DSC01801
《土手向こうの河川より流れこんで来た霧が溜まり、風景を一変》


DSC01799
《何でもない田畑、朝焼けと霧で、絵画に》


DSC01821
《大阪側も霧、路面が濡れていてスリッピー、対向車とグレーチング(溝の格子蓋)は要注意》


 SONY DSC-WX10 

霧や視程に関する用語(気象庁HPより)

視程
水平方向での見通せる距離。
 (備考)
 a) 音声伝達では「見通し」を用いる。
 b) 方向によって異なる場合は、通常、最小の距離をいう。


微小な浮遊水滴により視程が1km未満の状態。 用例 霧が発生する。霧が薄く(濃く)なる。

濃霧

視程が陸上でおよそ100m、海上で500m以下の霧。
 (備考)
  濃霧注意報と同一基準で用いる。濃霧注意報の基準は地方によって多少異なる。

もや (△)
微小な浮遊水滴や湿った微粒子により視程が1km以上、10km未満となっている状態。

かすみ (×)
備考 気象観測において定義がされていないので用いない。

煙霧 (△)
乾いた微粒子により視程が10km未満となっている状態。

黄砂

アジア内陸部の砂漠や黄土高原などで強風によって上空に舞い上がった多量の砂じんが、上空の風で運ばれ、徐々に降下する現象。春に観測されることが多い。 用例 黄砂現象があった。黄砂を観測した。