P1080966

先日取引先の方がお亡くなりになり、
仕事終わって、急遽お通夜に駆けつけた。
京都郊外の不便なところでしたので
通夜の参列には全然間に合いませんでしたが、
ご親族にお悔やみ申し上げ、
故人のお顔を拝ませていただきました。

帰路深夜になり、眠気を覚ますために道端に車を止めて
車外で空を眺めると、、
P1080967
満天の星空が広がっていました。

都市近郊ではないですが、
本当の山奥まで行かねば見れないと思っていた
星が落ちるほど見える天空、
肉眼でも天の川が見えたのも感嘆。

ちょうど篠山・亀岡・綾部・三田・川西の
各市街地から均等に離れた(20-40km)場所なんですね。
(R173/篠山チルドレンミュージアム前)

長年の付き合いがあった故人の笑顔が浮かんできて
静寂の中、吸い込まれるような感覚に包まれた
不思議なひとときを過ごしました。

寒空の中、
かばんに入れてる小さなカメラをボンネットの上に置いて
試行錯誤して撮影してたら、震えが・・・
おおおぉ寒っ!車の外気計は2℃
目が冷めたので、家路を急ぎました。

写真:Panasonic Lumix TX1
Mモード・ISO1600・24mm・F2.8・20秒・セルフタイマー