0748

記録的な暖冬で、もう関西には雪ふらねえんじゃないかと心配していたのですが、2月半ばにミニ寒波が来て山手に冠雪の予報。
この時とばかりにta2da隊長の一声で行って参りました今季初の金剛山!



金剛山といえば「大阪府の最高峰」と言われ、ライブカメラ等で有名な国見城跡の広場が山頂と思われてる方も多いのですが、実は奈良県御所市の葛木岳(1,125m/立入禁止区域)が最高地点なんです。
大阪の最高地点(1,053m)はこの山の中腹にひっそりと存在し、三角点は1,112mの湧出岳にあり、これもそれも金剛山で間違いありません。

アプローチは毎度の金剛山登山口から。
登りは黒栂谷からで、山頂で広場や神社から湧出岳(三角点)・展望台・大阪府最高地点とめぐり、帰路はツツジオ谷で二の滝の氷爆をみてもどりました。

【YMAP】でとったログデータはこんな感じです。
IMG_7350
ボクの結果では9.7kmでしたが、皆さんのデータからだいたい12kmぐらいが正解かと思います。



さて、だいたいの経過を写真で追ってみましょう・・・


1050210
駐車場で集合の本日のメンバー
今回は、三田・宝塚から隊長のお友達が参加です。
アルプス登っている本格的な人たちらしいです・・ヤバ

1050219
登山口からしばらくは舗装路を進みます。
このまま行くとツツジオ谷ですが・・・
1050244
当然別ルートからです。急登が続きますねぇ
ま、ta2daルートでは毎度のことですが。

0718
尾根に出ると、雪の量も増えてきました、まだまだ登り。

1050266
「おーいルートがないぞー!!」(実はルートです)
隊長は金剛山の主ですから、、そんなの関係ねぇ!地形見て進みます。
雪の藪こぎ、滑りまくりで登れない(^_^;)

1050297
写真では写ってませんが、下は結構な谷底。
ここで足を踏み外したら「無事だったら、ふりだしに戻る」だそうです。
いや戻らんやろ (・_・;;)


0726
空が広くなってきた、ってことは山頂は近い。

0727
奈良側(葛城・御所方面)を見下ろして・・・

1050316
ここまで登ると、昨日の積雪で一面のさらさら粉雪の世界。

0734
毎度の鳥の餌場、この日は少ない、、やっと来た!ピンぼけだ。。。

0750
お隣の「大和葛城山」の山頂が見えます。ツツジの頃は真っ赤に染まるんだって。

0758
葛城神社を抜けて、

0793
まずは1,112mの湧出岳の三角点、、ここで隊長に動き有り(笑)

0804
そう、ドローン登場!
すごい景色が取れました!!

0830
ケーブル駅近くの展望台。この日の景観は素晴らしい!!
大峰・大普賢岳・八経ヶ岳までくっきり見えます。

このあと「大阪府最高地点」を通過して、山頂売店で腹ごしらえ。

0836
そして金剛山で一番メジャーな[山頂広場]へ。
ここは、楠木正成が築いた「国見城跡」だそうです。
しかし、1,000m超えで、ケーブルが動いてないのにスゴイ人だなあ!

0837
間もなく、、13時、、そう!

0844
30分ごとの、ライブカメラ記念撮影です。
84236509_3539978349410598_6044216177540988928_n
後にWEBサイトで確認したら、バッチリでした~。

結構山頂でウロウロとしてたので、いい時間。
さてさて下山開始。

1050332
登りはなんとかアイゼン無しで行けましたが、下山は必須です。
軽アイゼンを忘れて、本格的な10本爪をつけるアルピニストN氏。

「次行くの冬山に向けてのテストや」と仰ってましたが、、、
山の道具は大は小を兼ねないのが辛いところ。

1050333
所々から、こんどは大阪方面(河内長野・堺方面)が開けて見えます。
「下界の者どもよ~」(笑)

1050383
結構険しい下りが続き、Nさんの本格アイゼンは辛いことに。
1050378
ロープある岩場では爪が災いして滑ります。
0847
激下りが終わったところで、毎年氷爆を楽しむ「二の滝」に到着。
あらら、今年は全面凍結では無く残念。
0854
まあ、凍ってたから良しとしましょう。

あとは、この沢沿いに降りるだけ。
ツツジオ谷コースという金剛山のメジャーなルートらしい(知らんのかい!)
1050395
ただ淡々と、、
1050402
斜度が緩んできたら、ゴールは近い。
1050403
全員無事下山完了!お疲れさまでした!!


案内のta2da兄貴、ご一緒いただきました皆様ありがとうございました。

お初の北摂メンバの方々は、みなさん穏やかな素晴らしい方ばかりでした。
自転車乗りという事なので、機会ありましたらまたご一緒いたしましょう!



今回、登山用に買った靴を初めてまともに使いました。

ふだんはトレッキングシューズで事足りるのですが、荷を背負ってのアルプス山行や、岩ゴロゴロの登山道では、ソールが柔らかいと帰って滑ったり疲れたりするので手に入れたものです。

今回ルートではそこまでの必要は無かったのですが、慣らしという事で試用してみました

超扁平甲高のボクには選べる靴は少なく、日本人向けの
「SIRIO P.F.441」という4E+の広幅のものです。

1050405
前回平地を試しに歩いてみたら、ソールのフィットがいまいちだったので、
SIDAS「3フィート・アクション・ロー」
という、土踏まずのアーチ高が選べるインソールの一番低いのを入れました。
sidas_3feet_action_low_img01_big
歩き初めはあまりにフィットしすぎて全体的に少し痛くなりましたが、徐々に慣れてきて右足は完璧!ただ左がキツイ下り時に親指の爪に当たることがありました。

紐の締め方の工夫や、靴下等でもう少しフィッテングを詰めていけたらと思っています。