やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

写真

紫陽花

1868
咲き始めの「あじさい」クリーム色から青に変化が始まりました

[あじさい]の文字の意をググってみました。

もともとは「あづさヰ」から変化したもので、
 あづ…集むの古語、小さいものが集まっている様子
 さヰ…真藍(さあい)真の藍色
つまり、「集真藍」小さい花が集まって鮮やかな紺になっているもの。

なるほどなあ。
漢字の[紫陽花]も調べたけど、諸説あるので又の機会。

花の公園「馬見丘陵公園」にも紫陽花が植えられているエリアがあります。
チューリップのように、その季節に他より植え付けるわけには行かないので、
かなり色々な品種(7-8種?)が集められ、あじさい園となっています。
中央エリアのナガレ山古墳の道路側(西側)のひっそりと目立たない場所ですが結構な広さです。
0011
まだまだ咲き始めですが、薄緑・クリーム色の花弁(本当の花でなく装飾花)がうっすら色づき始めたところが、可憐で優しい雰囲気ですね。

1865
1872
1879

気候もよくお弁当日和、まだまだ人は少ないですが、
家族やカップルが、ウイルス騒動から逃れ?楽しんでいました。
1878

チューリップが終わった「馬見丘陵公園」は、
紫陽花の本番を迎えるまで、
菖蒲や薔薇、所々に知らない花々も見頃となっています。
0007
0002
1893

6月の声を聞くといよいよ梅雨、そして夏!
今年も猛暑となるそうです

花の共演(4/25馬見丘陵公園)

0644
[散りはじめのチューリップの代わりに存在感を示し始めたネモフィラ]

チューリップの時期も終焉。
ただ、この花は一番いい時(花の形が卵型~少し開いている)より
投影面積の一番大きくなる花弁が開ききった頃が
極彩色の独特の風景となり、また違った見頃となる。

下草として植えられているネモフィラの存在感が増し
カメラのモニタにさらに鮮やかな景観が迫ってくる。

続けての「馬見丘陵公園」だけど、
本当に飽きずに楽しめる美しい公園ですね。

0604
1834
1763
0627
0630
0649
1754
1770
1778
1794
1804
1815
1834
1836
1841

菜の花ゲート(4/19大和川沈下橋)

1050690

緊急事態宣言が奈良県にも発令され、
厳しい自粛が呼びかけられている。

幸いにも都市部に居住ではないので、
三密避けてのウォーキング等にこまることはない。

この日は、近くの川べりを散歩。
土手は菜の花が満開となり、
沈下橋の両岸は「花のゲート」と化していました。

この端は大和川に掛かる「大城橋」
幅2mの欄干がない橋ですが、
斑鳩と河合を結ぶ近道?でもあるので
ソコソコの交通量があります。
一度車で通りましたが、、、、、両岸が川面しか見えないので、まぁ恐ろしい!

参考webページ
 奈良に住んでみました

桜その3(4/5 広陵・田原本)

P1050638
[田原本の飛鳥川沿い桜並木]
斑鳩を回った翌日曜日、昼から用事ありだったのだが、
どうしても見たい桜並木があって、朝から花見ポタに出る。


まずは自宅からほどない高田川沿いに咲く[箸尾の桜並木]
交通アクセスも悪く(ボクはすぐだけど)、
なーんにも無いところなので、地元民だけが訪れる穴場の桜並木だ。

DSCF0561
この密集度を見てほしい。
両岸の道路の更に両側、計4列の桜並木。
なにより奥に見える橋は近鉄田原本線の鉄橋ですが、ここは踏切が無く行き止まり。
つまり車が通らないので桜の枝を落としていないので、
枝が覆い茂り、トンネルと化しているのだ。
DSCF1450


あまり手入れもされていないが、伸び放題放置されている。
DSCF0569
ソメイヨシノも枝を落とさなければ、かなり大きくなる。
DSCF0572


DSCF1463
短い区間だけど圧巻、佐保川とはまた違った景観が楽しめます。


そして、もう一箇所。
箸尾の高田川から東へ2本川をまたい飛鳥川河川道路へ。

名もない桜並木なんだけど、
ここは手前に菜の花、奥に桜並木、
そしてゆるいカーブを描いたところなので、
すばらしいフォトジェニックな景観、
今で言う[インスタ映え]するところです(文頭写真参照)

DSCF0595
DSCF0588
DSCF1477
DSCF1482
DSCF1485

今年は桜の開花が早く、菜の花は例年通りだったので
見応え満点の景色を愛でられました。

藤原京の菜の花畑も凄いんだろうなと思い描きながこの日は終了。
花見で、コロナ渦でもやもやした気持ちを和らげてもらった週末となりました。

桜その2(4/4 斑鳩・西の京)

DSCF1396

4月最初の週末土曜日、
新型コロナウイルスは日本でも猛威を奮いはじめ、
外出自粛、三密「密閉」「密集」「密接」を避けて生活するように求められ始めた。
ただ、健康のための軽い運動も推奨されているので、
せっかく桜満開の好天なので、ご近所を自転車で花見に。


DSCF1291
まずは[三室山&竜田川]桜の山と並木が見事。
例年なら川岸にはBBQでにぎやかなのだが、全くいない。

DSCF1320法隆寺を抜け、法輪寺にむかう途中
ここから桜越しに法隆寺の五重塔も望める
P1050603

法輪寺をチラ見して、発起寺へ。

DSCF1325

DSCF1342
世界遺産・日本最古の三重塔が、なにげに佇むのが斑鳩の里の魅力

DSCF1343
富雄川の[奈良斑鳩自転車道]人が、、、いない。
にぎやかで毎年写真を撮るタイミングが難しい場所なのに。

DSCF1362
日本桜百選の大和郡山城跡

DSCF1387
西の京、秋篠宮川沿い。
ここらから、薬師寺双塔が見え始める

DSCF1391
薬師寺西塔と近鉄特急

DSCF1398
薬師寺に隣接する[孫太郎稲荷神社]の参道は桜のトンネル。
(文頭の写真も同じ)

DSCF1412
入江泰吉の写真で有名な[大池から望む薬師寺双塔]
大池の隣[奈良医療センター]の桜は密集度がヤバい隠れ名所


P1050633
大池の傍から、望遠で薬師寺とその後ろの若草山を望む
東塔の大規模修理が終わり、見事な姿を見せてくれる。

軽く20kmほどのフォトポタでしたが、晴れの暖かな気候と満開の桜を満喫。
奈良のこの時期は本当に素晴らしい。

桜その1(3/28 天理)

DSCF0374

はや、ひと月半前の話です。遅れというよりすでにアーカイブスと化していますね

今年は皆さんとの花見は中止。
他府県への移動も自粛なので、近くの桜を見に行く。

超暖冬で桜の開花は例年より10日は早いと言われていますが、奈良の「しだれ桜」(郡山城・氷室神社・天理教本部)は例年通り3月末頃から満開となりました。

まずは、昨年初めて見に行って、既に散り落ちて残念だった
【天理教本部の大しだれ】

3本の枝垂れ桜をまるで1本のように剪定で作られた樹木が2ヶ所。
花の色は、ややピンクと、白に見える薄ピンクと色が異なります。

見事さでは、手を入れ形を整えられた「枝垂れ」では近県では並ぶもの無いほどのない規模です。
建物をバックに荘厳な存在感を醸し出しています。

青空バックにすると映えるでしょうが、曇天の雰囲気も素敵です。

この日の開花は七~八分咲きというところでしょうか?
もう少し開花が進み、花吹雪舞い散る頃もすごいでしょうね。

素晴らしい他を凌ぐ銘木であるにもかかわらず、あまり知られていないスポットです。
(最近はSNS投稿で広まってきていますが)
天理教本部の敷地内の奥にあるため、近くの一般道からは全く見えない事、そして天理教という大きな宗教法人の敷地内であり、一般の人が入るのに躊躇してしまう雰囲気があるのだと思います。

天理教は割と開かれているので、桜もですが、素晴らしい木造建造の本部も見ることができますよ。

DSCF0377
手前と奥の木では花の色が異なります。
ピンク一面の写真がSNSはよく投稿されていますが、実物は淡いピンク。

華やかというより、落ち着いていながら圧倒される迫力です。

DSCF0390
雨上がりに出現する水たまりと撮るのも定番ですが、この日の水たまりは小さくて上手く撮れません。

下写真は、天理教を出て桜井に向かう途中にある
【幾坂池の大桜】
親里球技場近くの池端に咲く、数本のソメイヨシノの中に一本かなり巨大な樹があります。
ここは有名ですが、最近心無いカメラマンが多いからか、今年から池端の遊歩道には入れなくなっていました。DSCF0404

きれいな風景や撮影スポットでは、すこしでも皆より綺麗に・少し変わったアングル狙いたいのは、ボクもカメラ好き・風景写真好きなので良くわかりますが、節度ある行動してくださいね~。

なら瑠璃絵・光の夜神楽

0621

奈良公園で、冬の風物詩
「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」
が始まった。

奈良公園内の寺社や施設それぞれに工夫をこらしたライトアップやイルミネーションを施して、なかなか見どころの多いイベントなのだ。


夏の「燈花会」はロウソクの「燈火」とをメインとした定番イベントですが、「瑠璃絵」は厳寒期にも関わらず、こちらも徐々に人気が出て、特に外国人観光客も多く訪れるイベントとなっているようです。

ところが、某ウイルス騒ぎで中国人観光客がごっそり居なくなったので「空いてるよ~」との情報、これは!と急遽赴いてみました。

近鉄奈良から、興福寺を抜けて春日大社へ。
1050188
春日大社参道は素敵な絵巻物を切り絵で灯籠に仕立てたものと、、、
0506
筋斗雲か!(笑)
不思議な提灯のイルミネーション(ノーコメントで)がお出迎え。

春日大社本殿は、イルミというより社殿のライトアップと吊り灯籠の燈火です。
節分だけかと思ってましたので、これは!と有料にもかかわらず参拝させていただきました。

これは素晴らしい・・・
文言より写真みてください。
ちなみに灯籠はLEDにあらず、ちゃんとロウソクです。
0515

0523

0526

0532

0540
この灯籠、寄進できます。1基/200万だそうです。
ちなみに、参道の石灯籠は250万だとか・・・



春日大社を出てすぐの参道脇で、
「獅子神楽」(光の夜神楽)が始まっていました。
神楽とは、神事において神に奉納するため奏される歌舞でありますが、堅苦しいものではなく楽しい古式の舞踊です。
寒空の下1時間、時を忘れ見入ってしまいました。
若い頃なら素通りしていただろう歴史を感じる行事も、判らずとも楽しめるようになったんだなあ。
0552

0658

0677

0697

神楽が終わって、メイン会場「甍」へ。

じっとしていたので身体が冷え切っています。
もっと温かいかっこで来たら良かった~(T_T)

パンフレットでもおなじみの甍の庭園一面をライトアップしてあります。
ちなみに、有料エリアに入ると、光の庭を通ることができます。
(もちろん入りません・笑)
1050204

1050208

1050207
ス・スゴイわ・・・

来場のカップルや家族連れは大喜びしています。
「インスタ映え」にもいいよね!

でも、、、!?
大阪のイルミと何が違うのだろう?
たしかに庭の丘を利用した美しいものだけど、奈良に求めるものと違うなあ。。。
(五十男の、個人的つぶやきですのでスルー下さい!)
0710
0712
会場を抜け、外に出るまでイルミネーションでイッパイです!

好みはともかく、観る価値はもちろん「アリ!」です。
取って付けたような、田舎の駅にある安っぽいイルミとは格違いの絢爛豪華であり洗練されたものだと思います。

目がチカチカしてきたところで、最後に大仏殿へ!
実はちょっと楽しみにしています。

ライトアップされた大仏殿前と、大仏殿の窓が開きお顔が拝見できる!


公式ページには

● 大仏殿中門と観相窓の開扉及び八角燈籠の点灯
 中門外側からの拝観
● 大仏殿中門、大仏殿大屋根、南大門のライトアップ
● 金剛力士像のライトアップ
line_40117258726257
(公式HP写真)

ワクワクしていったら、、、
あれ、なんか閑散としているなあ。。

パンフレットみたら、
(~20:30)
とありました、現在時刻20:40、、、、

残念無念。

フルに観るには、1回では無理なようです。



ともかく、真冬に楽しめる奈良公園の大イベント!
皆さんも、是非いらして下さ~い。
「なら瑠璃絵」2/14まで。
https://rurie.jp/

鶴橋の枝垂れ桜


桜がいよいよ見頃になってきた。
「今年は早いゾ」
と言われていたが、3月後半の冷え込みで去年より1週間遅くなった。

今朝はいつもと違い【鶴橋駅】下車し、
天理教(天理教阪府分教会)の[枝垂れ桜]を見てきた。
6291
ここは上町台地に差し掛かる場所なので、
敷地の奥が高く、木が高い位置にあり、
枝垂れの枝が長く垂れ下がり、
青空バックに見上げると幻想的な風景となる。

五分咲きだったのでこれから迫力を増すことだとおもいます。
04050
6308
6324

例年だと、
[枝垂れ桜]→[染井吉野]→[牡丹桜・八重桜・チューリップ]
と進むのだけど、
今年は、染井吉野が遅れている為、枝垂れと染井、菜の花にチューリップが場所により同時開花の可能性が出てきた。
この週末あたりは天気もよくサイクリングや散策が楽しみだ。


事務所までの道のりも、春を愛でることができました。
6331
6340

法起寺のコスモス

5367

今年のコスモスは台風21号で、開花前にかなり倒れてしまったことで心配されましたが、この週末各所で満開見頃を迎えているようです。

見頃を迎えたとの情報で、自宅から一番近い【法起寺】へ駆けつけました。

夕焼けこそしませんでしたが、ピークを迎えたコスモスは世界遺産の三重塔のシルエットをバックに逆光で輝き、得も言われぬ美しい風景を奏でていました。

DSCF5338

2611

2582

DSCF2564

逆光が定番のスポットですが、早朝の順光で紺碧の空をバックでも見てみたいです。



【法起寺】のコスモス、正確には「法起寺の周りの休耕田に地域の活性のために植えられたコスモス」は、ここ数年、SNSの影響で多数のカメラ趣味の方が訪れる人気撮影スポットとなっています。

03012

美山かやぶきの里

DSC01238

秋の淡路島ツーリングが雨で中止になり、ポカンと空いた一日。

そのメンバとドライブに行ってきました。

篠山で黒枝豆を買って、
小浜で刺し身ランチ&土産に焼き鯖寿司、
美山でジェラートとかやぶきの里の観光

いずれも自転車ツーリングの定番コース何だけど、
自宅からは集合のスタート地点までが遠いので行ったことがありませんでした。

中でも美山北村の 【 かやぶきの里 】 は、思っていたよりこじんまりしていましたが、良かった~!!

いつもは観光客で駐車するのも一苦労らしいのですが、雨で人も少なく、晴天とは違った秋の風景が楽しめました。

何気ない景色ですが、維持するのが大変な「茅葺き」だけではなく、木の電柱・裸電球の街灯(LEDでしたが)・旧型ポスト等々、余分なものも無く非常に整った美しい景観を維持している努力が見られました。

01247
01249
01250
01251
01254
01256
01263
01266
01270
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード