IMG_2500IMG_2498IMG_2499IMG_2496

京都宇治にパン屋の銘店があると伝え聞いた。
パン好き、ベーカリー巡り同好会奈良支部所属(そんなんあるんか)としては聞き捨てならず、訪問の機会を伺っていた。

たま木亭
■京都府宇治市五ケ庄新開14-91
■7:00-19:00 月・火休
■京阪電車【黄檗駅】(おうばく)すぐ

基本的に「食べログ」評価はあてにならないと思っているのだが、4点を超えてるは珍しい。
数多い口コミも、熱いメッセージが多い。
何よりグルメな自転車友達にもファンが多いというのは間違いない証だ。


食あたりで体力も落としていることと、これ以上熱くなったら早朝以外走れないので、今のうち!(←大間違い)と、先ずは木津川サイクリングロードを使って京都嵐山まで平坦地巡航錬。
平坦ばかりなんで、玄関においてあるジテツウ号でAM6:00出陣。

IMG_2471
 木津からはルートの途切れも少なく、涼しいのも相まって快調である

IMG_2484

珍しく無補給で65km/2.5時間でひたすら漕いで渡月橋。
このルート木津-八幡(背割堤)まではかなり走りやすい。

嵐山が近づくにつれ、市街部分に差し掛かるのと、河川道路の乗り継ぎが分かりにくくノンビリペースになる。

ボクにしては途中寄り道もせず、珍しくハラヘリ極まって到着。
トイレ休憩だけで、ルートを検索して出発。

そこから少し戻って、途中から宇治方面に反れると目的の【たま木亭】だ。

小さなお店と聞いていたのに、近くに来ると10台程度のパーキングの案内と警備員までいる。

お店につくとビックリ。行列ができているではないか。
パン屋で順番待って入店したのは、靭公園のタケウチ以来だな。

自転車置いて、メット脱いで・・・今回は先日買ったマリー帽だった、サザエさんでなく良かった。

店内は上の写真の通り。
どれもこれも最高に美味しそう。目移りしまくりで大興奮「ポッポー!」状態。
押されるように進むので、思わず鷲掴みしてしまいそうになる。

持って帰るわけには行かないので、3ツがリミットか・・・どれにしようか絞れない。

結局レジ脇に置いてあった、「クニャーネ」(パイコルネにその場でカスタードを挿入)を追加して4ツ購入。

コンビニで少し張り込んだコーヒー買って、人通りの少ない日陰を見つけてブランチ。

IMG_2505

IMG_2506

洋風アンパン・パンオノア練乳仕立・宇治ほうじ茶パンにクニャーネ
よく考えたら甘いパンばかりだったのは失敗。

次からは、下調べしてから臨もう。

とにかく、パン生地はもちろんの事、餡やクリームが美味しい!!
惣菜パンも食べてみたい。リベンジ決定。
特にカレーパンが美味いらしいとか。


甘いパンでお腹いっぱい、ギラギラの太陽にさらされながら帰路に着く。
暑いのでしょっちゅう水分補給すると胃の中のパンが膨らんで気分悪くなってきた。

またしても這々の体で家路に向かうが、なにせ京都宇治なのだ。
まだ50kmはタップリあるで・・・参った。

IMG_2513
帰ったら、白・黒ならぬ、肌色・赤黒の見事なパンダ焼け。

今度は、嵐山行かずにたま木亭だけ行こう。
夏でもOPENの7:00目指せば、10:00には戻ってこれる。

これで、南に五條【yum yum】、東に大宇陀【アナンダ】か【のら】。
そして北に宇治【たま木亭】、AMパン屋錬のコースが増えた。