IMG_2948
 紫陽花は種類が多くて、梅雨時期から結構長い間楽しめます
 定番ですが、これほど雨に似合う被写体もないですね



タイトルは、柳生新陰流に毒を盛られて、お腹を壊したという話ではない。


連休最終日、思わず時間が出来たのでいつもと違うコースをと奈良公園から、柳生・布目へと走らせた。

般若坂から円成寺までは、登り基調、キツイ坂も少なくイイ練習コースだ。

IMG_2935IMG_2938
 (左)楼門<重文> (右)多宝塔

円成寺は、国道369号の登り基調が終わったあたり、左手に素晴らしい庭園が木立の中から見えてきます。
紅葉の時期に訪れたときは、秋の庭園を拝観しにたいへん賑わっていました。

円成寺を出ると、小雨が降り始め、土の匂いが立ちこめます。
こんな雰囲気にはピッタリの雨、靄の立つ山間路を淡々とペダルをこぐのはいい気持ち。
先日の灼熱地獄の百万倍いいなあ、とこのときは後のトラブルつゆ知らず・・

下りコーナーでハンドルに違和感。地球ゴマを捻るような抵抗感。
この感触、、、やっぱりなパンクや。

DCIM0207

実は先日のそぶら山荘でもパンク修理してて
3ライド連続のスローパンク。

こりゃ絶対タイヤに何かあると、チューブからパンク箇所突き止めて、タイヤよく調べたら
「あった~!」
ガラス片が潜り込んでタイヤと同化してた。
ちなみに、外したタイヤの内側からの触診ではわからない、高圧の時のみ路面からの圧力でとがり部分がチューブに当たって傷つけるのだ。
パンク修理後の4~5気圧ぐらいではパンクしないで、出発前に入れる8気圧にだけ反応するんのか!

ちょっと前、某氏へスローパンクの注意なんて書き込みしたのが恥ずかしい。
「先ずはタイヤを調べてパンクの原因を取り除きましょう」って
そりゃ、ボクのことやん!

DCIM0198DCIM0206
パンク原因突き止めるのに時間掛かって30分以上のロス。

とりあえず大柳生から、柳生へ進めて行くも小雨から普通の雨に。
布目ダムへの分岐で、風が出て雷音が聞こえてきたので急遽引き返すことに。

同じ道ではつまらないので、白毫寺へぬけるルートを進む。
遂に本降り、と言うか土砂降りに!
FB_IMG_13738435926314960
もはや濡れるのは構わないが、前が見えず、危険を感じたので雨宿り。
暴風雨に雷のゲリラ豪雨に30分以上足止めを喰う。
パンクのロス含めて、予定より遅れてきた・・・
このあとチョット大事な用事あるんだよな、、、困ったな。

願い通じてか、急に小雨になったところで一気にダウンヒル!怖っ!
なんとか事なきを得て無事戻れました。

DCIM0214

奈良公園東側はなかなか面白いかもしれない。
柳生から南下したらちょうど針インターに付く。
更に奥(東)に行くと、月ヶ瀬から伊賀へも続く、季候が良くなったらこちらも行ってみよう。

奈良公園帰着し、奈良町ブラブラ新規開拓というか散策にいそしんで参りました。
コチラもまだまだ、知らないところが多いな。やっぱり奈良はオモシロイ。