やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

2016年03月

インスタグラム

ig
インスタグラムとは

Instagram (インスタグラム)

“Instant”(即席)+“teregram”(電報)
造語の名称と、インスタントカメラのアイコンからもわかるように、

「リアルタイムに見たものを共有しよう」

画像共有に特化したSNSです。

利用者数は3億人超、15億と言われるfacebookにはまだまだ及びませんが、アクティブ率(実使率)が76%と驚異的で(FBは50%)いま、伸び盛りの正に旬なSNSといえますね。

若年層が圧倒的なTwitterやLINEに比べると、万遍ない年齢層に愛用されています。


とりあえず、見てみる


画面(UI)の雰囲気がTwitterに似てますね。

「つぶやき」 が 「写真」 に変わっただけという感じ。

一覧では、正方形の写真がずらりと並び、非常に見やすいです。
タイムライン表示では、大きな写真で、説明やコメントやが簡潔に並んでいます。

あくまで写真が主役。

気になるのは、拡大表示が出来ないこと。
当然、取り込むこともできません。
そういう仕様なんでしょう。

FBやLIENみたいに、連絡用には向いていません。

単に写真を見て

「おお綺麗」「これ好き」「ワオ!」「すげー」

こんな感じでどんどん見ていって、気に入ったのに【いいね】するだけ。

全世界共通の[写真]という、視覚を共有するので、他のSNSと比べると閲覧者(共有者)が圧倒的に海外の方が多いです。


投稿してみる

もちろん、最初はわけわかんないです。

どんどん投稿してみてると、[いいね!]の反応や、コメントで少しづつわかってきました。

添付説明文は、最低限で良いいとおもいます。
長いの書いても見てもらえませんね。

あと海外での閲覧も多いので、簡単な英語も添えます。
(翻訳アプリつかって・笑)

あと、“#”(ハッシュタグ)を使って、投稿写真に関連する言葉を沢山入れておきます。

そうすると、タグ検索で引っかかるので、

例えばこの写真なら

さしずめ

The sarcophagus weighs 2300 tons.
So heavy!!!

ていう感じ(笑)、なんでもいいと思います。
(※英文つっこまないように)

dsc04832_25483881451_o

#bicycle #cycling #roadbike #giant #asukamura #nara #ishibutaikofun #tumulus #fujifilm #fujixq2 #飛鳥 #石舞台古墳 #サイクリング #ロードバイク #春待つ風景

思いつくままタグを入れておくと沢山の人に見てもらえるようです。

焼肉屋の写真に「#불고기」(プルコギ)って入れてたら
韓国の人がたくさん【いいね】くれました。

そんな感じなので、知ってる人へというより、Instagramしている世界中の人に見てもらって、共感してもらえるかを楽しんでいる感じです。


投稿を続けていくとデータの蓄積からか、より 「いいね」 が多く付いて来ます。

反応があると、楽しいですね、ハマります。


深いインスタグラム

閲覧していて判るのですが、趣旨の

「スマホでとって直ぐ共有」

にしては、すごすぎる写真が多いのに気が付きます。

明らかに、大きなカメラで撮って、パソコンで吟味して補正・加工したものが流れています。


ハイクオリティの写真を集める団体のハッシュタグがあって、それを使ってコンテストみたいな感じで競っている感もあります。

#lovers_nippon
https://www.instagram.com/explore/tags/lovers_nippon/

#hanamap
https://www.instagram.com/explore/tags/hanamap/

Team JP
https://www.instagram.com/team_jp/

すごいでしょ!?


そこは、安易な「写真好き」では程度では済まず、明らかにプロも大勢入ってますので、とてつもないクオリティで、見るだけでも十分に価値があると思います。


そこまで行かないまでも、「イイね」の数を競うようなアマチュアカメラマンも大勢。

こうした、本来の趣旨と違った面も、写真・カメラ好きにはたまらないですね。




新着投稿を眺めていくのも楽しい。

なんせ、シガラミのない全世界の人が投稿するわけですから、知人ばかりのfacebookの意味ありげなコメントやしらなくていいことを見てしまった嫌悪感はありません。




・お弁当の写真ばかり載せてる日本人

・女子のポートレートばかり撮ってるアメリカ人

・海の写真ばかりのインドネシア人

・自転車の風景ばかり載せてるイタリア人

・ウィスキーに特化してるイギリス人

・ロシアの学生やOLさんのオモシロ日常風景

・なにげない日常風景から、綺麗な写真を切り取りまくってる台湾人

・自撮りばかりしてる、イケメンの韓国人


内容も、投稿時刻からも、その国の国民性が見えたりして、楽しいです。


利用初心者ですので、分かってないことを書いたかもしれませんが、ご容赦ください。

まだまだ、「インスタ」 にハマりそうです。

IMG_2791

人の写真は載せられないので、ボクの投稿写真はこんな感じ

https://www.instagram.com/kotaro_katayama/

サクラサイタε-(´∀`*)ホッ

キャプチャ1

今日、発表で、自宅から吉報がありました。

Webなので、こちらでも確認できたけど、受験番号知らないし・・・

「こっちでは見ないから、確認したら電話してこい」、と。


ニ次試験の一週間前にインフルエンザにかかりるという
ビックリのアクシデントもあり、ヤキモキしましたが、
よかった、おめでとう。


浪人したら、ボクの小遣いが半減するところだったので、
ホンマに助かった(笑)

あとひとり・・・
お父さんの財布のために頑張れ!

鶴橋市場

IMG_5397

鶴橋駅には市場が直結してある。
普通は殆ど使わない、近鉄線の東口を降りるとその真ん中になる。

近鉄鶴橋駅とJR鶴橋駅の交差から


南西側に広がっているのが 「鶴橋鮮魚市場」 
http://www.turuhashi.com/

文字通り、鮮魚をはじめ塩干物や加工食品等の魚問屋がならんでいる。


北西側に広がっているのが 「鶴橋市場」(高麗市場)
http://www.turuhasi-ichiba.com/

こちらは、韓国・朝鮮の食材、ホルモン・韓国調味料をはじめ、
キムチや蒸し豚・チヂミ等の加工品から衣類まで扱っているコリアン市場だ。
テレビや雑誌でおなじみなのはこちらかな。


ちなみに焼肉エリアは、環状線の西側、近鉄線を挟んだ南北の細い路地に密集している。


実は鶴橋駅には、6つの市場や商店街が合わさった数百店舗と言われる複合マーケットなのだ。

怪しさ抜群だが、きらびやかなショッピングモールより、オッサンは100倍ワクワク。
マチガイナイ!



さて、今朝は市場を一周りしてから通勤。

IMG_5388
朝の近鉄東口からは、篭をもった外食店の方が仕入れにやってくる。

ちなみに近鉄線は、三重で取れた魚介類を奈良や大阪に運ぶ【鮮魚列車】が存在する。
これは時刻表には載っていない。

IMG_5390
こんな、煮干しで出汁とったら、美味しい味噌汁できるだろうなあ

このままポリポリ、お酒のツマミにもいいかも

DPP_0003

基本は飲食店や小売店に向けた卸しだと思うが、普通に小売してくれる店がほとんど
ただし、単位が合えばの話

DPP_0004

DPP_0006

DPP_0009

DPP_0012
マグロ専門店ですね、、、スーパーのものとは全く違うみたい

DP_0002
午前中がメインなので、開いているところを知らない人も多いんじゃないかな

DP_0005
迷路のような路地が続きます
行き止まりもありますので、一般の人は入りにくいですね

DP_0007

IMG_5395
コリアンマーケットには、見たことない素材がならんでいます
豚の頭や、タラの内蔵、にんにくや唐辛子の山
日本じゃないみたい、、、

DP_0010
鶴橋駅の北側には、千日前通りがはしっていて、
このまま、西に進めば、上本町・日本橋・難波と続きます

DPP_0011
千日前通りを北に渡って、
JR環状線の高架下付近にも多くの飲食店が並びます

こちらは焼肉だけでなく、寿司屋、割烹、居酒屋とバラエティに富みます


ああ、久々に韓国料理食べに行きたくなってきたなあ

リハビリ飛鳥ライド

DSC04832

昨日が【奈良公園】だったので、

今日はやっぱり

【飛鳥】でしょ!


自宅から、【奈良公園】 も 【飛鳥】 も、寄り道しなければフラットなコースで25kmの恵まれた立地なのです。


川沿いの信号のないところは30km/hを切らないように。

情けないことに、必死のパッチ、油断するとすぐ下回ってしまう(ToT)

DSC04804
いつもの堤防脇の畑の梅の木が満開で輝いていました

DSC04811
大和川堤防のサイクリングロードの朝もや、やっぱ早朝のライドはいいね

DSC04814
飛鳥川沿いのサイクリングロードで、なにか見たこと無いモノが横切りました
慌ててカメラに収めたけど、真っ黒・・・・パソコンで補正したら
「雉」(キジ)でした、珍しい物では無いのですが、あんまり最近目にしないですね

DSC04833
石舞台古墳の望む、隣の畑(笑)は、菜の花畑
古墳の周りには桜の名所で、例年同時に咲くのですが、今年は菜の花が先行

DSC04836

DSC04847


DSC04854

梅の開花時期はあまり来なかったのですが、飛鳥は梅の木が多いところです

DSC04888

DSC04868
稲渕の棚田です、見事な日本の原風景ですね


走るだけで目一杯ですので、大きなカメラはもっていけないのが残念。
今日は、家のコンパクトデジカメを持って行きました。
SONY DSC-HX30V

マンホール蓋(田原本町)

DSC04817

奈良盆地のど真ん中、【田原本町】のマンホルの蓋。

田原本町の唐古・鍵遺跡「桜閣」をメインに、
町花の「スイセン」を周りにあしらった素敵なデザイン。

「桜閣」 のことは、こっそり 「ハクション大魔王」 と呼んでいます(笑)
四十以下の人には分からないか・・・

pic_karako-kagi
>田原本町HP(遺跡・唐古鍵遺跡)


カラーマンホールもあるので、探してみたい。

復帰へ向けて

怪我から5週間たちました。

ようやく、自転車を試してみることに。


怪我だけでなく、いろんな言い訳をしながら秋からほとんど乗っていなかったので、いまから

【全日本マウンテンサイクリングin乗鞍】

に向けて始動というところでしょうか。


ここは、自転車でお出かけするブログだったのですが、
食レポと、カメラの話と、怪我の話ばかりでしたので、やっとコチラも復帰です。

DSCF1295

痛みが出た時の為に、ローラーからと思いましたが、

今日の暖かな風に誘われ、平坦地で様子を見てみました。


いやはや、「イチから出直し」 なんて甘いもんでなく、

「マイナス10から鍛え直し」 という感じ。

ともかく、息はすぐ上がるし、太もももパンパンに。
車道もおっかなびっくり、驚くほどの劣化でした。

DSCF1316

大和郡山では、この週末まで

「大和な雛まつり」

が開催されていて、郡山城下100箇所ぐらいで、お雛様の展示がされています。

DSCF1308

この雛かざりは、銘菓「御城之口餅」で有名な、「菊屋」さんの本店のもの。
精巧な作りと、なんとも言えない表情のお雛様で、結構な時間見入ってしまいました。


郡山から、奈良の佐保川沿いへ。

若木の桜はすでに5分咲き。

しまった、大きいカメラ持ってきたらよかた、、と思いましたが、

そんなことしたら、また走らないので、良かったと思います。
iPhoneとコンパクトカメラでパチパチ撮って退散。

DSCF1343




1351

ちょうど、修二会がはじまった二月堂へ。

垣根やロープが張り巡らされ、夕方からのすごい人出が想像つきます。

修二会は、「お松明」 とか 「お水取り」 と言ったほうがわかりやすいかな。


IMG_2764

丁度、友人がこの日見に行っていたので、写真を拝借。

とんでもない人出ですが、荘厳な儀式は一見の価値がありそうです。

お松明の火の粉を浴びると、その年は無病息災と言われているので、怪我ばかりしているボクは必須かも知れません。


※以下、見に行った友達の写真です。

12834483_490392541144291_798841632_n

12804315_490398897810322_937671935_n

12822123_490423644474514_1516248863_n

12日の深夜に行われる本番の「お水取り」では、大きな籠松明となるため、とんでもない人出となるそうです。
今年は土曜日の夜(日曜の明朝)なんで、、、、、大変だ。。

真田山公園

IMG_5386

今日は、鶴橋から真田山公園を抜けて通勤

この辺りは、いまドラマで話題の「真田幸村」(真田信繁)が大阪冬の陣で活躍した戦場あたりとなるらしい。

そう、大阪城の出城【真田丸】が置かれた所で、大阪城へ続く抜け穴があると言われている三光神社はこの公園の直ぐ東側にある。

(訂正)
大阪城の出城【真田丸】は、公園の北側に位置していたそうです。
三光神社も北側でした(^_^;)

なので、北の大阪城を守る真田丸の南側、真田山公園の場所が、古戦場となるらしいのでした。

真田丸



いまは、野球場・テニス場・プール・スケートリンクを有している大阪市の都市公園。

よく整備された公園で、桜・梅を始め、花壇がふんだんにあり、春には華やかな彩りで目を楽しませてれます。

IMG_5379

IMG_5385

IMG_5371

IMG_5378

IMG_5376

寒の戻り

IMG_2742

今朝は冷えました。

大阪で1℃、写真の生駒は-2℃になりました。


【寒の戻り】と言う言葉が頭をよぎります。

3~4月、暖かくなってきた頃に、西高東低の冬型の気圧配置で寒さぶり返すことですね。

似た言葉に【余寒】、【花冷え】とありますが、
【花冷え】は3末4月始めの桜の頃限定で使うのが正しいようです。



大阪の3月の最低気温1位は

1963年3月7日 -3.0℃

この歳はラニーニャ現象で、日本各地で大豪雪になった年で、
大阪でも氷点下の日が続きました。


ちなみに、大阪の最低気温の記録は

1981年2月27日 -5.5℃


1℃で 「さむい、寒い!」 と唸っているのは、

今年が暖冬だったから?

それとも、歳のせいでしょうか(笑)

IMG_5309

こんなWebサイトがありました

今朝の最低気温ランキング

北海道十勝地方 陸別がなんと-23.9℃

上位は当然北海道が列び、東北や長野の高地がポツポツと入賞?しています。

関西では、

兵庫県三田 -5.0℃
大阪府能勢 -4.4℃
奈良県針 -4.4℃
京都府園部 -4.3℃

となっています。

おいおい、箕面朝練の連中は大丈夫かい (=o=;)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード