やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

大阪-柏原・八尾・東大阪

夜の十三はこんなトコ!?

IMG_2249
 お気に入りの夜景は、峠の展望Pからではなく、その下にあるヘアピンカーブの所。 


大阪の自転車乗りの間で最も知られている峠の筆頭 「十三峠」
夜景でも有名ですよね。

生駒山系の生駒山と信貴山の真ん中にあって、[サクリファイス]で有名な北の「暗峠」と、南の「葡萄坂」の中間に位置する、大阪・八尾 - 奈良・平群 をまたぐ県境の峠だ。

市街から近いので手軽にアプローチできるが、意外と本格的な登りを楽し?める。

ローディがTTでタイムを測るのは、大阪側の「大竹7丁目」~「展望P」
390mUP/4km、平均斜度10%の結構ハードなルート。
十三峠の4倍が、乗鞍のタイムと呼ばれているのは有名な話で、タイムを言えば、だいたいレベルが分かってしまう在阪ヒルクライマーの指標である。

ヒルクライム表彰レベルだと15分ぐらい、20分切れば十分に早いと思う。
ただし斜度が急なので、体重が重いと圧倒的に不利、中斜度をグイグイ踏み倒す系のパワークライマーより、軽量級でケイデンスを落とさないヒラヒラ系クライマーが強い。


奈良在住で、大阪に職場があるボクは、ジテツウルートのひとつとして利用できる。
32~35kmで所要時間1:40ほど、国道ルートと距離はあまり変わらないが30分余分にかかる。

帰路はこんなルートを使う、峠を超えたら信貴山の下まで広域農道を南下する。
この広域農道「フラワーロード」が素晴らしくトレーニングにいい道なのだ。

キャプチャ
ルートラボで峠越えの部分だけを見るとこの通り。(クリックでルートラボへ)


ジテツウ帰路(八尾/大阪 → 平群・王寺/奈良)は、必然とナイトライド。
皆さんがあまり走らない、夜の十三峠を紹介します。

IMG_0689
大阪市内から東へ進むと、生駒山系が見えてくる。
丁度東大阪と八尾の間にある。
薄い丸で囲んだあたりが十三峠ルート、かすかに電灯が二箇所見えますね。
たぶん、水呑地蔵のところと、峠のP付近かな?

993684_520248344721215_164361760_n
ここがスタートの「大竹7丁目」交差点。通称「オータケセブン」。

アプローチ最初は斜度がゆるいが、経済法科大学あたりから一気に斜度が上がる。

1006263_503605509718832_1507756877_n

登りで一生懸命だけど、振り返ると素敵な夜景が見渡せる。

1004489_501670906578959_519538949_n

下部の2車線区間は、ところどころに街灯があるが、その先は殆ど無い。

強力ライトは視界確保と対向車への警告で絶対に必須。
リアフラッシャーも複数灯が望ましい。

1392561_544788098933906_388472835_n

月が出ていない夜は、目が慣れても足元すら見えにくい。

IMG_0602

常に大阪側が明るいが、路面は見えない。

IMG_0596

しばらくは木々の間から左手に夜景がを見ながらの進行、ただしこの辺りは斜度もきつい。

IMG_2231

前半は振り返ったらこんな感じ。
車が来た時にシャッターを押したが、そうでなければ道は写らない。

IMG_2242

ブラインドコーナーが-多いので、対向車・追い抜き車とも、早めに自分をアピールする必要がある。
最初っから端っこに寄って走ると見落とされがちなので、車に自車のライトが見える位置を走り、車が来たら脇にそれる。
(これはボクの方法なんで自分の走りにあわせて自身をアピールして下さい)

IMG_2247

この逆三角形の夜景を最後に、しばらく暗闇で自分の呼吸音が相手。
結構、森のなかからガサゴソ音が聞こえてくる。
鳥か獣か?最初はビビるが、もう慣れた。

IMG_2248

見えるは、ライトで照らされた中だけ。
強力ライトが必要なわけが判るかな?

IMG_0695

満月でなくても、月が出ていると、暗がりに目が慣れているので、照らされている路面は結構見てありがたい。
あと曇りで、雲が低い時は大阪の街明かりが雲に反射して路面が見えることがある。ウソのようなホンマの話。
星空撮ると、雲が光って映るのは、月か街明かりの反射。

IMG_0943

水呑地蔵院が出てきたら、残り1/4、ラストスパート。
ちょっと寄ってみる。鬱蒼とした林の中に入るのは最初ちょっと勇気がいるかな?
今は平気だけど。

IMG_0945

ここからも夜景が見えます。下からもここの街灯が見えていると思われる。

IMG_2264

府民の森の入り口があるヘアピンで残り300m。
ここが一番夜景が綺麗(一番上の写真)。
たまに、車停めたカップルが歩いているから要注意・・というか、びっくりする。

IMG_2285

ヘアピンと、府民の森入り口。

IMG_0610

峠の展望パーキング。
多い時は、車が三重駐車で、さらに右往左往。夏は嬌声も聞こえてくる。

「世界の中心で、愛をさけぶ」 ってのは以前あったが、
十三峠オヤジは「生駒の山中でアホンダラとさけぶ」 なのだ。
正確には、「コノヤロ、アホンダラ、いちゃつくんじゃねエ」 (^_^;)

もちろん、心のなかだけだ。ほんとに叫んだたら危ない名物オヤジになっちゃう。

IMG_0857

朝見るとこんな感じ。

この先30mで、「生駒信貴スカイライン」の下をくぐって奈良側に降りる。


IMG_2287

奈良側は大阪の街明かりが山で遮られるので星が多い。
ただし、路面は更に暗くなるし、下りなので要注意だ。
ライトをハイパワーに切り替える。
(ボクのライトはHiビームがあるのでそちらに)

IMG_2295

上の空も、アップにしたらホレ、この星空。真ん中のホコリみたいなのがスバル。
左の点線は飛行機だな。

IMG_0983

奈良の寂しい街明かりが結構頼もしく思える。集落や墓地の近辺は街灯がある。


いつも写真撮っているが、夜に峠道の雰囲気を写し撮るのは至難の業。
この日は、デジイチに超広角レンズつけていたので、なんとか写せた。
それに、今まで撮った画像を混ぜて紹介。

夜景キレイで、楽しそうに思えるが、結構ハードな峠に、真の闇がある暗い道。
なれるまではビビりまくり、早く街に降りたかったのが正直な所。

いまや、コーナーどころか、路面のギャップから、夜景や星の撮影スポット、カップルの隠れ場所(笑)まで知り尽くした感があるホームコースとなっているので、油断ならないがまあ怖くもない。

もし、夜に初めて登ってみようと思う人おられたら、ホントに気をつけて欲しい。
特に、下りの路面荒れている所、コーナーが巻き込んでいる所、カーブの途中にあるグレーチング(溝の蓋)、対向車が膨らむ所・・・視界が極端に悪いことを頭に入れておいて欲しい。

一歩間違ったら大事になり、場所によったら事故しても発見されないかもしれない。
準備万端で望んで下さいね。

朝ぶどう

IMG_0236

信貴山から西側へ下る峠、十三峠の南側なんで、ハルカスが右(北)側にみえています




今朝は、気分を変えて久しぶりの 信貴山~ぶどう坂

のどか村からの下り(ぶどう坂)、最初は森の中なんだけど
下半分は素晴らしい景観、大和川の流れから柏原・松原方面が望める。

残念なことに、下りきったら柏原リビエールホールから、国道25号を使わなければならないこと。
久しぶりのR25、とにかく交通量が多く主要幹線の割に道幅も狭めで、危険。

「こんな危ない道だったけ?」、慣れとは恐ろしいもので以前は走りやすいと思っていた。


国道の平坦路の速度が、夏前に走っていた時より明らかに速くなっている。
そう、十三峠ジテツウは、かなりの効果がある様だ、ギアも2枚重めでも踏める。
体重がじんわりと落ちてきているのも効いているようだ。

冬は凍結もあるので乗れないが、それまでは [十三参り] できる限り続けてみてみよう。

DSC_0644
 夜明け前の王寺から東の空

DSC_0651
 ハルカスがこれだけくっきり見えるのは、空気が澄んでいるのだろう

IMG_0232

IMG_02271

もうすぐ秋!?


IMG_0074
FBでこの写真に「もうすぐ秋ですね」って書いてたら、、、もう9月半ばや~!
って気がついた、いつまで暑いねん。

1

3

IMG_0077

十三朝景


3
 ひと山向こうの松尾山(矢田丘陵)TV塔から登る朝陽



気温20℃、久しぶりの気持ちのいい朝。
奈良側の生駒山は霧中に沈んでいる、視界がチョット不安。
実際は中腹で霧の海を抜け視界が開けた。
丁度ご来光、まるで雲海の上から拝観したような感じ。

そこから朝陽を背に気分よく峠へ。
改めて 『峠』 と言う字は良く出来てると関心(笑)。

大阪側の下り、今日は軽快に登ってくるFJT氏に遭遇、大きな気持ちのいい挨拶を頂く。
なんだか今日はいい一日になりそうな予感。

乗鞍まであと5日だが、今日は『決起会』と言う名の宴。
飲み過ぎ食べ過ぎ注意報、いや、警報だな。

1
 平群から生駒を望む

2
 霧を超えるとご来光

5
 影絵

8
 いつものところから大阪側の景色

6
 ハルカスが霞んでいる

7
 十三峠から大阪側へ、もう殆ど降りて来た

十三ナイト&モーニング

1
 登り始めの近景から空気が澄んでいるのが分かる

2
 ハルカス分かるかな

3
 月明かりの届かない道はライトで照らされた部分以外は真っ暗

5
 その夜は満月だったので、木漏れ月明かりはありがたい
 かなり増感(明るく補正)でこの明るさ、満月は白飛びしている

4
 中景?も素晴らしい

6
 ほぼ峠に近い十三峠からの遠景、この場所が一番好きかな
 この写真でも実際の風景には遠く及ばない

7
 さあ、朝も十三へ!出発時はまだ夜明け前

8
 昨夜のBESTスポットは朝見るとこんな感じ。靄(モヤ)がかかってきている。

9
 阿倍野方面の近景

10
 よく見るとハルカスが写っていました

全てSONY DSC-HX30V、トリミング&明るさ補正済み
SONYのデジカメはHRDでブレ防止が凄い。ただし、合成された画像は拡大すると塗り絵のようになっているのが欠点。ブレたら元も子もないので許容なのだが。

調子いい!?

IMG_3014
 昨夜の十三峠は、夏には珍しい澄んだ夜景。見慣れた風景だけど魅入りました
 取っ付きの、経法大超えたあたりからの近景が特に良かった



昨日のジテツウ帰路は久々の十三超、最近夏バテ気味で残業後に峠はおろかジテツウする気にもならなかったのだが、気持ちの問題もあるんで一汗をかいてきました。

走りだすと意外に軽快、サラ脚ということもあるんだけど、やっぱり身体を動かしたほうが疲れも癒える感じ。

六万寺から旧外環を南下して、貴島病院のとこから山側へ、大竹七丁目よりクライムオン!
荷物がかなり重かったのでタイム計測せずマイペースで登ります。

やっぱりチェーンとスプロケット(後ろギア)を変えたのは変速性能だけでなく、しっかりとトルクがかかる気がする。気のせいか!?
涼しいのも相まって、おっ結構軽快じゃん。

この日の大阪の夜景は、ハッキリクッキリ遠景まで澄み渡っていました。思わず立ち止まってしばし夜景鑑賞!
まあ、夏の金曜の晩と言うことで、夜景見に来てる車が多い!景色が見える所には必ず車が止まってます。
(危ないのでやめてほしい・・・)
グループの若い人たちの嬌声も聞こえてくる
「これスゲくねー!やばい」 「わーメッチャキレー」
何時も見慣れた夜景、褒めてもらってるようでなんか嬉しい。

あとは一気に登りましたが、ダンシングも多用できて珍しくイイ感じ。
何時も心肺よりさきに脚に来るのが、かなり粘れます。
乗鞍もこの調子で登りたいなあ。

あと、若者よ!オジサンが一生懸命走っている時は話しかけないでね。

「スゴイっすね!どのくらいで登るんですか!?」
「に、に、ひー、にじゅっぷ、ひー、以上かかるでぇ、はー!」

「何処まで行かれるのですか?」
「とうげ、この、とうげぇ、ひぃー、超えてぇぇ、はー、奈良のほうやぁ、ぜー」

まあ、元気もらったけどね。

気分よく登れたので、調子乗って広域農道もひと往復。
調子のりすぎて、今朝は筋肉痛がでてます。(珍しくスグだな!?)

IMG_3020
相変わらず、峠のパーキングは場所取りが大変そうな混雑

IMG_3033
奈良側の薄い(笑)夜景も、クッキリ良い感じです

IMG_3038
今日一怖かったのは、沈下橋
水量どうなのかなって、川面をライトで照らそうとして落ちかけた
あぶないあぶない、まじでやばかったー

暗峠ナイトラン

2427
 枚岡公園を超えると夜景が広がります、「絶景かな」と喜んでるのはこの辺りまで

2429
 「マジか!」と唸る、周りに誰もいなくても思わず声が出る激坂

2430

2433
 バイクや車は勢いを殺さないように走るので結構なスピード、コワイ

2442
 脇を小川が流れているからか涼しい、しかし自転車立てかけるのも大変

2450
 街灯が全くない部分が多い、街灯が恋しくなってくる

2454
 おっ、ガードレール裏に小さな灯りが!

2451
 ホタル発見!

2456


2460
 峠到着

2461
 奈良の夜景、大阪側ほどではないが結構キツイ
 ブラケットを握る手に体重がかかって親指の付け根が痛い

2469
 おまけ  帰ってきたらサザエさんでした

十三ナイト

IMG_2144
 峠のパーキングからは大阪平野が一望、夜景の中でうごめく影の車が目障り・・・


タイトルを見てウヒヒと間違う輩が必ずいるので、何度も書くが、
阪急のターミナル駅のネオン街フィーバーしたわけではない。

久々にジテツウ帰りに登ったから、折角なんで自慢げに書いておこう。
自転車趣味の(特にうちのクラブの)連中には全くふつーのことだが、
それはオカシイと断言しておく。
だって、夜に一人でチャリで峠だぜ~!がんばってんだぜ!
「ふぅ~ん・・」じゃなくて、、少しは驚いてほしいゾ(笑)。

IMG_2102
 登り口の八尾・「大竹7丁目交差点」

IMG_2106

IMG_2112

IMG_2116

IMG_2121

IMG_2131

IMG_2127
 車が通った瞬間に撮ってコレ、真っ暗け

IMG_2137

IMG_2149
 最後は、広域農道から王寺へ

風そよぐ朝

DSC_0468

 もうすぐ五月だなあ。
 気持ちよさそうに泳ぐ鯉達を眺め、脚を止めてしばし呆けてみる。

 おぉそれに順風やん、満帆やん(笑)。
 
 ジテツウに最高の季節です。

DSC_0482

迷走は楽し

DSC_0117

21:00過ぎに事務所を出てジテツウで帰路についたのだが、
何を血迷ったのか、全く知らないトコを曲がってみた。

路地に入り込んでしまい、迷い迷いて中央環状にぶち当たるも
全くの見当違いの場所。

そのまま中環を走ってR25に出りゃいいのに、
方向だけで進んだらまた迷走。

ようやく知ったところに(志紀)にたどり着いたら既に22:30。

よく考えたら、スマホはナビになるんだった・・・

でもね、いやはや、楽しいなあ。


寒空迷走で冷えきった身体を風呂で温める気持ちよさ。
ただいま、安ウイスキーとおかずでパソコン見ながらチビチビやってます。
明日は休みでええ気分。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード