため、入り口となる王寺からは各所に河川支流をさかのぼることで行くことが出来ます。

大和川から支流の佐保川を北上し、大和郡山から秋篠川に乗り換えて平城宮跡に。

19436

平城宮跡から歌姫街道で木津川市へ。
木津で2名合流したのが10:15、予定より少し早いので、懸案だった行列の出来る人気ベーカリー【regaru+e】(レガル)に向かいます。

レガル到着10:30、既に列が出来てますがたいしたことなく、20分程で全員ランチをゲット。

すでに腹減りで、その場で食べ出す人も。
予定では、鴻池競技場でコーヒー飲みながらピクニックランチと行くはずだったのになあ(笑)
20181118 奈良紅葉ポタリング_181119_0016

レガルの近くに、人気のケーキ店【マッシュマロウ】があり、秋限定の「和栗のモンブラン」を購入するのにココでも並びます。
20181118 奈良紅葉ポタリング_181119_0018
全員で並んだら迷惑なので、3名残して近くのコンビニで待機。
ところが、列が全く進まない。
ケーキ店は崩れないための梱包に時間が掛かり、結局40分費やしてしまいました。
待ち合わせのコンビニに着く頃には、みなさん既にランチ終了!
20181118 奈良紅葉ポタリング_181119_0049

お待たせ~!!じゃーん!20181118 奈良紅葉ポタリング_181119_0024

コレが噂のモンブラン。
吉野の【ラ・ペッシュ】の流れをくむ栗ペーストたっぷりの大きなモノで歓声が漏れます。

20181118 奈良紅葉ポタリング_181119_0025
とりあえず、今回のライドの目的は終了!(笑)

あとは、時間と相談しながら秋の奈良を楽しむだけ。

木津から東大寺(奈良公園)へは程なく到着。

東大寺へは北の正倉院方向から、大仏殿の裏手に出ます。

19444

ここは穴場の「東大寺講堂跡」、大仏殿の裏手にこんなところがあるんです。
03274

混みあうところを避けるつもりで、裏参道から二月堂、若草山、水谷川へと抜けますが、、
この日の奈良公園、今までに無いほどの混雑。

19445

03281

若草山下でバスが渋滞なんて初めてのこと。
(鹿が道の真ん中で動かなかったのも原因)

ま、急ぐことも無いのでノンビリと抜けます。

ただあまりの混雑で、予定の浮御堂・奈良県庁はパスしました。

20181118 奈良紅葉ポタリング_181119_0039

奈良ホテル裏手から、西林寺商店会を抜け【岡西精肉店】へ。
毎度のコロッケでおやつタイム、混雑から逃げ出すように奈良を後にして大和郡山へと向かいました。

ホントは、郡山で【こちくや】「金魚すくい」と【菊屋本店】の和菓子を楽しむはずでしたが、14:00前にして既に夕方の気配、、集合地点に戻ってから皆さん自走なので、アドバイスもあり後ろ髪を引かれましたが、そのまま帰路へ。

最期に見てもらいたかった、夕景の【法起寺】は、とっておきのルートで裏から。
(砂利道を走らせたので、大いに不評でした、、、スミマセン)
19458

残念なことにコスモスは予想以上に枯れていましたが、コスモス畑のなか逆光のなかに世界遺産の三重塔のシルエットが浮かぶ景観を見てもらいました。
20181118 奈良紅葉ポタリング_181119_0045

15:00前にしてもう夕方、秋の昼は短い!

あまりノンビリせず、法隆寺を抜け王寺から柏原へと戻り無事終了。
いろいろと端折ったのが幸いして遅くならないうちに解散できました。

今回は予定通り進めず、紅葉もいまいちでしたが、ぽかぽか陽気の好天と、たのしいメンバーに恵まれていいライドの一日を過ごすことが出来ました。

参加の皆さんありがとうございました。

これに懲りずに、また奈良に来てね~(^o^)/

(リビエールホールから行程約80km)

ポタに回帰

ボクの一年の計「マウンテンサイクリング乗鞍」が終って1週間経ちました。

満足いく結果ではなかったのですが、
それは置いておいて、、、

しばらくは、出来なかったのんびりフォトライドや、トレッキング等で楽しく過ごそうとは思っているのだけど、それでも早起きは必須。。。。のはず ^^;

目覚ましセットしないと目が冷めたのが7:00、、あちゃ。
なのに、ゆっくり支度で8:00出発。

アテがないときはホームグラウンドへ。

ダレてるけど、自分なりに鍛えた後なんで、いいペースで巡航し50分で「奈良公園」。


夜明け頃のやわらかい光で、シカさんを撮ろうと思ったのだけど、すでに9時過ぎで強い日差しと影が出てしまってました、あ~あ
パチパチと適当に撮って退散。

まだ斑点の残る子鹿が親と一緒に行動している時期ですね。
やっぱ、かわいいナ。
ふてぶてしいオッサン・オバハンシカとは違い、チラチラ様子見て近づくと一目散。
4986
4953

柔らかく撮ってみたくて、露出をプラスで彩度を落としみる。
なんか間抜けな感じ、メルヘンチックな画と全く違ってしまう。
4963

二月堂への道の途中、興福寺を発見。
4964

まだ紅葉までは3ヶ月、錦に染まるのを楽しみに通います。
後ろは大仏殿。
4969

大仏殿から二月堂への階段(猫段)、後ろは国宝の「大鐘」通称・奈良太郎
4978

この後、最強台風の21号が荒らしまくって、風景が変わってしまったそうな。
なんとか穏やかな夏の終わりを残せました。

FUJIFILM X-T2+56mmF1.2R
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード