nr120508tg1j_01
オリンパスがお得意のToughモデルに新しいフラッグシップを出してきた。

いままで、防水・耐衝撃のアウトドア用コンデジはOEMだったのか、どこのメーカーも同じような形状の同じようなスペックのものばかりで、所有(頂き物ですが)のモデルでイイヤと食指が動かなかった。

チャリ乗りには、汗まみれのバックポケットにそのまま放り込んでササッと写せるし、たまに落としちゃうから防水・耐衝撃のアウトドアカメラは必須なのだ。
レンズが出たり入ったりしない(沈胴式でない)のも、OFF即ポケット(重要)が出来るので◎!


広角マニアのボクには、ワイド端が25mmf2.0と言うのが大いにそそられる!
接写オタクでもあるので、マクロ1cmも嬉しい!

動画がAVCHD規格でないので家のレコーダーに保存できないのは×!
多分動画撮影中のピントも怪しいし、ムービーはおまけかナ・・・スキーには使えない。

キヤノンでないのが残念だが、なんか今回は期待できそう。
(操作系統が一番なじみがある)


いやいや、もうカメラ買いませんよ!妄想だけです。


OLYMPUS Tough TG-1 
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2012a/nr120508tg1j.cfm

オリンパスイメージング株式会社は、防水性能※1、耐落下衝撃性能※2、耐低温※3の性能に加えて、ハイスピードなレンズ(明るいレンズ)、ハイスピードなGPS、iHSテクノロジー(夜景に強く、高速動作が可能な技術)を備えた、コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS Tough TG-1」を2012年6月に発売します。

主な特長
1.F2.0の明るさを持つハイスピードレンズを搭載。iHSテクノロジーとの組み合わせで、暗いシーンでの撮影性能と画質が大きく向上
2.12m防水性能※1、2m耐落下衝撃性能※2、-10℃耐低温※3、100kgf耐荷重※4でシリーズ最強のタフ性能を搭載
3.起動からピント合わせまで、ハイスピードに撮影できるiHSテクノロジーを搭載
4.ハイスピードに測位情報を取得できるA-GPS※5搭載。撮影した位置を画像情報に付加
5.魚眼・望遠の2種類の防水コンバージョンレンズ(別売り)の装着が可能