やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

2014年07月

高額修理の訳

DCIM0899

先日修理に出した、デジカメが戻ってきた。

修理代¥18,360 の見積もりの、SONY DSC-RX100


外回り中に、日本橋のJoshinに寄ると、修理カウンターにカメラを2台置くではないか?

そう、外装そっくり交換どころか、レンズユニットまで交換になっていたのだ。

DSC09899

潰れたのは、レンズの外側に付いているコントロールリングだったのだが、
外装パネルと、一体の部品となっている。
別々では無いんだ・・・・

オマケに「レンズより異音あり」と言うことで、これまた
レンズユニットごと交換されてしまっている。

やけに修理早いなあ、
やけに修理高いなあ、

そういうことだったのね。
熟練の修理工の出番はなく、不具合の部分をユニットごと交換。

簡単でいいけど、もったいないな。

道理で、修理カウンターの人が
「新しいの買われたほうがいいかもしれませんね」
なんて、言うわけだ。

高額のお店の取り分はしっかりしてるはずだから、
高額修理は、儲かるのになあとおもってたら、
製品に対して今の修理は割高だからなんだな。

(たぶん、このカメラの価格知らんかったのもあると思うけど)

これで今年2回カメラ落として壊した。

まず、落とさないことが第一ですね (-_-;)

修理か、中古購入か・・・

IMG_0017

落としたカメラ(RX100)の見積もり連絡が入った。

¥18,360!

ん、ん、ん、ちょい悩んだが、修理してもらうことにした。


其れまでは、前使っていたカメラをカバンに入れている。
写るんだけど、モードが

P、Auto、C(カスタム)、HRD

しか使えない。

まるで、
「ドとレとミの音が~でな~い♪」
パパからもらったクラリネット状態。

おまけに、ジョグダイヤルが潰れていて、SDカードがカチッと嵌らない。

ま、P(プログラム)専門でいいやと満身創痍のカメラを使っている。

DSC_0999

しかし、CANONのカメラはやっぱり使いやすい。

画質で修理中のカメラに大きく差をあけられたけど、
ピントの早さ、迷わなさ、メニューの簡潔さ、マクロ、
そして、そして手に馴染む大きさ。

やっぱいいなあ、修理代で、一つ新しいきれいな中古探せばよかったかな。

もう遅いけど(^_^;)


その前に、しっかり蓋が閉まるカメラポーチを買わなきゃな。

またもや、スッ転がした(TT)

2

今メインで使ってる、コンデジ SONY DMC-RX100を落っことした。

ザックの肩に付けたホルダに入れて走っている時、転げ落ちたのだ。

コントロールリングがへしゃげて、レンズバリアが開きにくくなったってしまった。
使って使えないこともないが、気分悪ので修理に出すことにした。

3
レンズバリアが開かないと、こんな描写。
味がある・・・では済まないな。


そういや、前のCANON S-100も同じトラブルで、ショルダーホルダから転げ落ちた。
駅のプラットフォームだったので、軌道に転げ線路に激突して重症を負った。

同じことやってる、、、猿以下だ、、_| ̄|○

--------------

落っことしたデジカメ(SONY DMC-RX100)を修理を、日本橋のジョーシンへ持
っていった。

コイツはJhosinWebで買った。

最近の買い物傾向通り、インターネットショッピングが圧倒的に多い。
ただし、カメラ等コワレモンは近所に同名の実店
舗があるWebショップで購入することにしている。

不良や修理の時に、店に行って、口頭で
交渉・説明でき安心だからだ。


もはや当たり前になってる「保証延長」は基本しない。
3%~5
%で、メーカー同等の保証をお店が延長して見てくれるって一見お得なシステム。

ただ、5マンの5%だと¥2,500かかる。


¥2,500で、5年間安心して使えるならエエやん!って思う?

結構なからくりがあるので、気をつけて欲しい。

・自然故障しか適応されない。
・消耗品は保証されない。
・お店に寄っては、100%修理代を保証するわけではない。

あとは、よく考えたらわかると思うが、結構適用してもらえないことが多い。

壊れないまでも、ボディに傷をつけてしまう、ぶつけや、落下は必ずやるよね。
そうなると、自然故障と認められない場合も多い。

もっとも、2年以上同じデジカメ使ったこと無いんで、無駄な保障になる。
あたらしモン好きなので、まず4年も5年も進化の早いデジタル機器を使わないなあ。
(高価なデジイチは別)


ま、今回は明らかに、スッ転がしたのでその心配はない。
悩むことなく、有償修理なのだ(笑)

--------------

1

デジカメ修理に出したあと、そのモデルの最新型を見てきた。
RX-100は、初代・markⅡ・markⅢと3代のモデルを現行で併売するという変わったことをしている。

要は初代を廉価版として、Ⅲの半額以下で販売している。
正直映りは、そんなに変わらないので、興味なかったのだが、実機を触ってきて、心揺れた(笑)

IMG_0186

最新型は、気に入らないネガ部がことごとく修正され、
欲しい機能がほぼ
追加されている。

・レンズが24mmと広角化されて明るく。
・モニターがチルトする。
・ファインダーが必要なときだけ出すことができる。
・ストロボがセンターで手動式に。
・各部の摺動が滑らかになって、ボタンのレスポンスも早い。
・液晶画面が少し見やすく、表記もわかりやすい。
・メニューが少しわかりやすく。

めちゃくちゃエエじゃない・・・最新型!

でも¥88,000・・・、やっぱ修理でOK。

天満橋ブラブラ

71
 陽気なビストロ 【ラ・テッパーニャ】



以前から気になっていた天満橋近辺、
ビジネス街に点在する、居酒屋・レストラン・バール等が安くて美味いという話なのだ。

和柄ジャージお世話になってる、akemiさんと前々から、
時間が合えば一度、開拓しに行きましょうといつづけてはや数ヶ月

急遽、昨夕に話がまとまっていってまいりました。

天満橋駅で待ち合わせして、予約はしてないので、とりあえずチェックしている何軒かある方向へ歩きます。

62

大川を望むとおりにも、素敵なcafeやレストランが何軒かあります。
日が落ちて、川面の夜景が素敵です。

1軒目は【日本の美味しいお酒 SHIZUKU(雫)】

こじんまりとした、いい雰囲気の居酒屋。
カウンターでまずはビール。

お酒の種類、とくに焼酎の種類が半端ない。
お料理も、つまみ系は¥380で統一され、どれも自家製で美味しそう。

隣のOL二人組は、「すみません、白ご飯くださ~い」
酎ハイカルピス飲みながら白ご飯、、、(-_-;)
いやいや、呑みに来たんじゃなくて晩御飯食べに来たんすね。

たしかに、酒のつまみはご飯のあてにピッタリ。
ちょっと飲んで、ご飯食べて、和風レストランと考えたら¥1000チョイで満足できる。

DSC05765

頼んだ、お料理、どれも美味しかった。満足。
あっという間に満席でした。

ここならお一人様でも大丈夫。
歩いているとこんなかんじのお店が、そこここにたくさんありますね。


さて2軒目は、お目当ての、ビストロ【ラ・テッパーニャ】
【雫】さんから、歩いて20秒(笑)
s_006o

いいなあ、こんな雰囲気大好き。

見たまんま、お客さん達も賑やかです。

売りは、名前の通り、鉄板おお料理。
なんと、ピザも鉄板で!!
見ていたら、下から鉄板、上からバーナーのダブル加熱でオーブンを使わず仕上げています。

まず前菜5種盛り合わせ
775
これで¥380

776
玉ねぎのロースト、、甘くてオイチイ(=^・^=)

780784
鳥のグリル、大きなもも肉一枚をカリッと焼いてます、旨いなあ。
今日は、スパークリングワイン、いっぱい入って¥380(少し飲んでます…)

77778
そして、名物鉄板焼きピザ
石窯ピザみたいにカリッカリではないですが、全然OK(^^)v

マルゲリータは、トマトソースがたっぷり、トマト風味が強くていやはやワインに合うなあ。

クアトロフォルマッジは、チーズの量が半端ない!
大好きなゴルゴンゾーラがたっぷり入っているので、これまた美味いっ!
こいつはビールがいいかも。

3人でこの量だから、もうそろそろお腹が・・・

ところが、ヒゲはばさんメニュー外に一品頼んでました、ジェノベーゼソースのパスタ。
785
ドーン!(トングがデカイから少なそう見えるけど、十分1.5人前はある)

うっ、ってなったけど、食べるとあっさりしていて、、、完食。

ごちそうさまでした。
動けません。

ちなみに、3人で¥6000!(10%offクーポン使って)
コスパ抜群、雰囲気もいいし、リピート決定!

今度は、もう少し人数集めて色々食べたいな。
(一品が多いので)


今日も、先日のま~ちゃん夫妻につづいて、ご夫妻のおじゃま虫行脚。
楽しませていただきました。
ありがとうございます。

まだまだ、お店はたくさんあるんで、天満バール探索は第2弾、3弾、4弾・・・
と続いていくと思います。

と言うか、「木曜日はバール探索デー」にしよかって、、、、
それもいいかも。

内灘TTT

11g
小雨ふる中、チーム・タイム・トライアル(最終コーナー手前) 撮影:はた様



後先になりましたが、6/22行われた
[内灘サイクルロードレース]
に参加してきました。

ロードレースと名を打ってますが、目玉は干拓地のド平坦で行われる
TT(タイム・トライアル)
勿論、ロードレースも行われますが、一般で走れる数少ないTT目当てで、
高価なTT専用車が、幅を利かせて一種独特の雰囲気があります。

キャプチャ
コースは変形の四角形(五角形?)
最長直線スタートからの2.4kmを含む1周10kmのコース
もちろん、標高差は無い。

TTは個人は1周、チームは2周でタイムのみで争われます。


初心者から上級者・ベテランまで楽しめる上、
基本が直線路で、他人と競いあう事も無いことから、ヒルクライムレースと並び比較的安全なので、仕事柄怪我できない人たちも、割りと安心して参加できる楽しいイベントです。
(※全くトラブルがないわけではありませんが、クリテリウム等の競い合うレースより圧倒的に事故は少ないです)

内灘と聞いも、ピンとこない方も多いと思いますが、実は金沢市街から10kmほど北にある場所なので、食都金沢の観光も兼ねて楽しむことが出来るのも魅力です。



前日、仕事の都合で予定していたチームメンバーとの移動を断念し、まーちゃんに事務所に迎えに来てもらって、少し遅れての出陣。
4

ご夫婦に割り込んでの、楽しい?おじゃま虫行脚となりました。

あまり気にしてなかったのですが、
「せっかく旅行気分の夫婦の邪魔するか!?」
と、後から皆にさんざん怒られました。

お二人様ごめんなさい。
ミラー越しに見える目や、奥様の肩が不機嫌そうに見えるのは
やっぱりそうだったんですね (>ω<ノ)ノ


さて、金沢に到着して、お昼は北陸で有名な回転寿司に。
以前、15年前金沢の人に紹介してもらって、食べに行って感激したお店でしたが・・・
DCIM0852
あれ、こんなんだったかな?!
ちょっと口に合いません、残念でありました。

金沢で回転寿司いかれる方は
無難に 「もりもり寿司」 をお勧めしておきます。


とりあえずお腹を満たして、前日受付で会場へ。

そのまえに、金沢市郊外の内灘の手前にある
【パン工房バビロン】
を忘れてはいけません。

5

名物クロワッサンの焼きたてはサクサクでバターの香りがしてそれはそれは(^q^)

それだけでなく、代表武良さんは、なんと大阪の自転車チームに所属していたそうな!
DCIM0873

そんな御縁で、ま~ちゃんは毎年寄っているのだそうです。
ちなみに内灘ロードも参加されてましたよ。


さて、会場に向かます。

そうそう、内灘のレースコースの中、本部の近くに
【夢みるく館】
ってのが、ありまして、ココのソフトクリームを外すわけにはいきませんね。
ちょっと寄り道。
DCIM0877

うーん、あっさりした口当たりですが、味わい深いですね。
ヨーグルトソフトがなかなか美味でありました。

おっと、先発のチーム員が練習に勤しんでいるところ発見!
悪いことはしてないのに、なぜか後ろめたい気持ちになります。


さて、さて、、、、今度こそ会場に向かいます。

「あああぁぁぁ、参加証忘れた」(^_^;)

寄り道は忘れないのに、肝心なものを忘れてきたようです。
まぁ、よくある話なんで、事情を説明して事なきを得ました。


受付済ませて、とりあえず宿に。

この日は、クラブで決起会という名の前夜祭を、あの近江町市場
【近江町食堂】
で、行いました。
部屋のキャパがあるので、参加者全員と集まれなかったのが残念でしたが、大いに盛り上がりました。

2

翌日は4:30起床なので、後ろ髪を引かれながら金沢の夜をすこしだけ楽しみました。



さて、当日!

なんと雨!(TOT)

ただ午前中に止むとの情報を信じてレース会場に向かいます。

試走はまだ弱雨。
12

本番の順番並んでいるあたりから、降ったり止んだりに、
とくに走行は問題なさそうです。

10

さて本番、雨はほぼ止みましたが、濡れた路面から前者の跳ねが辛い。

チームタイムトライアルでは、トップを筆頭に立て一列編隊で走るため、
全走者のハネがもろに、顔に掛かります。

ずれたらいいじゃ無い、と思うかもしれませんが、
真後ろが断然風のの抵抗がなく、後ろの走者はさらに相乗効果で、風の抵抗がへりますので、そういうわけにもいかないところが辛いです。

一番上の写真は、左コーナー手前で少しバラけた瞬間ですね。

我らのチーム、オーダーは 「とにかくコケないで、全員無事完走」。
ウエットでのコーナーはより慎重にクリアし、無事ゴールできました。

結果はともかく(笑)

親しい仲間と楽しいイベントを過ごさせていただき、クラブ員、とくに同じチーム組んでいただいた方には感謝です。
そして、雨の中会場設置やおスムーズな運営を頂きました、深谷産業の方々にも謝意を申し上げます。
ありがとうございました。


ちょっと夜に用事があったので、午後のロードレースを応援できずに一足先に退散。

帰りは、近江町市場で海鮮丼をたべ、金沢の食も満喫。

いや、今回の食事は良かった!

3

ちょい市場をぶらぶらして、大阪へ。

9

8

76
メシ喰ったところやのに、また何か食べたくなりますね・・・


10年ぶりの内灘でしたが、やっぱり楽しいイベントだなと、改めて感じました。

来年も行くぞ~!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード