やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

2012年11月

100均マグネットの使いかた

先日の回答

シルベスト梅田で分けてもらった(スタッフ個人のを)ダイソーの強力磁石
使い方は、こう!

1
ダイソーで4ヶ105円の超強力ボタン型磁石

4
ご存知、チェーンステイにつけているケイデンスセンサー
クランクにつけているマグネットでケイデンス(1分間に回す足の回転数)を測る
しかし、クランクには両面テープ&タイラップなんで見苦しいし、ズレやすい!

2
そこで、100均の強力マグネット登場
ちょうどペダル軸のクランク裏側のところにビシャ!と張り付く

3
見事にサイズも完璧
外れないかって?手では絶対無理
目打ちか小さなマイナスドライバーでこじらないと取れない
(ただし、チタンシャフトはダメですよ)
なくしても、所詮26円(4ヶ入105円)

7
上から見たらこんな感じ
ちなみにシマノDURAのクランクには、窪みにちょうど入ってよりフィットしていた
SRAM REDでは少しデベソになるがまったく問題ない

8
ケイデンス作動OK!

5
<Before> 見苦しい
これが嫌で、カンパのペダルにしようかと真剣に考えたことがあった。
(※カンパペダルは軸にマグネットが埋め込まれている)

6
<After> スッキリ!
あとはケイデンスセンサーのタイラップを黒にしたら完璧やね

(後記1)
「ケイデンス マグネット ペダル軸」でググったら、出てくる出てくる・・・
世紀の大発見と思ったらみんなやってたのね。

SOLE_1~1
ちなみにダイソーではこんなパッケージです
ホームセンターでも13-14mmの強力マグネット(ネオジム磁石)は簡単に手に入るようです。

WOODMANからも専用のマグネットが出てました。
00270108_2_M
00270108_4_M

こちらは500円程度、センサー距離により3種類の高さがあり、Oリングで六角穴に止めるようです。

(後記2)
(^^?あらら・・画像見直して発覚。
[速度ケイデンスセンサー] 取り付け位置上下逆に付けてるや・・・こりゃ、ぶつける。

丹波ドライブ

1
天王峠の南側は、国道から逸れて好きな旧道を通る。
車は、車検の代車シエンタ、いつもと違う車は楽しい。



秋の好日に丹波ドライブ・・・じゃなくて仕事で福知山。

R173一庫ダム超えたら紅葉真っ盛り。
仕事を忘れてすっかりドライブ気分。

2
<天王峠北側>

3
<道の駅 瑞穂の里・さらびき> 脇の銀杏並木が見事

4
<国道に沿って流れる篠山川> 左側のうっすら赤いのが桜並木

篠山の前後の里山はええかんじやね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうしも荷運びをすることになったのに、荷物がいっぱい積める5人乗りのノアが車検中。

仕方なしに、代車のシエンタを使う。
なかなかどうして、フロアが低くて天井が高いので、荷物詰めるかどうか心配したが杞憂だった。

満載だと峠はややしんどいが、CVTなんで以外と走る。
代車でも、ナビとETCが付いていてなかなか良かった。

燃費は、メーター確認(燃費計)で14.8km/L、峠いくつか超えたにしては結構いい。

5
センターメーター、ウォークスルーレイアウト
エアコンは手動タイプだけど、これで十分だなあ

6
ちっこいのに一応3列シート7人乗り、多彩なシートアレンジ

7
2列目はチップアップスライド、3列目は2列目のシート下に格納
2名乗車ならかなり大きなラゲッジルームが出現する

奈良ならではの風景

IMG_0288
 浮見堂と鹿とジャイアン号



 朝だけ時間ができたので、猛トレーニング・・・な訳なく、ちょっくら奈良公園までポタ。

IMG_0185
佐保川の桜も、ほとんどが色づき見頃もあと少し

IMG_0222
奈良公園は大木が多い

IMG_0220
人力車と浮見堂


一番上の写真・・・、
浮見堂・鹿・自転車・もみじ(紅葉してないけど)を何とか1枚に入れようと
結構時間がかかりました。


最初はこの位置、「おぉ、おあつらえ向きに鹿がいるぞ」
IMG_0239

鹿と浮見堂を入れるとどうしても自転車が入らない
IMG_0245

チョット近づけてみる・・・まだ遠いな
IMG_0247

更にこっそり自転車を近づけてみる、しかも!鹿も!こっちに移動してきた
IMG_0268

よっしゃ、撮れた!!
IMG_0280

更にガブリ寄ってみるが逃げない、なんや人馴れしてたんや・・・
IMG_0292

が、この直後修学旅行と思しき高校生の集団が、
「まじ~ちょ~かわいい」
「ここやばっ」
と、寄ってきて撮影終了。
ま、とりあえず撮れたあとで良かった。

ちょうど、コンデジも電池終了、帰宅時間にもなったので本日終了で帰宅。

マグネット

IMG_0103
強力磁石2種、さて何に使うものなんでしょう?



昨日は、仕事帰りシルベストサイクル梅田店によった。

同じクラブに籍をおく[たなP]氏と遭遇、実は余り接点のない自転車仲間なんですが、
最近、facebookでお友達になった事で、交流が出来てたのも大きい。
共にジテツウしている接点があったりで新しい出会が増えるのは楽しいですね。

SNSについては色々な利害が言われていますが、
実名登録のfacebookは、ネットの匿名性に嫌気が差している中年オヤジにとって
非常にわかりやすくて、いい交流の機会をもたらしていると思います。

話は戻って、
シルベストはボクのホームショップ何だけど、雑務多忙で用事がないとなかなか立ち寄れない。
以前、今里や昭和町にお店があった頃は、よく仕事中に車で寄ったんだけど、
流石に梅田のど真ん中のお店では手も足も出ない。
最近は月一寄れたら良い方ですな。

今回は、
1.職場で腐ってたMTBを営業用に使うための大整備(改良)
2.頼んでたPISSEIのキャップ(シルベスト仕様)の引き取り
3.ついにダメになった職場のフロアポンプの購入
4.冬用の装具(手袋、シューズ、シューズカバー)の物色

あとは、スタッフの皆さんと雑談して鋭気を養ってきた。

IMG_0097

そこで、樋口マネージャー、森さんとはなししてた中で、上写真のマグネットなのだ。
まあ、自転車でマグネットといえば大概検討がつくだろう、
ひとつはモロそのまんまの商品だが、
ダイソーで入手したと言われた2000ガウスのヤツはどう使うのか?
目からウロコで感心しきりしてたら、1ヶ分けてもらえた。

答えは、装着してから後日記載します。

業務後に整備していた樋口さんの自転車、どんだけ綺麗やねん!って
ツッコミたくなるぐらいに、ピカピカに磨き倒されていた。
「性分なんです」と言われていたが、チェーンを触ってすら汚れない(オイルは着きます)ってスゴイ。

汚い自転車の人に整備してもらえるより、よほど安心できますね。

帰路

IMG_0021
「ああ、こんな路面が家まで続いていたらイイのにナ」

IMG_0023
「上町台地ダウンヒル」

IMG_0028
「人通りが途絶えても、キムチの香り漂う通り」

IMG_0036
「寒っ、大和川沿いに来たら、ウインドブレーカー装着!」

IMG_0050
「ここから真っ暗な抜け道に」

IMG_0059
「大和川を超え、国道に戻ります」

IMG_0073
「オイコラ、無理な追い越しすんな!」

IMG_0076
「あと一息、腹減った」

IMG_0089
「今日もメットを脱いだらサザエさん!」

おしまい。

バッテリー

CIMG2703
■ 踵があると、なんて歩きやすいんや!素晴らしい・・・(笑) ■

さてさて、ジテツウシューズを立て続けにぶっ壊し(寿命)、新しいシューズを下ろした。
なんてシッカリしているんだ!と関心しきり。
ボロシューズは、相当ヤレてたんだと再認識した。


閑話休題

先般記載のライトのバッテリーは紆余曲折したが、無事入手できた。
これで、安心して使いきることができる。

このバッテリーの持ちは、取説では
4712805860128_5

実使用、実用照度を保つのはジテツウ2往復半。
片道1時間15分として、7時間程度。
しかし、信号待ちや、朝の明るくなってからの消灯が含まれるので、実質5時間強というところか。

通常(フルパワー)時は青いランプ
1

1/2パワーになると、ピンクランプになる
これでも十分な照度、1時間弱で下のレッドランプに
2

ローパワーになると、レッドランプ
ここまで来ると、前照灯ではなくポジションランプ的になる
それでも通常のLEDライト程度は光っている
3

明るさの変化は、ある程度までは実用照度を保ち、
バッテリー容量が減ると急激に電圧(照度)が落ちる感じ。

ギリギリまで使えるが、やはり予備あったほうが安心な特性。


予備バッテリーは、カバンに放り込んでいたが、
たいした重さでないのでフレームに付けておくことにした。
交換(つなぎ替え)も、これなら簡単。

4

見てくれは良くないな・・・
トップチューブ側の固定バンドには、ナビの電源ケーブルを挟んである。

USB電源としても使えるので、携帯もナビも途中充電できる。
ガーミンのサイコン、よく充電忘れて使えないが、これで安心。

P1020271
ナビ充電中

このバッテリーがあれば、ナビを見にくいスタミナモード(バックライトが一定時間で自動消灯)でなく、ノーマルモード(常時バックライト点灯)で使えるのは大きな利点。

秋、スポーツ・芸術とくれば…

IMG_9987
残りコスモスを愛でたら、次は・・・・

食欲の秋でしょう!
と言うわけではありませんが、先日の奈良公園ポタリングでちょっと寄り道。


P1020255

奈良町にある出し巻き卵専門のお店
上の写真が“小”¥300、一人で喰うにはデカかった・・・
しっかりと卵の味がし、お店の名前に偽りなしのお母さんの味です。

Mama's EGG
■奈良市元興寺町1番地
■土日のみ営業

P1020254

奈良町でお腹を落ち着け、上ツ道で天理へ。

天理で昼飯・・・と思ったが、日曜お昼に一人でランチは寂しいので、
名物のたこ焼き屋へ突入!

ジャンボたこ焼き(本店)
■天理市田部町538
※大阪市街で見かける同名の派手なチェーンのたこ焼き屋とは別の様です

P1020259
中はカリッカリ、中はトロトロ・・・
注文してから焼きあげてくれるので、10分ほど待ちますが、
熱々・・アチチのが頂けます、んまい!

P1020264

もう一見ハシゴおやつと思ったけど、たこ焼きで口の中の皮が剥けちゃったので・・・
おみやげ兼ねてパン屋さん。

天理なら、【OTTO】や【ベーカリーメイ】なのだが、チョット走らせ最近お気に入りの、
ブーランジェリー・プチ・ブーケ
■天理市二階堂上ノ庄町50-1

P1020265

ちょっと、分かりにくい所にあるのだが、
あの名店神戸の【ビゴの店】出身の本格ベーカリーなのだ。

P1020268

チョットロードバイクを忘れて買いすぎた。
ブラケットブラブラできるように、2袋に分けてもらう。

P1020269
前輪に干渉するのを防ぐため、専用のブラブラ固定機(マジックテープとも言う)を活用して10kmチョイのお持ち帰り。

帰宅して、さあ!と楽しみにしみにシャワーを浴びたら・・・

家族に半分ぐらい食われてた・・・(;_;)

これから冬ごもりに身体が備えるので、体重維持が大変だ。

奈良公園、秋の訪れ

P1020116

例年は11月半ばから月末にかけて色づく奈良公園の銀杏、今年は季節の進行が早い。

好天で日中は絶好のサイクリング日和、「小さい秋」を見つけにのんびりラン。

P1020072

P1020094

P1020142

P1020215

P1020223

P1020244

P1020251

チョット前のデジカメ

P1000952
CASIO EXILIM ZOOM EX-Z750
2005年3月発売、当時カシオのフラッグシップだったモデル


嫁ハンが、動画を撮るからと普段持ち歩いているSONY DSC-HX30Vを渡し、
記録写真に携帯カメラは嫌なので、昔使っていたデジカメを引っ張りだしてきた。

EX-Z750 7年半前のカシオのデジカメ。
最新の同グレード(コンパクト・高品位)と比べてみる。

モデルCASIO EX-Z750SONY DSC-WX100
発売日2005年03月2012年03月7年
画素数720万1820万2.5倍
画像素子1/1.8型CCD1/2.3型CMOS面積0.65倍
サイズ
(重量)
89x58.5x22.4mm
(127g)
92.3x52.4x21.6mm
(108g)
0.9倍
(0.85倍)
感度50-400100-12800感度5段分
レンズ
(35mm換算)
38~114mm(3倍)
F2.8~F5.1
25~250mm(10倍)
F3.3~F5.9
手ブレ防止なし光学式
液晶画面2.5インチ
11.5万ドット
2.7インチ
46万ドット
精度4倍
ファインダー光学式なし

購入当時はたしか、3万5千円ぐらいした記憶がある。
比較カメラの今の価格は1万5千円程。

液晶11.5画素、今の最新モデルの10倍の荒さ、一目瞭然で笑える。
ここではピント合わせは無理だ。

作りは、かなり高品位でしっかりしていて良い感じ。

画素数(740万)は少ないように思えるが、今の1500~1800万画素って多すぎないか?
パソコンで扱うにしても重いし、大量保存するとHDDを圧迫する。
ましてや、Webで使ったりサービス版のプリントなら、トリミング前提にしてもこれで十分ではないか。
「設定で画像サイズを小さくすれば?」と言う話だが、圧縮(小サイズ化)には必ず余計な劣化が伴うだろうから僅かなことでも気分的に避けたい。

1.8型CCDと言うのは、今のハイエンドデジカメとほぼ同じサイズ(例外有り、現在は1/1.7型が主流)。
高感度に圧倒的に強い裏面照射CMOSより、素直な表現のCCDを支持する人は今でも多い。
画素数が少ないこともあって、1画素あたりの面積が大きいからか、明るいところで撮影したら、すごく自然な(これ難しい)画像が出てくる。
機械が色々と補佐する今のデジカメは不自然な画質のときもあり、昔のCCD素子でも上手く撮れたら、素直な画像で全く遜色ない。

感度が50-400というのも時代を感じさせる。
比較の最新のデジカメでは200-12800と、薄暗いところでもピントさえ合えば撮れてしまう。
もちろん手ぶれ補正も無いから、いい加減に撮るとブレ写真大量増発。
チャッチャと撮らず、状況を考え、シッカリ構えて撮らなければならないカメラの基本を思い出させる。

なにより良いのが、いまや絶滅危惧種であるファインダーが付きであること。
本当に小さな覗き窓なんだが、周りの風景を遮断して絵作りができるのは素晴らしい。
ブレも軽減効果があり、動く被写体も追いやすい、水平が取りやすいのも美点。
(デジカメ画像って結構微妙に傾いているものが多いの原因の一端と思う)
明るい野外でもよく見えるし、超省電力である。
何より液晶モニターは、ミドルエイジ以上のオヤジには、何故か見にくいのだ!ドンッ!
細かい文字なんか読めるか!ドンドンッ!(机を叩く)

P1000954

画角も24mm超広角になれると、38mm始まりは辛いが、簡易に何でも写してしまえない分、撮り方を考えるので良い勉強になるし、違った雰囲気の絵も出せるかもしれない。

昨日行った、お店(料理)の写真・・・
CIMG2704

CIMG2705

CIMG2706
※「福一」イカフェ、前菜、チヂミ

チョット色がハデだが、そんなに寄れないマクロにもかかわらず、適度なボケがイイ感じ。

まだまだ現役で使える、たまには使ってみよう。

新世代はたしかに素晴らしいが、ロートルもまだまだやれるという所を見せなければならない。
ん、何の話?!

やめてねっ!

CIMG2701

薄暗い早朝に、黒尽くめで信号無視の逆走者、もちろん無灯火。
逆走(右側の車道)は、最も悪い自転車のマナー違反(道交法違反)や。

対向車がいるのに、駐車車両を避けて結構なスピード(25キロぐらい?)で走っとる
お陰で、対向車がコチラ側車線によけてきよる、怖っ・・・じぶん、平気なんか?



今朝のこと、
あれ?、この時間に渋滞したことのない箇所なのに・・・
CIMG2695
原因は、交通事故と、警察の現場検証による交通規制。

大型トラックと新聞配達のバイクの関係する事故らしい。

ここはジテツウ路でも一番イヤな場所。
片側2車線の国道で、早朝は無謀運転が多く危ない。

駐車車両や遅い原付・車道を走る自転車を嫌い、右側(追い越し)車線を走る車がほとんどなので、せっかちな輩は左車線(通常の走行車線)から追い越していく。

交差点が無い部分なので、大型トラックがバイクを避けて追い越した後、戻るのが早すぎてバイクの行く手を遮ったのではないだろうか?
原因は、無謀な右車線からの追い越し車両が、このトラックの前に急に出てきたのではと推測。

実は、ボク自身も何度かそんな感じで、トラックに幅寄せを喰らっている。
前方を大型トラックに遮られる(歩道との間に挟まれる)のは筆舌に尽くし難い恐怖。
先日、超高輝度ライトを装備した理由の一端でもある、寄られる前に自分の存在をアピールするのだ。

やっぱり、ココを使うのは止めようかな・・・
不慮の事故から身を守るには、「もし」を考えての走行と、原因を完全排除(ルート変更)しなければならない。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード