●● 作成決定しました ●● 作成メーカーは数量により再検討

瓢鯰グラデGroupE(小)

(画像クリックで拡大)

和柄ジャージデザインの御大に作ってもらいました・・・
「喰神」の時と同じく、無理やり使わせてもらったと言うのが正直なところでしょうか(笑)
(第27作目!ということらしいです)

瓢鮎図(ひょうねんず)をイメージして描かれたと聞いております。
hyonenzu

足利4代将軍義持公が、
禅僧に「瓢箪で鯰を押さえ捕ることができるか」
という質問をしたことに基づいた絵ですね。

また、辞書(goo辞書)で「瓢鮎図」調べたら、

《「瓢箪で鯰を押さえる」から》とらえどころのないようす。要領を得ないようす。また、そのような人。

とあります。

「とらえどころのない」 が、題材のサイクルジャージ、なんかイイじゃないですか。

-----

作成数量が少ない場合は、【バレット】製。
数がある程度確保できたら、【パールイズミ】も検討します。

いずれにしましても、一回こっきりの別注ジャージ、少し高め(上だけで¥15000程度?)で、
先払い、更に納期も掛かりますが、素晴らしい逸品となること間違いなしです。
ご検討をお願いいたします。

尚、カラーは GroupE「喰神」「獣遊」と合わせておりますので、「喰神」のパンツを持ってられる方は色柄が合うと思います。

※金銭のやり取りと、サンプルなしの受注発注品に付き、私と多少なりとも繋がりのある方に限らせて頂きます。
連絡は、ここのコメント欄か、メールにてよろしくお願いいたします。


「ひょうたんなまず」で、ググったらよく似た面白い絵がでてきました。
hyounenzu
瓢箪に見立てた狸の◯◯タマで、鯰を押さえた図だそうです。
昔の人は面白い味のある絵を描きますね。