やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

2018年01月

初めての氷瀑 in 金剛山


00911
念願の冬の金剛山で氷瀑を見ることが出来ました!


葛城・金剛と河内に詳しいta2da兄さんに氷瀑(滝が凍ってしまったもの)を見に連れて行ってと、お願いしてはや3年目!

冬場、凍てつく週末にお声がけ頂くのですが、いつも先約あったり、怪我してたりと都合がつかず、先週末にようやく行ってきました大阪の天井、金剛山!


この日は総勢5名。柏原駅で待ち合わせです。

金剛山登山口に駐車し、
目指すは氷瀑(滝)なので、渓谷沿い「ツツジオ谷」コースから登ります。
00838

その週は気温が低い日が続き、スタートから沢は凍り始めていました。
00841
00845
00870

ひたすら沢伝いに登っていきます。
1kmほどで、沢の脇だけでなく、道そのものも凍ってきましたのでアイゼンを付けます。

一面凍りついた緩い渓谷は、氷にアイゼンの爪を突き刺すようにすれば、しっかりと噛み込んでかえって意外と安全に登れたりします。ただ簡易なアイゼンなので油断は禁物。
00874

秘密兵器ゴムチェーンアイゼンと凍った沢。
00875

最初の滝が見えてきました。
流れの形のまま凍りついています。
スキー場でリフトの上からチラと見たことありましたが、目の前にそびえる氷の滝はスゴイ。
初!氷瀑!パチパチパチ!!

一の滝は全面ではなく、まだ下部の真ん中は水の流れが残っています。
それでも美しい!
00886

ここは、西向きの谷間なので日が差さないこともあって、気温が低いようです。
小さな滝ももちろん凍っています。
00901

一の滝から少し上ったところに、目当ての二の滝が見えてきました。
見えている部分だけで10mは超え、更に上部もしばらく氷の川となっています。
晴れていたら、氷が青く輝くのだそうでうす。

人がいないように見えますが、実は写真撮り待ち渋滞してたりします(笑)
00908

氷瀑区間をすぎると、急峻なルートを登り、
前回の登坂では、このあたりで滑落事故が起きていたそうです。
00925

急なルートをクリアすると今度は凍った沢を通る道?で山頂近くまで登ります。

金剛山へ登るルートは多岐に張り巡り分岐しています。
地図にはあまり載っていない道も多いらしいですが、人気ある山なのでどのルートもしっかりと踏み跡があります。(過疎なルートもあるとか・・・)

凍った川の上を歩いて行くなんて、なかなか経験出来ないことなので、楽しい楽しい。
アイゼンでザクザク歩くのも癖になりそうです。
00952

程なく山頂!約2時間の登坂でした。
曇天の割に視界は開けてますが、天気予報はこれから雪ないし雨の予報。
00984

山頂広場で一服したら、お楽しみのエリアをパスして早々に下山となりました。

しかし、山頂は人でごった返してますなぁ。
人気の金剛山、みんな雪をまってこの日に一斉に来たようですね。
00993
下りは「タカハタ道」。
最後に「ツツジオ谷」へ合流するルートです。

01007

尾根道で植林の杉林の中を下っていきます。
01015

下りは早い速い!
01045

一気に崖のような道を下ると、こんどは谷道となり「ツツジオ谷」に向い合流。
01052
01064

小さな谷川の中には、何やら不思議な氷柱が。
川に飛び出た植物の根っこに掛かった水しぶきが凍ったようです。
01066

無事下山、ちょうど雨がポツリポツリ。
前行程4時間半かからず、景色の変化もあり、目的の氷瀑も見事で大満足のトレッキング(ハイキング?)となりました。
01068

山頂の小屋で摂るはずの昼食を、下山してからゆっくりとレストランで話し弾んで頂き、楽しい1日が終わりました、、、、って15時には解散でしたが。

近場でルートの多い楽しい山で、また違うルートや、違う季節にも楽しんでみたいですね。

案内・送迎とお世話になりました、ta2da兄さん、ご同行頂きました皆様には感謝です。
ありがとうございました。

(追記)
凍った滝のことを「氷瀑」といいますが、
てっきり爆発したような滝かとおもってて
「氷爆」
と勘違いしてました。
「瀑」の字だけで「滝」を意味するんですね。
大きな滝をよく「瀑布」って書いてますが、こちらも爆発しているような水の流れで「爆布」かと思っていました。てっきり「ナイアガラ爆布」だと(笑)

ご指摘ありがとうございました。

若草山焼き

01691
燃えている丘の右下の影が「東大寺大仏殿」とてつもない火柱の大きさです
(ちなみに大仏殿の高さは37mなので50mぐらいの炎か!?)



1月の第4土曜日は奈良の冬の風物詩「若草山山焼き」が行われます。
2018年は1月27日。

すごい人出(今年は18万人)になるのと、若草山は奈良盆地の北部・中央部の広域から見え、もちろん自宅(直線距離で17km)からもよく見えるから奈良に住んで24年になるが、近くで見たことは一度もない。
▷ 2016年の自宅からの様子

ところが、奈良公園の直ぐ近くにお住まいで、ずっとご無沙汰していた友人に先日20年ぶりに再開し、「山焼き」に是非とお話を頂きましたので、厚かましくお邪魔してきました。

01610

若草山/東大寺を横手に、正面は奈良盆地一望の高台のお宅は、リビングを景観最優先で作られた、山沿いのVIPルームだった。いや驚いた!ホンマ!

01607
望遠での撮影だけど、若草山の斜面が丸見え。
準備のトラックが判ります。

01614
生駒に沈む夕日が気分を高めます!
01636
しばらく、日没のグラデーションを楽しんで時を待ちます。

18:00 に松明の小さな明かりが見え、
18:15 いよいよ「礼讃大花火」。

01659
0167001675
0168701688

やっぱり、近くから見ると迫力あるなぁ!
「ドーン」の音も身体に響きます。
花火の種類も多く、やはり間近は違うなぁと感心。

友人曰く、今年の花火はかなり多彩で、去年より規模も大きいのではないかとのこと。

観光客も増え、奈良市も気合が入っているのでしょうか!

10分チョットの花火を楽しんだら、いよいよ山焼き
18:30 小さな赤い炎が各所に灯り、少しづつ大きくなっていきます。

よく、ポスターや新聞に載ってる、山一面が炎に包まれ同時に花火が上がっている写真がありますが、あれは合成写真。固定カメラで20~100枚もの画像データを明るい部分のみ合成して作った「画」です。
実際は花火と山焼きは違う時間帯で、山焼きの炎は「面」でなく端から順番に「線」で燃えていきますので。
sty1701280023-p1
<午後5時53分から4秒露光82コマを比較明合成、山田哲司撮影>
(引用:産経フォト


小さな炎がだんだんと大きくなり、火柱が登るのが見えます。
01700
01695
花火ほど派手では無く、淡々と燃え広がり、収束していくのを厳粛な気持ちで眺めます。

20分ほどでほぼ終了、後は燃え残り場所を焼き尽くす作業なのか、小さな明かりが1時間ほど見えました。

聞いた話ですが、作業にはもちろん多くの消防士が携わっています。
「全国の消防士で、唯一火をつける作業をするのは奈良の消防士だけ」
なんだそうです。
過去には炎に巻き込まれて殉職者をだしている危ない作業。
あの大きな火柱を見てたら、とてつもなく危険な仕事なのだと改めて感じました。

イベントが終わったら、歓談で遅くまでゆっくりさせていただきました。
ご招待と準備をしていただいた友人に感謝です。

せっかく親交が戻ったのでまた機会を作らせてくださいね。
ありがとうございました。

コードレスカルテット

00812

今年一発目のライブは
心斎橋【RUG TIME 大阪】
「コードレスカルテット」

関西屈指の素晴らしいメンバが集うジャムです。
00810

スタンダードから、難しい楽曲、バラエティに飛んだ楽しい時間はあっと今に過ぎました。

熟達なテクニックも入り、聞き惚れます。

いつも素晴らしい演奏ありがとうございます。

00830
河村英樹(Tenor Sax)

00815
田中洋一(Trumpet)

00831
荒玉哲郎(Bass)

00811
東敏之(Drums)

00828
佐藤絵美里(Tenor Sax)
ゲストは、河村さんが教鞭を奮っている大阪音大の生徒さん
将来はプロに進むそうで滑らかな音色が印象的でした。

00829
「若手のソロパートをあたたかく見守る先生方」の図(笑)
先生方のソロもお手本に「どうヤ!」とばかりに気合が入っているように感じます。

00826

SONY DSC-HX60V

IMG_0743
SONY Cyber-shot3兄弟(笑)
左:HX-60V  中:HX-30V(故障) 右:RX-100(破損)



いままで使ってきた、デジカメがついに壊れた。
デジカメでは珍しく長寿で2013年春に購入なので、5年愛用。
SONY HX-30V(上写真のまん中)
20倍ズーム搭載の便利カメラ。

綺麗に撮るとか、ぼかしを入れた作品を撮るには向いていない。
どちらかと言うと記録を残すためのカメラ。
スマホでは撮れない写真を撮るのに必要なので代替え機を物色。

予算とのバランスが合いそうなのが
同じSONYの後継機種HX60V(現行だが最新ではない)
同機能レベルでNikon A900
どちらも大体3万前後、3月の大手家電店の決算期には目玉が出そうである。

とにかく
家電店の新品と、ヤフオクとカメラ店の中古をWebで適時チェックしていたら、東京のカメラ店の中古に妙に安いHX60Vが出た。

安いのには訳があり、
付属品が、元箱どころか取説・ストラップ・充電器・ケーブル類、綺麗さっぱり一切無い。
本体+電池に、別売りの専用革ケースのみ。

Webの写真をチェック。
通常使用での細かい傷は少しならあまり気にしない、落とし傷や液晶モニタのコーテング傷は後で問題になることがあるが、、、、確認したところ使用でのテカリや小キズすら全くない。
写真が信用できるなら、ほぼ使ってないな。
実店舗を構えるお店でもあるので嘘はないと思う。


以前のオーナーを推測してみる、これも中古品の楽しい所。

・コンデジに革ケース入れる…高齢者?
カメラを実用使いする人ではない。

・お店の場所柄から、カメラ趣味でない割りと裕福な人があまり調べないで機能だけから(高級機ではないコンデジの)フラッグシップモデルを求めたのかな?(新製品のときは5万以上した)
ただカメラ好きでない人には結構大きいデジカメなので持て余したか?

・付属品が一切見つからないってことは病気や遺品整理品等で近親者の代理処分かも?


とにかく、前のモデル使ってるので付属品の不足は問題ないし、取説は無くても大丈夫。
必要ならパソコンで読めばいい。

中古商品は出会いモンなので、直ぐ電話してみる。
充電器・付属品無いことを念押しされ、購入方法を丁寧に説明してくれお店の印象もいいので、お願いした。

IMG_0744

推測が当たったかどうかはわからないが、動作は問題ない。
ケースに入れてあったのもあるが、傷はまったくない、角や操作部分のテカリもなし。
ほぼ新品みたいで大当たりだった。

潰したカメラに使っていた電池と同じなので予備電池(必須)も別途に求める必要ない。

購入金額は一番安い新品価格のほぼ半額。


いい買い物が出来ました。
最近、バタバタや病気でストレス溜まっていたのが少し発散(笑)

インフルエンザA

DSCF3107
日曜日、ノンビリと休日出勤。
良い日和、トレッキングに行ってるハズなのにおかしいな?



流行に乗ってしまった。

正確には 「流感」 流行性感冒
【 インフルエンザ 】
と言うやつだ。

先々週末、職場で
「熱があってしんどい、でも医者行ったらインフルエンザではなかった」
という者と接触してた。

後の話では、「再度受信したらインフルエンザでした・・・」
だったそうな。

時すでに遅し、ボクは日曜の夜から発熱してぶっ倒れた。
翌日(先週月曜)に、受信したら、みごとに
「インフルエンザA型です」 の宣告
逮捕監禁1週間の刑。

ということで、平日1週間まるまる職場休んで、土日に休日出勤。
今日から通常業務開始となっています。

26730965_1601236299955742_2897222175520901326_n

薬は、「イナビル」という吸入薬。
院外処方箋で、薬局で処方後その場で吸入した。

「リレンザ」と同じ吸入薬だけど、違うのは1回だけでいいということ。

熱は翌日の夜に収まった。

熱がないと、まったく普通なんだけど、保菌者なんで丸5日は監禁生活である。
忙しいときであったけど、その週に処理しなければならないことは少なかったので、電話で託けて乗り切った。

土曜日に漸く釈放。
土日と休日出勤で、少しでも週明けのしごとがマシになるように。

うーん、終わりがない、、、適当に区切って帰る。



病気になると、皆さんが口を揃えて言いますね、

「健康とは本当にありがたい」


facebook見てても、インフルエンザ相当流行っている。
1度かかっても、違うタイプ(インフルエンザB)もあるので、油断しないようにしなくては。

みなさんもお気をつけください。

志賀高原ski

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。



0633
志賀高原・一ノ瀬ファミリースキー場から、妙高方面の眺め。
見事な雲海を眼下に収めながら、一気に300mのダウンヒルです。


0530

0542

0607

0645

0668

中年6名で、志賀高原を満喫。
横手・熊の湯を除くほぼ全エリアを滑走。


志賀高原は18のスキー場の集合体で、50ものリフトとゴンドラ、そしてシャトルバスですべてのスキー場を堪能できる日本屈指のスキーエリアです。
(※エリア面積では日本一)

八方尾根スキー場とともに、長野オリンピックのアルペン競技会場にもなり、道路が整備されたことこもあって、450kmもの道のりですが非常にスムーズに行くことが出来ます。

標高が1500m-2000mと非常に標高が高いので、素晴らしい雪質で下手でも楽しく滑れ、ゲレンデバリエーションが多いので3日では飽きるどころ、滑り足りません。

今回は、競技をされている上級者の方にレッスンも頂き、超満喫の3日間となりました。




帰路は少し寄り道して【渋温泉】。
0699

名の通り!?渋い感じの昔ながらの温泉街は、とてもいい感じです。

「千と千尋の神隠し」の《油屋》のモデルになった【金具屋】の前にある「大湯」(一番大きい外湯)で疲れを癒やしました。

0681
一度泊まってみたいお宿ですね。


渋滞もなく無事到着。

ご一緒頂きました皆様、大変お世話になりありがとうございました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

QRコード
QRコード