やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

仲間

岬町クリテリウム観戦

00
 新しいチームロゴ入りタープを、ジャージのデザイナさんが寄贈してくれました



JBCF岬町クリテリウムは、日本実業団自転車競技連盟主催のJエリートツアー(JET)2017年の関西での初レースとなります。

【VCベローチェ】は、今年からの新チームですが、去年末に惜しまれつつ解散した名門【クラブシルベスト】のメンバーほぼをそっくり受け継いでいるので、実はチーム員約50名、半数がE1(エリートカテゴリーの最上クラス)という大型有力チームという訳です。

なので、お顔見知りの方も多く、今回は全クラスに出場選手がいるので応援にも熱が入ります。


とりあえず、お役目の集合写真撮影は無事澄んだので、観戦しながら応援団や選手の皆さんをパチリパチリ。

調子乗って数百枚撮ってしまい後の整理が大変でした。

レース写真は、腕が全く追いつかないのでダメでしたが、いい表情のスナップが沢山撮れたので少しUPしておきます。

04
関西のレースなので、応援・観戦・お手伝いに沢山のメンバーが集まりました

03
02
01
ご家族での参加

05
きれいなお姉さんが最年少実業団員を激励!ですよね。

08
09
09__
監督がチーム表彰台一番乗り!サスガですね、おめでとうございます。

10
若きフェミニンのエース、期待できそうです

11
12
「イケ~っ!」 「踏まんか~!!」

3575 - コピー
自走で駆けつけました!

12_
12__
13
14
14_
将軍と参謀、戦況を見渡す

14__
E1クラスタで最初の表彰台の所長、今年のエースはキミだ!頼むぞ!

14___
15
「がんばって~っ!!」 「ねえ、いまパパ通った?」

3766 - コピー
15_
「おおぉ、意外と粘っとるな」 レースが終わった選手は余裕で観戦(笑)

16

その他写真:OneDrive

関連投稿:初陣(岬町クリテリウム集合写真)

初陣(岬町クリテリウム集合写真)

B
実業団メンバー集合写真撮影のひとこま



「初陣」
もちろん、ボクが実業団デビューするわけではない。

少し関わってきた、新チームの事実上の本格始動となるレース。


ボクはそのチームの兄弟チームに所属で、この日は兄貴となる実業団チームの応援と、冊子に載るチーム集合写真を撮りに大阪最南部の岬町に出向いていったのだった。


そしてボクのカメラも本格デビュー「初陣」となる。


レース会場は、みさき公園・・・・・の、ちょい先にある運動公園。

いやはや遠い。

電車で 南海「みさき公園駅」 まで行って、そこで車のメンバにピックアップしてもらった。
家から片道2時間強かかる。

レースは11時からだけど、全員が集まれるのがレース前にある試走直前なので9:50に集合写真を撮る。


絶対に失敗できない写真。

・集合写真は標準ズームで、お気楽スナップはXF56mmで撮ろう。
・メインカメラ以外にサブカメラも持っていって両方で使おう。
・ブラケット撮影と、RAW+jpgで出力して万が一にも備えよう。
・三脚もいるよな、手持ちと併用するだろうからクイックシューを付けおこう。

いろいろ考えていたのに、結局その時はアワワワとなって、レンズは集合写真撮るのに大変な中望遠単焦点(XF56mm)つけたまま、三脚使わず、設定は露出ブラケット撮影のみで撮っちゃった。

とても撮りにくく、団体の幅を距離の前後によって調整したので、サッと撮れずごめんなさい。


ボクの後からも仲間が撮ってくれていたから、万が一は一安心と他力本願。

しかし、新品の機材をいきなり大事な時に投入してはいけないのは、自転車もカメラも同じでした。
反省。


天候・撮影場所、そして統率取れたレーシングチームに助けられ、まずまずの写真が撮れた。

ありがとうございました。

33523967076_e9831e5356_o
 実業団ロードレースチーム【VC ベローチェ】 岬町多奈川多目的公園にて

06
提出するには横長すぎるのですが、HPとかで使いたいからと別ポーズも撮影

FUJIFILM X-T2 + XF56mmF1.2R
AVモードF1.8 ISO400 +0.3 トリミング

精悍な鍛え上げたメンバーと、鮮やかなブルーのジャージがカッコイイ!


お役目が終わった後は観戦!
スナップ写真を気楽に撮ってきました。

関連記事:岬町クリテリウム観戦

オヤジ強し

13698213_1084274528318591_3886396333256979660_o

梅雨明け、真夏到来だ。

乗鞍に向けて、練習しなければならないのだが、
自分に甘いので、先輩達にお願いして
連休に、稽古をつけていただいた。



13731569_1082753861803991_6437678427528998556_n

初日、akiさんせいさんと、
河内長野から紀見峠を超えて紀の川を遡上して
下市から明日香、桜井から大和川沿いで、王寺・柏原の
葛城山系のプチ周回ルート120km

写真は橋本市役所前のベーカリー【アークティック】
オーナーがローディーで、2Fイートインでゆっくりと寛げる
焼き立てパンは美味しくて、リーズナブル。
オススメです!

この後の紀の川(吉野川)沿いで、お二人の引き回しの刑にあって脚が終わりました。

明日香からは、サイクリングモードにして頂きました。

P7164621
あすか夢販売所で【あすかルビーソフト】

果肉が多いせいか、すこしシャーベットに近いソフトクリームです。
ここまでしっかりと苺の味がするソフトは珍しい、
自転車乗りが夏に立ち寄るにはぴったり、旨いっ!

syain002

もんちっちで、冷えた【シャインマスカット】
実は、冷えたフルーツ盛りか、カットスイカを狙ってたんですが、
まだ早くて店頭に並んでませんでした。
そこでオヤジたちは冷えたブドウに着目(笑)
シャインマスカットは、種なし皮ごと食べられる
超ウマウマの高級ブドウ、いやはやサイコー!

●昼食は王寺の【ドルチェカンパーニャ】
普通のイタリアン食堂ですが、ゆったりと出来て
セットのドリンクがおかわりし放題、、、
ピザとサラダと・・・・
アイスコーヒー×2、ジンジャーエール、ホットレモンティー
お腹いっぱいと言うか、お腹チャプチャプ(;^ω^)

実はルート近くに自宅があるので、
最初に離脱、かなりズルしましたが、
ちょうどいいハンデということで(;^ω^)

ありがとうございました。


二日目は家の用事で走らず。



13730778_1084274524985258_1528017767153175994_o
最終日はまたまた、せいさんと朝練。

いつも練習しているコースを案内していただきました。

生駒・精華・木津・・・
13707659_1084274531651924_4806349568351610575_n

走りやすい、でも平坦でないコース。
3~6%の緩斜度が多いルートで、頑張ったら走れちゃう絶妙のコース。

もちろん、実業団のせいさんは、ボクのペースに合わせてのんびりでした。
すみません(;´∀`)

路面もよく車も少ない絶妙のルートでした。

遅めのモーニングは
【ベルナールけいはんな店】

できたばっかりのパン屋さんで、イートインスペースが大きくて素晴らしい。
ゆっくりお話して解散。

ありがとうございました。



兄貴方との練習は、お話も面白く、奥が深い?です。
これからもよろしくお願い致します。

味噌作りパーティ

3021


先日、仲間が味噌作りを教えてくれるというので、勇んで出かけて行きました。

お味噌の材料を手配して、講習を頂きましたY先生
会場をを貸していただき、宴の用意を下さいましたM師匠
そして味噌作りという名の宴会を一緒に楽しんだ仲間に感謝です。

えっ、味噌作りビール飲んで見てただけだろ!って?

いいじゃないか(^^ゞ

・・・・スミマセン


メッチャ楽しかった~(≧∇≦)b


3033

3027

3036

3051

3039

3045

3065

3070

野沢くねくね

04500
外湯の一番有名な【大湯】、いやはや温もると言うか、、、アチィ!



sotoyu-map2
野沢温泉外湯マップ(野沢温泉観光協会)より

04505

野沢温泉には、公営の外湯が13箇所あり、それぞれ無料で利用できます。
(※正確には村民と宿泊客は無料、日帰り利用は賽銭を入れる)

泉質は基本、硫黄系(硫黄泉・含石膏等)で、泉源により幾つかのお湯があるようです。

04696

今回は、大湯と十王堂の湯に入ってきました。
内湯ももちろん温泉掛け流しで、室内と露天とで泉源が違っていました。

村の外湯13箇所はすべて無料、公営温泉特有の湯船の直ぐ脇に脱衣スペースがあるお風呂です。
こういう作りは初めての体験で、扉を開けたら、いきなり湯船と脱衣している裸の“おとっつあん”!(当たり前か・笑)、風情があっていいですね。
04732

訪れた2つの外湯は、熱い、とにかく熱い、熱い!!
【大湯】には、「ぬる湯」と「あつ湯」がありましたが、、、ぬる湯でも熱い、浸かるときには「う~っ」と声が出ます。
熱風呂が好きな人にはたまらないらしいです。

ボクは、、、、ダメだ。
ぬる湯1分でギブアップです。
調べた所、ぬる湯で43~44℃、熱湯はなんと45℃以上だそうです。



野沢の楽しみは、温泉だけに非ず。

こじんまりとした温泉街をぶらぶら、土産屋・居酒屋・泉源・寺社、、、由緒正しきニッポンの温泉街です。
土産や食べ物も地のものが多く、いいなあ。

雪不足でスキーを短縮させた事が残念に思えないぐらい街の風情が素晴らしい。

夕食前後、朝風呂の後、ゆっくり散歩させてもらいました。

04554
04573
04581


04566
04568

04701


04739
04754

同行の方が目につけていた、地ビールパブ「里武士」
04683
04687
04690
十種類ほどの異なる地ビールを味わえます。
4種類いただきましたが、どれもこれも、美味い!

イギリスからきたトムさんが、この地が気に入って開いたお店で2周年らしいです。
ゆっくりとしたいところですが、立ち飲みの混みあう店内なので、さっと飲んで引き上げました。
外国人が半数の店内、日本の粋を示しました。
、、、実は宿の晩飯の時間が迫っていました(^^ゞ

最終日は、前日の好天でさらに雪の状態が悪いと見て、DNS。
初めての長野、善光寺と東山魁夷美術館に行き帰路につきました。

04782
04774

初めての善光寺。
寺社仏閣は居住地域柄親しんでいますが、宗教的なものより、お伊勢さんと同じく「お参りを楽しむ」ところのような感じです。
長野駅から続く参道は、両側にお店が並びます。

04795
04785

東山魁夷、吉永小百合のアクオスのCMで有名な馬の絵しか知りませんでしたが、難しい美術とは違い、わかりやすい絵柄・タッチで、原画は大変良かったです。

作品を作り上げるのに、スケッチ・下画と何回もかけて仕上げていく行程は興味深く、もっと見ていたい、これ家に飾りたい(笑)という、気持ちにさせられる親しみやすさ・奥深さを感じました。

--------------------

今回プランから、宿の手配、アクセスの車までお世話いただきました、K様、いつもありがとうございました。
同行の、O夫妻、お世話になりました。

予想以上の充実した楽しい行脚となりました。
感謝とともに、又の機会も是非ご一緒いただけたらと切に願います。


(追記)
宿の場所からの、夕景・朝景が素晴らしかった!

04538
04539

04625
04618

Stella忘年会

0623

週末は所属自転車クラブ【Stella SILBEST】の更新説明会&忘年会

登録競技者グループ【CLUB SILBEST 実業団】は、全国屈指の強豪クラブチームということもあって、非登録のこのグループも200人近くを抱える大きなチームとなっています。
(実業団は今年3度目のクラブチーム日本一となりました)

当然のことですが、人が集まればそれだけ運営上の諸問題も多くなります。
大人の趣味の集まりですから、本来ならマナーやモラルで収まるべきなのですが、なかなか難しいですね。


真摯に議論を交わした更新説明会のあとは、忘年会!

同じ趣をともにする仲間ですから、大いに盛り上がりました。

メンバは素晴らしい人ばかりなので、このまま来期もうまく付き合って行きたいですね。


今季は肝心の自転車にあまり乗らなかった年でしたので、来年は頑張りたいと思います。

「目指せ乗鞍1時間○○分」
ここ数年は練習不足も悪天コース短縮でごまかしていましたが、今季こそ!

しまなみ海道、、、船の旅!?

IMG_3890

 [来島海峡大橋と夕日を馬島から望む]



10/17-18に仲間5人と、しまなみ海道を走って!?きました。

まれに見る好天ですたので、カメラ片手にのんびりと。

福山で前泊、翌朝車を向島に駐めて、今治のサイクリングターミナル(サンライズ糸山)泊で往復。

ルートは渡船をふんだんに使って、往復でも違う風情を楽しみました。


見所満載!


map_o


DSC03898
 サイクリストに開放されている【尾道市役所 向島支所】に車をおいて出発

DSC03913
 最初の橋[因島大橋]1270mが見えてきました

IMG_3629
 因島大橋をバックに、、、画になりますなあ

IMG_3645IMG_3648

DSC03936DSC03943
 [因島大橋]は向島-因島を繋ぐ唯一2階建ての橋です

DSC03951
 [因島大橋]を降りた所に[はっさく大福]のお店があります
 いやも、そらほら、、、[はっさく大福]めっちゃ美味い!写真撮るの忘れるぐらい。
 写真は[まるごとみかん大福]これもまた、はらほれひれ、、むちゃくちゃうまい!

DSC03961
 因島と生口島を繋ぐ[生口橋]790m 非常に美しい橋です

DSC03927
 [生口橋]へのアプローチ道に曲がるところで朝日をバックに1枚!

DSC03994
 [多田羅大橋]1480m 世界一の斜張橋です 愛媛県と広島県の県境となります

DSC04006_1
 [多々羅大橋]へは、農道を通る近道がありますが、、、、とんでもない激坂
 なにやらイミシンな看板がありますね。

IMG_3702

IMG_3698

IMG_3732
 [多々羅大橋]を降りたところに、道の駅併設の[多田羅しまなみ公園]があります。
 サイクリストの聖地と書いてありましたが、、、、ニセ五郎丸のおかげで雰囲気台なし

IMG_3733
 景観は抜群ですね

IMG_3750
 ここで、お腹を落ち着かせようと、名物を自転車で買ってきたpocky氏、、、見事にコケる
 食べ物はギリセーフでした、、、よかったよかった。

DSC04027
 伯方島で、昼食 [伯方の塩ラーメン さんわ]
 あっさり塩味のたべやすいラーメンでした

実は、、、軟弱4名はラーメン屋直ぐの伯方港からフェリーで今治まで(笑)

会長とイチイさんは自走で本寺の宿を目指しました、エライっ!

DSC04032
 いや、、、もう今日は終了(笑)

IMG_3800

IMG_3806
 船で大騒ぎの中年男女達、、、いや、貸し切りだったんで。。。

DSC04041
 今治のGIANTストアでお買い物してから、行ったん宿の[サンライズ糸山]へ

 そこから、pockyアテンド[幸せ夕日ツアー]

来島海峡大橋のひとつ目の海峡を渡った橋脚がエレベーターになってて
下の[馬島]へ降りることが出来ます。

DSC04068

島の海岸線を走って、、、、林の中へ、、、岩のトンネルを抜けると素晴らしい景色が

IMG_3878
 間近で海峡の潮の流れを見ることが出来ます、渦巻いてとてつもなく早い流れ
 向かいに見えるのが、今治の街ですね

海峡を跡にして、夕日スポットへ

好天でもあって、説明不要の景色を楽しむことが出来ました!

IMG_3890

IMG_3922

IMG_3923

IMG_3934
 大阪湾では決して見ることの出来ない空の色と夕焼け

DSC04087
 向かい合うだけで、一つの作品が生まれます

一日目終了・・・




IMG_3941
 [サンライズ糸山]とはよく言ったもので、部屋の窓の朝の風景がとんでもない

DSC04120DSC04136
 前日乗船したので走らなかった、ルートで大島の宮窪港へ

そこから、一旦全員でフェリーで[伯方島]へ渡ります
IMG_4003

IMG_4009
またまた画になるふたりですね。。。
 

伯方島尾浦港から伯方港へチョイはしり、

弓削島へフェリーで向かうグループと、自走組(会長とボク)に分かれて進みます。

伯方島の普段走らないルート(時計の4時から8時の方向へ左周り)は、車はほとんど走らず
緩いアップダウンと絶景で、最高のルートでした。

10450002_740032719435500_8887437424026489051_o
 [伯方島]から[多々羅大橋]をバックに (撮影:会長)

 [大三島橋]から[大三島]へ、[多々羅大橋]を抜けて[生口島]へ

DSC04153
 [多々羅大橋]からまたまたショートカットコース、激坂だけあって絶景です。
 周囲はみかん畑、まさに瀬戸内の風景

DSC04159

DSC04163

IMG_3753
 最後の寄り道は、特産のレモンのお店[リモーネ]

因島[はっさく大福]のお店で、船組と待ち合わせて、無事[向島]へ帰還

最後に地元の人が食べてる広島焼きのお店で、遅い昼食。
お疲れ様でした!
IMG_4047

今回、すべての計画と、予約・会計処理をしてくださったpocky氏に深く感謝です。

最近で一番楽しい行脚でした。
また行きましょうね!

参加:おーNo!会長、早さん、pockyさん、やよしさん、いちいさん、ボク!

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍

IMG_1420
レース当日朝、宿近く。
受付に向かう自転車で賑い、蕎麦の花が朝日で輝いているはずなのですが・・・


今年も行ってまいりました。

乗鞍ヒルクライム!
正式名称:全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 2015

今年は、第30回記念大会です。

最近2年は風雨のため、ショートコースにての暫定開催

●2013/9/1、コース上部暴風雨のため位ヶ原まで
http://torachichi.blog.jp/archives/32369250.html
うーんこの時は痩せてましたね。。。

●2014/9/7、暴風でゴール手前に落石多数のため大設計まで
http://torachichi.blog.jp/archives/40746750.html

今年は走れるやろ~!
3年連続短縮コースはないわなあ・・・・

さてさてどうなることやら。

IMG_1376
今年のアクセスは6人のため、レンタカーをチョイス。
ハイエースの3列シート9人乗りを利用しました。IMG_1377
さすが、商用車。
6台の自転車とローラー3台、スペアホイルに各自の荷物を
荷室だけで軽々と詰め込めてしまいました。

さすがにガテン系の車だけあって、シートは小さく足元は狭いのですが、
広い幅と高い天井で、各列2名なら余裕です。

初日は移動だけなんで、のんびり出発。
昼飯は毎度の高山の【自然薯の里 茶々】
IMG_1381

時間もあったので、山間にあるウマウマのお豆腐屋さんにも寄りました。
IMG_1407IMG_1402

IMG_1396


昔ながらの清流と地釜作りのお豆腐は遠くからも買いに来られる銘品です


IMG_1397

運良く揚げたての “お揚げさん” もあったのでその場で頂きました。
(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!
※(笑)某グルメブログからのパクリ・・・

でもホンマに美味い!
でもって、超オススメが豆乳。
飲む極上豆腐、大豆の味が濃厚で甘い!

こうしてハイテンションで乗鞍温泉高原に到着。

整備して、ローラーを少し踏んで、別宿の仲間と談笑。
良いレース全実を迎えられました。

食事も温泉も満足で、世界陸上を見て、アスリートイメージを高めて就寝(笑)

 ・
 ・
 ・

夜中、目が覚めたら嫌な雨音。
聞かなかったことにして二度寝。

朝目が覚めたら、外を見ないでトイレを済ませ食堂へ!

食堂の窓からの景色は、、、、見事!な雨。
それも、今までにない大雨。

IMG_1428

大会情報を慌てて皆で確認しますが、特に情報が出てません。
とりあえず、荷積み(ゴールに運んでもらう荷物を預けに)に行って、
着替えます。

最初のスタート、チャンピオンクラスのまーちゃんがまずは出陣していきました。
って、おいおいスタート5分前やで、間に合うんかいな(^_^;)

直ぐに帰ってきて、、、「出走間に合わんかったんかいな~(ToT)」

じゃなくて、、
「1時間遅れのスタートで、三本滝Pまでになった・・・」
IMG_1425

ここで、モチベーション崩してDNSを決め込んだ人が約半数。
(全体でも60-70%ぐらいDNSの感じでした)

スタートを豪雨の中で待ってるのは、身体冷やすのでギリギリまで宿にいて、
スタート地点へ。

ギリギリすぎて、自分の組捜してたら、直ぐにスタートの集合のアナウンス。
「男子ロードバイクE第5組、出走5分前」
<(;゚;Д;゚;)>ヤバー!<(;゚;Д;゚;)>ヤバー!


慌てて仲間の方と挨拶交わして
「いってきますっ<(ll゚◇゚ll)>」
ビニールブクロの雨除けをかぶったのを忘れてて、別グループの応援の美女たちに教えてもらい事なきを得ました(笑)

危ない危ない、あのまま乗ったら、漕げないし、風で凧になるし大変なところでした。
いやはや、ありがとう。


さてさて慌ただしくも、スタートです!

雨が酷いなあ、メガネの雨滴で前が見えない。

コース7km、斜度が緩い部分のばかりなので最初から集団はハイペース!

ここを飛ばさないとタイムは出ないので、早い人に頑張ってついていきます。

休暇村超えた辺りで太ももが張ってきて、やはり失速、、、


チョイ脚を休めてから、ゴールまではダンシング併用でなんとかかとか・・・

最後で仲間の「とらちちさーん、頑張って~」の声でスプリント(笑)でゴール。

サイコン電池切れだったので、タイムは読めません。
ゴール後追い付いてきたクラブ仲間が22分って言ってたから25分超かな、ちと落胆。
DSC00410
 顔丸いなあ(-_-;)、体重74kg・・・


雨はさらに酷く、、、

濡れネズミで宿にもどると、先着組のライバル?が、
「負けた---」って。

速報タイムがでていました。

0:22:48.991

今年の練習量と体重を思えば、上出来だと思います。

さ、また来年頑張るぞ~!

IMG_1387
お豆腐屋さんまたよって、おみやげ購入。

IMG_1433

IMG_1436
帰りには、毎度の高山【チロル】へ。



●過去結果
'03…暴風雨のため中止
'04…1:28(73kg)
'05…1:34(77kg)
'06…1:31(76kg)
'07…1:31(72kg)
'08…1:32(74kg)
'09…1:32(74kg)
'10…抽選ハズレ
'11…抽選ハズレ
'12…1:22(69kg)
'13…位ヶ原0:58(70kg)
'14…大雪渓1:14(71kg)
'15…三本滝P0:22(74kg)

内灘打ち上げ

DSC00338

6月に行った、内灘ロードサイクルの打ち上げ(兼乗鞍・鈴鹿事前親睦会)
去年に引き続き、ボクらのチームが幹事になり行いました。


梅田店にほど近い、

イタリア食堂 【タベルナ エントラータ】


いやはや、もともと陽気な連中が、飲み放題で(今回はワインが含まれたので)えらい盛り上がりになりました。

DNFはいなかったものの、どうやって家に辿り着いたのかなって人が多数出たそうです。
(事後調査にて)

ご参加の皆様有難うございました。

また、集まりましょう。

仲間っていいな。

_DSC00326

_DSC00329

_DSC00334
 内灘ロード、チームTTで入賞の女子チーム(2チーム6名のうちの参加者)

天神祭

DSC00029

縁あって、今年も担がせて頂きました、天神祭 「鳳神輿」

日本三大祭(祇園・神田・天神)の一つ天神祭は、神様に年に一度、氏地の平安をご覧いただこうと氏子が御供の行列を組んで陸渡御・船渡御を行います。

その行列のしんがりが、2基の神輿(玉神輿・鳳神輿)で、鳳神輿には菅原家の祖と伝承される野見宿禰(のみのすくね)が祀られています。

神輿の重量はおよそ2tと言われており、60~70名で担ぐため、単純に割ると一人30kg程度の計算になりますが、垂直に均等に担げるわけではなく、実際は40-60kgの負担が掛かると思われます。

重いんです。

とんでもなく。

そのため、2組で交代しながら、さらに交代要員を含めて160-200名もの担い手が必要となります。

IMG_0682
 昼過ぎに集合して、法被に鉢巻きに着替えて、出番を待ちます


P07250034
 天満宮を出発し、市内を回る「陸渡御」を行い、天神橋の北西端から「船渡御」となります

陸渡御では、お世話になっている方や、神事に関係するところで止まって、
神輿を「差して」(頭上に持ち上げて)、大阪締め。

「う~ちまひょ」 (パン・パン)
「もひとつせ」 (パン・パン)
「いおうてさんど」 (パ・パン・パン)

今年は友達が各所からの応援をいただきました。
照れるけど、元気でますね、ありがとうございます。

IMG_0729

IMG_0747
 天神橋から渡船、ものすごい人が見物しています

IMG_0840
 船渡御の間は、のんびりと休憩
 弁当・BEERで花火見物、、、最高(^^)v

 しかし、iPhoneのカメラ侮れませんな。

IMG_0992
 花火は、超特等席、近すぎて、花火の熱気を感じ、灰が降ってきます

DSC00063
 船渡御が終わったら、天満宮までの直線300mが最大の見せ場

 担ぎ手の皆さんは気合い入りまくりになるので、担ぐ場所の確保も難しい


DSC00074

DSC00102
 宮入りで最高潮に!
 境内をひとしきり回って、神輿を収め神事に幕を閉じます

 今年は少し遅れてて、23時近くになってしまいました。


 比べてはなんですが、今年は非情によい担ぎができたとおもいます。
 一体感がありました。

 満足して、終了。

 ご関係者の皆様、応援に駆けつけてくれた友達に感謝です。

(写真提供:akemiさま、ひげハバさま)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード