やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

カメラ

チューリップの丘(4/12馬見丘陵公園)


1507

近所に「馬見丘陵公園」という、
奈良で2番めに大きい(65ha)県営公園があります。
▶公式HP

もちダントツ1番は「奈良公園」総面積511ha!
と言っても山林部が殆どで平野部は47haなので、
「馬見丘陵公園」も山林部がありますが、
隣接する「竹取公園」(6.5ha)をまで含めると、
実面積はあまり変わらないかもしれません。

ま、同じ県営公園といっても面積以外は勝負にならない
というか目的意味合いが全く異なりますね…

いきなり脱線ですが
この公園は2010年に「全国都市緑化フェア」の会場にも選ばれ、
関西屈指の花の公園として、県が力を入れています。

特に春のチューリップの頃は、
丘の地形を生かした素晴らしい景観で多くの方が訪れるようになりました。

今年のチューリップ咲く頃は残念ながら全国で緊急事態宣言発令中につき、
不要不急の外出と県をまたぐ移動の自粛を求められ、
毎年のフェア(チューリップとグルメ)は中止。

不謹慎ですが、
これまでに無かった、人のいない(少ない)花一面の公園を楽しむことができました。

説明は不要で、その絶景を少し多めに貼っておきます。
(健康のための「三密」さけての近隣への散歩は推奨されています)
1510
1511
1534
1535
1562
1605
1612
1630
1634
1668
1683
1730

メルカリデビュー

images
3月始めに、遅ればせながら「メルカリ」デビューしました。

きっかけは、義理父がデジカメの充電器を紛失して困っていたからでした。

15年前のコンパクトデジカメ。
メーカー純正品を補修部品扱いで取り寄せることもできますが、
サードパーティー製の代替品でもと、Webで探していたときに、
「メルカリ」の出品が引っかかったからです。

実は録画してみている「カンブリア宮殿」今年の1月16日に
【次世代ビジネスの挑戦者たち(2)日本発「メルカリ」徹底解剖!】
https://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2020/0116/
を放映し、興味を持っていたのもあったので
いい機会と、一度初めてみることにしたのだ。


!!
驚いた!
これはよくできている。
日本で2000万人を超える利用者がいるのも頷ける。

とにかく、かゆいところに手が届くシステムで、
スマホのファビコンに[通知]が付くし、
アプリの「お知らせ」「やることリスト」等を見れば、
何をしなければならないかが解る。

IT大手(facebook、amazon等)からの専門家を受け入れ取り組んでいるとのこと。

IMG_7978
[メルカリのスマホ画面]

古くて、本体破損や紛失の付属品や部品なんて、
格好の販売品目だ。
損はないので、いくらかでも売れたら儲けもの。

使わない(本体が壊れた)デジカメの純正付属品(充電器)なんて、断捨離の最たるものだ。

もちろん、目的の商品はすぐに見つかり、
手頃な価格でメーカー純正品が手に入った。

ヤフオクより圧倒的に簡易で、わかりやすい。
中古品が好きなので、つい見入ってしまう。

ボクも、壊したカメラのバッテリーと充電器、捨てれずに持ってるし、、、売るか!

なのに、何故か本体の方を買ってしまった(笑)
それも、一つ新しいモデルを。

キズがある古い商品で、取説・箱・ケーブル等はないので、
お安く買うことができた。
IMG_7466
[つい買ってしまった、名機CANON PowerShot S110、撮影目的でなければこれだけをポケットに入れて散歩やライドに行ってもいい、壊れても惜しくない価格だけど十分に使える]


販売も何点か行ってみた。
こちらも至極簡単。

メルカリへの手数料は10%
5000円で設定して売れれば、4500円手元に入る。

送付も、専用システム(郵便orヤマトの指定便)を使えば、こちらの個人名・住所等を知られずに格安で送ることも出来る。
ホンマに良く出来てる。

売上は、振込手数料200円を引いて口座に入れるか、
そのまま、購入に使ったり[メルペイ]という電子決済ポイントにも変換できる。

自宅に捨てれないものが沢山あるので、片っ端から断捨離してみたい。

蛇足ながら、最初のメルカリロゴについているマーク古いらしくコレに変わったらしい。
512x512bb

緊急事態宣言とFUJIFILM X-H1

IMG_7342


新年になり、本格的に新型コロナウイルスによる影響が出始め、
4月7日に7都府県で、
4月16日には全国で新型コロナによる緊急事態宣言が出るまでに至った。

ニュースによると、明日にも東京や大阪など8都道府県以外の
緊急事態宣言が解除される見込みとなり、
まだまだ心配ながら、奈良県も解除に含まれるようだ。

今回の事態では、経済活動の重篤なる停滞となり、
これ以上は感染と経済のバランスを取りながらとなるようです。

関係ないのだけど、なぜかBlogが中断している。

経済だけでなく「やる気」も削がれているようで…(笑)

自らの日記でもあるので、3~5月空白を埋めるべく、
しばし簡単に出来事を思い出して記載していきます。


IMG_7356

実は2月の半ばにカメラを変えた。

フラッグシップモデルの
【FUJIFILM X-H1】

フラッグシップはそのままなのだけど、
世代的にはX-T3・X-T4と新型が続けて発売となり、
もはや旧タイプとなってしまい大幅に相場が下がった。

もちろん中古なですが、新品同様の商品が驚くようなプライスが付いており、
思わずX-T2を下取りに出し、わずかな追い金で交換できた。

IMG_7351
「すこし大型のXF56F1.2を取り付けたらピッタリのバランス、手ブレ防止も良く効く」


かなり大型となったが、
もともとCANONのフルサイズ一眼レフ使っていたので問題ない。

同じFUJIFILMのシステムで小型軽量のX-E3も所有しているから、
簡易に持ち出すときはそちらを使う。

しっかりとしたグリップとガッシリとした躯体、
最大5.5段の手ブレ防止内蔵と素晴らしいフェザータッチシャッター、
これはシステムは旧型だけどAF以外全てが高品位。

売り出した当時は25万円ぐらいしてたものが、新品で10万を切り
中古なら、、ごにょごにょ(笑)これは超バーゲンだ。
わずか1年半で、、、発売すぐに買った人は辛いな。

既に使ってみているが、ハンドリングが良く
シャッターが本当に素晴らしい。
所有している、OIS(手ブレ低減装置)なしの単焦点レンズにも
強烈なブレ防止が効くので、新しいシステムを組んだようだ。


ただこの春、外出自粛もあり思うように撮影できなかったのが残念。
早くこの騒動が収まることをこころから望みます。

万能コンパクト LUMIX TX1

IMG_5678

カメラ好がきなので、
日常の撮影もスマホでは済ませず、
少し良いコンパクトカメラを常備していました。
ただ、1年ほど前にその愛機を別の大きなカメラを購入する資金の一部で下取り出したので、
家用の、ごく普通小さなカメラを持ち歩いていた。

けれど標準領域の撮影ならiPhoneの方がキレイじゃ?!
お盆の「白馬三山キャンプ縦走」でも持っていったのだけど、
ありえないほどの絶景が「超残念」な写りで地団駄を踏んだ。

以下3枚、残念カメラ SONY DSC-HX60V
DSC04959
 ↑ 何度やってもピンと合わず(T_T)
DSC05018
 ↑ 盛大なゴーストで台無し
DSC05206
 ↑ 塗り絵かと思う解像度の低さ・・・


で、我慢できず中古でお買い得の旧モデルを見つけ購入。
Panasonic DSC-TX1
main01
今度は、少し望遠も撮影できる1インチセンサー機だ。
新品販売で5-6万が、
付属品が最低限だけのきれいな商品が3万チョイ。
レンズは 25-250mm/F2.8-5.9(35mm換算)

残念カメラはSONYの廉価機で24-720mmの30倍ズームだったので
望遠側が物足りないかと思ったら、
意外と超解像ズーム(レンズのズーム以上をプログラムで拡大する)は、そこそこ使える。
すると 25-500mm機になり大差はない。

ちなみに、滑って落とさないように、
革張りキット+ゴムのグリップをつけて対応。

ストラップは奮発して
pd カフ・リストストラップ(peak design cuff wrist strap)
を張り込んだ。
IMG_5679
こいつは、ボタン状のアダプタでかんたんに本体を外せ、
同じシステムのストラップと互換性がある。
こいつはカッコいい!!



ダラダラとカメラのことを書いても仕方ないから、実際に撮った写真を貼っておきます。

P1030556
標準域
レンズ交換式ほどはボケませんが、
今までのコンパクトより格段の解像度で立体感があります。

P1030572
ほぼ光学ズームいっぱいの250mm
前ボケがキレイで、少し二線ボケですが後ろボケも十分ですね。

P1030647
暗い室内でも、やはり1インチセンサー美し描写。

P1030696
色は、SONYに比べるとコッテリでます。
ISOが上がっているのか、背景のグラデーションが少し荒れ気味です。

P1030704
接写もマクロモードにするとW端で5cmまで寄れます。
やはりコッテリですね。オートWBはOK。

P1030738
標準域にしてマクロモード。ボケすぎて背景がわからなくなるから少し絞る。

P1030785
飯は美味そうに写りますな。

P1030802
薄暗く、明暗差のある朝景。
とりあえず朝焼けに露出合わせて撮ってLighteroomで暗部を持ち上げました。
以外に暗部粘らずこれ以上明るくすると不自然になります。

P1030812
明暗差がある望遠撮影。
少し暗部持ち上げるが、コレが限度。
色も破綻してます。
普通のコンデジ(1/2.3インチ)よりはマシだけど、
やはり便利ズームのコンデジに期待してはいけない。

P1030821
コレぐらい明るいと、バッチリですね。

P1030825
ISO1600だと、少しノイズが出ます。
三脚がちゃちだったので、解像度が悪いのは仕方ない。

P1030828
天王寺方面(ハルカス・天望山・通天閣)
P1030842
梅田方面(大阪城に大阪駅前のビル群)
夜景の遠景はあまり良くないかもしれない。三脚のせいかな。
でも、光学ズーム以上の超解像ズームで500mmの撮影。

P1030836
暗い夜道を手持ち撮影。
ブレ防止(power O.I.S.)はまずまず効いています。
夜空にノイズ。

P1030865
急に走ってきたライダーでも慌てずにピント(ピントはテールランプ)をタッチで。
フォーカス位置を一瞬であわせらるのは便利なタッチ液晶。

P1030872
アンダー基本の夜景だけど、露出を上げて(+2/3)撮影。


このサイズのコンパクトデジカメにしたら、十分な性能です。
SONY DSC-RX100Ⅶ
がほしかった(なんと¥140,000!)のだけど、
その1/4の価格とは思えない高性能機でした。
Panasonicのカメラ(LUMIX)は、操作が性に合ってるので使いやすい。
常携帯なんで、いつまで持つかわからないけど、
大きなカメラ持っていく機会減る気配、いい買い物でした。

コンデジ、もう何台目だろう??
センサー1/1.7以上のコンデジは

Powershot G2
Powershot G3
P7700
S95
S110
X-Q2
DSC-RX100
DMC LX100
DSC-RX10
まだあったような…(笑)

FUJIFILM X-E3 & EF23mmF2 を入手

1729
レンズ交換カメラはFUJIFILMに
X-T2 & XF35mmF1.4
X-E3 & XF23mmF2
XF56mmF1.2


ストレスが溜まるとカメラを変えたくなる悪癖が発症(笑)

新規購入できる懐はないので、最近使っていないコンパクトデジカメ(全然コンパクトではないが…)を処分してミラーレス機とレンズを手に入れた。

FUJIFILM E-E3 単焦点レンズキット(XF23mmF2)
16576726
中古の[新品同様品]ランクを購入。

箱の開封跡、取説のゆがみ、メーカー保証書がないが、
「これって、使ったの?」
という感じの商品。
中古販売のショップ保証が1年付いて新品価格の8掛けぐらいになってる。
たまにハズレがあるが、出物があれば絶対中古がお得。

ちなみに利用してる東京の某大型カメラ店だと「下取り買換交換」は通常の「買取りのみ」の10%上乗せになる上、前に購入した際に付いてきた「買い取り3%UP券」も使えてかなりお得に機種変更できる。



もともと一眼カメラはFUJIFILM X-T2を使っていて2台目のFUJIボディ、3台目のFUJIレンズとなる。
もちろん、ボディ・レンズはどの組み合わせでもOK。

レンズ交換機(ミラーレス)だけど、基本的に面倒くさいのと埃や落下のリスクがあるから外ではレンズ交換しない。だから2台目のボディがほしかった。

ズームレンズだと1台でも済むんだけど、単焦点の画質を知ってしまったらズームはあまり使わなくなったので、不便だけど「やっぱ単焦点!」と意気込んでる。
ま、カメラ趣味だと誰もが通る道なのだけど(笑)
(大抵「やっぱズームだよね」と戻るようですが)



手放した2台は

SONY DMC-RX10
DSC-RX10

24~200mm(35mm換算)F2.8の明るい高倍率ズームの1インチ機
望遠の画質がなかなかの便利な高倍率ズームカメラだったが、自転車ウエアのバックポケットには入らないし(笑)、普段持ち歩くにはデカい。
電動ズームだからだけど、レンズ交換式カメラに比べると操作がもっさりしているのであまり使わなくなった。
名機には間違いないが、すでの2つ前のモデルとなり、最新型は24-600mmでフォーカスもα(SONYのミラーレス)に匹敵する話題のモデル、さらに下位?のコンパクト機(DMC-RX100Ⅵ)が同じ1インチの24-200mmを搭載してきたので、これから相場が下がるのは必須だったので処分。
1年前に5万で美品中古機を買って、今回3.5万で下取ってもらった。

Panasonic DMC-LX100
K0000700408
24~75mm(35mm換算)F1.7~2.8のm3/4機
明るいLEICAレンズと早いフォーカス、アスペクトを変えても画角が変わらない大きな画像素子、ダイレクトにマニュアル操作できる各ダイヤル、沈胴でコンパクトになるレンズ等々素晴らしいカメラ。
手放すのはもったいなかったが、生産中止になり新型機の噂もちらほら。
それに今回購入のX-E3と大きさが被りるので、ノートラブルのうちにと手放した。
2年前に中古で5万で購入し今回3.5万で下取り。



今回はまあまあの人気機種でクーポンも上手く使え、中古購入を1~2年使っても下取りは買った価格の70%もあった。カメラは車より中古市場がしっかりしているので、上手く乗り換えていったら安価に新型や型落ちを楽しめる。

なのでカメラ好きの人やプロでも「下取り-中古購入」する人は意外に多い。

もはや写ってくる写真自体は古いものでも十分に綺麗なのだから、使いつぶすのが一番と思われるかもしれないが、デジタル機器は突然壊れ、修理代は目の玉が飛び出る。
「買い換えろ!」とばかりの高価な修理代を考えたら常に新しい機械に乗り換える方が安心と思っている。

よく「下取り価格で譲ってほしい」とかも聞きますが、基本的に保証できないのでそれはしない。
ちょっと古い機種や、傷あり・不人気機を使っている場合、下取りがクソミソ(笑)なので、そういうのは親しい人に進呈することがありますが、それは当然(普通に使ってて)壊れたらゴメン!と言うことです。

さて、レンズ交換式カメラは長年使ってきたCANONから完全にFUJIFILMになった。
次は広角レンズか、望遠ズームを揃えたいが、当面先になりそうです。


(デジイチ遍歴)
EOS KISS(初代)/EOS 30D/EOS KISS F/EOS 50D/EOS 5DⅡ/EOS KISS X7/EOS 6D
NIKON1 V1/NIKON1 V2
X-T2/X-E3

ボディだけでこれだけ変えていた( ̄。 ̄;)
レンズやコンパクトデジカメはもはや列記できる記憶がない。



せっかく手に入れたが、帯状疱疹と酷暑地獄で撮影に行ってないので、とりあえず通勤に持ち出して試し撮り。
2117
2119
2125
Blogの都合で、縮小・圧縮になっているので参考にはならないが、操作も画質も満足のいく感じです。

秋の黄金の棚田や紅葉が楽しみ。

SONY DSC-HX60V

IMG_0743
SONY Cyber-shot3兄弟(笑)
左:HX-60V  中:HX-30V(故障) 右:RX-100(破損)



いままで使ってきた、デジカメがついに壊れた。
デジカメでは珍しく長寿で2013年春に購入なので、5年愛用。
SONY HX-30V(上写真のまん中)
20倍ズーム搭載の便利カメラ。

綺麗に撮るとか、ぼかしを入れた作品を撮るには向いていない。
どちらかと言うと記録を残すためのカメラ。
スマホでは撮れない写真を撮るのに必要なので代替え機を物色。

予算とのバランスが合いそうなのが
同じSONYの後継機種HX60V(現行だが最新ではない)
同機能レベルでNikon A900
どちらも大体3万前後、3月の大手家電店の決算期には目玉が出そうである。

とにかく
家電店の新品と、ヤフオクとカメラ店の中古をWebで適時チェックしていたら、東京のカメラ店の中古に妙に安いHX60Vが出た。

安いのには訳があり、
付属品が、元箱どころか取説・ストラップ・充電器・ケーブル類、綺麗さっぱり一切無い。
本体+電池に、別売りの専用革ケースのみ。

Webの写真をチェック。
通常使用での細かい傷は少しならあまり気にしない、落とし傷や液晶モニタのコーテング傷は後で問題になることがあるが、、、、確認したところ使用でのテカリや小キズすら全くない。
写真が信用できるなら、ほぼ使ってないな。
実店舗を構えるお店でもあるので嘘はないと思う。


以前のオーナーを推測してみる、これも中古品の楽しい所。

・コンデジに革ケース入れる…高齢者?
カメラを実用使いする人ではない。

・お店の場所柄から、カメラ趣味でない割りと裕福な人があまり調べないで機能だけから(高級機ではないコンデジの)フラッグシップモデルを求めたのかな?(新製品のときは5万以上した)
ただカメラ好きでない人には結構大きいデジカメなので持て余したか?

・付属品が一切見つからないってことは病気や遺品整理品等で近親者の代理処分かも?


とにかく、前のモデル使ってるので付属品の不足は問題ないし、取説は無くても大丈夫。
必要ならパソコンで読めばいい。

中古商品は出会いモンなので、直ぐ電話してみる。
充電器・付属品無いことを念押しされ、購入方法を丁寧に説明してくれお店の印象もいいので、お願いした。

IMG_0744

推測が当たったかどうかはわからないが、動作は問題ない。
ケースに入れてあったのもあるが、傷はまったくない、角や操作部分のテカリもなし。
ほぼ新品みたいで大当たりだった。

潰したカメラに使っていた電池と同じなので予備電池(必須)も別途に求める必要ない。

購入金額は一番安い新品価格のほぼ半額。


いい買い物が出来ました。
最近、バタバタや病気でストレス溜まっていたのが少し発散(笑)

新兵器で試し撮り


DSC00062
十三峠、いつもの府民の森入口近くからの夜景



デジイチを EOS 6D から X-T2 に変えたのに伴って、
望遠レンズも下取りに出しちゃったのでやはり遠景が取れなくて不便。

望遠の交換レンズを物色していたのだけど、
通勤での峠の景色を撮るのに持ち運びも楽で、
広角から撮れる秘密兵器を導入した。

機材については後日書くとして、
やはり小型高倍率コンパクトとは一味違う写真となった。

SONY
DSC-RX10
K0000586360
2013年11月発売
当然中古である


写真としていい悪いは別として、
とりあえず試し撮りしてみた。

DSC00081
日の出すぐの淡い光でも見事な描写
どアンダーにしても暗部が意外と潰れていない
超解像ズームを使ったので少し甘い描写

DSC00098
もろに光源を取り入れても
軽微なゴーストが太陽の真下にでだけで、
他の部分へのゴースト出ない、さすがの「バリオ・ゾナーT*」

うーん、ボケ量以外は十分な描写です

DSC00108
ちょっと暗部をフォトショップで起こしていますが、
黒潰れに見えるところもきっちり描写されていました。
ダイナミックレンジは、かなり広いです。
こういうところは使いやすいですね。

DSC00065
WBを白熱灯にして、すこし青みを強めました。
この写真は縮小してますが、原版を拡大したらかなりの解像度です。

DSC00036
同じ場所から200mmで撮って、少しトリミング(水平を出しただけ)
かなりモヤっていたけど、この解像度が出る。
クリアな冬に撮ったらスゴイだろうなぁ。

操作が慣れていないので、
性能は引出せてはいないが、
かなりいい感じです。

この性能でこの価格なら全く文句ありません。

結構レビューで批判書いている人が多くて心配でしたが
いままで、色々使ってきたなかでは、かなりまともな機種です。

新製品の新品価格と違って、ボクのは出物の中古だからか(笑)
値段3倍以上違うから、批評も辛口になるかもね。

XF18-55mmF2.8-4

IMG_4690
X-T2 + XF18-55mmF2.8-4 カメラのバランスとしては最もあっている組み合わせ

DSC2034
レンズを替えて撮った(XF18-55)
久々に東高津神社に寄ったら、梅の花が満開で桜が咲いたかと勘違いするほど

あら、梅の花をとってる先客が、、あ、ジャージのデザイナさんだった!
ちょうど用事でうちの事務所に資料を配達してくれたあとだったらしい。
たしかに受け取りました、ありがとうございました。


さて、新しいデジカメのレンズを標準ズームに戻してみた。
X-T2のレンズキットについていたやつだ。

フジノン XF-18-55mmF2.8-4
(35mm換算 27-82mm相当)

キットレンズには贅沢なレンズでWebでの評判も上々。


ただ、先に別途購入の
XF56mmF1.2R
という「超!」が付く銘レンズで撮ってたもんで、なんか物足りない。

DSC2006
XF56は中望遠単焦点レンズ、表現力はすごいが普段使いとしてはかなり使いにくい。


Canon_8035b009_EOS_6D_Digital_Camera_892354
以前のEOS 6Dに使っていた標準レンズは
EF24-105mmF4L
評判悪かったのだが(CANONのLレンズとしては)
やはりフルサイズでレンジが広く、広角も望遠もある程度撮れてしまいボケも上々だった。
ただ、1.4kgの組み合わせは持ち歩きに辛い。

それに比べると、XF18-55は軽く小さいが、使い方が難しい。

難しいというのは語弊があるな、X-T2組むと画質も色乗りも歪曲もすばらしい、本当に綺麗に撮れる。
ただ、印象的な写真を作るのが難しいのだ。

レンズの表現力に頼るのではなく、被写体や構図を考えて撮る練習も必要。

EOSに比べたら、軽く小さい組み合わせなので、コンデジ代わりしばらく持ち歩いてみよう。

昨夜のXF56(笑)

DSC1964
谷町筋 夕陽丘交差点


X-T2 & XF56mmF1.2R もって天王寺まで歩いて帰りました。

いまだ85mm※の中望遠の画角が悩ましい。
(※フルサイズ換算APS-C56mm×換算値1.5≒85mm)

夜景撮影に手ブレ防止が付いていないので、感度を上げてシャッタースピードを稼ぎ、そっとシャッターを押す。

web公開用ならISO3200はぜんぜんOK、場合により6400も使える。
フイルムの頃なら考えられなかったことだ。

写真好きらしからぬ、ビビッド(鮮やかで、コントラストも強め)な画が好きなんだけど、夜景にフイルムシュミレーションでVelviaは派手すぎる。Astiaがいい感じかな。

DSC1974
四天王寺東門 チョット感度上げすぎたかな

DSC1979
四天王寺 亀井堂

DSC1990
あべのハルカス

DSC1994
駅北側の飲み屋街 「阪和商店街」

DSC1995
未だ昭和の雰囲気を残します

今日のXF56(笑)

1863
X-T2 + XF56mmF1.2 Velvia


少し離れて撮っても、浮き上がるような画。
且つ、開放なのにクッキリカッチリの解像感。

すっかりこのレンズの虜です

あ、写真自体の優劣は見ないで下さい、、、

EOS 6Dのとき、悩みのタネだった晴れの屋外で大口径単焦点。
開放撮影だとSS(シャッタースピード)1/4000では全くカバーできなくて、真っ白な画像吐き出すので仕方なく絞るか、NDフィルターをつけたりしたけど、X-T2は、最高SS1/8000搭載、さらに電子シャッターで1/32000まで使えるので面倒いらずだ。

キャプチャ
上の写真でもF1.2(開放)でSS1/13000!

撮るのに制約が多い85mmレンズなんだけど、この写りが楽しくて、一緒に手に入れた小型の標準ズームXF18-55F2.8-4の出番がありません。

自転車だけでなく、写真も益々機材頼りになってきたなあ。

1880
最短撮影距離70cmなので、全く寄れないけど、離しての撮影でも被写体の存在感が浮き出ます。

1795
F1.6 ACROS

1804
F4.0 ACROS

1889
一般的なマクロレンズとほぼ同じ焦点距離だけど、全く画作りがちがいます

1899
モデルポーズは合格点だけど、表情硬いな・・・
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード