やっぱ軽くなりたい!?Ⅱ

自転車を愛する小太り中年オヤジが、クライマーを目指す減量記。 でも最近は、食べポタ・フォトポタ専門に・・・(^_^;)

2012年08月

銅貨

DSC03175

経費の精算をしようと財布の小銭をぶちまけたら、チョット違った10円玉が・・・

よくみたら一銭銅貨(大正8年製)だった。
一銭玉は数種類発行されていて、一番新しいタイプで、
現在のコレクションとしての流通価格は
¥100円程度(美品で¥800円程)

【桐一銭銅貨】
大きさ:23.0mm
重さ:3.75g
組成:銅95%、スズ4%、亜鉛1%
流通:大正5年~昭和13年

いまの10円銅貨とよく似ているはずで、
【10円銅貨】
大きさ:23.5mm
重さ:4.50g
組成:銅95%、亜鉛4%、スズ1%
流通:昭和28年(製造は26年から)~現在

しかし、なんで財布に入っていたんだろう?

早朝ラン

P8167059
■■■ 葛城山麓バイパスより奈良と三重の県境の山岳見る ■■■

今日も酷暑の予報なので、5:30出発で早朝錬。
乗鞍HCまであと10日なのに追い込めてないどころか、
お盆のバイキング4回で体重みごとに+1kg、やばいやばい。

當麻から葛城山麓バイパスで五條、途中“葛城ロープウエイTT”
驚くほど脚が重く、TTタイムも前回の5%落ち、やばいやばい。

五條から吉野川沿いで大淀、今日は壺阪寺経由で飛鳥にもどり9:30帰宅。

まともに走れるのは9:00までやね。

90km/1000mUP

お盆休み終了、今年も全然距離を伸ばせず。
達観、枯淡、なるようにしかならん!

プラネタリウム

DSC00275
 ■■■ 現存する中で一番古い、明石天文科学館のプラネタリウム ■■■

盆休みは、娘と爺婆、弟家族と淡路島。
もちろん、「アワイチ」 の訳はなく、観光旅行。

渡島前に、明石市立天文科学館でプラネタリウムを見る。
ここは360度のおわん型ドームで、現存日本最古(旧大阪市立科学館のが最古だった)
52年物の機械式、台座を入れるとまるで大きな蟻のロボットのよう、
機械式のクロノグラフに通じるかっこ良さがある。

説明も、天文科学館らしく、学術的に淡々と純天体講座(やさしいが)。


旅行中日、徳島に渡り、「あすたむらんど」と言う、巨大な県立のこども科学館によった。
そこには、最新鋭の世界一の明るさを誇るプラネタリウムがある。

DSC00339

見てくれは、味も素っ気もない球型で、スクリーンも少し前傾したドームで見やすい構造。
さすがに、星の輝きと、映像の動きのスピードはスゴイ!
おまけに、球面スクリーンに全部をスクリーンに見立てた迫力の映像には度肝を抜かれる。

こども科学館付帯施設なので、説明も簡易にわかり易く、
後半はポケモンを使った星の話で天体に興味を持たせるようにしていた。


どちらがいいか・・・
ボク個人は明石のノストラジックな方が良かったかな。

椅子が水平近くまで傾くので、とても気持よく寝られた・・・

楽苦猿ジャージ、あと少し!

箕面イメージの、ご当地ジャージ『楽苦 猿』。
いよいよ作成に向けGO!がでました。

デザイナー氏のサイトに、本番作成前に生地刷りしたチェック版がUPされていました。
色チェックし、若干の修正があったものの、発注となった様です。

以下、転載させていただきます。

NEC_7517NEC_7520

NEC_7526NEC_7516NEC_7521

チョイ地味の、面白系の「瓢鯰」とは打って変わった、ド派手な配色。

元絵の『月百姿(つきひゃくし)』という作品から、みごとなアレンジで、
とても生き生きとした孫悟空が自転車にまたがりました。

※風神雷神からアレンジの【喰神】も含め、ちゃんと著作権はクリアされて、
これらのアレンジ作品の著作権は、作成のデザイナー氏に帰属となります。
ご安心下さい。

お盆休みって何?

DSC03107
大阪平野の向こう側に、たくさんの積乱雲が出来ていました。
尼崎、西宮方面かな?夕立振らなかった?(8/11 PM5:30頃)

----------

「お盆」 と言ったら、「夏休み!」 とイコールインプットされているが、
本当はなんだったけ?

改めて調べてみたら、
「絵盂蘭盆会(えうらぼんえ)」の略で、8月15日を中心に行われる仏事で、

先祖や亡くなった人たちが苦しむことなく、成仏してくれるようにと、
子孫が、報恩や追善の供養をする期間

と、ある。一般的には8月13日~16日の4日間。
13日に迎え火を焚き、祖先の霊を迎え、16日に送り火を焚き帰ってもらう。
その間に、供養を行うのがお盆の行事というこらしい。
その間に仕事を休んで、実家に帰り親戚と供養を行うのが正しいお盆休暇のあり方。

今日はお盆でも何でもない只の土曜日なのだ!

と思いつつ、夕方から事務所で残務をしてすごしてます(涙)。

DSC03106
 [水呑地蔵]、初めて寄ってみた。しかし、何処に水場があるのかな?
 ロードクリートシューズでは、探し回れなかった。

TTよりインターバル?

DSC03104
ジテツウ前にTVをつけたら、いきなり陸上200m決勝、ジャマイカのワン・ツー・スリー
すぐに、女子サッカーに変えたら2-0で劣勢も、いきなり怒涛の攻めから大儀見のシュートシーン。

しかし、よくパスが回せているのに感心、パスも上手いが、
トラッピング(ボールを受け捌き、次の動作に備える技術)が素晴らしい。

ボクが現役(一応サッカー部だった)の頃は、仲間から
“10mトラップ” “ゴール前でトラップしたらシュートやな”
とヤジられたほど、ボールさばきが下手だった。
オマケにオウンゴール王だったのだから酷い話しである。

話が逸れたが、
いきなり、ダイジェストを見たようなLIVE映像に興奮し、後ろ髪惹かれるも出勤。



久しぶりのジテツウ。

乗鞍まで後2週間なのに、思ったように走れないのが解ったので、
少しでもプラスに成るように峠越えにする。

いままで、頑張るときはタイムを意識してとにかく耐える登攀だったが、
今日は、インターバルトレーニング風に、
 「あの電柱まで!」
 「この坂を登り切るまで!」
と、50-150m程度の短い登攀を全力でのぼり、
心拍が落ちつくまで流すの繰り返しを行う!!

・・・と、いっても5本も繰り返したら
いきなり胸突き八丁、青色吐息。

峠後半は、いつも以上にだらけた走りになってしまい、逆効果か・・・

しかし、平坦地に入っても、まだ脚や心拍が落ち着かない。
全域をガンバルより、短時間高負荷の方が効果があるのかも知れない。

次はジテツウでも心拍計をつけて見よう。

乗鞍遠征(食事編)

乗鞍行脚、高原でのサイクリングもだけど、
同じぐらい食事も楽しみです。

乗鞍へは、
往路-高山(東海北陸道)回り
復路-松本(中央道)回り

まず、初日昼食
高山市街に寄ると、時間を食ってしまうので
ルート上(国道158号)、高山と平湯の間にある

とろろめし 茶茶
■岐阜県高山市丹生川町坊方1064-1
DSC00015

“とろろ” と言っても長芋でなく、自然薯!
jinennjyo

全員「とろろめし」(¥1,029)を注文
出汁でかなり伸ばしてあるので、あっさりだけどシッカリ芋の味がします。
ご飯は、麦飯でお代わり自由。
DSC00017
ご飯のおかわりもらって、お腹いっぱい!


乗鞍高原温泉に到着、宿は

佐の屋
■長野県松本市安曇4085-56
DSC00023

一日一組の宿で、
スローフード、手作り、自然、が宿のモットーの様で期待できます。

「食事の用意ができました」で、食堂に向かうと!!
すごい品数、それも一つ一つにこだわりが感じられる正に手作り。

きのこ類が多く、食べたことがない天然ものが数種類。
「なめたけ」 しか名前解らなかったが、それも売っているのとはまったく違う。
行者にんにく入の和え物や、宿手作りのコンニャク、
山葡萄の葉にくるまれたご飯、玉子焼きの中に入ってるのは・・忘れた
野菜類も栽培しているようです。

ともかく、他では食べられない料理がズラリ。
揚げ物、肉物は少なく、野菜中心なんだけど、すごいボリューム!
後に胸焼けとはしないので、天然物と相まって身体によさそう。

おかずが多いと、ご飯もススム、お腹いっぱい!

DSC00127

DSC00128


腹一杯で早く寝たので、朝食のために5:00に目覚めて散歩で腹減らし。

期待に違わぬ、朝から自然食品てんこ盛りの豪華なごはん。

DSC00187
漬け物が旨い!ごはん一膳。
朴歯みそが旨い!ごはんもう一膳。
野菜炒めは自家製ベーコンのスモークの風味が旨い!ごはん一膳。
他のおかずも皆味わい深い!ごはん・・・やめておきました。
朝から食べ過ぎちゃった、反省。

皆でエコーラインを上り、温泉入って帰路へ。

いつもの、【サカエ食堂】で、山賊焼きを楽しみにしていたのだけど、
無念の閉店でした。

ならばと、毎度の

レストラン 十字路
■長野県松本市新村468-1

DSC00247

油の少ない自然食が多かったので、反発で肉と揚げ物行ってもうた・・・

翌朝の体重見事にプラス1.5kg。
乗鞍練で太ってしまった・・・大反省 \(__ )

乗鞍錬結果

有志8名と乗鞍へ乗り込み、
「マウンテンサイクリングin乗鞍」
のコース、乗鞍エコーラインを走って来ました。

本番へ向けての試走も兼ねていたので、どの程度走れるか・・・

アカ~ンっ!
DSC00199

本番ではもう少し走れると思うけど、目標1:24は遠い、遠すぎる。

あと11分・・・

なのに宿の食事が美味しくて、
プラス1.5kg・・・

かなり焦ってます。
DSC00128
あと、きのこのパンシチューとデザートがついて豪華絢爛

詳細後日、まずは報告まで。

夏休みといえば

DSC03045

まず、業務連絡!?
今日(8/2)、携帯を持ってくるのを忘れました。
あるのが当たり前の生活なんで、ないと不安。
御用の方は、パソコンのメールによろしく。


カメラの中になにやら「?」な画像が入っていた。
そういや、先日
「おとうさん、デジカメ貸して・・」
と言われたので、子供にわたしたな。

上の画像以外もいろいろ入っていたので、なんとなく解った
夏休みにの自由研究だ。

たぶん、シャボン液に色々混ぜ物をして、
どうしたら大きいのができるか試しているみたいだ。
どんなレポートになるのかな?

随分前にTVでも同様のことをやっていたを思い出した。
一番大きく出来たのは、なんと納豆のネバを入れたものだった。
進言してみるか・・・、でも家の中がエライ事になりそうだ。

書きかけのポスターも置いてあった。
もう8月、宿題どんどんしないと、あっという間に夏休み終わるぞ。

保証いろいろ

P1000945
 ■■■ お店が掛けてくれる保険の証書 ■■■

先日、デジイチ(デジタル一眼カメラ)を落っことしてしまった。


たいていの電気製品や精密機器等にはメーカー保証が着いてくる。
1年間無償修理してもらえるのだが、
あくまで、[通常使用による故障] だけが対象であって、
落下等の使用者の過失には全く対応してくれない。

いつも懇意にしているカメラ屋さんでは、カメラとレンズの新品購入品については、
メーカー保証以外に1年間の保険を無償で掛けてくれる。

さて、落としたデジイチ、一見大丈夫なようで、動作もする。
ただ、レンズ先端部のフード取り付け部が欠け、
ピント精度も落ちたような気がする(きっちり調べた訳ではないが)。

P1000948

そのまま使っていてもいいのだが、点検も兼ねて修理に出すことにした。
話をしたら、大がかりな交換になるが、保証は無理だが保険が使えるとこと。
合わせて、レンズ(胴筒)の歪み等もチェックしてもらうことになった。
保険の免責は2割とのことでしたので、良かった。

このカメラ屋さんは、価格もだいたい価格.comの最安値前後だし、
保険も掛けてもらえるので、下手な中古や、ネットの特価より安心お得。



いま、大型家電店やカメラ店では、5~3年間の長期保証というのを売りにしている。
なにも考えず、「1度でも壊れたら元が取れる」 と、加入していた。
大体本体価格の5%程度で、購入ポイントからも加入できるので入りやすい。

このまえ、家のブルーレイレコーダーを見に行ったとき(買わなかったが)、
よくよく聞いたら、かなり怪しい保証であることが分かった。

(※家電店によって、免責額や保証範囲がちがうので、参考まで)

その家電店の長期保証は5年間で、販売価格の5%を購入時に掛ける。
1年目はメーカー保証を利用する訳で、実質は2~5年目の範囲がお店の別途保証となる。


1.1年目のメーカー保証に準じ、故障が対象で、破損時は当然実費となる。

故障か破損かの判断は、メーカーもしくは修理業者・お店の修理部門が判断する。
だいたい1年目は、綺麗に扱っているので、故障か破損は見分けやすい。
古くなると、ぶつけたり、倒したり、飲み物をこぼしたりと、傷や跡が付く事が多いと思う。
それが故障の要因一部となり得るなら、故障で無く、破損と判断されかねない。

つまり、倒したり落としたりして傷ができたり少し歪んだりしたら、
「フレームが曲っていてるのが原因」 「隙間が出来、砂埃が入り込んでの不良」
とか、実際の因果関係と関係なくても、故障の可能性としてどう判断されるか分からない。

カメラとかの精密機器なんて、下手したら1度落としたら壊れなくても保証は効かなくなるかも。

5年も無傷で使っている家電なんて、なかなか無いと思うぞ。


2.部品劣化による故障、消耗品部分が原因の場合は保証対象外となる。

つまり、シールやパッキングの劣化が起因するものや、レコーダーのHDDやドライブ
液晶テレビのパネルやバックライト等、通常使用でも劣化していく消耗品・摩耗品に
ついては、保証対象外部分となっている場合がある。

TVやレコーダーなんて、他に何処が壊れるんや!
担当に聞いたら、小声で 「たまにコンデンサーが・・」って(笑)。



お店によって、免責額や、修理範囲、全損時の代換え対応とかが異なるので、
長期保証はよく考えて入った方がいいようだ。
そもそも、5年間も保証書を無くさないで持っているのも大変!(ボクだけ?)

どれだけ交渉できるかにもよって異なるやろな。
ハッキリ不満や疑問を訴えられる人や、商品に詳しい人が得をするのは間違いない!?
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
プロフィール

とらちち

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード