やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

ファミリー

高校駅伝

01316

この週末も雨。

台風が2週連続、それも週末を襲う。
その前の秋雨前線の停滞を含めると週末だけでも3週連続。

クラブメンバを誘って、奈良のノンビリサイクリングを予定していたんだけど、もちろん中止。


ちょうど、親近者が出場する駅伝があるので応援に行った。

「奈良県高等学校駅伝競争大会」

全国大会の奈良県予選でもある。

橿原公苑の外周を回るサーキットコース。

当日は台風の最接近とあいまって、かなり強い雨がふっている。
橿原市に警報が出たら中止となる。

警報は明日香・御所と近隣地域まで発令されたが、ぎりぎり競技地域は注意報でとどまりスタートです。


男子はフルマラソンの距離 42.195km を7人
女子はハーフマラソンの距離 22.0975km を5人
で襷をつなぎます。

高校駅伝は、華の1区が一番長い距離で、各校のエースが揃います。
なので、1区の先頭集団は速い早い!

一番強いのは専門の選手を擁している「智辯カレッジ」(智辯学園奈良カレッジ)
毎年男女とも1位を群を抜いたタイムで連覇している。

あとに続くのは「奈良育英」、そして公立の「平城」「添上」が強豪校。
近畿大会へは、上位6校が出場権を得ます。


駅伝は長距離のリレーなんで、7名ないし5名のメンバーを揃えなくてはならない。

・駅伝専門選手を擁しているクラブ
・中長距離の速い選手を駅伝抜擢しているクラブ
・中長距離の選手で駅伝チームを組んでいるクラブ
・中長距離選手だけでは頭数が揃わず、短距離や投てき選手の中でから走れる選手を混合しているチーム

各校陸上部の事情により、出場選手は様々、やはり前述の順番に強いように思う。

ただ、駅伝はチーム戦なので、飛び抜けたエースが要るチームより、穴がない均等に早いチームが強かったり、5人の距離がバラバラなので、組み方が上手く行けば上位チームも食えるのが面白い。
やっている選手も、駅伝は楽しいらしいです。

そうは言っても、雨の中、必死で駆ける選手、ずぶ濡れでサポートする仲間の高校生を見ていると、胸熱くなりますね。

そして、30年(35年?!)遡って、自分のクラブの頃も思い出しました。

結果は男女とも、王者・智辯学園の勝利で終わりましたが、それぞれのチーム・選手に意味のある大会になったと思います。

近畿大会は、11/19日に能勢であるんで、近くの方はチラと覗いてみてください。
薫英女子(女子優勝)・西脇(女子2位)・洛南・立命館宇治等々は昨年全国大会でも上位活躍しました。
全国屈指のスピードランナーを観る絶好の機会です。(通行止め注意)
http://www.town.nose.osaka.jp/kankou/event/2638.html



01301
01316

初豪州、ケアンズ!(初日・キュランダ)

00953

9月は、決算処理や乗鞍の練習等でサボってたツケもあって例年どおりバタバタしてますので、久々の更新。


実は、シルバーウィークに自身初めてのオーストラリアへ行ってきました。

ツアー旅行だと思ってたので、全て家族に任せっきり。

前日まで滞在地のケアンズどこにあるのか?
そしてどこを回るのさえ知らずでした。

旅行会社に往復の飛行機・素泊まりのホテル・「グレートバリアリーフ」のツアーを頼んで、その他は息子が英会話の練習兼ねて現地でチケットやレストランの手配するのだとか!?


「マジか・・・」

ボクは全く英語ダメ。

自慢じゃないが、高校の時は赤点で補修を受けたクチ。

ま、なんとかなるか・・・ちょっと不安。

オーストラリアは南半球なんで、季節は春の終わり。

ケアンズの緯度は北半球で言うと沖縄はおろか台湾より更に南のフィリピンぐらいのらしい、熱帯~亜熱帯に属する。

丁度乾季で、春先とはいえ最低気温18℃・最高気温28℃、今の大阪と変わらない。



ケアンズまでは、ジェットスター機で関空から7時間。
経度があまり変わらないので、時差は1時間先行しているだけなのはありがたい。

00767

早朝空港付いて、トランクルームはホテルへ預けて街ブラ。

「おー、道が広い!空が広い!」

この日は、世界遺産の熱帯雨林の村 「キュランダ」 へ。
往路はキュランダ高原列車、復路はスカイレール(ゴンドラ)とバス。

スマホはその日に現地のwifiルーターを借りるのだけど、キュランダ鉄道の出発時間より後なので今日は使えない。

キュランダ駅の場所は直ぐに分かったが、巨大なショッピングセンター隣接でチケット売り場の立てものがわからない。
物怖じしない息子は、いきなり歩いているお姉さん捕まえて、片言英語で尋ねている。

「丁度出勤の駅のスタッフみたいで、あの歩いてる客に付いて行けって」

程なく、駅舎?
並んでいたら、2つ窓口のシャッターが上がる。
ひとつのスタッフはなんと日本人だ。
日本人らしき数人は、皆そちらに。

が、、、息子はあえて現地スタッフの方に(;^ω^)
なんとか英語を使いたいらしい、まあ、任せてるからいいか…

なんとか鉄道・ゴンドラ・バスの手配を済ませることができたのには感心。
00772
00778

後も万事がこの調子、日本人のスタッフや店員も多いケアンズだが、あえて避けて生の英語に触れるようにしているみたい。
がんばってください(笑)

観光都市ということもあって、語彙と基本フレーズがある程度あれば、なんとかなるのだが、英語から離れて30年、ましてやリスニングは全く出来ないのでボクはお手上げ。

しかも、オージーの英語は聞きづらい。

ケアンズは一時よりは日本人減ったとは言え、前述日本人経営のお土産屋はいくつもあるし、大きなホテルやレストランでは日本人スタッフがいることが多いし、日本語のメニューもあったりするので海外でも敷居は低い。

話は戻って、
【キュランダ高原鉄道】は、日本で言えば嵐山のトロッコ列車みたいな立ち位置かな。
あの 「世界の車窓から」 で、オープニングの看板映像を10年務めたことが有名。
00784
00788

自動車が “日常の足の国” なので、列車は完全に観光用だ。
見どころでは、速度を落として走るし、景観のいい駅で、10分以上停車したりする。

雰囲気はトロッコ列車より、ディズニーランドの「ジャングルクルーズ」や「カリブの海賊」に似てるかもしれない。

00799
00801
相席は、カナダからのカップルだった

00815

幾つか滝の横を通るのだが、乾季なので残念ながら瀑布という感じではない。
雨季はスゴイらしい。

33km、1時間45分かけて、熱帯雨林の森を抜けて、キュランダ駅に到着。
00832
00824

キュランダ村の観光通りはそんなに大きくない。

00835
00840
街路樹と言うにはでかすぎる異様な木、ケアンズの通りや公園にも沢山植わっていて目を引く。
「カーテン・フィグ・ツリー」 と言う熱帯の樹木で別名「締め殺しイチジク」。


とりあえず、お腹がペコちゃんなんでブランチだ。
00843
とにかく、ハンバーガー&ポテト(笑)
当てずっぽで入っcafeレストランだったが、肉肉しくて結構美味い。

オーストラリアは、円安もあって日本円換算すると物価が高い。
レートはだいたい 1オーストラリアドル≒92円
為替手数料もあるし、計算し易いので滞在中は頭のなかで100円換算していた。

だいたいモーニングやランチのプレートはA$10~20
この店のチーズバーガーにフライドポテト付けて約A$20
最初は 「¥2000かよ!」 とか思ってたけど、慣れる(笑)

飲み物がA$4-5ぐらい。
スーパーで買っても、コーラの500mlペットがA$3とかだから、ボッてるわけではない。

ただし1プレートで、日本人中年男性ならお腹いっぱいになる。
とにかく、肉の量が多い、ベーコンやハムもてんこ盛りだ。
少食の女性なら余すと思う。
カップルなら、ワンプレート+2ドリンクでシェアしたらいい感じ。


気候がいいので、とにかくテーブルサイドが、テラスや通路にOPENになっているところが多い。
室内で食べてる人は少ない。
と言うか、席数も圧倒的に野外の方が大きいお店が多い。

日本だと、蒸し暑かったり、寒かったりだが、こういうところは羨ましい。
とにかくテラス席は気持ちいよな。

あと、山の中のキュランダは勿論、ケアンズも鳥が多い。
それに、鳥も 「外人」 なのだ。

デカイ、派手、物怖じしない、賑やか、足が長い!

00850

キュランダの街をぶらぶらして、土産物屋を冷やかしたら、時間が余ったんで、予約時間より早いが帰路に。

キュランダの街は小さくやや寂れており、特筆するところも無いように感じました。
ググれば、いろいろと出てきますのでそちらでどうぞ。

帰路は8kmほど熱帯雨林の上を通る名物 【Sky rail】。

00867
00868

日本のスキー場にある、少し大きなゴンドラと同じ。

途中駅があって乗り換えして、観光下車もできる。

少し歩くと、行きにキュランダ鉄道で見たおきな滝の逆サイドの展望台にでる。

00880
大きさがわかりにくいが、結構デカイ。

一番上の水溜まりの上に、人が居るのが分かるかな?
00881

なんでこんなところに、水着の女性が・・・?
日本なら確実に立ち入り禁止区域になっているが、万事自己責任なんだろうな。

00872
この森の遊歩道脇にも、カラフルな「外人」、いや「外鳥」が闊歩していた。

00884
森を抜けると、一気に急降下して、麓のカラボニカステーションへ。
すぐそこは海だ。

予約のバスまで1時間あるので、早いのに乗っていいか確認して、ホテルを告げて送ってもらう。
初日の予定は無事終了。

飛行機で寝れなかったので、wifiルータ受け取って、スマホで探したお店のケバブをかじってバタンキュ~です。
00236
デカイ!肉だらけで美味い!スモール1ケでお腹いっぱい!


食事の値段も日本の倍だけど、量も倍かな、、、、カロリーも倍。


2日目(グレートバリアリーフ)
3日目その1(マリーバ熱気球)
3日目その2(動物園とステーキハウス)
4・5日目(街ブラ)

世界最大の珊瑚礁(2日目グレートバリアリーフ)

01071

さあ、2日目。

ケアンズと言えば 【グレート・バリア・リーフ】!

昨日のキュランダ熱帯雨林に続きこちらも勿論世界遺産!
一つの街が2つの世界遺産に隣接しているんです。

そういや我が家も、2つの世界遺産【法隆寺】と【東大寺・春日山】がすぐですが、こちらは興奮しません(笑)


このサンゴ礁、総長2600kmもあり、宇宙空間からも確認できるときたもんだ!

ちなみに日本と比較すると ↓(下地図) こんなにデカイんです!

左のオーストラリア大陸にへばりつくよう薄い水色の島々が、サンゴ礁の島グレート・バリア・リーフ
淡路島・佐渡ヶ島クラスの島がゴロゴロしているわけですね。

ま、「礁」 なんで、島とは違うのですが、そのぐらいの規模の訳です。

キャプチャ

まず向かうのは、ケアンズ港から1時間ほどのところにある
「グリーン島」

キャプチャ3

観光用の写真ですが、ヤバイですねぇ!
src_10489478

なんでか、海の色が 「紺」でなく、「ブルー」!それも珊瑚が浅いところは「エメラルドグリーン」。
レジャープールの底みたいに、海底をペンキで塗ったんでは無いんです(笑)



と言う、予備知識、実は帰ってから調べたことで、
「グレート・バリア・リーフは知ってたけど、ケアンズにあったんだ」
ぐらいでした(;^ω^)

朝一でまず、港まで歩いて行きます。
今回のホテルは観光市街地のど真ん中で、港まで5分、カジノまで1分、スーパーまで5分、駅まで10分と素晴らしい立地でした。

ケアンズ港のリーフフリートターミナル内 GREAT ADVENTURES社のカウンターでチェックインを済ませました。

今回の旅行で唯一の日本で旅行代理店に申し込んだツアーです。
公共交通機関で行けるところでないため、基本現地のツアーに予約をしなければ行くことが出来ません。

直接申し込んだらいいのですが、言葉の問題の上、オーストラリアでの予約の勝手がわからないので手数料が加味されますが、安心の為ここだけは旅行会社に任せたそうです。

チェックイン後、すぐ横の【AL PORTO CAFE】でブレックファーストです。
00900
エッグベネディクト、トマトが普通のサイズなので、ハムがメチャデカイです。
00903
スモークサーモンのフォカッチャサンド、大ぶりで結構な量のスモークサーモンが入ってます。
どちらもA$15ぐらいでした

出向まで1時間ぐらいあるので、港を散歩。

どこを切り取っても画になります。
この旅行、あえてレンズ交換できる大きなカメラは持ってこなかったのは正解でした。

たぶん、ずーと写真撮ってただろうね(-.-;)

曇り空、コンパクトデジカメでもいい感じです。
00909
0024700921

00245

ちなみに後ろで煙が上がっているのは「山火事」だそうです。
乾季には常態化していて、気に留めないようです。
脂分の多いユーカリに火がつくとずっとくすぶっていて簡単には鎮火しないとか。

さて、時間がきて乗船します。
双胴船で、船の大きさは、明石から岩屋に向かうフェリーぐらいでしょうか?
勿論、車は載せませんけど。
00936
日本人・中国人・白人はどこかは分かりませんが、乗船の割合は2:3:5というところでしょうか?

00948
少し沖に出ると、海の色がグリーンに変わってきます。

まずは「グリーン島」、滞在2時間。

ケアンズから一番近いサンゴ礁の島、約27km1時間弱で到着。
純珊瑚礁の島にも関わらず、熱帯雨林が定着しているグレート・バリア・リーフでも稀有な島です。

小さなホテルが1件ありますが、30分で一周できる小さな島です。
シュノーケリングも楽しめるそうですが、ここでは泳がず、島内(ビーチ)散策。

01066
0106300954
00959
島内の森には、またしても鳥がウロウロ。ホテルのデッキまで出てきます。
00965
00972
まあ、ここのカモメも人懐っこい。
00980
カメラ向けたら、「撮って撮って!」と寄ってくる。
01011
01042

グリーン島に飽きた頃、次の目的地はさらに北上した【ノーマンリーフ】のポンツーンに向かいます。
GREAT ADVENTURES社は、ポンツーンを何基か持ってて、天候や風向きでどれを使うか決めるようです。

00257
「さらばグリーンアイランド!」 って、また帰りに寄るんだけど。


大陸から離れた、リーフでは更に海の色が鮮やかになってきます。
もう、ボクの知ってる海の色ではない。
絵の具を流し込んでもこんな鮮やかな色にはならないぐらい美しい。
ヤバイ!

ノーマンリーフは、陸地としては殆どないので、ポンツーンと言う、大きな船のような2階建ての海上デッキを拠点に遊びます。

00294
ポンツーン、50mぐらいある大型の常設の海上基地。

01072
ポンツーンから、サンゴ礁のシュノーケリングを楽しみます。
海の色が、綺麗すぎて不自然です(笑)

緑に見えるところは、水深が殆ど無い海面スレスレのサンゴ礁。
見えている辺りの水深は水色の部分が2m程、紺のところで5-6mぐらいでしょうか。
01075
ポンツーンでの行動は基本自由。
心ゆくまでシュノーケリングを楽しんでもいいし、デッキでくつろいでもOK、
ウエットスーツ以外は何を使っても追加料金はン発生しません。

飯はビュッフェスタイルで、グラスボート※も好きに乗れます。
(※船底にアクリルガラスをはめ込んだ水中閲覧船)

DSC00288
シュノーケリングエリア
下むいて浮かんでるだけで幸せ。

01081
グラスボートからの海中の景観。
アクリルガラスの反射と色にじみと、ブルーの通過光でカメラに収めるのがすこぶる難しい。
水もすこし濁っていました。
01087
ウミガメは現れず、ナポレオンフィッシュはいたそうですが、気づきませんでした。

滞在時間は3時間。
一通りこなすと、だいたいそんなもんですね。

帰路は、グリーン島経由で1時間半ぐらいでケアンズ港。

00298
途中で見かけた「砂だけの島」、よくガイドに載ってる中心部はジャングルの砂だけの島ではなく、純粋に砂が浮き出ているだけの島。満潮時は沈んじゃうのだろうか。
原盤を拡大して見らた、小さなボートや上陸している人が見える。200mはゆうにありそうだ。

しかし、帰りは飛ばす飛ばす!
船の後ろ側のヒサシのあるデッキに座ってましたが、揺れと波しぶきが半端ない。
端の席は、USJのジュラシックパークかともう程の飛沫でビショ濡れ。
大きな船なのに、モーターボートに乗ってる感じ、クルーは船酔いの人相手に大変!
ゲ●袋をもって右往左往でしてました。

この日の晩御飯も、テイクアウトのハンバーガーと、昨日食べて美味かったケバブをホテルで食べる簡易なもので済ませました。
00300
00301
ツマミに買ったオリーブ&ドライトマトが美味い。持って帰りたい(冷蔵なんでムリです)。

ケアンズ(オーストラリア?)は、酒類は酒屋以外では販売できません。
どこでも手に入る日本と違って、どうしてもビールが飲みたくて酒屋探して右往左往。

ビールはすべて6本パックか、箱売りでした。
それも冷蔵室で箱ごと冷やしてある(;^ω^)
350mlの瓶が主流で、割りとしっかりした本格ビールが多いみたいで美味いです。

瓶6本でA$20前後が多い。1本¥300程度なのでちょっと高い。

軽いのが飲みたい人は、ハイネケンとかアサヒ(日本のビールもあった)がいいかも。
要栓抜き。(ホテルに置いてあってよかった)


1日目(キュランダ)
3日目その1(マリーバ熱気球)
3日目その2(動物園とステーキハウス)
4・5日目(街ブラ)

初気球!(3日目その1・マリーバ)

01116


3日目は、トラ(息子)が自由行動で一人にさせてとのこと。
さてと思案して、せっかくだからと現地の旅行会社の事務所にここでしか出来ないツアーを頼む。

早朝の熱気球ライドだ。
1時間のふんわり空の旅おためし版。

現地ツアー料金にH.I.Sの仲介料、それに保険代を加味されて、結構いい値段になったが、旅先の勢いで頼んでしまった。(A$290/人ぐらい?)




ケアンズから熱帯雨林の山を超えたところのマリーバと言う内陸の平坦地に車で移動。
初日に行ったキュランダを抜けるルートだ。

そこから1部・2部と2回の遊覧飛行。
通しもあったが、予算外の出費なので1部のみに申し込む。
ひょっとしたら日の出を拝めるかもとチョット期待。

現地H.I.Sでは、
「気球ツアーは、罰ゲームかと思うほど朝が早いです。」
と言われたが、ジテツウのときより若干早いだけなのでまたったく問題ない。
朝4:00にホテルのロビーに、気球ツアーの「ホットエアー」のスタッフがバスで迎えに来た。

ツアー客は、日本人と中国人。
ガイドは中国語は喋れるが、英語は早口な上に、解像度の悪いバスのマイクで喋ってるので、単語すら聞き取れず。
まあ日本語の説明ビデオまわしてくれたんで問題なかった。

行きは真っ暗中、現地に6:00に着いた。
少し明るくなってきたところに、熱気球の大きなバルーンと、強烈なガスバーナーの光。

空というか、空気が青いオーストラリアの平原に、黄色のバルーンが超かっこいい!

01092
車と比較したら分かるが、超デカイ!
バルーン高35mと、10階建てのビルより大きいらしい。
日本で飛んでる標準の気球の3倍とか!

勿論、ロープ付きで無く、文字通り飛んで行くのだ!
01097

バスケットも巨大で、20人+パイロットが乗り込める
01100
デカすぎて、自分の気球はどうなってんのかよくわからないので隣の気球を観る。

パイロットは、陽気なチッコイ白人。
国家資格を持っていないと気球の操縦は出来ないらしい。

あっけないほど簡単に上昇、驚いたことに全く揺れない。
昨日の船とは大違いだ。

01106
明るくなってきたが、残念ながら曇り空。

01110
徐々に高度が上がるが、森と畑ばかりなんで、対象物が少なくどのくらいの高さかよくわからない。

01121
ナビがついているが、風まかせでどうやって目的地に行くんだろう??
01122_2

英語では質問できないのが至極残念。
高度計らしい数字は最大1450ft(約440m)ぐらい。

日の出が見れないので、何もないオーストラリアの大地はこれ以上高く飛んでもよくわからない。

降下し始めて、ようやく畑や動物が見える。01126
01126_2
なんか四足の動物が・・・
あとで写真拡大したら、牛だった。
オージービーフだ!
01138
高度が一気に下がると、縞模様だったのはなにか畑だったと分かる。
パイロット氏は「ラインだ」とのたまう。
「ああそうね、線になってるのね」
何言ってんだこのオッサン。

ここまで降りたらようやく判った。
「ライム」の畑だ。


その間を、飛び跳ねる動物が!!

パイロット氏が指差して「ぉらび!」と。
「らびぃ?ラビット?うさぎにしたらデカイな」

ああ、「ラビット」でななく、「ワラビー」(小型のカンガルーみたいなの)なんだと、分かったのはとなりの日本人がそうつぶやいてたから。

ボクのヒアリングはかなりヒドイようだ。

01139_2

無事、なにもないところに着陸!
と言うか、車で先回りしていたホットエアーのスタッフが、無理クソ気球を引っ張って目的地に下ろすのだ。

それでも2~30mぐらいの誤差で下ろすんだから大したもんだ。

着地しても、乗客は降りれない。

何故か?

乗客を重りとしたバスケットを軸に、バルーンを落としちゃうんだ。
うちの気球は無事バルーンも下ろしましたが、、、、

お隣の気球はバルーンに引っ張られて、乗客のったカゴがひっくり返ってました。
01167

それで、着地後にもずっと安全姿勢をとらされていたのだ。
いろいろと初体験は面白い。

それからが大変、バルーンのエアを抜いて、小さな箱(2m四方ぐらい)に畳み押し込める。
なんせ、35mもの風船だから、想像を絶する作業だ。
客は適当にしてるが、スタッフは必死のパッチの汗塗れ。
01145
01163

撤収後、ケアンズまで送ってもらったら、まだ朝でした(笑)


トラがちょうど、ランニングから帰ってきていたので、いっしょにモーニングに。

海沿いのcafeの多いエスプラネード通りで、お客が多い店に入りました。

DSC00305
フレンチトーストにエキストラベーコンA$13+A$3.50
ベーコンがたっぷりでメチャういまい。
メープルシロップは、小さいコーヒーカップぐらいの入れ物に並々と入っている。
ただ、見ての通りの皿なので、たっぷり掛けたら、、、(TдT;;) テーブルベトベトや。

DSC00307
トラは、またしてもエッグベネディクト
これまたベーコンがてんこ盛なのである。
DSC00310
食べ終わった後ろの席には、野鳥が飛んできて、堂々と残り物をついばんでいる。

とにかく、オージーな鳥たちはマイペースで人を気にしない(笑)


うーん、朝からお腹いっぱいで幸せ!

と、店を出たら、トラブル!?
これを撮ってたカメラ忘れた!!

すぐ店に戻ったけど無い無い(=o=;)

みせのイタリアンなオヤジに、
「俺のカメラ見なかったか?SONYだ!、さっきここで朝飯撮ってたから持ってきていたのは間違いない!」

いっしょに探してくれたが、「ここのテーブルそのままだし、だれも近寄ってないぜ」と困った表情。

あっ、、、、、ひょっとして、、、、カバンの奥底を探る。
出てきた。
カメラケースに入れずに無意識に投げ込んでたようで、、、、

「ソーリーソーリー、アイムソーリー!イッツヒア!」
オヤジ怒らずに、笑って、肩をたたいてきた。

周りの客から笑い声、目があったらサムアップ(親指立ててくる)。
うーん恥ずかしい。

「またか!」 「懲りんヤツ」
これを読んで、笑っている友人が目に浮かぶ。

日本ではしょっちゅうなので、この頃「なくなった」と言っても、無視される始末。

どこにでも無意識に置いちゃう癖はひどくなっている。


気を取り直して、
ホテルに帰る前に、海辺を散歩、、、、、
00324

海岸で、恐ろしく不細工な鳥を発見
ん、なんだこのデカイ鳥!?
00319

そう、
00316
ペリカンでした!

いやはや、ケアンズは野鳥の宝庫だなあ。



さて、一旦ホテルに戻って、ちょっと休憩。

さあ、まだ今日はまだまだ長いぞ。。。


1日目(キュランダ)
2日目(グレートバリアリーフ)
3日目その2(動物園とステーキハウス)
4・5日目(街ブラ)

町中の動物園(3日目その2・ワイルドライフドーム)

今回滞在したホテルの眼の前が、
【ケアンズ・プルマン・リーフホテル・カジノ】
と言う、長い名前のケアンズで1・2の高級ホテル。

文字通り、1Fにカジノを有するんだけど、なんと、最上階のドームが動物園なのだ。

コアラも居るという。

ともかく、行ってみよう!

00325

受付横に、いきなりコアラちゃん。

すぐ目の前、お昼寝中。

天王寺動物園なんて、コアラ舎という大きな建物で、アクリルガラス越しに10m先の木で寝てるコアラらしき灰色のカタマリしか観ることが出来ない。(何度も行ったが起きていることがあるのだろうか?)

サスガにオーストラリアだ。目先に檻もなく居られます。

どうやら、ここでコアラ抱っこの撮影を売りにしているらしい。


動物園本体のドームに入る。

ここもに檻もなく、鳥たちがそのままうろちょろしてる。

いろんな野鳥みてきたので、これは野鳥が入りこんだのかと疑う。

なんせ、ペリカンが目の前にいる環境だから。


00327
00331
00339
00340
00344
00365
00367
00372
00371

みんな、檻も網も無いところにいる。
どうなってんだ!?
00362

人懐っこいのは、肩に停まったり、足をつついてきたり。
多人種が住んでいるオーストラリアだから、鳥も人間の一種類と勘違いしているのか・・・?

とにかく日本とは全く違う。面白い。

サスガに爬虫類はケージに入っているが、体調4mぐらいのワニの上が、アスレチックのコースになっているのはいかがなものか・・・スリルを売りにしている看板は見たが(=o=;)

スタッフの説明もこんな感じ
00382
これはフクロモモンガだけど、彼はとりあえずウチに帰りたいみたいで落ち着かない。
説明してる後ろを鳥が飛んでいったりしてている。

ちなみに隣は、最初のと違うコアラが居る。

こっちは起きてて、動き回ってる。
か、かわいい゚+。(〃ノωノ)。+゚

それも、すぐ目の前で、当然檻もアクリル板もない。
00349
00352

ちなみに、木の下をワラビーがピョンピョン、
鳥がノシノシ歩いてる。
00353
00356

秩序も何もない(笑)、いいなぁ。

オージーな動物園、すばらしい!

こちらの人は、そこらじゅうに野生動物いるから気にしないのか、、
日本だったら、糞ガキがいじめたりするから絶対無理だろうなぁ。

また、一旦ホテル帰って休憩!

今度はホテルのプールサイドの寝転がれる椅子で本を読んで時間を潰す。
贅沢なひととき。




さあ、今日の晩飯は待望のオージーステーキだ!


ホテルのコンシェルジュに頼んで、
人気のHog's Breath Cafe を予約してもらう。

お腹を空かせるのに、少し遅め19:00に。


ホテルから歩いて10分ぐらい、ケアンズ駅に向かう途中にある。

10分前についたら、すでに満員だが、シッカリと席は確保してもらっていた。
100人は入れる大型店、活気あって人気があるのがよく分かる。


とりあえず、ビール。
00384

オーストラリアにきて一番見かける
「XXXX」(フォーエックス)A$5

食事は日本語のメニューも置いてあった。

レギュラーが300g、スモールが200g
ソースと付け合せのポテトを選択するスタイル。

ボクはレギュラーの◯◯ソーズにマッシュポテト。
ミディアムで。A$00385
00389

わお、デカイ、分厚い!!

日本でのOZビーフは噛みごたえのある硬いものだけど、、、
赤身肉なのに、超柔らかい。

レギュラーサイズ、ペロリだ。
今まで食ったステーキで一番美味いかもしれない。

霜降りの脂まみれは、最近持て余すので、こいつはすばらしい。

ビールお代りして、3人でA$120ぐらいだった。


余談だが、ケアンズ(オーストラリア)のいいのは、チップを殆ど考えなくていい所。
明朗会計なのがいい。

勿論気分良ければチップを出したっていいのは日本と同じ考え。
悩まなくていいから嬉しい。


話は戻って、連れ合いたちはスモールを頼んでいた。
ちょっとお腹の調子がイマイチだとか。
それでも、残すこと無く軽く食べきっていた。

ここが今回の旅行の個人的にベストレストランかな。

00386
00387

是非また行きたい。


ホテル戻って、オリーブつまみにビール呑んで、就寝。

帰ったら体重が怖い。



1日目(キュランダ)
2日目(グレートバリアリーフ)
3日目その1(マリーバ熱気球)
4・5日目(街ブラ)

街ブラ・総括(4・5日目ケアンズ)

00467
ケアンズの象徴でもある【エスプラネードラグーン】
海沿いのリゾート地でもあるケアンズだけど、なんと海は干潟なので泳ぐことが出来ない。
その代わりに海の横に人口のビーチを作ってあり、無料で利用できる。
プールのようだけど砂浜で、子供が遊べる浅瀬と、大人が泳げる深い所があって、欧米の方は肌寒い夜でも水遊びしているた。



帰国前の1日空いた日は、特に用事ないのでケアンズの街をぶらぶら。

モーニングはCafeで。
00392
オーストラリアでは「ホワイトフラット」という、独自の珈琲があります。
ミルクの少し少ないカプチーノとの説明も見ましたが、カフェラテとどう違うのか不明(笑)

オーストラリアは珈琲の産地でもあるので、どこのcafeで飲んでも珈琲は美味かったです。

00396
エッグベネディクト、トラがハマリました。
確かに美味い!オランデーズソースって酸味の少ない美味しいマヨネーズって感じ。
00395
ワッフル、生地はほとんど甘くなくて、メープルシロップたっぷりかけて頂きます。

ケアンズに来て、一番お世話になったのがスーパーマーケット。
ホテルの近くに【Woolworths】ウールワースがあって、駅横のショッピングモール「ケアンズセントラル」の中に【Coles】コールスと、オーストラリアの2大スーパーが揃ってました。
04-HDR-718x539
Coles
やはり、土産物屋より現地のスーパーが面白い。

さすがに店内で写真は撮れないのですが、日本とは全く違う商品に飽きもせずほぼ毎日通ってました。

野菜・果物・肉・チーズ・惣菜等はkg単位での単価が書いてあるので、いくらなのか想像つきません。
あんまり安くはなかった気がします。

スナック類は袋が大きいですが、高いです。A$3-5が普通。
菓子類はだいたい日本の倍ですね。
オーストラリアといえば、【TimTam】
165
これは美味い!
だいたい11ケ入りでA$3-4ぐらいでした。
ただ日本でも大きなスーパーや「カルディコーヒー」いったら売ってます。
だいたい400円ぐらいだから、チョイ安いぐらいなんで、土産には??
今回はSALEでA$2.50で自宅用に少し入手。

ケアンズは水道水飲めますが、硬水なのでお腹を壊わすことがあるみたいなので、基本ペットボトルを持ち歩いていました。
初日はスーパー開く前だったので、コンビニ【ナイトアウル】で買ったら、500mlがA$3もしてビックリ。
翌日に【ウールワース】で15本A$20で買い込んで飲むのはそれでまかないました。

そうそう、コーラもジュースもだいたい500mlペットボトルA$3ぐらい。
ただオレンジジュースはめちゃ美味い。

ドライフルーツとナッツは量り売りで安くて美味、牛乳は3リットル入りで業務用の床ワックスかと!、みかんぐらいのマッシュルームがあったり、カートが超巨大、、、書きたいことが山ほどあほど、スーパーは楽しい。



ケアンズで一番大きなショッピングモールが【ケアンズセントラル】180店舗もあって、3回行ったかな。
ただ、日本と同じで服屋・靴屋が多くて、見れるところは上記スーパーの【coles】、雑貨屋、ドラッグストア、酒屋とあんまり多くない。

フードコートに寿司屋があるけど、寿司じゃなーい!
アボガドをご飯で巻いて、アーモンドがまぶしてある食べ物ってナーンだ(笑)

マクドナルドもあったけど、現地のボリューミーなハンバーガー食べたらそら見向きもされないよな。

どこのお店のメニューにも必ずベジタリアン向けがあるが、殆どの人は肉肉肉食べてました。
かなり年配のおばあさんでもデカイハンバーガーと山盛りのポテト食ってるのは当たり前。

セントラルの中になんと【DAISO】が入っていて、覗くと
00407
日本と同じ、と言うか日本語のラベルのまま並んでて、A$2.80均一でした。
高いとしか思えないが、盛況でしたよ。


結局お土産屋さんは、高いし、日本で見たことがあるものだったり、アボリジニの民芸品(ブーメラン等)とかう~ん?だったので、ほんとに覗くだけでした。


ケアンズは小さな都市なので、繁華街は限られて、3-4日の滞在なら大体把握してしまえます。

町は綺麗で、人はおおらかで親切、物価は少し高いけど、安全だし食べ物美味い、綺麗なトイレは公園や公共施設にある、チップは基本不要と非常に過ごしやすい。

00414
その日は動物園にまた行って(チケットの有効期間が5日)、散策終了。

最後の晩飯は、チョット張り込んでハーバーサイドのステーキレストランを予約。
【Waterber&Grill Steakhouse】

ネットでレビューをチェックしていたら、ステーキも旨いがリブロースが絶品だと。
ただ、大きいのでシェアしても十分との情報で、そのようにオーダー。

ビールはゴールドコーストの地ビール「BURLEIGH」(バーレイ)
00418
これ、今まで飲んだビールの中で1番美味いかもしれない。
超好みの味でした。

00420
リブロースが来るまで「先に持ってきて」と頼んだ、ガーリックトースト
オーストラリアのパンは、どこのレストランやcafeでもホンマに旨い。

ここのレストランも例に漏れずテラス席から埋まっていきます。
予約していたからか、ボードウォーク横の港が見える席で雰囲気も抜群でした。
(ケアンズのレストランは基本予約するものらしい)

ホテルのコンシェルジュに服装はラフなカッコでもいいか聞いたら、カジュアルドレスコードでOKと言われた。
Tシャツ短パンは止めて、ポロシャツ着ていったけど、タンクトップやTシャツにビーサンという人も多く、ここのカジュアルとは「服を着ていればいい」ということなのかな?(笑)

町中では、上半身裸に裸足という人も結構いました。

そうこうしているうちに、ジャーン!やってきましたリブロース!

そう、スペアリブの塊のやつ(豚です)。
00422
00423
デカイ!隣のサラダは普通サイズなので30cmぐらいあります。
切り分けて、手で食います。

写真撮り忘れましたが、このとき一緒に白い大きなラムネみたいなものが10ケほど器に入って出てきました。
ウエイターに「これは?」と聞いたら「ハンドソープ」と言ったように聞こえたのですが、何かわかりません?
「ソープ」ではなく、「ソルト」ではないかと、かじっても味はしないし???

仕方ないのでもう一回「どうやって使うのだ?」と確認すると・・・
いきなり、ボトルの水をぶっかけるではないですか( ゜_゜;)

すると、シュワシュワと広がって、、、、なんと、お手拭(笑)

リブロース食ったら、手も口も汚れるので、コレで拭けということですね。
かじった所見られてなかっただろうなぁ。。。

肝心の味ですが、甘めのソースがかかった肉は、
見た目と違って、サクサク!油っこさの微塵もなく、このサイズですが3人でペロリ。
まだまだ食べられるという絶品。

最後の晩餐も大当たり。
ビール×2、シーザーサラダ、リブロース、ガーリックトーストでA$115ぐらいだったかな?

まだ時間早かったので、雨の中ボードウォークを少し歩いて、ナイトマーケット冷やかしに行ってホテルへ。
00433
夜もなかなかいい分いい気です。
大通りあるくのなら、特に危ない感じもしません。

00437
夜の【エスプラネードラグーン】、驚いたことに、泳いでる人がいた・・・肌寒い雨の夜に。



最終日は、帰国移動日となっています。

最後の朝食もcafeへ!
名残惜しい、こんな朝食がサイコーなケアンズのcafeでのモーニング。

ホテルのビッフェの朝食は1回も行かずでした。

今回は【Candy】

00438
カフェラテ、昨日のんだホワイトフラットとどう違うのか??
でも、美味い。

00443
アボガドデップのバゲット。
実はココではこれが美味いという、豆のサラダを頼んだら、
「これは今ないけど、オススメはこれ」
と、とびきり美人のウエイター嬢、返事が頭で変換できなくて、つい
「い、い、イエス、ざっつOK!」
ホントは違うのがよかったんだけど、、、ほんと英語勉強しなきゃ(^^;

00441
00440
オムレツ、いったい卵何個分だろ?

結局、オススメも美味しくて、満足の朝食。

最後にお散歩してホテルもどって、空港へ。

さらばケアンズ、本当にいいところだったなぁ。
食ってばっかりだったけど。

また、来れることを!

00454
00460
00455
今回の拠点は【Pullman Cairns International】
立地最高の落ち着いたいいホテルでした



1日目(キュランダ)
2日目(グレートバリアリーフ)
3日目その1(マリーバ熱気球)
3日目その2(動物園とステーキハウス)

明けすぎまして、ごめんなさい(^_^;)

01_01_田貫湖_644
 (田貫湖よりのご来光)

あけましておめでとうごいます。。。。
(;^ω^)

今年もはや残り11ヶ月ですが(;´・ω・)
どうぞよろしくお願いいたします。

気がつくと1月も終盤、秋から仕事のバタバタ(決して儲かっているわけではない)に加えて、12月から別の私用業務が重なって、Blog、FBが開店休業しておりましたが、なんとかやっております。

振り返って、年末年始は山梨に出かけており、富士山三昧でめでたい年越しとなりました。

12_31_本栖湖_610
千円札で有名な [本栖湖] からの富士山(夕暮れ)

12_31_忍野八海_448
名水百選・天然記念物 [忍野八海] からの富士山

12_31_山中湖_472
 [山中湖] からの富士山は怒り肩
(左稜線部には宝永山、右稜線部には丸山による肩部がみられます)

新型スバル・インプレッサ

IMG_4246

愛車の定期点検と冬タイヤの履き替えでディーラーへ行ってきました。


コーヒー飲みながら置いてある雑誌をめくって時間を過ごしてました。

カーディーラーだから、地域情報誌と車関係の本しかありません。

「おっ、インプレッサって新型になったんや」

買い替えの予定があるわけでもなし、
カーディーラーに来て、そこの雑誌で何売ってるか知る興味の無さ(^_^;)

どれどれ、と、展示車の中からインプレッサを見つけて、乗り込んでみます。
インプレッサとにしては随分と高級感出たなあ※
(※インプレッサはスバルのボトムを受け持つ小型車)

後の座席も広くなり、シートも断然良くなってます。

なにより、雑誌の写真では冴えなかった外観
Subaru-Impreza-Sedan_001246
珍しく、実物がかなり美しく、力強い印象です。

「いいじゃない」

と眺めていたら、当然セールスが飛んできて、話しかけてきます。

で、つい、試乗。
30分ほど、一人で好きに乗ってきました。

結論
「…ああ、乗らんかったらよかった」

最近ハンドル握った中では、某氏のBMWに次いでいい感じ。
昔乗ってたGolfのスポーツタイプを完全に凌駕しています。

そう、ボクの好みの超しっかりしたボディ剛性に固いけどしなやかな足回り、ドイツ車のテイストです。

これでスバルの四駆だから、雪道では無敵。
実用車として、これ以上の高級感も、走行性能も全く必要ないし、
4460×1775×1480 のサイズも絶妙。
ロードノイズは遮断してるのに、低くくぐもった、ボクサーサウンドだけはしっかりと入ってきます。

「ボロロロロ・ドロロロロロ・ドルルン・ドルドル」
知らない人には伝えようがないな(笑)


「…ああ、乗らんかったよかった」

IMG_4255


あえて貰わなかったカタログを、ボクの担当セールスが見積もり添えて送ってきました。

いや、いらんて (;^ω^)

-----------------

もっとも、今は買い替えできない大きな理由もあります。

保険の更新で、こんど免許取った息子のが乗れるように、年齢条件を
 35歳以上(上限)→ 制限なし
に変更したら、とてつもなく上がってしまいました。

最も、事故後3年間の割増も終わってなかったのと、
3年契約で2年目・3年目が安くなる契約の再更新であったこと、
ボクの免許の色がゴールドからブルーになった等が重なったことも合ったんですが、

ビックリの約35マンエン!!(´゚Д゚`)ンマッ!!

一気に3倍かよ!

使わない特約を外して、車両保険を見直して2/3に圧縮しましたが、それでもなあ・・・

いや、違反した私が悪いんです。
はい、屋根をぶっ潰して保険使った私が悪いです。
(キャリアに自転車積んだまま、立体駐車場にツッコミ屋根をめちゃくちゃに)

たぶん、新車で普通に保険かけたら50万億円ですな。


だいたい、これから車ぶつけまくる新人ドライバーが二人続くので、そこが落ち着いてからしか全く考えられないのでした。

だから、、新しい自転車のフレーム欲しいな~(笑)

安心のママチャリ

staggered-optset-0


娘の自転車を買い換えた。
今までは、ニーチャンのお古の24インチMTBで、
3×9段に改造したりと、あちこち手を入れたのに乗せていた。

今度はかご付きのシティサイクル(ママチャリ)である。
奮発して一応7段変速のメーカー車だ。

GIANTあたりの女性向けのシティサイクル型スポーツ車と思っていたが、
泥除け付けて、荷台付けてカゴ・鍵・スタンド・ライト付けると結構な値段。
ファミリー車(一般車)なら全て標準装備だ。

「ブリジストンかミヤタのママチャリなら結構いいよ。」
と、元部品メーカーの某氏からアドバイスを貰ってカタログ吟味。

上級モデルは、7~8万もする(電動でない)。
自分の趣味の自転車を棚において、
「アカン、ソイツは高すぎる」
と曰わって、手頃なグレードのちょっとカッコイイのにさせた。

でも、正解!
後述するがホームセンターの1万チョイで売ってるのとはチョット違う。
メンテもあるし、自宅の近所の新興大衆自転車店で取り寄せて買った。

店の雇われオヤジ(たぶん元は町の自転車屋さん)が、
「やっぱブリジストンは違うねえ、ホンマはこんなのを売りたいんだが、
 高い割に(たってスポーツ車からしたら知れている)儲からないから
 本部から在庫もおくなって言われてるんよ。」
とこぼして、娘には「エエの買ってもらったね」と褒めてもらった。

僕らが10代の頃のフツーのママチャリは確か、3~4万が当たり前だった。
その頃のよりずっと良いのが同じぐらいで買える。

自転車が趣味だから、ある程度品は見定められるので、
これが決して高くないのは十二分にわかるから選べたと思う。

大事に乗れよ。


IMG_2057

 前ブレーキはなんとロードバイクと同じ、デュアルピポッドのアルミ磨き上げ、リムもブレーキ面は切削加工が施してある。
 廉価車の鋼板プレスブレーキは、命あずける道具にしてはあまりにチャチではないかと常々心配していたので良かった。

IMG_2058
 リアブレーキは、放熱板があるから、キーキーなるベルトブレーキではななく、シマノ製のローラーブレーキが奢られている。軽いタッチで異様に効くぞこれ。

 フレームはアルミ。ハンドルバー・ブレーキレバーもアルミ。
 ライトは、LEDオートライトのハブダイナモ。
 リアにはシマノターニー7段、グリップ型のシフター。
 鍵は、ディンプル式盗難されにくいカバー付きのタイプ。
 店のオヤジが言うには、ステム・クランクやスタンド・ハブ等のメッキ部分もブリジストンのは廉価車と明らかに違い「簡単には錆びへんで!」とか。

 これは侮れん、つくりやパーツ考えたら1万チョットのママチャリや、10万円のロードバイクより断然お買い得やと思う。

 ブリジストン マークローザ

2061
 ひと目で良い部品使ってる感がただよう

IMG_2060
 シートも十分でしょ

IMG_2059
 もちろんブリジストンのタイヤ、軽く走れるように工夫してある

パンダ


IMG_1608

今朝、杭全神社(大阪市平野区)の鳥居から桜がチラと見えたので、
はじめて参道に足を踏み入れた。
桜が見えたのは、手前の公園だったのだが、幾種類かが見事に咲き誇っていた。
(写真は杭全神社大門前)

今年の桜、一気に咲いたように思ったのだが、
葉桜有り、蕾有りで、まだしばらく楽しめそうだ。


さて、ボクが携わっている自転車クラブのHPが、
10年目を迎え、開設当初とは実情が色々変わってきたので、
あちこちに手直しが必要となってきた。

大きなデザイン変更は時間的に難しいが各所に手を入れなくてはならない。

gomenpanda
そこで、
「しばらくご不便をおかけします」
との文言と何時ものパンダを掲載した。
先日、白浜アドベンチャーワールドで実物のパンダをじっくり見た。
実物とイラスト、パンダの見た目はイメージ通りの動物だったのだ。

IMG_0090

愛くるしいのでも愛嬌があるのでもない。
動きが太った緩慢なオッサン(おばちゃん)なのだ。

正直な印象は
「こいつは人が入っとる、着ぐるみや~」

DSC01824

宮崎駿/高畑勲の名作 「パンダコパンダ」のお父さんそっくりや~。
是非、帽子かぶせ、パイプを咥えさせたい。
IMG_0070
ちなみに、子どもパンダは、
パンちゃんそっくり、
コロコロと遊んでて
こちらはメッチャカワイイ。

動物達を見ていると、「ああ、○○さんにそっくりや~!」
とか、「うっ、こいつはオレ・・・」
と唸ることがあって、見てて飽きない。

特に、ここの動物は檻とは少し違うからか、みな寛いでいる。
意外と動物園は大人でも面白いぞ。

IMG_0325
「zzzzzz・・・」

IMG_0428
「なんやワレ」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード