やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

日常

年度替わり

DSCF1560

先週から、なんかドタバタ。


自宅では子供らがそれぞれ進学なんで、何するわけではないけど落ち着かない。

週末は毎年の季節の行事で予定あり。

うちの事務所は年度末を3月末には設定していないのだけど、月末処理と、他社の年度替りに巻き込まれて、納期集中と、年度変わってからの注文で参った。

週末FAX入れてられても、納期4/4はムリっす。
幾つか間に合わずに怒られました。


花見ポタリングの写真、いいのがありそうなんだけど、全然まとめられなくて、違う写真で濁しておきます。

今朝は雨の花見通勤。

濡れた花びらがあちこちについてて情緒ありますね。


DSCF1545
水平が分からなくなる風景です。
鳥居が歪んでるのかな・・・

XQ2、やっぱり派手な絵作りです。

近況

当ブログ、生きているんですが・・・ほぼ閉鎖状態。

忙しいといいうか、ずぼらなんですね。
イカンイカン(;^ω^)



あれやこれや、色々イベントあったのに、全部すっぽ抜け。
これからは、またUPしていくんで、たまには覗いてやって下さい。

デジカメ写真も、撮ってはいるんだけど放置プレイ。
カメラも複数台で、枚数もあるからエライことになってます。

すでに、天神祭の写真が行方不明(TT)


最近、後処理でモノクロにするのがマイブーム。
特にハイコントラストに仕上げるのが好みかな。


05006mc

05003mc

05004mc

0792mc

06794mc

00626cm

奈良の春告げ行事

2
 河合町からの撮影の若草山、直線距離でおよそ15km
 EOS 6D+EF70-200F4L 手持ち撮影、トリミング&補正済 



25日(土)夜、古都・奈良の新春を彩る伝統行事「若草山焼き」行われました。

18:15頃から花火が上がり、その後点火。
10分ほどで、一の重(若草山は別名三笠山といい三重に山が重なって見える)は、ほぼ燃え尽き、その後後ろの二の重・三の重に燃え広がっていく幻想的な様子が確認できました。

奈良盆地の広範囲から見え、自宅付近の高台からも十分肉眼で見ることが出来ます。

来年は機会があれば、さらに近づいての鑑賞を楽しみたいと思います。


3
 手持ち撮影の4画像を、画像編集アプリで合成

1
 山焼き前の、花火の風景(手持ち撮影3画像を合成)

近況

IMG_0858

今年春より職場の体制が変わり、てんてこ舞い。
Facebookには写真&メモの近況をUPしていたが、仕事の合間(笑)に書いていた当日記の更新も当然滞り気味になってます。

懸案の決算処理も2ヶ月遅れで、ようやく一段落~!
今季は溜めないようにしなくては(;^ω^)

十三峠をジテツウのメインコースにして4ヶ月目、まだなんとか続けています。


記録としてはココに書いておかないと、、、と思っても忘れたので
手元に残ってた写真だけちょこちょこっと・・・


IMG_0581


IMG_0642

IMG_1963

IMG_1891

IMG_2031

1383144_536673803078669_439698151_n

1380285_536673676412015_920133117_n

1381404_539866752759374_2130120380_n

1378776_545090958903620_345644889_n

934030_537711569641559_1976785619_n

ソフトケース

IMG_2823

最近、スマホをよく落とす様になった。

壊す前にハードケースから、衝撃吸収性が期待できるソフトケースに変更。
シリコンジャケットは滑り止め効果が強すぎて、カバンやポケットから取り出しにくのでキライ。
ソフトケースなる、ポリウレタン製のものにした。

ヤマダ電機のなんば店ですら、この機種(P-02E)のは4~5種類しかない。
iPhoneのは、15mぐらいの幅で天井までいっぱい並んでる。

アマゾンでカバーの検索かけたら、
 iPhone5 … 528,857件
 P-02E … 41,621件

すぐ黄ばむな、漂白剤(塩素系)でぼろぼろになるな、注意書してないけどクレーム大丈夫かな?と、心配してしまうのは職業病。

保護フィルムも2枚入っていたが、画面の大きなスマホにホコリ付けないで貼るのは至難の技なんで、擦り傷いっぱいだが、いまのままでいいいや。(スマホ買った時、店員さんに頼んで貼ってもらった)

[上手く貼るコツ] 検索したら、「裸になって風呂場で貼れ」 あった、想像すらしたくない姿だな。

FBのお知らせ音が鳴ったが、何処に有るか早速探してしまったよ。
前の赤いケースは目立ったが、コレはデスクの上じゃ保護色だ。

藍天

IMG_2259

 車窓から生駒山頂を望む、青い空が天を覆う



「あおぞら」を変換すると、「青空」以外に、
青天、碧天、蒼天が候補に出てくる。(せいてん)(へきてん)(そうてん)
いったいどれが一番「あおい」のだろう?


【青は藍より出でて藍よりも青し】
という、青を比較に使ったことわざもある。

弟子が師匠の学識や技術を越える
という、筍子「出藍の誉れ」の一節、「青、取之於藍、而青於藍」
からのことわざで、努力すりゃ師(才能)を超えることができる、と言う尊い文言。

と言うことは、青が藍よりもっと「あおい」(鮮やか)ということか?
しかし[藍](あい)をつかった、「藍天」は熟語としてはないようだ。

個人的には、藍色(インディゴブルー)は好きな色。
色の優劣は個人の好みだから、どっちがどうとは言えないよね。

【青は藍よ・・・】の後には、「氷、水為之、而寒於水」
【氷は、水之を為して水より寒し】と言う文言が続くのだ。
せやったんか~、初めて知った。
古典・漢文は一番苦手でサボってたからなあ・・・

ひとつ賢うなった、、、かな?

今週末はいよいよ王滝MTB100km。
辛いならせめて「あおぞら」の下を走りたい。

新緑の候

IMG_2053

IMG_2050

快晴に新緑、歩くだけで癒される。

体調いま今ひとつなんだけど、
頭を夏バージョンにしてスッキリ。

今日は初夏の気候らしいが明日から下り坂、
週末の天気が気がかりやね。

IMG_2056

スマホデビュー

540779_440772319335485_944550272_n

実は、スマホデビューして1週間が経つ。

今の携帯が調子悪いのと、3月の購入が一番お得と聞いたから・・・

ボクの携帯はDoCoMoの法人契約。
したがって、DoCoMoのスマホへの機種変更となる。

法人であることと、Foma回線からXiになること、
そしてポイントが欲しいからドコモショップでなくヤマダ電機で購入したことから
手続きがかなり面倒くさいことになった。

開店と同時の10:00に携帯・スマホのコーナーに行って、
候補の3機種の説明と、法人の料金(機種代・通信料等)を聞くのに30分
契約説明と契約(必要書類が揃ってなかったので途中まで)に1時間、
昼から残りの契約と、使えるようになるまででさらに1時間半と、
その日の大半を潰してしまった。

それからが更にたいへん。
携帯電話とスマホは、全く違う物であることを認識させられた。
家庭用電話機とパソコン、自転車と自動車ぐらい違う。
電話とメールするのにも一苦労。

最低限のことが出来るようになったら、新しい機能を覚えていく。
andoroidの入門書を買って一通り試していく。

特に、wifiの接続にはかなり手こずった。
指示の通りには行かないので、いちいちネットで調べて
同じ事例を解決した方法を片っ端から潰していく。
結局ルーターを買い換えてしまった。

こりゃ止めどなく時間を喰うな~。
知らなかった方が幸せだったかもしれないが、
便利さにも魅了されつつあるのだ。

IMG_1329
 しばらくメール着信が気づかなかった。
 こんなトコに着信アイコンがあったのだ・・・老眼では見えん!

お姉さんの怪我

IMG_1281
 ソファーの脚に負けたお姉さん、かなり痛そう・・・(涙)

足元不用心で、子供の頃からしょっちゅうモノを蹴ったり踏みつぶしたりする。
相手の方が強いとこの有様。


さて、指の呼び方、
親指・人差し指・中指・薬指・小指

外側から2番めの指は、「薬指」 「お姉さん指」 と呼ばれている。

なぜ「薬指」なのか?
主な説は、

(1)薬師如来が悟りや祈りを象徴的に表すのに印相に使う指で、「クスシ(薬師)指」と呼ばれたから。
(2)昔は薬を溶いて塗るのに余り使わないこの指を使って塗った俗習から。

があるようです。

「紅差し指」 と言って、紅(口紅)を塗るのに使う指ということから呼ばれたことからも、(2)説が有力じゃないでしょうか?
子供に聞かれても説明しやすいしね。


そして薬指といえば、指輪。
なぜ結婚指輪は左手の薬指なのか?

単に、一番使わない指だからと言う説。

又、古代ギリシャでは、愛を司る血管が心臓から薬指につながっているとされており、より心臓に近い左手の薬指に、永遠を意味する丸い指輪をはめることを結婚の誓いとして、その後ローマ教会が正式な結婚の儀式としたと言う説。

両手を合わせ、 次に左右両方の中指を折り曲げて、第二間接同士をぴったりくっつけると、薬指だけが離すことができないらかと言う説。

これまた諸説あるけど、一番邪魔にならないからというのがホントじゃないかな?

大阪の降雪

IMG_1209

 駅から出ると、そこは雪国・・・
 では無かったが、今朝の大阪は珍しい細かい雪。



wikiによると、降雪には慣習的に7つの分類があるらしい。

 たま雪、こな雪、はい雪、わた雪、もち雪、べた雪、みず雪

全てひらがなの部分に、意味や形状が含まれているので説明は不要ですね。

ちなみに、「津軽には七つの雪が降る」らしい(笑)です、

♪ 降りつもる雪 雪 雪 また雪よ
 津軽には七つの 雪が降るとか
 こな雪 つぶ雪 わた雪 ざらめ雪
 みず雪 かた雪 春待つ氷雪


ご存じ(な人は中年)、新沼謙治の「津軽雪女」の一節、
ただ元々は、太宰治 「津軽」 の冒頭

津軽の雪
 こな雪
 つぶ雪
 わた雪
 みづ雪
 かた雪
 ざらめ雪
 こほり雪

からの引用した様ですね。

めったに降らない大阪近郊に住んでいると、「雪」は心が浮き立つ響き。
雪国地方には、津軽に限らず多くの雪の種類を表す言葉があるようです。
イヌイット(エスキモー)なんかは、雪の色まで分類があって、
50種類とも、いや100を超えるとも言われています。
生活に大きく関わるので発達した訳であって、
「情緒的だなあ」なんて思うのは苦労をしらない人の勝手ですね。

大阪にいたら、「みぞれ」 「ただの雪」 「ぼたん雪」 ぐらいしか分からないけど、
たまには雪景色みたいよなあ。

IMG_1212
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード