やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

ジテツウ

ジテツウ開始!?

DSC05111

ジテツウ再開・・・と言うより、

「 ジテツウはじめてみました! 」

という感じの半年ぶりのジテツウ。


ポジションも変えたし、身体が馴染んでいないので、
山越えはもう少ししてからですが、とりあえず走り出しました。


昨晩は、以前のポジションのまま乗ったら、
「 なんじゃこりゃ 」 状態。

ハンドルは高いし、ブラケットは下むいてる。

きっとわからないと思っていた、サドル高の違いは明らかにペダリングに違和感。


きっちり合わせていたにも関わらず、BGで直したほうが漕ぎやすい。


今朝はBGで合わせてもらったバイクにできるだけ近づけるように直しました。

ハンドル-1.5cm、サドル-1cmダウン1cm後へ、ブラケットは水平よりやや起こす。

泥除けが付かなくなったので、買わなければ。


通勤号はMTBペダル&シューズ(SPD)なんで、スペーサーは入れられないけど、
カント調整(足裏角度)のスペーサーは今度購入しよう。


13006523_1031708070241904_8253212969864574558_n
昨夜は、久しぶりの夜間走行でキモを冷やしました。

家路に急ぐ、通勤の車が多いのは覚悟してましたが、
そちらに気を取られて、小さな段差や浮砂が見えてない。

休日朝の奈良とは全く違う状況。


DSC05127
早朝6時前後の国道は、通勤乗用車より、トラックが多い。

夜ツウと違って、路面の状況は見えているけど、車の脇はうんざり。


早く、気持ちのいい(しんどい)山廻ルートに変えなければ。

国道ジテツウ・・・

今週は国道ジテツウ。

やっぱ季節感じる峠越えがいいな。

いまは往復4時間の時間取れないので、、、十三まってろよ!

DSC00678
DSC00677
堤防の上を通る人を下から取る風景は好きですね。
自転車も実に画になりますよ(^^♪ やらせで撮ったりします。

DSC00687
大型で幅が広いのはわかるけど、あまりに接近してくるダンプ。

危ない車は追い抜いたら、
「4台後ろで、フィット後ろ」とか覚えておいて、
退避の準備しておくと対応できます。

案の定すれすれで抜いていった・・・ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆
どうしても追いつくので、止まって一息。
嫌がらせなのかな、危険なので先に行かせました。

DSC00690
夏の名残、遅咲きのひまわり、振り返ると逆光に輝いていました。

DSC00708
DSC00709
DSC00712
昼は大盛況のコリアンタウン(御幸森商店街)
朝はキムチ屋さんだけが6:00頃から開けてます。

店頭に並べたり、容器移したりして特に濃厚な香りが漂ってます。
ほかほかご飯で食べたいな、唾が・・・

お月見ジテツウ(帰路)

DSC00606
SONY DSC-RX100 105mmトリミング

昨夜は中秋の名月

休日出勤なので、早めの帰宅。
バッチリ快晴なので、ルートを夕日とお月さんがよく見える大和川サイクリングロードを使いまいした。

気候も最高、進行方向にスーパームーン※なので、気分のいいのんびりライドとなりました。

※スーパームーン…月が地球に最も近い位置での満月、一番遠い時に比べて大きさで1.14倍・明るさ1.3倍とひと目で “デカイ” と判るお月様です。

ちなみに、正式な満月は今晩(9/28)だそうです。
今夜も快晴みたいで、再び美しいお月見が出来そうです。


満月は対角にお日様がいるわけですから、美しい日の入りも楽しめました。
沈むと同時に月が上がってきました。

11934535_918868504859195_8266722554253894353_o
EOS-6D+30mmF1.4DC art トリミング


バッチリ撮ってられるFBお友達がおられましたので拝借
12014963_863213007088972_4518916988858785440_o
Photo by Akinobu Kuwata

日曜ジテツウ(往路)

急ぎの仕事が間に合わないので、日曜出勤。

せめてもと、ジテツウで行きました。

峠では、桜が落葉し始めていました。
何故かここの桜は紅葉するかしないかで葉が落ちてしまいます。

落葉後は視界が開けてくるので、景色が大きくなり、楽しみです。


IMG_2871

IMG_2886
IMG_2888
IMG_2899
IMG_2911

夜景と濡れネズミのジテツウ

久々のジテツウ

飽きもせず十三峠

お盆明けでまだ空気が綺麗なのか、夏にしては澄んだ夜景。

レンズ右側に手の油が付いていて、光源が滲んでるのはご愛嬌。


この日は峠の斜度が違うのかと思うほど進まない。

荷物を背負ってるのと、レーシング号からジテツウ号になったからと思いたい。
もし、お盆錬の疲労が出てるのなら情けないぞ。

なので、
カロリー消費だけを目的にして夜景を楽しみながら、のんびりと登った。

肩の痛みがキツイのと、左足が腰痛からしびれていからと、、言い訳はしておこう。


DSC00374

 【大竹7丁目】から1km地点、二車線区間が終わるヘアピン
 ここまでは勢いで登れちゃうので、はや1/4を経過とは思わない

 ま、ここからがほんまの十三峠なんだけど。

DSC00380
 1kmのヘアピンをターンするとしばらく北向きの斜面を登る。
 ここが夜景の第1ポイント!近景でハルカスもしっかり分かり気持ちのいい景色です。
 ただ、斜度はキツイ!

DSC00382
 走ってきた方向(南)に信貴山の裾野が影を落とす。
 街としては、八尾から藤井寺になるのか・・・

DSC00386
 1.8kmぐらいからルートは奥へと進む。
 近景の最後「大三角」、ハルカスが真正面だ。

DSC00389
 しばらく夜景はチラ見程度しかみえない、しっかりした夜景が再び見えるのは府民の森の入り口、Goalまであと350m地点のヘアピンあたり。ここが一番広がりがある夜景。
 ハルカスがハルカ彼方になる。

DSC00396
 奈良側を下ると所々から、地味ながら大きく夜景が広がって見える箇所がある。
 唯一明かりが集まっているのが、JR・近鉄の王寺駅近辺だけ。

-----------------------

翌朝AMに雨の予報でしたが、早朝なら大丈夫と踏んで事務所に向いました。

出陣直ぐ小雨ぱらつき始め、斑鳩から生駒を見たら雲の中・・・・
ありゃマズイ。

昨夜より更に重い脚と、痛い腰(尻)を引きずって、えっちらおっちら登ります。

平群からは小雨、広域農道まで登ったら本降りに
DSC00397
樹の下で、あまやどりがてらザックにカバーを掛け再出発

ま、この時期は汗でぬれるか、雨でぬれるかなんで、あんまり気にならない。

DSC00399
雨脚が強くなるが、展望パーキングで止み間に。

DSC00402
大阪の景色は雨なんで、覚悟して事務所に向かいました。

DSC00404
 おや、雨が止んだぞ!

DSC00406
 It's six o'clock.


峠の気温が20℃だったんで、下りはちょっと寒かった。
この感覚は久しぶり。

事務所についたら、6:50
ビショビショや~(ToT)

十三峠ジテツウの風景

ジテツウで使っている、大阪八尾の北東端~奈良の平群(生駒郡)へ抜ける街道。

「十三峠」と言う、旧街道筋の峠道。

本当の十三峠は、もう少し北側にある。
信貴生駒スカイラインの十三峠展望台がある所が近い、標高462m。
十三峠の由来となる、十三塚(国の重要有形民族文化財)がある。

ただし、一般道の生駒信貴山系を横断するこの峠路も、標識が「→十三峠」となっているため、現在の十三峠はココのことを指すことが多い。
ルートラボから見ると、標高432m。
大阪側は(大竹7交差点-スカイライン下のトンネル)距離4km・標高差396m。
平均勾配約10%のかなりキツイ登攀路となる。

奈良側は複数ルートが有るので割愛。


昨晩、今朝と好天で、まずまずの展望があったのと、デジイチを背負ってたのでいつもより少しだけ解像度が高い風景が撮れたと思う。


●大阪→奈良(帰路)

IMG_9521

IMG_9527

IMG_9565

IMG_9574


●奈良→大阪(出社路)

IMG_9596

DSC09950

IMG_9622

IMG_9627

IMG_9632

DSC09955

IMG_9642

峠ジテツウに戻る

8ヶ月ぶりの峠ジテツウ

夜、十三峠
朝、ぶどう坂

全盛時は19Tで登ってたのに、いやはやギアが足りん

※フロント34T/リア13-25Tです(;^ω^)

_0139


IMG_0140

ジテツウ朝景、初秋

1
 
2

4

朝の気温16℃
肌寒いぐらいが、登りにはちょうどいい

乗鞍終わってから、調子いいぞ

冷えた空気を全身に浴びながら
ずんずん進む

こんな贅沢な朝の通勤できるのは
きっと、世界中でも一握り

何が見える?

今朝は乗鞍前の最終ジテツウ。

本番の自転車ジャイアン号で。
(2011 TCR ADVANCED SE SL)

ジテツウ号(2003 GIANT TCR Composite TEAM ONCE)に比べて
登攀が軽快かと言われたら、、、ハテ(笑)
ジテツウ号はシットリ、ジャイアン号は固い!
その差はよく分かる、たぶんロスは少ないんだろう。

下りは圧倒的にジテツウ号のほうが安定している。
ジャイアン号は跳ねるし、突き上げがキツイ。

ブレーキも、ジテツウ号のほうが断然コントローラブルだし、効きもいい。
歴戦の勇士は、いまやカンパにシマノ・スラムを混ぜたミックスコンポになってる。
旧々カンパのブレーキがかなり好みの効き味だ。
(ジャイアン号はスラムRed)

ペダルもノンマークのSPDに対して、DURA SPD-SL。
シューズも安いMTBのスペシャのと、シマノのカスタムオーダー(熱成形)品。
全開で登れば違うのだろうけど、七分の息上がらないツーリングスピードだと、
さしたるアドバンテージでない。

高価な自転車は、軽さ以外、乗り味と見栄かもしれない(^^ゞ
(廉価でなく普及グレードと比べて)




さて、今朝は自宅の高倍率ズームコンパクトデジカメSONY DSC-HC30V
と簡易三脚を持ちだして、十三峠から大阪の町を撮ってみた。

モヤもかかっていて、条件は悪いがとりあえず幾つかランドマークは確認できた。


DSC03288
奈良側登攀中、雲間から朝陽が覗く


DSC03328
峠から大阪側全景

DSC03301

久宝寺メガシティタワーズ


DSC03311
通天閣はちっこいナ


DSC03316
大正から大阪湾、そして西宮港~東灘
中央に京セラドーム大阪


DSC03326
ハルカスと港大橋
港大橋(阪神高速湾岸線)は、とてつもなく巨大な建造物


DSC03330
大阪城と梅田、大阪駅が見える

朝焼けとインターバルジテツウ

知ってました?
大阪の日の出、いまちょうど5時ジャスト。
夏至の頃が4:44なので、16分遅くなっている。

ちなみに5月10日がちょうど今と同じ時刻の日の出でした。


ボクが峠越えジテツウするときは、5時前に家をでるので、
条件が良かった昨日今日と綺麗な朝焼けを見ることができました。

SNSやBlogを巡回していたら、大阪も北摂でも同様にそうだったようで、
あちこちで、日の出の風景が掲載されています。


(8/20)

DSC06768
積乱雲に朝陽があたって、雲の存在が引き立ちます

DSC06984
まるで、燃えているような朝焼け、平群から矢田丘陵を見ています
丘陵のは右に下がっていて、その先端が法隆寺です


(8/21)

DSC07014
川面に写る朝焼けの色は、空よりも色濃く写ります

DSC07010
踏切から東を見ると、赤い帯となって線路が伸びています


----------------------

9月7日いよいよ、
[マウンテンサイクリングin乗鞍]
20kmで1200mの標高差を駆け登るという自転車登攀競技。


7月・8月と、諸先輩からのご指導で、一番手っ取り早く効果が現れる
「インターバル登攀」でのジテツウをしてきたが其れも後わずか。

要は、登攀時に藻掻いては、息を整えて、又フル藻掻きする。


一回にフル藻掻きする時間を決めるんだけど、
時計を見れないので、ペダリング回数で区切って坂道ダッシュ。

当初は1分ということで、登攀ケイデンスから60ペダルに設定したが、
最初は60回ペダルなんてとても持たない。

そう、登攀での藻掻きはとてつもなく辛いのだ。

60ペダル藻掻きできるようになると、徐々に増やしていって
今は5%程度の登攀なら100~120ペダル
10%程度でも80ペダルに増やせている。

1本ダッシュの後は息も絶え絶え、脚も着かんばかりになる。
なんせ回復サイクルも登攀なので、、、心拍が落ち着かないのだ。


さあ、あと2週間ちょい
そろそろ、必死のパッチから卒業して、
乗鞍本番に、どの程度で走るかを試していかなければならない。


昨夜は、体調も良かったんで、大阪側(4km10%)をタイムトライアル、
最大負荷(ダッシュ)の7割のイメージで登り始めてみた。
7割イメージといえど、かなりキツイ。

500mもいかないうちにレッドゾーン、
1km地点でオーバーヒート、脚を緩めねば走れない状況、
2km超えたら、もう足が回らない。
残り2kmは言うまでもなく、登るだけで精一杯、結局いつもより遅かった。

ちょっと疲れ気味なのは分かってたんだが、ショックガチョピン赤信号点滅。



今朝は、まだ筋肉が張ってるので、
普通に登るだけ、カロリー消費のジテツウ登攀にした。

頑張るけど、頑張り過ぎない程度。

ところが、インターバルジテツウ始める前とは明らかに違う。

踏めるのだ。

坂なので勿論しんどいのだけど、いつも音を上げてシフトダウンする所を
スルスルとそのまま登れてしまう。
確実に1枚重いはずなのに、イケル。

DSC07027

高負荷に脚が慣れたようで、TTじゃ無かったのだがそこそこのタイムで頂を通過。

脚も身体(心臓)も、まだ余裕がある。


おーし!
少しだけ、目の前が明るくなった。

おーし、おーし!!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード