IMG_2904


連休初日は、ta2daさん、みぃ~ちゃんと、河内方面へ。

目的地は、貝塚の 【 そぶら山荘 石窯パン工房 愛(まな) 】
mono35522767-110106-02

和泉葛城山の北側麓「蕎原」(そぶら)にある、石窯パン屋さん。

先日ステラの練習会お見送りの目的地でもあり、気になっていた。

河内長野駅からは適度なアップダウンを繰り返しながら、約25kmで到着。

IMG_2906IMG_2909
IMG_2910
IMG_2908IMG_2907

ピザはホールで頼んで3人でシェア、パンも美味いなあ。

お腹いっぱいになったところで、「よっこらしょ」重い腰を上げ、出発準備!

ここで、まさかのサプライズ!!
ステラ(クラブシルベスト)のあやみん姫登場!
「ゼーゼー、ま、間に合った、ヒーヒー!」
僕らのfacebook書き込みを見て、駆けつけてくれたのだ。
(そぶら山荘はどのキャリアも圏外で連絡とれない!)

地元とはいえ10km以上ある山道をダッシュでの訪問、おじさん3人は感涙するのでした。
IMG_2923

もちろん出発は後回しにして、みんなで写真撮ったりブランコ乗ったり・・・
ありがとうございました。

IMG_2924IMG_2914
IMG_2922IMG_2919

さて、楽しい時間が終わったら、もうひと登り。

あやみん姫に見送られ、そぶら山荘から更に先に進みます。

「(和泉)葛城山にここから登れんねん」
「一番近道やねん」と、よく考えたら不安になることを宣う案内人。

IMG_2927
不安的中、山道で「一番近道」=「一番キツイ」の法則。
あとで調べたら、
●そぶら山荘~葛城山頂:距離7.2km・標高差572m・平均斜度8%
大したことないやんと思うかもしれないが、後半半分は尾根。
●そぶら山荘~葛城山の尾根:距離3.4km・標高差420m・平均斜度12.3%
中でもその中盤の劇坂は
●急勾配開始~葛城山の尾根手前:距離1.6km・標高差255m・平均斜度15.9%

2km15%オーバーなんて勘弁してくれ。
とにかく登るだけに専念したが、泣きが入った。

葛城山には7本の登坂ルートがあるらしく、その中で2番目にキツイのだとか。
(ルートラボで見る限り部分的にはこちらがキツイ)
この七葛を1日で達成する猛者もいるとか・・・

帰路は、塔原・本谷林道ルートから下山。
ここが一番走りやすいとか言うけど、大概やな。


葛城山と言えば、この大阪と和歌山県境の「和泉葛城山」(858m)
と、僕ら奈良県民が思い浮かべるのは大阪奈良県境「大和葛城山」(959.2m)
どちらも、単に「葛城山」と呼ばれているから注意しなくてはならない。

まだ他に、中葛城山と南葛城山がある。
ちなみに同じ山脈の親分でもある、金剛山はむかし葛城山(かつらぎやま)と呼ばれていたとか。
とにかく、このあたりは交通要所でもあるので峠が多く、自転車乗りの健脚を育むにはもってこいの地形となっている。

まあボクはなるべくこちらは遠慮して、盆地の中心を愛したい。